マンションタイプ

マンションタイプ(集合住宅向け)のメリットや注意点、プラン、手続き方法などを解説します。

auひかり

月額料金最安のauひかり マンションタイプEは契約して後悔しない?

auひかり マンションの「タイプE」に焦点を当てて解説いたします。 タイプEの特徴は2点 ・最大通信速度は100Mbpsですが、日常使いなら十分速い ・月額料金はマンションタイプの中で最安 速度は問題なく、特に月々の通信費を安く抑えたい方にはとてもおすすめです!
auひかり

auひかりマンションタイプ速度一覧表。『遅い』という情報はもう古い?!

『光回線のマンションタイプは遅くて使い物にならない』 こういった情報はもう古いと言わざるを得ません。 なぜなら、インターネット回線の通信速度は時代と共に常に改善・進化してきているからです。 特に、auひかりのマンションタイプに関しては、G.fastという新たしい技術により、他の光回線よりも速いと言えます。
auひかり

申し込み前に知っておきたいauひかり マンションの速度や料金、キャンペーンまとめ

auひかり マンション(集合住宅向け)の導入を検討している方向けに、事前に知っておいた方が良い情報を1ページにまとめました。 おすすめの料金プラン、初期費用、速度、各種割引キャンペーンなどについて、詳しく解説しています。 また、auひかりのメリットとデメリットについても紹介いたします。
auひかり

auひかりマンションの工事丸わかりガイド

・auひかりマンションの工事ってどんな作業をするのだろう? ・工事に何日もかかるのは嫌だわ・・・ このような心配をされている方は多いと思います。 しかしご安心ください。 auひかりマンションの工事は軽作業です。 所要時間も1〜2時間で終了します。
auひかり

auひかりのマンションタイプVは遅いのか?実は動画視聴にも十分な速度です

マンションタイプVの最大通信速度は100Mbpsですが、決して遅くはありません。 YouTubeは高画質の4K動画でも20Mbpsの速度があれば問題なく視聴できると公表しています。 4K動画より回線速度が必要になることはそうありませんので、普段使いで困ることはまず無いでしょう。
auひかり

auひかりマンション お得プランAの3つのメリット。標準プランとどっちが良いの?

auひかりのマンションタイプには標準プランとお得プランA(タイプGのみお得プラン)という2種類のプランがあり、契約時にどちらかを選択することになります。 お得プランAを選択するすると以下の3つのメリットが受けられます。 ・おうちトラブルサポートが無料で利用できる ・新スタートサポートの適用対象になる ・代理店独自のキャンペーン特典がもらえる よって、契約する際は間違いなくお得プランA(タイプGの場合はお得プラン)がおススメですよ!
auひかり

1ページで全部分かる!auひかりを契約する前に知っておきたいこと

auひかりに興味はあるけど気になる点がいっぱいあってあちこち調べるのも難しい・・・ そんな忙しいあなたのためにauひかりを契約する前に知っておきたいことが全部わかっちゃう1ページ(この記事)を用意しました! auひかりの基本的な特徴から注意点しなければならない事、auひかりの優れたポイント(メリット)、利用者の口コミなどを網羅して解説しています。 光回線選びの参考になりましたら幸いです。
auひかり

auひかりはアパートで契約できるの?注意点とエリア外の対処法をご紹介

実際にあなたの住んでいるアパートがauひかりに対応しているのか不安になったことありませんか?アパートにマンションタイプの設備がなくても、ホームタイプで契約ができます。ここでは、アパートでauひかりを利用するための方法を紹介します。
auひかり

auひかりマンションのタイプGって何?従来のタイプVより6倍以上速いプランです!

auひかりのマンションタイプGは2018年11月にスタートした比較的新しいサービスです。 従来のマンションタイプVに比べてインターネットスピードが6倍以上速くなりますが、料金や初期費用は据え置きのまま利用できます。 今記事ではauひかりマンションのタイプGについて解説いたします。
auひかり

auひかりマンションタイプは全部で8種類・・・って何が違うの?!それぞれの通信速度や月額料金を解説します

auひかりの設備が導入されている集合住宅のみで契約することが出来るauひかりマンション。 一戸建て用のホームタイプより月々の通信費を安く抑えることが出来て、経済的に高速インターネットを楽しむことができます。 ところで、実はauひかりのマンションタイプは全部で8種類もあるってご存じでしたか? 今記事ではauひかりマンションの8つのタイプについて詳しく解説します。
タイトルとURLをコピーしました