1ページで全部分かる!auひかりを契約する前に知っておきたいこと

1ページで全部分かる!auひかりを契約する前に知っておきたいことauひかり

auスマホを使っているならauひかりがお得だよって友だちに教えてもらったんだけど、他の点はどうなんだろう

auひかりって速度の評判が良いみたいだけど、それって逆に料金は高くないの?

auひかりに興味はあるけど気になる点がいっぱいあってあちこち調べるのも難しい・・・

そんな忙しいあなたのためにauひかりを契約する前に知っておきたいことが全部わかっちゃう1ページ(この記事)を用意しました!

auひかりの基本的な特徴から注意点しなければならない事、auひかりの優れたポイント(メリット)、利用者の口コミなどを網羅して解説しています。

このページの中であなたの必要な部分に目を通していただければauひかりの疑問は解消するはずですよ(目次をご活用ください)。

あなたの生活を快適にする光回線選びの参考になりましたら幸いです。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりとは

まずは簡単にauひかりについておさらいしておきましょう。

auひかりはauスマホでおなじみのKDDIが運営している光回線インターネットサービスです。

三太郎シリーズや意識高すぎ高杉くんシリーズのCMでもおなじみですよね!

CMでは『速度ナンバーワン』や『世界最速』などスピードを推しているものが多く、実際auひかりの速度の評判は抜群に良いですよ!

これは世の中にある光回線サービスのほとんどが実はNTTのフレッツ光回線を借りて運用している中、auひかりはKDDI独自の光回線を利用していることも関係していると言われています。

またauひかりとauスマホをセットで利用することでスマホの月額料金割引が受けられたり、他社からauひかりに乗り換える際に掛かった違約金を負担してくれたり等、魅力的なサービスやキャンペーンが豊富なことも特徴です。

速度の秘密と割引キャンペーンについては後でもう少し詳しく解説させていただきますね。

auひかりはプロバイダ一体型サービス

光回線の中にはプロバイダ事業者と回線事業者の双方と契約しないと利用できないものもありますが、auひかりは一体型サービスとなっています。

KDDIと契約するだけで回線とプロバイダサービスどちらも利用できるので、支払いが一本化され月々の通信費が分かりやすいです。

ちなみに契約自体はKDDIが取りまとめていますが、プロバイダサービスはSo-netBIGLOBEなどauひかりと提携している事業者の中から選択することになります。

どこを選んでも月額料金と基本的なサービスは変わりませんが、例えば利用できるオプションに多少違いがあります。

auひかりのプロバイダについて詳しく知りたい方はこちら↓

料金

auひかりの初期費用と毎月の通信費(月額料金)をご紹介します。

どちらも一戸建て向けのホームタイプか集合住宅向けのマンションタイプかで料金が変わります。

auひかりの初期費用

登録料初期工事費
ホーム3,000円実質無料!
マンション3,000円実質無料!

登録料の3,000円はだいたいどの光回線でも最初に掛かる料金です(『事務手数料』等、名称が違うこともあります)。

初期工事費は光回線を導入する際に行う工事の費用です。

光回線インターネットサービスは電柱を走る光ファイバーを自宅まで引き込む必要があるため、最初に工事が必要になり、結構高額の工事費が掛かるんですよね・・・

ただauひかりの場合は『初期費用相当額割引』サービスが用意されていて、工事費は実質無料にすることが出来ます。

ホームタイプ(戸建て向け)月額料金

ずっとギガ得プラン(3年自動更新型契約)を選択した場合の月額料金です。

1年目2年目3年目
月額料金5,100円5,000円4,900円

ずっとギガ得プランで契約すると特に申し出がない限り3年ごとに契約が自動更新されますが、月額料金は一番安く利用でき、さらに最初の2年目に100円引き、3年目以降で更に100円引きとなります。

ホームタイプで5,000円切るとかなり安く感じます!

ホームタイプのプランについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

マンションタイプタイプ(集合住宅向け)月額料金

お得プラン、またはお得プランAを選択した場合の月額料金です。

提供タイプ月額利用料
タイプV16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
都市機構デラックス3,800円
タイプE16契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
マンション ギガ4,050円
マンションミニ ギガ5,000円
タイプF3,900円

auひかりのマンションタイプは配線方式や最大通信速度、更にお住まいの建物内の契約見込み軒数によって料金が変わります。

ほとんどの場合ホームタイプより安く利用できるのがメリットです!

一方、建物に導入されている配線方式によっては通信速度が遅くなる可能性がある点はデメリットと言えます。

マンションタイプの料金や速度について詳しく知りたい方はこちら↓

auひかりの注意点(デメリット)

auひかりを気持ちよく使ってもらうためにも、デメリットは絶対に契約する前に知っておいてもらうべきものだと思います。

その内容が許容できなければ別の光回線に考え直すこともできますし、大した事無いなと思えれば安心して契約できます。

契約した後に判明するのが一番辛いですからね。

私が考えるauひかりのデメリットは以下の2点です。

  • 一部利用できないエリアがある
  • auひかりのTVサービスは地上波が映らない

一部利用できないエリアがある

auひかりは知名度抜群の光回線ですが、意外にも日本中どこでも加入できるわけではありません。

提供エリア外の地域が存在するんです。

auひかり 提供エリア

地図の通り、東海地方、関西地方、沖縄は残念ながらauひかり(ホームタイプ)の提供エリア外です。

auひかり ホームタイプ提供エリア外

東海・・・静岡、愛知、岐阜、三重
関西・・・大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
沖縄・・・沖縄

これらの地域はKDDIの子会社や関連会社が独自の光回線を展開しているエリアで、いわゆる大人の事情というやつみたいですね。

エリア外だった場合は残念ですが別の光回線を検討しましょう。

auひかりがエリア外だったらビッグローブ光がおすすめです↓

ちなみにホームタイプの提供エリア外に入っていても、auひかりのマンションタイプ設備が導入されている集合住宅であれば申し込みできます。

集合住宅に導入を検討している場合は上記エリアに含まれていても諦めずにエリア検索してみましょう。

逆にホームタイプの提供エリア内でもお住まいの集合住宅に設備が入っていなければauひかりのマンションタイプは契約できません。

マンションタイプの場合はエリアに関わらず、設備が導入されているかどうかが大事ということですね。

高速プランは更にエリアが狭い

auひかりには最大通信速度5ギガ・10ギガというとんどもないスピードの高速プランがあります。

5ギガの方は割引を利用すれば通常プランと同じ料金で利用できるため、せっかくならその規格外のスピードを体験してみたいですよね!

しかし、高速プランはauひかりの利用可能エリアならどこでも利用できるというわけではありません。

更に対象エリアが狭いんです。

auひかり ホーム10ギガ・5ギガの対象地域

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

実は今のところ一都三県でしか申し込むことができません。

せ、狭い。。

しかも上記の一都三県内であっても、KDDIの回線を使ったエリアでなければならず、NTTの回線を利用しているエリア(ホーム(S)対応エリア)では申し込みできないようになっています。

高速プランの条件はまだあります。

auひかりのマンションタイプが入っているアパートやマンション、それに4階建て以上の集合住宅物件では今のところ高速プランの申し込みはできません。

まだかなり限定的なサービスですね。

auひかりのTVサービスは地上波が映らない

auひかりには光回線を利用したテレビ視聴サービス(有料オプション)があります。

光ファイバー網を通してテレビ電波を受信するためアンテナ設置不要で、天候が悪くても安定して放送を視聴出来るというメリットがあるのですが、一方で大きな弱点があります。

実は地デジやBS放送が見られないんです!

別に地デジが見られなくても自分の好きなジャンルのテレビやビデオが見られれば良いという方なら問題無いですが、テレビは地上波!という方も結構いますよね。

auひかりテレビサービスを契約する前にご自分が見たい放送は何なのか、よく検討しましょう。

地上波にこだわらなければ、多彩なジャンルのチャンネルとビデオサービス『TELASA』が楽しめたり、自宅のテレビでYouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflix、DAZN等が視聴できる便利なサービスです。

auひかりテレビで視聴できる番組はこちら↓

あ、もちろん既にアンテナを設置してテレビを見ている方は今まで通り普通に地上波が見られるのでご安心ください。

そういう方にとってはデメリットでもなんでもない話ですね。

auひかりのメリット

auひかりには多くのメリットが存在します。

大手企業のKDDIさんが運営しているだけあってサービスの品質が良いしキャンペーンや割引も豊富!

またauスマホユーザーには特別な割引も用意されていますよ。

  • 月額料金が安い!
  • オプションなどに加入しなくても速度が速い!
  • auスマホとのセット割引『auスマートバリュー』
  • 割引サービスが豊富
  • 電話代が安くなる!
  • 代理店から申し込むとキャッシュバックが受け取れる

月額料金が安い!

auひかりとフレッツ光、双方のホームタイプの月額料金を比較してみましょう。

フレッツ光は回線とプロバイダを別々に契約するタイプ、auひかりは一体型タイプです。

フレッツ光
(東日本)
フレッツ光
(西日本)
auひかり
(ずっとギガ得プラン)
光回線料金4,800円5,400円5,100円
~4,900円
プロバイダ料金1,000円1,000円0円
合計金額5,800円6,400円5,100円
~4,900円

フレッツ光と比べるとauひかりはかなり安いですよね!

またauひかりは継続利用することで割引が適用され、2年目に100円引き、3年目以降はそこから更に100円引きとなり、最終的に4,900円まで安くなります。

ホームタイプで5,000円切るのはだいぶ安い方ですよ!

オプションなどに加入しなくても速度が速い!

auひかりは速度の評判がすこぶる良い光回線です。

それには2つの理由があります。

  1. KDDI独自の回線を使用している
  2. IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備

KDDI独自の回線を使用している

日本で展開している光回線サービスの多くは実はNTTのフレッツ光回線を利用しているってご存じでしたか?

例えばソフトバンク光やビッグローブ光、OCN光などはフレッツ光回線を利用したサービスで、これらをまとめて光コラボレーションと言います。

フレッツ光と光コラボレーションを合わせるとなんと日本の光回線の中で67%以上ものシェアを占めているんです。

フレッツ光のシェア

そのためフレッツ光回線は夜間や休日などインターネットの利用者が多くなる時間帯は混雑が起き、速度が遅くなりやすいと言われるようになりました。

一方auひかりはKDDI独自の回線を利用しているため、利用者過多による回線混雑が起きにくく安定した速度を保ちやすいというわけなんです。

IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備

もう1つの理由はauひかりがIPv4/IPv6デュアルスタック方式を採用していることです。

今まで主流だったIPv4という接続方式は、ネット人口やIT家電などの接続機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇し混雑が起きやすい状況になってしまいました。

そこで開発されたのが無限に近いIPアドレスを発行できるIPv6接続方式です。

auひかりが採用しているIPv4/IPv6デュアルスタックはIPv6接続上でIPv4対応サイトも閲覧できる仕組みで、高速・快適にすべてのインターネットを利用することができます。

IPv4接続とIPv6接続のイメージ

他光回線でも似たような仕組みを持つところはありますが、そのほとんどがオプション扱いになっていて別途申し込みや設定が必要なところ、auひかりはなんと標準装備!

そのためインターネットにあまり詳しくない方でも速さを実感しやすいというわけなんです。

auスマホとのセット割引『auスマートバリュー』

auスマートバリュー

auスマートバリューは、auひかり+ひかり電話とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になるサービスです。

割引額はスマホ1台あたり500~1,000円、さらに同居しているご家族のスマホやタブレットも含めて何と最大10台まで対象になります。

仮に4人家族で全員がauのスマホを使っていたとして、1人が1,000円割引のプラン、3人が500円割引のプランを契約していれば毎月2,500円の割引が適用されることに。

つまりauひかりの通信費が半分くらい浮いちゃうって事です!

なかなかすごい割引サービスだと思いませんか?!

離れて暮らす家族のスマホも割引対象

先ほど”同居しているご家族のスマホやタブレットが割引対象”とお伝えしましたが、実は離れて暮らしている家族も割引対象になるケースが存在します。

別住所に住んでいるのが50歳以上のご家族の場合です。

夫婦が新居に住んで、おじいちゃんおばあちゃんは実家に暮らしているという方も多いですよね。

auスマートバリュー 離れて暮らす家族も対象

例えば新居でauひかりを契約してauスマートバリューを適用すれば、ご実家で暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんのau携帯も割引対象に含めることが出来ます。

ちょっとした親孝行になりますね♪

auスマートバリューの詳細や割引額はこちらの記事をご覧ください↓

割引サービスが豊富

auひかりにはauスマートバリュー以外にもお得な割引サービスが用意されています。

  • 工事費が無料になる『初期費用相当額割引』
  • 他社の解約違約金を還元『新スタートサポート』
  • 5ギガ・10ギガが割引料金で使える『超高速スタートプログラム』

初期費用相当額割引はauひかりの開通工事費を相殺して実質無料にしてくれる割引サービスです。

auひかりの工事費はホームなら60ヵ月、マンションは24ヵ月に分割され月額料金と合算して請求されますが、分割された工事費と同額が割引されます。

光回線の工事費は高額なのでこれは嬉しいですよね!

新スタートサポートは他社のインターネット回線からauひかりに乗り換える際に掛かる解約違約金などの負担を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンです。

インターネット回線の乗り換えはしばしばこの解約違約金がネックになるので、それを取り除けばぐっとauひかりに乗り換えやすくなります。

適用できる方はどんどん活用しましょう。

超高速スタートプログラムは高速プランを申し込んだ方向けの割引サービスです。

3年間は毎月500円引きが受けられ、5ギガプランの高速利用料金は500円なので、なんと通常プラン(1ギガ)と同じ料金で利用できることに。

さらにauスマートバリューが適用されている方は4年目以降も割引が継続されるので、5ギガプランなら高速サービス料が永年無料になっちゃいます!

各割引について詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

電話代が安くなる!

auひかりを契約するとauひかり電話という有料オプションが利用できるようになります。

現在NTTの加入電話を利用されている場合はauひかり電話に切り替えることで基本料金と通話料が大幅に安くなりますよ!

まずは基本料金を比較表してみましょう。

auひかり電話NTT加入権電話
月額利用料金500円1,450円
~1,700円

auひかり電話の基本料金はNTT加入権電話の半額以下です。

ほぼ固定電話を使っていないご家庭でもauひかり電話に切り替えてしまった方がメリットがありますよね。

また通話料金に関してもauひかりの方が圧倒的にお得です。

こちらも表で比較してみましょう。

NTT 県内への通話料金/通話時間

平日
8:00~19:00
19:00~23:00
(土・日・祝の昼間を含む)
23:00~翌8:00
区域内8.5円/3分8.5円/3分8.5円/4分
隣接・~20km20円/90秒20円/90秒20円/2分
20km~60km30円/1分30円/75秒20円/90秒
60km~40円/45秒30円/1分20円/90秒

NTT 県外への通話料金/通話時間

平日
8:00~19:00
19:00~23:00
(土・日・祝の昼間を含む)
23:00~翌8:00
隣接・~20km20円/90秒20円/90秒20円/2分
20km~30km30円/1分30円/1分30円/75秒
30km~60km40円/45秒30円/1分30円/75秒
60km~100km60円/30秒40円/45秒30円/1分
100km~80円/22.5秒70円/26秒40円/45秒

auひかり電話の通話料料金

電話相手先通話料
国内加入電話向け通話
IP電話向け通話
8円/3分
020番号向け通話10円/40秒
(別途40円/1通話)
携帯電話au宛 15.5円/1分
NTTdocomo宛 16円/1分
ソフトバンク宛 16円/1分
ワイモバイル宛 16円/1分
PHS宛て10円/1分
(別途10円/1通話)

NTTは電話する相手が県内か県外か、また電話する時間と距離によって通話料が変わります。

一番安い通話料は県内の区域内で8.5円/3分なので、これだけ見るとauひかり電話の8円/3分とあまり変わらない気がします。

しかし、例えば平日昼間に県外100km以上離れたところに電話した場合はどうでしょうか。

NTTは80円/22.5秒、これを3分に換算すると640円

・・・思っていたより高くないですか?

一方、auひかり電話なら全国一律 8円/3分です。

8円 対 640円、なんと80倍も差がついてしまいました!

ちなみに箱根の芦ノ湖から東京の新宿駅くらいまでが100kmです。

このくらいの距離、いやこれ以上離れている人に電話することって普通にありますよね。

いかにauひかり電話がお得な料金設定かお分かりいただけましたでしょうか。

代理店から申し込むと高額キャッシュバックが受け取れる

auひかりを申し込む際、窓口を選べば高額キャッシュバック等の特典を受け取ることが出来ます。

他の光回線でも似たようなキャンペーンを展開している所もありますが、auひかりは特にキャッシュバックの金額が大きいんですよ!

中には5万円を超えるようなところもあって、これは嬉しすぎるお小遣いですよね!

私がおすすめするauひかりの申し込み窓口はWEB代理店です。

公式(KDDI)に比べて知名度が低い代理店は高額キャッシュバック等の魅力的なキャンペーンを用意して集客する必要があります。

またWEB上で展開している代理店は大きな店舗や営業マンを雇う必要が無いため、その分多くのお金を特典にかけることができます。

だからネット代理店は高額キャッシュバック等の魅力的なキャンペーンを打ち出しやすいんです!

正直auひかりの公式サイトから申し込むのはもったいないですよ。

ただし中には強制的にオプションに加入させたり、わざと特典が受け取りにくいような複雑な条件にしている代理店もあり見極めが必要です。

そういった悪質代理店に引っかからないように下記3つのポイントに注意して窓口を選びましょう。

  • オプションの強制加入や友達紹介など変な適用条件は無いか?
  • 申請時期が遅かったり手続き方法が難しくないか
  • 特典の受け取り時期が遅くないか

記事の最後にこの3点を全てクリアしている安心・安全な代理店を詳しく解説していますが、待ちきれない方は先にキャンペーンページをチェックしてみてください。

キャッシュバック金額の大きさなら↓

auひかりの口コミ

参考までに、実際にauひかりを利用されている方の口コミを4点紹介いたします。

auひかりが開通したばかりの方みたいですね。

快適で何よりです~。

auひかりの口コミで非常に多いのがこういった速度測定結果をシェアしたものです。

皆さん本当に速いです!

何らかの不具合が起きて焦って連絡しているのにカスタマーセンターに冷たい対応をされるとガッカリしてしまいますよね。

そこはさすが大手のKDDIさん、満点の対応だったみたいです!

こちらは代理店のNNコミュニケーションズから申し込んだ方のようです。

ちゃんとキャッシュバックも受け取れたということで一安心ですね!

auひかりの申し込み手順

最後にauひかりを申し込んでから開通するまでの手順を確認しておきましょう。

  • STEP1
    提供エリアの確認

    まずは自分のお住まいがauひかりの提供エリアに含まれているかエリア確認してみましょう。

    面倒な方は申し込みする際に代理店に確認してもらうことも可能です。

  • STEP2
    申し込み、開通工事日の調整

    auひかりを申し込みます。

    窓口はキャッシュバックキャンペーンなどを展開している代理店がおススメ!

    キャッシュバック金額の大きさなら↓

    auひかりは最初に立ち合い工事が必要となるため電話で工事日を調整します。

    混み具合によっては申し込みから開通まで数週間から1カ月程度かかることもありますので早めに申し込んだ方が良いでしょう。

  • STEP3
    立会いのもと開通工事

    申し込み時に決めたスケジュールに沿って回線の開通工事が行われます。

    開通工事は立ち合い必須です。

開通工事が滞りなく完了すれば晴れてauひかりが利用できるようになります。

快適なインターネットライフを楽しみましょう!

auひかりを契約する前に知っておきたいこと、まとめ

今回はauひかりの申し込みを検討している人に契約前に知っておいてほしいことをこの1ページにまとめました。

参考になりましたでしょうか?

最後にもう一度内容を復習しておきましょう。

今記事で紹介したデメリットとメリットはこちらです。

auひかりの注意点(デメリット)
  • 一部利用できないエリアがある
  • auひかりのTVサービスは地上波が映らない
auひかりのメリット
  • 月額料金が安い!
  • オプションなどに加入しなくても速度が速い!
  • auスマホとのセット割引『auスマートバリュー』
  • 割引サービスが豊富
  • 電話代が安くなる!
  • 代理店から申し込むとキャッシュバックが受け取れる

総合的に見てauひかりはサービスの品質が良く、料金的にもお得が多い満足度の高い光回線だと思います!

それはTwitter等の口コミ・評判にも良く表れていますよね。

私と同じようにメリットが大きいと感じた方はどうぞ安心してauひかりをお申込みください。

尚、申し込みはauひかりの公式サイトからではなく、高額キャッシュバックが受け取れる代理店経由がおススメです。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

こちらはauひかりの正規代理店、NNコミュニケーションズのキャンペーン内容を解説している動画です。

アニメとナレーションで分かりやすく紹介していますので、お時間がありましたらぜひご覧ください(2分19秒)。

※音声が流れますので音量にご注意ください。

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方をお選びいただけます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ハイグレードルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ハイグレードルーター

ホームマンション
NNコミュニケーションズ3,000円8,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額28,000円28,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典Bをお選びの方には更に下記のハイグレードルーターをプレゼント!

BUFFALO WSR-5400AX6

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!
タイトルとURLをコピーしました