光回線の乗り換えならauひかりがおススメ!メリットと注意点を徹底解説

光回線の乗り換えならauひかりがおススメ!メリットと注意点を徹底解説乗り換え
光回線の乗り換えならauひかりがおススメ!メリットと注意点を徹底解説

auひかりはTwitterなどで良い口コミを見かけることが多く、他社のネット回線から乗り換えたいと考えている方も少なからずいらっしゃいます。

しかし光回線の乗り換えはハードルが高い(面倒くさい)イメージがあり躊躇してしまいますよね。

安心してください、auひかりへの乗り換えは手順やポイントをしっかり抑えておけばそんなに難しくありませんよ!

また、auひかりには他社回線から乗り換える際に掛かった費用を還元してくれる『乗りかえスタートサポート』というキャンペーンも用意されているので、金銭的負担も抑えられます。

今回は他社回線からauひかりに乗り換えを検討中の方・乗り換えたいけど方法がいまいちよくわからない方に向けてわかりやくすく解説していきます。

auひかりについて

まずはauひかりはどんなネット回線なのか?特徴を簡単に紹介しておきましょう。

KDDI独自の回線を使用している

世の中にたくさんある『○○光』というブランド名の光回線サービス、実はほとんどがNTTの光ファイバーを借りて運用しているって知っていましたか?

例えばソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光などがNTTの回線を借りている光回線サービスです。

こういったプロバイダなどの事業者がNTTの光回線を借りて運用しているインターネットサービスをまとめて光コラボレーションと呼びます。

なんと、日本の光回線利用者の約67%はNTTの回線を利用しているというデータもあるんです(2018年9月末時点)。

フレッツ光のシェア

一方、auひかりはKDDI独自の光ファイバー網を利用してインターネットサービスを提供している、言うなればオリジナルの光回線サービスです。

回線混雑の起きにくい独自の光回線を利用していることがauひかりの速さの評判が良い要因の一つになっていると考えられます。

(一部NTTのダークファイバー網を利用しているエリアもあります)

auひかりの月額料金や初期費用

速さに評判の良いのは嬉しいけど、その分月額料金も高いんじゃないの?

そんな風に考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、auひかりの料金は他社光回線と比べても決して高くありません。

むしろホームタイプの月額料金で税抜き価格が5,000円切っているのは安い方と言えます。

auひかりの各種料金はホームタイプ(一戸建て向け)とマンションタイプで料金が異なりますのでそれぞれ紹介します。

ホームタイプの月額料金

ずっとギガ得プラン適用時の料金です。

1年目2年目3年目以降
ネット5,610円(税込)5,500円(税込)5,390円(税込)
ネット+電話6,160円(税込)6,050円(税込)5,940円(税込)

※プロバイダサービス料込み

ずっとギガ得プランは3年単位(自動更新)の継続利用を条件に月額料金が割引されるサービスのことで、1,000円以上の割引になるため基本的に付けた方がオトクです。

また1年ごとに月額料金が下がり、3年目以降は税抜き価格が5,000円以下でインターネットが利用できます。

マンションタイプの月額料金(V16タイプの場合)

マンションタイプは光回線を同建物内の複数の家庭でシェアして利用するため、ホームタイプより安くなるのが普通です。

auひかりのマンションタイプは配線方式などによって8種類に細分化されています。

今回は一般的なV16タイプの料金を紹介しましょう。

ネット4,180円(税込)
ネット+電話4,730円(税込)

Vタイプはマンションの共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続する配線方式を採用。

また16は同建物内の契約見込み軒数が16軒以上であるという意味です。

これは見込み軒数が16契約以上と8契約以上で料金が変わるためで、契約見込み軒数が多い方が安くなります。

マンションタイプの各種料金はこちらをご覧ください↓
auひかりマンションタイプは全部で8種類・・・って何が違うの?!それぞれの通信速度や月額料金を解説します
auひかりの設備が導入されている集合住宅のみで契約することが出来るauひかりマンション。 一戸建て用のホームタイプより月々の通信費を安く抑えることが出来て、経済的に高速インターネットを楽しむことができます。 ところで、実はauひかりのマンションタイプは全部で8種類もあるってご存じでしたか? 今記事ではauひかりマンションの8つのタイプについて詳しく解説します。

※プロバイダサービス料込み

初期費用

auひかりの初期費用は契約事務手数料工事費用です。

ホームタイプマンションタイプ
登録料3,300円(税込)3,300円(税込)
工事費実質無料!
41,250円(税込)
同額の割引が入るため
実質無料!
33,000円(税込)
同額の割引が入るため

ただし、auひかりには初期費用相当額割引があります!

初期費用相当割引
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

「初期費用相当額割引」は、auひかりの開通工事費が実質無料になるキャンペーンです。

auひかりの開通工事にかかる初期工事費は、ホームタイプで41,250円(税込)、マンションタイプで33,000円(税込)と決して安くありません。

これを、まるっとKDDIが負担してくれます。

ホームタイプマンションタイプ
工事費41,250円(税込)33,000円(税込)
割引額41,250円(税込)

≪内訳≫
・初回 1,194.6円(税込)
<ネット 644.6円(税込)
+電話 550円(税込)
・34回 1,178.1円(税込)
<ネット 628.1円(税込)
+電話 550円(税込)
33,000円(税込)

≪内訳≫
・初回 1,443.2円(税込)
・22回 1,434.4円(税込)
つまり・・・実質無料!実質無料!

ホームタイプの場合は、「ネット回線」+「ひかり電話」を申し込み、auひかりを35ヶ月間継続利用することで最大41,250円(税込)の割引、つまり工事費分が実質無料になります。

マンションタイプの場合は「ネット回線」のみの申し込みで、auひかりを23ヶ月間継続利用することで工事費が実質無料になります。

工事費が実質無料になる初期費用相当額割引について、詳しくはこちら↓
auひかりの工事費を徹底解説!キャンペーン利用で実質無料【初期費用相当額割引】
auひかりを開通するには、最初に光ケーブルを引き込む工事が必要になり、工事費が掛かります。 初期工事費はホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円です(税込)。 しかし、初期工事費相当額割引というキャンペーンを利用することで、工事費は実質無料になります!

auひかりに乗り換えるメリット

月額料金が安くて工事費が実質無料になる・・・この2つだけでも十分なメリットですが、auひかりには他にもまだまだ良いところがありますよ!

メリットを5点紹介いたします。

  • 速さを実感しやすい!
  • auスマホの月額料金が割引に!
  • auスマートバリューを組むとWi-Fi環境構築が無料
  • 乗り換え時の解約違約金が返ってくる
  • 代理店から申し込めば高額キャッシュバックが貰える!

速さを実感しやすい!

auひかりは速度の評判が非常に良い光回線です。

Twitterの口コミを一部紹介いたします。

速いと実感している人が多いのが分かりますよね。

これにはちゃんと理由があります。

auひかりが他の光回線と違うのは、IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備しているという点です。

デュアルスタック方式とは、次世代規格「IPv6」と従来の規格「IPv4」を自動で切り替えてくれる通信技術のこと。

今まで主流だったIPv4接続方式は、ネット人口やIT家電などの接続機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇し混雑が起きやすい状況になっていました。

そこで開発されたのが、無限に近いIPアドレスを発行できるIPv6接続方式です。

IPv6接続を行うと回線混雑の影響を受けにくいため、通信が速く・安定しやすくなるのです。

IPv4接続とIPv6接続のイメージ

他光回線でも似たような仕組みを持つところはありますが、そのほとんどがオプション扱いになっていて別途申し込みや設定が必要なところ、auひかりはなんと標準装備!

そのためauひかりに関しては、回線混雑の影響で繋がらなくなるという事はほぼ無いというわけです。

auひかりの速さの秘密について、もっと知りたい方はこちら↓
auひかりの速度の評判が抜群に良い2つの理由
auひかりは実際に利用している方の速度の評判が抜群に良く安心できる光回線です。 auひかりの速さを実感しやすい理由は2つ。 ・KDDI独自の回線を使用している ・IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備 今回はauひかりの速度の評判が抜群に良い理由について解説いたします。

auスマホの月額料金が割引に!

auスマートバリュー

「auスマートバリュー」とは、auひかりとauのスマホをセットにすることで、スマホの割引が受けられるお得なサービスです。

割引額は端末1台あたり月間550円(税込)〜1,100円(税込)で、ご家族のスマホやタブレットなども併せて、合計10回線まで割引対象になります。

例えば、5人家族で1人が1,100円(税込)割引のプラン、4人が550円(税込)割引のプランを契約していれば毎月3,300円(税込)の割引が適用されることに。

これはauひかりの通信費の半分以上に相当します!

このように、auスマートバリューはご家族のスマホ状況によってはものすごい割引額になる目玉サービスの一つです。

離れて暮らす家族のスマホも割引対象

auスマートバリューは、離れて暮らしている50歳以上のご家族も割引対象にすることが出来ます。

例えば、『夫婦が新居に住み、祖父母は実家に暮らしている』ケース。

auスマートバリュー 離れて暮らす家族も対象

新居でauひかりを契約してauスマートバリューを適用すれば、ご実家で暮らしている祖父・祖母のau携帯も割引が受けられます。

ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる

ホームゲートウェイは、auひかりを契約すると自宅に設置されるレンタル機器で、ひかり電話とWi-Fiの機能を併せ持っています。

ただ、Wi-Fi機能を使うには、月額550円(税込)の内臓無線LANオプションに加入しなければなりません。

しかし、auスマートバリューまたは自宅セット割(インターネットコース)が適用されると、このWi-Fiオプションが永年無料で使えるようになります!

auスマートバリューなど加入時 500円割引
引用:auひかり公式サイト

auスマートバリューには、こんな嬉しい追加効果もあるんです。

auスマートバリューの注意点
  • auひかり電話サービスの加入が必須
  • 手続きには、割引対象のスマホを利用している方の本人確認書類が必要
  • 手続きが完了した月の翌月ご利用分からの割引適用となる

乗り換え時の解約違約金が返ってくる

auひかり新スタートサポート
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

「乗りかえスタートサポート」は、他社のインターネット回線からauひかりに乗り換える際にかかった違約金を還元してくれるキャンペーンです。

ほとんどのインターネット回線は2年や3年の自動更新契約となっており、契約期間の途中で解約すると解約違約金が掛かります。

その解約違約金を、KDDI側が最大30,000円(※1)まで負担してくれるんです。

ホームマンション
郵便為替 or
au PAY残高へチャージ
最大 30,000円
(※1)
最大 10,000円
(※1)
月額割引無し最大 20,000円
(税込)
(1,000円(税込)/月
×20ヶ月)
合計還元額最大 30,000円
(※1)
最大 30,000円
(※1)
対象プロバイダau one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net
au one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net、Asahi Net、
DTI

ホームタイプの場合は、郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージという形で還元されます。

マンションタイプの場合は少し複雑で、最大10,000円(※1)までは郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージ。

残りの20,000円(税込)は月額料金から毎月1,000円(税込)ずつ、最大20回の割引で還元されます。

さらに、違約金還元が少しでも適用されると、追加のキャッシュバックが受け取れます!

対象コース上乗せキャッシュバック
(郵便為替/au PAY 残高へのチャージ)
ホーム
ずっとギガ得プラン
25,000円(※2)
マンション
お得プランA・お得プラン
15,000円(※2)

ちなみに、他社のモバイルルーターの割賦金残債も還元対象です。

他社回線からの乗り換えは、ぜひこのキャンペーンを活用しましょう!

※乗りかえスタートサポートを利用するためにはauひかり電話の申し込みが必須です。

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込
乗りかえスタートサポートについて、更に詳しくはこちら↓
auひかりに乗り換える際の他社解約違約金を還元!乗りかえスタートサポート
インターネット回線の解約金は結構高額になる場合が多いので出来れば払いたくありませんよね・・・ でもauひかりへの乗り換えなら大丈夫!他社回線から乗り換える際に掛かる解約違約金相当額を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンがあるんです。 その名も乗りかえスタートサポート! 今記事ではauひかりへの乗り換えを検討しているあなたに、乗りかえスタートサポートについて詳しく解説いたします。

代理店から申し込めば高額キャッシュバックが貰える!

auひかりの申し窓口は公式サイトやauショップの他にもWEB代理店や家電量販店、電話営業、訪問営業など様々あり、中には高額キャッシュバックが受け取れるところもあるんです。

おススメはWEB代理店!

なぜならWEB上で情報が公開されているので自分でじっくり内容を吟味することが出来るし、公式のキャンペーンと代理店独自のキャンペーンを両方受けることができるからです!

まともな代理店でauひかりを申し込んだら、だいたい40,000円~50,000円の現金キャッシュバックや商品特典が受け取れますよ。

ただし中には適用条件が複雑で結局貰えなかったり、受け取りまですごく時間が掛かる怪しい代理店も存在するので見極めが大切です。

この記事の最後に貰い忘れなく確実に特典が受け取れる代理店を紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

\後じゃ無くて今すぐ知りたいんだ!という方はこちら/

auひかりに乗り換える際の注意点

メリットの多いauひかりへの乗り換えですが注意点もあります。

  • 転用や事業者変更は使えない(開通工事が必須)
  • 乗りかえスタートサポート対象外の回線がある
  • auひかり電話に番号が引き継げない可能性
  • プロバイダ発行のメールアドレスが使えなくなる

転用や事業者変更は使えない(開通工事が必須)

光回線の乗り換えについて調べていると、工事不要で乗り換えが出来る『転用』や『事業者変更』という言葉が良く出てきます。

転用はNTTのフレッツ光を利用している方が光コラボレーションというタイプの光回線に乗り換える際に利用できる仕組み。

事業者変更は光コラボレーションから光コラボレーションに乗り換える際に利用できる仕組みで、どちらも開通工事をすることなくスムーズな乗り換えが可能です。

光コラボレーションはNTTの敷いた光ファイバー網を利用している光回線のことなので、乗り換え元と乗り換え先が同じ回線を利用しているから工事不要で大丈夫というわけですね。

ちなみに有名どころだとソフトバンク光やビッグローブ光が光コラボレーションです。

じゃあ転用や事業者変更を使えば工事不要でauひかりにも乗り換えできるの?

いえ、auひかりはKDDIが独自の光ファイバー網を利用しているため、残念ながら転用や事業者変更は利用できません。

そのため開通工事は避けて通れませんが、初期費用相当額割引があるので工事費は還元されますよ!

乗りかえスタートサポート対象外の回線がある

乗り換え時の解約金等を還元してくれる乗りかえスタートサポートは他社回線からの乗り換えが条件となっています。

そのためKDDIの関連企業などが運営しているインターネット回線は対象外となってしまうんです。

ご自分の利用している回線が対象外になっていないか事前に確認しておきましょう。

乗りかえスタートサポート対象外

auひかり/auひかりちゅら/コミュファ光/eo光/メガエッグ/ピカラ光/BBIQ/ひかりJ/ビッグローブ光/So-net光/エディオンネット(基本パック、IoTパック)/@nifty光/@T COMヒカリ/ひかりゆいまーる/auスマートバリュー提携事業者/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者

NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル/ヤフー/nuroモバイルが提供するモバイルデータ通信端末以外

auひかり電話に番号が引き継げない可能性がある

auひかりに乗り換える前の光回線で光電話サービスを契約をしている方は、auひかり電話にすると電話番号の引き継ぎができない場合があります。

電話番号を発番した当時の電話サービス番号継続可否
現在NTT加入電話を利用中
現在KDDIメタルプラス電話をご利用中
現在ひかり電話等NTT加入電話以外を利用中で
元はNTT加入電話で発番した番号
現在ひかり電話等NTT加入電話以外を利用中で
元はひかり電話で発番した番号
×

要はNTT加入電話以外で発番していた場合は引継ぎができません。

良く分からない場合は必ず申し込み時にオペレーターさんに確認しましょう。

プロバイダ発行のメールアドレスが使えなくなる

インターネットに接続するためには回線とプロバイダ、双方のサービスが必要です。

そして回線を乗り換えるということは基本的にプロバイダも変更になります。

その際、もしプロバイダ発行のメールアドレスを利用している場合は注意が必要です。

プロバイダを解約すると当然そのメールアドレスも利用できなくなってしまいますので。

今はGmailやYahoo!メールなど無料で利用できるメールサービスもたくさんありますし、この機会に切り替えてしまうのも一つ。

またはプロバイダによってはメールのみのプラン(こちらは有料)が用意されている場合もあるので、そちらに切り替える方法もあります。

メールプランへの変更ならメールアドレスを変更する必要はありません。

auひかりに乗り換える手順

では最後にauひかりにスムーズに乗り換えするための手順を確認しておきましょう。

  • STEP1
    提供エリアの確認
  • STEP2
    申し込み、開通工事日の調整
  • STEP3
    立会いのもと開通工事
  • STEP4
    前回線の解約

1.提供エリアの確認

まずはauひかりのエリア確認を行います。

auひかりは知名度が高いわりに提供エリア外の地域が存在するんです。

auひかり 提供エリア

地図の通り、東海地方、関西地方、沖縄は残念ながらauひかり(ホームタイプ)の提供エリア外となっています。

auひかり ホームタイプ提供エリア外
  • 中部:静岡、愛知、岐阜、三重
  • 関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄:沖縄

またマンションやアパートにお住まいの場合は、auひかりのマンションタイプ設備が導入されているかどうかも調べておいた方が良いでしょう。

エリアやマンションタイプの検索方法については下記の記事で詳しく解説していますのでご活用下さい。

auひかりは提供外のエリアがある?!対応エリアを確認する方法
auひかりは速度の評判も良く、auスマホとのお得なセット割引が適用できる今人気の光回線です。 しかし、残念ながらauひかりは対応していないエリアがあったり、集合住宅に専用の設備が導入されていないケースも多いんです。 今回はauひかりの対応エリアと、KDDI公式サイトでのエリア確認方法、エリア外だった場合の代替え光回線等を紹介いたします。

2.申し込み、開通工事日の調整

提供エリア内である確認が取れたらauひかりを申し込みましょう。

(公式サイトから申し込むより、キャッシュバックキャンペーンを展開しているWEB代理店から申し込んだ方がお得ですよ)

auひかりは独自回線を利用するため、乗り換える際は基本的に回線工事が必要となります。

そのため、申し込みから開通までは数週間から1カ月程度、場合によってはそれ以上かかることもあります。

auひかりに乗り換えることが決まったら、早めに申し込んだ方が良いでしょう。

3.立会いのもと開通工事

申し込み時に決めたスケジュールに沿って回線の開通工事が行われます。

尚、開通工事は立ち合い必須です。

開通工事が滞りなく終われば、晴れてauひかりの快適インターネットライフがスタートします!

4.前回線の解約

auひかりでインターネットに接続できることがか確認出来たら前の回線を解約します。

解約書類は乗りかえスタートサポートの申請に必要になるので大事に保管しておきましょう。

もちろん開通工事前に前回線を解約しても良いのですが、インターネットが使えない期間が発生するのでauひかりの開通後に解約するのがベターです。

またauひかりの加入より1カ月以上前に他社サービスを解約してしまうと乗りかえスタートサポートの対象外となってしまうので注意が必要です。

フレッツ光から乗り換えの場合はプロバイダの解約も忘れずに行いましょう。

auひかりへの乗り換え方法、まとめ

今回は他社回線からauひかりへの乗り換えについて解説しました。

auひかりに乗り換える主なメリットはこちらです。

  • auひかりは月額料金が安く初期工事費も実質無料
  • auスマホの月額料金が割引になる
  • IPv4 over IPv6をデフォルトで採用しているため速さが実感しやすい
  • 他社回線から乗り換え時にかかる違約金等が還ってくる!
  • 代理店から申し込めば高額キャッシュバックが貰える!

乗り換え方法を確認してみて、そこまでハードルは高くないと思いませんでしたか?

また乗り換え時に掛かる解約違約金や工事費の残債が還ってくるのもありがたいですよね。

今の回線にご不満があるならauひかりに乗り換えて快適なネットライフを楽しみましょう!

その際は高額キャッシュバックが受け取れるWEB代理店をご活用ください↓

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

NNコミュニケーションズからauひかりを申し込むと、下記2つの特典からどちらか好きな方を選んで受け取ることが出来ます。

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
キャッシュバック額60,000円60,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
キャッシュバック額54,000円54,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

NNコミュニケーションズは特典申請がとても簡単!

NNコミュニケーションズの特典申請は、申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけのとても簡単なシステムを導入しています。

その場で口座番号が分からなくても、後から送られてくるSMSのフォームから登録してもOK。

ですので、申請忘れや貰い忘れの心配が無く確実に特典が受け取れるんです!

代理店の特典でありがちな複雑な申請や、オプション加入などの面倒な条件も無し。

また、キャッシュバックは申し込みから最短1カ月で指定口座に振り込まれるという、このスピード感もありがたいです!

『公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安』という方もいらっしゃるかもしれません。

確かに世の中に怪しい代理店がいるのは確かですが、NNコミュニケーションズに関しては毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っているので、信頼できる代理店と言って良いでしょう。

キャンペーンページには、実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトはチェックしておきましょう!

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

auひかりの申し込み窓口比較表【代理店・プロバイダ・公式】

auひかりののおすすめ申し込み窓口3社のキャンペーン内容を比較表にまとめました。

NNコミュニケーションズは代理店、GMOとくとくBBはプロバイダ、KDDIはauひかりの運営会社です。

\おすすめ
auひかり キャッシュバックキャンペーン
NNコミュニケーションズ


GMOとくとくBB
KDDI
公式
ホーム
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
3年間の月額料金
4,000円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
マンション
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
2年間の月額料金
2,860円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
適用条件赤二重丸
特になし
緑三角
ひかり電話加入
緑三角
ひかり電話加入
au one net選択
進呈時期赤二重丸
最短1カ月
赤二重丸
開通の翌月から
緑三角
最短4カ月
公式特典赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
サイト

ご覧の通り、全体的にNNコミュニケーションズのキャンペーン内容が勝っていることが分かります。

特典申請も不要でキャッシュバックを受け取り忘れる心配が無いので、auひかりの申し込みならNNコミュニケーションズを選んでおけば間違いなしでしょう!

\60,000円のキャッシュバックが貰える!/
タイトルとURLをコピーしました