auひかりマンションの工事丸わかりガイド

auひかりマンションの工事丸わかりガイドauひかり

マンションにお住まいで、これからauひかりに申し込み予定の方は、いったいどのような工事をするか気になりませんか?

auひかりマンションの工事ってどんな作業をするのだろう?

工事に何日もかかるのは嫌だわ・・・

このような心配をされている方も多いと思います。

しかしご安心ください。

auひかりマンションの工事は、軽作業です。
所要時間も1〜2時間で終了します。

この記事では、タイプ別に分けて工事内容を解説しています。

現在マンションにお住まいだったり、これからマンションに引っ越し予定でauひかりの導入を検討されている方は、参考にしてください。

ホーム(戸建て)タイプの工事について知りたい方はこちら↓
auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりマンションはどんな工事をするの?

auひかりマンションの開通工事は、いったいどのような作業をするのでしょう?

auひかりマンション工事は基本的に「軽作業」となります。
複雑な工事は行いません。

何日も掛かるわけではなく、作業時間も1〜2時間で終わります。ですので、不安に思わなくても大丈夫です。

ただし、開通工事は必ず立ち会いが必要です
工事の日には必ずご在宅ください。

auひかりマンションの工事費

auひかりマンション 初期費用相当割引

auひかりマンションの工事費は、どのタイプも一律料金になります。

マンションタイプ
工事費
30,000円
実質無料!

現在、auひかり公式では初期費用相当額割引を実施中です!

工事費は分割払いとなりますが、毎月同じ分だけ割引が適用されて、最終的に無料になるキャンペーンです。

工事費:1,250円×24回払い=30,000円
割引額:1,250円×24回割引き=△30,000円

このように、2年間継続利用することで工事費が全額割り引かれます。

ただし、2年間経過せずにauひかりを解約をした場合には、残った工事費分を支払わなければならなくなるでご注意ください。

初期費用相当額割引について、詳しくはこちら↓

タイプ別工事内容

auひかりのマンションは、大きく8つのタイプに分類されます。

尚、集合住宅の種類や建物内の配線方式によってタイプが決まるため、お客様自身で選択することはできません。

各タイプを最大速度で比較しますと、下記の表のように5つに分類できます。

タイプ最大通信速度
ギガ、ミニギガ上り下り1Gbps
Gタイプ、都市機構G上り166Mbps、下り664Mbps
Vタイプ、都市機構DX上り35Mbps、下り100Mbps
Eタイプ上り下り100Mbps
Fタイプ上り下り100Mbps

auひかりの開通には、全てのマンションタイプで立会い工事が必要です。

ギガタイプ、ミニギガタイプ

上り下り最大1Gbpsの通信速度で利用できるサービスです。

マンションの共用部分まで光ファイバー線を引き込み、各部屋まで光ファイバー線を分配配線しているタイプとなります。

ギガタイプ、ミニギガタイプの配線方式
KDDIホームページから引用

開通工事の所要時間は概ね2時間。状況により時間は変動します。

工事には立会いが必要です。日程を組んだら必ずご在宅ください。

Gタイプ 、都市機構Gタイプ

最大通信速度下り664Mbps、上り166Mbpsで利用できるサービスです。

マンションGタイプと都市機構Gタイプは同様の工事内容となります。

これらのタイプでは、マンションの共用部分まで光ファイバー線を引き込み、建物内は既設の電話線を利用して各部屋まで配線されます。

Gタイプ 、都市機構Gタイプの配線方式
KDDIホームページから引用

開通工事の所要時間は概ね1時間。状況により時間は変動します。

工事には立会いが必要です。日程を組んだら必ずご在宅ください。

タイプGについて、詳しく知りたい方はこちら↓

Vタイプ、都市機構DXタイプ

最大通信速度上り35Mbps、下り100Mbpsで利用できるサービスです。

マンションVタイプと都市機構DXは同様の工事内容となります。

これらのタイプでは、マンションの共用部分まで光ファイバー線を引き込み、建物内は既設の電話線を利用して各部屋まで配線されます。

Vタイプ、都市機構DXタイプの配線方式
KDDIホームページから引用

開通工事の所要時間は概ね2時間。状況により工事時間は変動します。

工事には立会いが必要です。日程を組んだら必ずご在宅ください。

auひかりでは、現在タイプVの設備を導入している建物に対して、タイプGへ切り替えを順次進めています。
タイプVをご利用中の場合、マンション内にタイプGの設備が導入されると、自動的にマンション タイプG (V契約)に切り替わります。
マンション タイプG(V契約)に切り替わったお客さまは、マンション タイプG(G契約)へのお申し込みが可能となります。

Eタイプ

最大通信速度上り下り100Mbpsで利用できるサービスです。

マンションの共用部分まで光ファイバーを引き込み、共用部分から各戸まではLANケーブル(イーサネット)を配線して利用するサービスとなります。

電話線に比べ、安定した速度で利用できると言われています。

Eタイプの配線方式
KDDIホームページから引用

開通工事の所要時間は概ね2時間。状況により工事時間は変動します。

工事には立会いが必要です。日程を組んだら必ずご在宅ください。

Fタイプ

最大通信速度上り下り100Mbpsで利用できるサービスです。

マンションの共用部分まで光ファイバーを引き込み、共用部分から各戸までは棟内の光配線を活用して利用できるサービスとなります。

光ファイバーで配線するため、電話線やLANと比べて、安定した速度で利用できると言われています。

Fタイプの配線方式
KDDIホームページから引用

開通工事の所要時間は、概ね1時間。状況により時間は変動します。

工事には立会いが必要です。日程を組んだら必ずご在宅ください。

マンションでも設備が導入されていなければホームタイプになる

auひかりは、すべての集合住宅に設備を導入しているわけではありません。設備が導入されていない建物では、残念ながらマンションタイプで契約することは出来ないのです。

マンションタイプが導入されていない建物でauひかりを契約する場合、ホームタイプでの申し込みとなります。
(ただし、auひかりの提供エリア内に入っていることが前提です)

集合住宅にお住まいでホームタイプを契約する際には、いくつか注意しなければならないことがあります。

マンションに光回線を単独で導入する場合の注意事項
  • 賃貸住宅の場合は入線許可が必要です。建物のオーナーさんか管理会社へ連絡して光回線を導入する旨を伝えてください。
  • ホームエリアの場合は総階数3階建てまで、シェアドエリアの場合は総階数2階建ての建物にしかホームタイプを導入できません。
  • 建物の構造上、どうしても入線できない場合もあります。その場合はauひかりを導入できません。

auひかりが導入できなかった場合の対処法

auのスマホを使っている方にとって、セット割が組めるauひかりは最適な光回線です。

しかし、auひかりのマンション設備が導入されておらず、さらにホームタイプも導入出来なかった時には、auひかりの契約を諦めなくてはなりません。

auひかりが導入できない場合には、光コラボレーションのビッグローブ光を検討しましょう!

ビッグローブ光は、KDDIの関連会社であるBIGLOBEが運営している光回線です。

そのため、auひかりと同じようにスマホの割引サービス『auスマートバリュー』が適用できます。

また、NTTの光回線をシェアして利用しているため、ほぼ全国のエリアで契約可能で、設備を導入している集合住宅も多いです。

ビッグローブ光について、詳しくはこちら↓

まとめ

auひかりマンションの工事費や工事内容について解説致しました。

今回のまとめです。

  • auひかりマンションの工事は大規模なものでなく、軽作業となります。
    所要時間も1〜2時間で終了します。
  • auひかりマンションの工事費は『初期費用相当額割引』により、実質無料となります。
  • 開通工事には必ず立ち会いが必要となります。

auひかりマンションの導入を検討されている方は、まずはお住まいのマンションに設備が入っているかどうか確認してみましょう。

ご自分でエリア検索しても良いですし、代理店に電話して調べてもらうことも可能です。

もちろん、弊社NNコミュニケーションズでも対応しておりますので、どうぞ気軽にお問い合わせください。

auひかりの正規代理店
タイトルとURLをコピーしました