光回線の乗り換えならauひかりがおススメ!メリットと注意点を徹底解説

auひかりにスムーズに乗り換える方法! 検討中の方向けにわかりやすく解説しますauひかり

auひかりはTwitterなどで良い口コミを見かけることが多く、他社のネット回線から乗り換えたいと考えている方も少なからずいらっしゃいます。

しかし光回線の乗り換えはハードルが高い(面倒くさい)イメージがあり躊躇してしまいますよね。

安心してください、auひかりへの乗り換えは手順やポイントをしっかり抑えておけばそんなに難しくありませんよ!

また、auひかりには他社回線から乗り換える際に掛かった費用を還元してくれる『新スタートサポート』というキャンペーンも用意されているので、金銭的負担も抑えられます。

今回は他社回線からauひかりに乗り換えを検討中の方・乗り換えたいけど方法がいまいちよくわからない方に向けてわかりやくすく解説していきます。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりについて

まずはauひかりはどんなネット回線なのか?特徴を簡単に紹介しておきましょう。

KDDI独自の回線を使用している

世の中にたくさんある『○○光』というブランド名の光回線サービス、実はほとんどがNTTの光ファイバーを借りて運用しているって知っていましたか?

例えばソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光などがNTTの回線を借りている光回線サービスです。

こういったプロバイダなどの事業者がNTTの光回線を借りて運用しているインターネットサービスをまとめて光コラボレーションと呼びます。

なんと、日本の光回線利用者の約67%はNTTの回線を利用しているというデータもあるんです(2018年9月末時点)。

フレッツ光のシェア

一方、auひかりはKDDI独自の光ファイバー網を利用してインターネットサービスを提供している、言うなればオリジナルの光回線サービスです。

回線混雑の起きにくい独自の光回線を利用していることがauひかりの速さの評判が良い要因の一つになっていると考えられます。

(一部NTTのダークファイバー網を利用しているエリアもあります)

auひかりの月額料金や初期費用

速さに評判の良いのは嬉しいけど、その分月額料金も高いんじゃないの?

そんな風に考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、auひかりの料金は他社光回線と比べても決して高くありません。

むしろホームタイプの月額料金で5,000円切っているのは安い方と言えます。

auひかりの各種料金はホームタイプ(一戸建て向け)とマンションタイプで料金が異なりますのでそれぞれ紹介します。

ホームタイプの月額料金

ずっとギガ得プラン適用時の料金です。

1年目2年目3年目以降
ネット5,100円5,000円4,900円
ネット+電話5,600円5,500円5,400円

※プロバイダサービス料込み

ずっとギガ得プランは3年単位(自動更新)の継続利用を条件に月額料金が割引されるサービスのことで、1,000円以上の割引になるため基本的に付けた方がオトクです。

また1年ごとに月額料金が下がり、3年目以降は5,000円以下でインターネットが利用できます。

マンションタイプの月額料金(V16タイプの場合)

マンションタイプは光回線を同建物内の複数の家庭でシェアして利用するため、ホームタイプより安くなるのが普通です。

auひかりのマンションタイプは配線方式などによって8種類に細分化されています。

今回は一般的なV16タイプの料金を紹介しましょう。

ネット3,800円
ネット+電話4,300円

Vタイプはマンションの共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続する配線方式を採用。

また16は同建物内の契約見込み軒数が16軒以上であるという意味です。

これは見込み軒数が16契約以上と8契約以上で料金が変わるためで、契約見込み軒数が多い方が安くなります。

マンションタイプの各種料金はこちらをご覧ください↓

※プロバイダサービス料込み

初期費用

auひかりホーム 初期費用相当割引

auひかりの初期費用は契約事務手数料工事費用です。

ホームタイプマンションタイプ
登録料3,000円3,000円
工事費実質無料!
37,500円(625円✕60回払い)
※毎月同額の割引適用
実質無料!
30,000円(1,250円✕24回払い)
※毎月同額の割引適用

尚、工事費は分割払いとなりますが初期費用相当額割引により毎月同額の割引が入るため実質0円です!

ただし初期費用相当額割引には2点ほど注意点があります。

ホームは月625円(37,500円÷60回)の工事費請求に対し、割引額の内訳はネットから125円、ひかり電話から500円となっています。

つまりひかり電話に加入しないと工事費は7,500円割引にしかならないんです。

30,000円は自腹・・・結構きついですよね。。

一方マンションはネットのみで満額割引になります。

もう1つの注意点は工事費の支払いが終わる前に解約するとその時点で割引は終了してしまう事です。

残った工事費は一括で支払わなければなりません。

例えばホームを契約していて2年(24ヵ月)で解約した場合は、後36カ月分の工事費を一括で支払うことになります。

万が一auひかりの解約を検討する際は工事費の残債に注意しましょう。

料金について更に詳しくはこちら↓

auひかりに乗り換えるメリット

月額料金が安くて工事費が実質無料になる・・・この2つだけでも十分なメリットですが、auひかりには他にもまだまだ良いところがありますよ!

メリットを5点紹介いたします。

  • 速さを実感しやすい!
  • auスマホの月額料金が割引に!
  • auスマートバリューを組むとWi-Fi環境構築が無料
  • 乗り換え時の解約違約金が返ってくる
  • 代理店から申し込めば高額キャッシュバックが貰える!

速さを実感しやすい!

auひかりは速度の評判が非常に良い光回線です。

Twitterの口コミを一部紹介いたします。

速いと実感している人が多いのが分かりますよね。

これにはちゃんと理由があります。

auひかりは他社回線ではオプション扱いのIPv6 over IPv4という方式(デュアルスタック方式)をデフォルトで採用しているからです!

IPv6 over IPv4について簡単に解説しましょう。

今までスタンダードだったIPv4というインターネット接続方式は、ネット人口やネットに繋がる機器の増加により混雑が起き速度が出にくくなってしまいました。

そこで新たに開発された接続方式が高速通信規格のIPv6です。

IPv6は無限に近いIPアドレスを発行でき、混雑を避けてインターネットを利用することが出来ます。

IPv6のイメージ

ただし、IPv6接続ではIPv6に対応したサイトしか閲覧できないという問題が残りました。

残念ながら世の中のほとんどのサイトはまだIPv4側に対応しているんです。

この問題を解決するためIPv6接続上でIPv4対応サイトもIPv6対応も閲覧できるようにした技術がauひかりの採用しているIPv6 over IPv4です。

ものすごく簡単に言うとサクサク快適・高速にインターネットに繋がる方式ということですね。

他の光回線でも似たような接続方式を用意しているところもあるのですが、そのほとんどはオプションで別途申し込みが必要になります。

auひかりでは特に追加の申し込みや設定不要でデフォルトでこの方式になっているため、パソコンやインターネットにあまり詳しくない方でも速さが実感しやすいんです。

auスマホの月額料金が割引に!

auスマートバリュー

auひかりを利用しているとauのスマートフォンがお得に利用できるって知っていましたか?

auひかり+ひかり電話とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になるサービスが用意されているんです。

その名もauスマートバリュー!

、割引額は料金プランによりますがスマホ1台あたり500~1,000円

さらに同居しているご家族のスマホやタブレットも含めて何と最大10台まで対象になります。

auひかりの目玉ともいえる、なかなかすごい割引サービスです!

仮に4人家族で全員がauのスマホを使っていたとして、1人が1,000円割引のプラン、3人が500円割引のプランを契約していれば毎月2,500円もの割引が適用されます。

これ、光回線の通信費が半分くらい浮いちゃうって事ですよ!

auスマートバリューの割引額など詳細はこちら↓
auスマートバリュー|auひかりキャッシュバックキャンペーン
auスマートバリューとは、対象のデータ(パケット)定額サービスや料金プランなどにご加入のau携帯電話と、auひかり(ネット+電話)のご利用で、au携帯電話のご利用料金を割り引くサービスです。

auスマートバリューを組むとWi-Fi環境構築が無料

auスマートバリューにはauスマホの月額料金だけではなくもう一つメリットがあります。

auスマートバリューが適用されると、ホームゲートウェイ(auひかり電話を契約すると送られてくる機器)の無線LAN機能(通常月額利用料500円のオプション)が永年無料で使えるようになるんです!

ご自分でWi-Fiルーターを用意する必要が無く、家中どこでもパソコン、スマホ、タブレットなどでインターネットが使い放題ですよ!

乗り換え時の解約違約金が返ってくる

auひかりスタートサポート

インターネット回線の乗り換えの際、元々契約している回線業者を0円で解約できることはほとんど無いと言っても過言ではありません。

解約違約金や工事費の残債などが掛かる場合がほとんどだからです。

タイミングによっては非常に高額になる場合もあるので、そうなると乗り換えも諦めざるを得ませんよね・・・

しかしご安心ください。

auひかりには他社インターネットサービスからauひかりに乗り換える際に掛かった解約違約金相当額(最大55,000円)を還元してくれる『新スタートサポート』というキャンペーンが用意されています。

これを活用すれば安心してauひかりに乗り換えできますよ。

新スタートサポートの適用条件等はこちらをご覧ください↓
auひかり新スタートサポート|auひかりキャッシュバックキャンペーン
auひかり新スタートサポートは、他社インターネットサービスからauひかりに乗り換えると、他社解約違約金相当額、最大55,000円を還元してくれる公式特典です。

代理店から申し込めば高額キャッシュバックが貰える!

auひかりの申し窓口は公式サイトやauショップの他にもWEB代理店や家電量販店、電話営業、訪問営業など様々あり、中には高額キャッシュバックが受け取れるところもあるんです。

おススメはWEB代理店!

なぜならWEB上で情報が公開されているので自分でじっくり内容を吟味することが出来るし、公式のキャンペーンと代理店独自のキャンペーンを両方受けることができるからです!

まともな代理店でauひかりを申し込んだら、だいたい40,000円~50,000円の現金キャッシュバックや商品特典が受け取れますよ。

ただし中には適用条件が複雑で結局貰えなかったり、受け取りまですごく時間が掛かる怪しい代理店も存在するので見極めが大切です。

この記事の最後に貰い忘れなく確実に特典が受け取れる代理店を紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

auひかりに乗り換える際の注意点

メリットの多いauひかりへの乗り換えですが注意点もあります。

  • 転用や事業者変更は使えない(開通工事が必須)
  • 新スタートサポート対象外の回線がある
  • auひかり電話に番号が引き継げない可能性
  • プロバイダ発行のメールアドレスが使えなくなる

転用や事業者変更は使えない(開通工事が必須)

光回線の乗り換えについて調べていると、工事不要で乗り換えが出来る『転用』や『事業者変更』という言葉が良く出てきます。

転用はNTTのフレッツ光を利用している方が光コラボレーションというタイプの光回線に乗り換える際に利用できる仕組み。

事業者変更は光コラボレーションから光コラボレーションに乗り換える際に利用できる仕組みで、どちらも開通工事をすることなくスムーズな乗り換えが可能です。

光コラボレーションはNTTの敷いた光ファイバー網を利用している光回線のことなので、乗り換え元と乗り換え先が同じ回線を利用しているから工事不要で大丈夫というわけですね。

ちなみに有名どころだとソフトバンク光やビッグローブ光が光コラボレーションです。

じゃあ転用や事業者変更を使えば工事不要でauひかりにも乗り換えできるの?

いえ、auひかりはKDDIが独自の光ファイバー網を利用しているため、残念ながら転用や事業者変更は利用できません。

そのため開通工事は避けて通れませんが、初期費用相当額割引があるので工事費は還元されますよ!

新スタートサポート対象外の回線がある

乗り換え時の解約金等を還元してくれる新スタートサポートは他社回線からの乗り換えが条件となっています。

そのためKDDIの関連企業などが運営しているインターネット回線は対象外となってしまうんです。

ご自分の利用している回線が対象外になっていないか事前に確認しておきましょう。

新スタートサポート対象外

auひかり/auひかりちゅら/コミュファ光/eo光/メガエッグ/ピカラ光/BBIQ/ひかりJ/ビッグローブ光/So-net光/エディオンネット(基本パック、IoTパック)/@nifty光/@T COMヒカリ/ひかりゆいまーる/auスマートバリュー提携事業者/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者

NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル/ヤフー/nuroモバイルが提供するモバイルデータ通信端末以外

auひかり電話に番号が引き継げない可能性

auひかりに乗り換える前の光回線で光電話サービスを契約をしている方は、auひかり電話にすると電話番号の引き継ぎができない場合があります。

電話番号を発番した当時の電話サービス番号継続可否
現在NTT加入電話を利用中
現在KDDIメタルプラス電話をご利用中
現在ひかり電話等NTT加入電話以外を利用中で
元はNTT加入電話で発番した番号
現在ひかり電話等NTT加入電話以外を利用中で
元はひかり電話で発番した番号
×

要はNTT加入電話以外で発番していた場合は引継ぎができません。

良く分からない場合は必ず申し込み時にオペレーターさんに確認しましょう。

プロバイダ発行のメールアドレスが使えなくなる

インターネットに接続するためには回線とプロバイダ、双方のサービスが必要です。

そして回線を乗り換えるということは基本的にプロバイダも変更になります。

その際、もしプロバイダ発行のメールアドレスを利用している場合は注意が必要です。

プロバイダを解約すると当然そのメールアドレスも利用できなくなってしまいますので。

今はGmailやYahoo!メールなど無料で利用できるメールサービスもたくさんありますし、この機会に切り替えてしまうのも一つ。

またはプロバイダによってはメールのみのプラン(こちらは有料)が用意されている場合もあるので、そちらに切り替える方法もあります。

メールプランへの変更ならメールアドレスを変更する必要はありません。

auひかりに乗り換える手順

では最後にauひかりにスムーズに乗り換えするための手順を確認しておきましょう。

  • STEP1
    提供エリアの確認
  • STEP2
    開通工事日の調整
  • STEP3
    立会いのもと開通工事
  • STEP4
    前回線の解約

①提供エリアの確認

まずはauひかりのエリア確認を行います。

auひかりは知名度が高いわりに提供エリア外の地域が存在するんです。

auひかり 提供エリア

地図の通り、東海地方、関西地方、沖縄は残念ながらauひかり(ホームタイプ)の提供エリア外となっています。

auひかり提供エリア外

東海・・・静岡、愛知、岐阜、三重

関西・・・大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀

沖縄・・・沖縄

またマンションやアパートにお住まいの場合は、auひかりのマンションタイプ設備が導入されているかどうかも調べておいた方が良いでしょう。

エリアやマンションタイプの検索方法については下記の記事で詳しく解説していますのでご活用下さい。

②開通工事日の調整

auひかりは独自回線を利用するため、乗り換える際は基本的に回線工事が必要となります。

そのため、申し込みから開通までは数週間から1カ月程度、場合によってはそれ以上かかることもあります。

auひかりに乗り換えることが決まったら、早めに申し込んだ方が良いでしょう。

③立会いのもと開通工事

申し込み時に決めたスケジュールに沿って回線の開通工事が行われます。

尚、開通工事は立ち合い必須です。

開通工事が滞りなく終われば、晴れてauひかりの快適インターネットライフがスタートします!

④前回線の解約

auひかりでインターネットに接続できることがか確認出来たら前の回線を解約します。

解約書類は新スタートサポートの申請に必要になるので大事に保管しておきましょう。

もちろん開通工事前に前回線を解約しても良いのですが、インターネットが使えない期間が発生するのでauひかりの開通後に解約するのがベターです。

またauひかりの加入より1カ月以上前に他社サービスを解約してしまうと新スタートサポートの対象外となってしまうので注意が必要です。

フレッツ光から乗り換えの場合はプロバイダの解約も忘れずに行いましょう。

auひかりへの乗り換え方法、まとめ

今回は他社回線からauひかりへの乗り換えについて解説しました。

auひかりに乗り換える主なメリットはこちらです。

  • auひかりは月額料金が安く初期工事費も実質無料
  • auスマホの月額料金が割引になる
  • IPv6 over IPv4をデフォルトで採用しているため速さが実感しやすい
  • 他社回線から乗り換え時にかかる違約金等が還ってくる!
  • 代理店から申し込めば高額キャッシュバックが貰える!

乗り換え方法を確認してみて、そこまでハードルは高くないと思いませんでしたか?

また、乗り換え時に掛かる解約違約金や工事費の残債が還ってくるのもありがたいですよね。

今の回線にご不満があるならauひかりに乗り換えて、快適なネットライフを楽しみましょう!

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが進呈されること!

そのためかなり高額のキャッシュバックとなっています。

詳しい特典内容はこちら!

高額キャッシュバック金額

ホームタイプマンションタイプ
NNコミュニケーションズ20,000円20,000円
プロバイダ25,000円20,000円
合計45,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

ハイグレードWi-Fiルーター付き特典選択時のキャッシュバック金額

ホームタイプマンションタイプ
NNコミュニケーションズ3,000円3,000円
プロバイダ25,000円20,000円
合計28,000円23,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

他の代理店と比べていただいてもかなり高額であることが分かると思いますよ!

特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

他社の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、申請忘れや貰い忘れの心配も無く、確実に特典をお受け取りいただけます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、当社はKDDI様より毎年『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を頂いています。

お客様のために誠心誠意対応させていただきますのでどうぞご安心下さい。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひ当社NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみてください。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!
タイトルとURLをコピーしました