勘違いしやすいauスマートバリューの適用条件まとめ

勘違いしやすいauスマートバリューの適用条件まとめauスマートバリュー

auひかりとauスマホをセットで利用する事で、スマホの月額料金割引が受けられる『auスマートバリュー』

このサービスを目当てに、家の固定回線をauひかりにしようと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこのサービス、ただ単にauスマホの利用者がauひかりを申し込みさえすればOKというわけではありません。

いつくかの条件を満たす必要があるのです。

この記事では、auスマートバリューの適用条件や注意点を紹介いたします。

これからauひかりを申し込み予定の方は、『気づいたらスマホの割引が適用されていなかった!』なんて事態を避けるために、ぜひ事前に一読しておきましょう!

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auスマートバリューの適用条件

auスマートバリューの適用条件は3つあります。

  1. auひかりとauひかり電話の契約が必須
  2. auスマホは割引対象プランで契約している必要がある
  3. 申し込みが必要

詳しく確認していきましょう。

1.auひかりとauひかり電話の契約が必須

auスマートバリュー

auひかりとauスマホのセットのイメージが強いauスマートバリューですが、その他『auひかり電話』の契約も必須です。

auひかり電話は、光ケーブルを利用した固定電話サービスで、月額500円(税込 550円)の基本料金が掛かります。

割引のために有料サービスに加入しなければいけないと思うと、腑に落ちない人も多いでしょう。

しかし、auひかり電話自体にもかなりメリットがあるのです。

例えば、NTTの加入電話を利用している場合は最低でも1,450円(税込 1,595円)の月額料金が掛かっているため、500円(税込 550円)のauひかり電話に切り替えることで大幅にコストダウンできます。

加えて、通話料金も圧倒的にauひかり電話の方が安いです。

まだ加入電話をお使いなら、この機会にauひかり電話への切り替えをおすすめします。

また、『固定電話はいらない』という場合も、もしご自分やご家族で合計2台以上のauスマホ・タブレットを持っているなら、やはりひかり電話の契約をおすすめします。

auひかり電話の月額料金より、auスマートバリューの割引額の方が大きくなるからです。

その場合、auひかり電話は契約だけしておいて、実際には使わなくても大丈夫です。

auひかり電話の通話料金など、詳しくはこちら↓

2.auスマホは割引対象プランで契約している必要がある

auのスマホ・タブレット・携帯電話なら、どれでもauスマートバリューが適用できるわけではありません。

割引対象のデータ(パケット)定額サービスや、料金プランを契約している必要があるのです。

対象プランはかなり数が多いので、後ほど表で紹介いたします。

3.申し込みが必要

auスマートバリューは、別途申し込みが必要です。

auスマホ・auひかり・auひかり電話が全て揃ったら、下記何れかの方法で申し込みましょう。

My au(auのマイページ)

My auから申し込み出来るのは、割引対象として登録するau端末が4回線以下の場合です。

My auログイン|au
My auログインのページ。ログインいただくと各種ご契約内容の確認・お手続きをご利用いただけます。

auショップ/au Styleに行く

割引対象として登録するau端末が5回線以上の場合や、auひかりとスマホの契約者が同一姓・同一住所でない場合などは、店舗に行って申し込む必要があります。

本人確認書類を持っていきましょう。

本人確認書類になるもの
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(日本国旅券)
  • 身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証

また、auひかりとauスマホの契約者が別姓だったり住所が異なる場合は、別途証明書が必要になります。

KDDIお客さまセンターに電話

電話で申し込み出来るのは、割引対象として登録するau端末が4回線以下の場合です。

au携帯電話から:157(局番なし)
一般電話から:0077-7-111

※どちらも通話料無料、9:00~20:00 (年中無休)

別居している家族にもauスマートバリューが適用できるケース

基本的に、同じ住所に住んでいる家族のスマホが対象になるauスマートバリューですが、別居する家族にも割引を適用できるケースがあります。

別居しているのが50歳以上のご家族の場合です。

auスマートバリュー 離れて暮らす家族も対象

例えば、新居に住むご夫婦がauひかりを契約してauスマートバリューを適用すれば、ご実家で暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんのau携帯も割引対象に含めることが出来ます。

最大10回線まで割引対象に出来るので、上手に活用しましょう。

auスマートバリューの注意点

auスマートバリューを申し込む際の注意点を3つ紹介いたします。

  1. 店頭で手続きしなければならないケースがある
  2. 申し込み時に書類が必要になるケースがある
  3. スマホセット割とは併用できない

1.店頭で手続きしなければならないケースがある

My auやKDDIお客様センターへの電話で申し込めるのは、割引対象にするauスマホが4回線までの場合。

5回線以上の場合は、auショップやau Styleの店頭に行って手続きしなければなりません。

割引対象スマホ
4回線以下
割引対象スマホ
5回線以上
My au
(PC、スマホ)
auショップ
au Style
KDDIサポートセンター
(電話)

また、auひかりとauスマホの契約者が『別姓・別住所』の場合も、店頭で手続きする必要があります。

2.申し込み時に書類が必要になるケースがある

auスマートバリューの申し込み時に書類が必要になるケースがあります。

表にまとめました。

ケース必要書類
別住所に住む50歳以上の家族の端末を
割引対象にする場合
家族関係証明書
同一世帯で姓が異なる場合健康保険証(有効期限内)、もしくは
住民票(続柄記載/発行日より3カ月以内)
単身赴任などで同一住所に住んでいる確認が
取れない場合
遠隔地用健康保険証(有効期限内)
申込者と家族割相手との続柄が1親等
(配偶者および親子(義親子含む))の場合
戸籍謄本(発行日より3カ月以内)、または
相手の確認書類(コピー可)+相手の「家族関係申告書」
パートナーシップ関係地方自治体などで発行されるパートナーシップ関係が
証明できる公的証明書

該当する場合は書類を用意して、auショップやau Styleで申し込みましょう。

3.スマホセット割とは併用できない

auには、タブレットとスマホをセットで利用することで、タブレット側の月額料金を割り引く『スマホセット割』というサービスがあります。

このスマホセット割とauスマートバリューは併用できず、どちらも申し込んでいた場合はauスマートバリューの割引が優先して適用されます。

auスマートバリューの割引額

それでは、auスマートバリューの割引額を確認してきましょう。

スマホの契約プランによって1回線あたり500円(税込 550円)、もしくは1,000円(税込 1,100円)の割引が永年適用されます。

スマートフォン(5G)/スマートフォン(4G LTE)

ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN) ※受付終了プラン
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB超〜7GBまで翌月から
500円/月割引

(550円(税込)/月割引)
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G ※受付終了プラン
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
翌月から
1,000円/月割引

(1,100円(税込)/月割引)
ピタットプラン5G(S)
ピタットプラン4G LTE(S)
2GB超〜20GBまで翌月から
500円/月割引

(550円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
auピタットプランN(S)
auピタットプラン
auピタットプラン(S)
2GBまで
※auピタットプラン
(シンプル)の場合、
1GBまで割引対象外
翌月から
500円/月割引

(550円(税込)/月割引)
2GB超~20GBまで翌月から
1,000円/月割引

(1,100円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
データ定額1
翌月から最大2年間
934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)
3年目以降
ずっと500円/月割引

(550円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
翌月から
934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
U18データ定額20
翌月から
1,410円/月割引

(1,551円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間
1,410円/月割引

(1,551円(税込)/月割引)
3年目以降
ずっと934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
翌月から最大2年間
2,000円/月割引

(2,200円(税込)/月割引)
3年目以降
ずっと934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)

※4G LTE(au VoLTE対応)Android™スマートフォンの「料金プラン」「データ定額サービス」は名称に(V)がつきます。

ケータイ(4G LTE)

※受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
翌月から最大2年間
934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)
3年目以降
ずっと500円/月割引

(550円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
翌月から
934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引

(1,551円(税込)/月割引)
3年目以降
ずっと934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
翌月から最大2年間
2,000円/月割引

(2,200円(税込)/月割引)
3年目以降
ずっと934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)

※「AQUOS K SHF31」はauスマートフォンのプランでご利用いただけます。

ケータイ(3G)

カケホ(3Gケータイ・データ付)翌月から
934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

タブレットプラン20

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
(「ゼロスタート定額」)
翌月から
1,000円/月割引

(1,100円(税込)/月割引)
※受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引

(1,551円(税込)/月割引)
3年目以降
ずっと934円/月割引

(1,027円(税込)/月割引)

※対象プランは2021年3月時点の情報です。

まとめ

この記事では、auスマートバリューの適用条件と注意事項について紹介しました。

適用条件は以下の3つ。

  1. auひかりとauひかり電話の契約が必須
  2. auスマホは割引対象プランで契約している必要がある
  3. 申し込みが必要

注意点は以下の3つです。

  1. 店頭で手続きしなければならないケースがある
  2. 申し込み時に書類が必要になるケースがある
  3. スマホセット割とは併用できない

特に、auスマホを利用していてauひかりを契約すれば、自動的に割引が適用されると考えている方も多いようです。

実際には、別途申し込みしなければ割引が始まりませんのでご注意ください。

尚、これからauひかりの申し込みをされる場合は、キャッシュバックが受け取れる代理店窓口がお得です。

おすすめのキャンペーンを一つ紹介しますので、ぜひご活用ください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!

auスマートバリューについて、よくある質問

最後に、auスマートバリューについてよくある質問を紹介いたします。

  1. スマホは何台まで割引対象になりますか
  2. 申し込み後、いつから適用されますか
  3. auスマートバリューに割引期間はありますか
  4. auひかりを休止した場合、auスマートバリューはどうなりますか

1.スマホは何台まで割引対象になりますか

auひかり1契約につき、対応する料金プランで契約しているスマホ・タブレット・携帯電話、合計10回線まで対象にすることが出来ます。

2.申し込み後、いつから適用されますか

auスマートバリューを申し込み、加入条件などに問題が無ければ、翌月のau料金から割引が適用されます。

3.auスマートバリューに割引期間はありますか

auスマートバリューの割引は、対象のサービスを利用し続けている限り永年続きます。

ちなみに、過去に受付終了したプランの中には、最大2年間で割引が終了してしまうものもありました。

現在auスマートバリューに申し込めるプランは全て永年割引ですので、ご安心ください。

4.auひかりを解約した場合、auスマートバリューはどうなりますか

auひかりを解約する場合、auスマートバリューは解約月の前月をもって解除されます。

タイトルとURLをコピーしました