auひかりに市販のWi-Fi機器を接続する方法【ブリッジモードを使おう】

auひかりに市販のWi-Fi機器を接続する方法【ブリッジモードを使おう】auひかり

auひかりでWi-Fiを利用するには、2通りの方法があります。

  1. オプションを申し込んでWi-Fi機能を開放する
  2. 市販のWi-Fi機器(Wi-Fiルーター)を接続する

1つ目は、auひかりを契約すると自宅に設置される『ホームゲートウェイ』に元々備わっているWi-Fi機能を開放する方法です。

その場合、月額550円(税込)の内臓無線LANオプションに加入が必要ですが、auスマホとのセット割『auスマートバリュー』が組めれば、永年無料で利用できるようになります。

ご自分かご家族の中にauスマホユーザーがいるなら、この方法を利用しましょう。

内臓無線LANオプションについて、詳しくはこちら↓
auひかりの無線LANルーターはレンタル・購入どっちにするべき?実は永年無料で利用する方法もあるんです!
auひかりでは、無線LANルーターはレンタル(もしくはホームゲートウェイの無線LAN機能を開放)することもできますし、ご自分で好きな機種を購入して使うこともできます。 ホームゲートウェイの無線LAN機能開放は月額550円の有料オプションですが、条件によっては永年無料で使う方法もありますよ! また条件があわず無料に出来なかった場合は市販ルーターを買ってしまった方が良いでしょう。 今回はauひかりの無線LANルーターはレンタルすべきか購入すべきか、をテーマに解説いたします。

ただ、auスマートバリューを組まない方は1の方法だと毎月費用が発生してしまうので、2つ目の市販のWi-Fi機器を接続する方法がおすすめです。

この場合は、ホームゲートウェイとWi-Fi機器を接続して利用します。

ただし、一つ注意点があります。

Wi-Fi機器側は、必ず『ブリッジモード』設定に切り替えて接続しましょう。

ブリッジモードで接続しなかった場合に起こりえる不具合
  1. 速度が遅くなる
  2. 別のネットワークと認識される
  3. 外出先から自宅デバイスへのアクセスが難しくなる
  4. 4.オンラインゲームなどが正常に動かない事がある

この記事では、auひかりに市販のWi-Fi機器を接続する際に利用したい「ブリッジモード」について、詳しく解説していきます。

\auひかりの窓口選びに悩んだらコチラ/

auひかりに市販のWi-Fi機器を接続して利用する方法

auひかりでWi-Fi環境を作りたい場合は、市販のWi-Fi機器(Wi-Fiルーター)を接続しましょう!

Wi-Fi機器は、家電量販店やネット通販などでたくさん販売されています。

デザインや機能などをチェックして、自宅の環境にあったものをお選びください。

相場は3,000円から10,000円くらいです。

Wi-Fi機器の設置位置は、壁から見てホームゲートウェイの次。一番後ろ側です。

ホームゲートウェイに市販のルーターを繋ぐ auひかり

ホームゲートウェイのLANポートと、Wi-Fi機器のWANポートをLANケーブルで接続します。

この時、Wi-Fi機器は必ずブリッジモードにして接続してください。

Wi-Fi機器はブリッジモードにして接続すること

ブリッジモードは、Wi-Fi機器のルーター機能を無効化し、Wi-Fi機能と有線LAN接続機能だけを利用するモードのことです。

同じネットワーク上にすでにルーター機能が搭載された接続機器が設置されている場合に、二重ルーター状態を防ぐ目的で利用します。

実は、auひかりのホームゲートウェイには、元々ルーター機能が組み込まれています。

そのため、別のWi-Fi機器を接続する時は、ルーター機能をOFFにして接続する必要があるのです。

ブリッジモードへの切り替え方

ブリッジモードへ切り替える方法はWi-Fi機器によって異なります。

ここでは、「スイッチで切り替える方法」と「設定画面で切り替える方法」を紹介します。

詳しくは、購入した機器の説明書をご確認ください。

※メーカーによっては、ブリッジモードのことをAPモード(アクセスポイントモード)と呼んでいる場合もあります。

スイッチで切り替える場合

ブリッジモード(APモード)

購入したWi-Fi機器の側面や裏面に、切替スイッチが付いていませんか?

※ブリッジモードの表記は「BR」「 bridge」「AP」「アクセスポイント」など、メーカーや機種によって違うのでお気を付けください。

もしスイッチがあった場合は、Wi-Fi機器の電源を切ったままにして、ブリッジモードに切り替えるだけで完了です。

設定画面で切り替える場合

切替スイッチがないWi-Fi機器は、設定画面で切り替えられる可能性が高いです。

この場合は、Wi-Fi機器にパソコンなどの端末を接続し、ブラウザなどで設定画面を開いてブリッジモードに切り替えます。

ちょうど私の使っている『TP-LINK Archer A10』がモード切り替えスイッチが無いタイプでしたので、手順を紹介いたします。

  • STEP1
    Wi-Fiルーターに接続後、tplinkwifi.netへアクセスする

    パソコンなどの端末とWi-FiルーターをLANケーブル、またはWi-Fiで接続してから、ブラウザでtplinkwifi.netにアクセスします。

  • STEP2
    ログインする

    ユーザー名『admin』、パスワード『admin』を入力しログインします。

    ※ユーザー名とパスワードは適宜変更してください。

  • STEP3
    メニューの『動作モード』をクリック
    TP-link 設定画面
  • STEP4
    『ブリッジモード』にチェックを入れ『保存』
    TP-link 設定画面

    保存ボタンをクリックすると、自動的に再起動を開始します。

これでブリッジモードへの切り替え完了です。

ブリッジモードで接続しなかった場合に起こりえる不具合

auひかりに接続したWi-Fi機器が「ブリッジモード」に切り替えられていなかった場合、いわゆる「二重ルーター」状態となっています。

二重ルーターで起こりえる4つの不具合例を紹介します。

  1. 速度が遅くなる
  2. 別のネットワークと認識される
  3. 外出先から自宅デバイスへのアクセスが難しくなる
  4. 4.オンラインゲームなどが正常に動かない事がある

1.速度が遅くなる

1つ目は、「通信速度が遅くなってしまうこと」です。

ルーターには、データのやり取りに最適な経路を決める役割があります。

この作業はルーター1台につき1回行われます。

二重ルーターの状態だと、1回で済む処理をわざわざ2回行わなければならなくなり、その分の遅れが出てしまいます。

2.別のネットワークと認識される

2つ目は、「別のネットワークだと認識されてしまうこと」です。

同じルーターを経由してインターネットに接続している端末同士は、ファイルの共有が可能になります。

例えば、パソコンとプリンタを有線接続しなくても、Wi-Fi経由で印刷できるのはそのためです。

しかし、パソコンとプリンタが別々のルーターに接続されている場合は、お互いを認識できないためWi-Fi経由での印刷ができなくなってしまいます。

3.外出先から自宅デバイスへのアクセスが難しくなる

WEBカメラ

3つ目は、「外出先から自宅デバイスへのアクセスが難しくなること」です。

auひかりのホームゲートウェイには、元々ルーター機能が備わっています。

そのため外部からアクセスしようとすると、必ず先にホームゲートウェイのルーターに行き当たり、その先のWi-Fiルーターへは基本的に接続出来ないのです。

例えば、テレビやWebカメラを二重ルーターのWi-Fiルーター側に繋いでいた場合、外出先からテレビ録画予約をしたり、Webカメラの操作はできなくなってしまいます。

二重ルーター状態でも外出先からのアクセスを可能にすることは出来ますが、設定がかなり複雑になるためおすすめはしません。

4.オンラインゲームなどが正常に動かない事がある

4つ目は、「オンラインゲームなどが正常に動作しない可能性があること」です。

PS4やNintendo Switchなどでオンラインゲームを遊ぶには、Wi-Fiルーターによって発行される「IPアドレス」が必要です。

このIPアドレスがあることで、ゲーム側がプレイヤー一人ひとりを識別でき、大人数でのスムーズなプレイを可能にするわけです。

ところが、二重ルーターの状態のままオンラインゲームをプレイしようとすると、2台のルーターがそれぞれ違うIPアドレスを発行します。

そのため、ゲーム側がプレイヤーを正しく認識できなくなり、エラーが起きてしまうことがあるのです。

意外?!二重ルーターにもメリットはある

auひかりで、Wi-Fi機器をブリッジモードに切り替えずに接続すると、二重ルーター状態となります。

二重ルーターは様々な不具合を引き起こす可能性がありますが、実はメリットもあるんです。

  1. 外部から不正アクセスされにくくなる
  2. 接続可能なデバイス数が増える

ただし、このような明確な目的を持っている人以外は、デメリットの方が大きいので、基本的にはブリッジモードでの利用をお勧めします。

1.外部から不正アクセスされにくくなる

パソコンのセキュリティ

1つ目は、「外部からの不正なアクセスがされにくくなること」です。

これは前述の「外出先から自宅デバイスへのアクセスが難しくなる」というデメリットが、裏を返すとそのままメリットになり得たケースです。

「アクセスが難しい=セキュリティが強化される」と言い換えることもできます。

例えば、何らかの悪意を持った侵入者が攻撃をしてきたとき、二重ルーターになっていれば、もし1台目のルーターを突破されても、また2台目のルーターで防御できます。

絶対に不正アクセスされたくない端末は、2台目のWi-Fiに接続しておくといった利用法も考えられるでしょう。

2.接続可能なデバイス数が増える

2つ目は、「接続可能なデバイスの数を増やせること」です。

Wi-Fiルーターは、接続できるデバイス数に上限があります。

しかし、ルーターを増やせばその分負荷が分散されるため、接続できる台数を増やすことが出来るんです。

その場合は、どの端末をどちらのルーターに接続するか、交通整理をしておくとスムーズです。

まとめ

auひかりに市販のWi-Fi機器を接続する際に利用したい「ブリッジモード」について、詳しく解説しました。

今記事の要点をまとめます。

ブリッジモードとは、「Wi-Fi機器のルーター機能を無効化し、Wi-Fi機能と有線LAN接続機能だけを利用するモード」のことです。

auひかりのホームゲートウェイには、元々ルーター機能が備わっています。
そこに別のルーターを接続すると、互いに干渉しあい正常にインターネットにアクセスできなくなる、いわゆる『二重ルーター』状態になってしまいます。
auひかりで市販のWi-Fi機器を接続する場合は『ブリッジモード』に切り替えて使用しましょう。

ブリッジモードへ切り替えせずに「二重ルーター」状態になっていた場合は、下記の不具合が起こる可能性があります。

二重ルーターのデメリット
  1. 速度が遅くなる
  2. 別のネットワークと認識される
  3. 外出先から自宅デバイスへのアクセスが難しくなる
  4. 4.オンラインゲームなどが正常に動かない事がある

auひかりに市販のWi-Fi機器を繋ぐときは、必ずブリッジモードに切り替えてから使うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました