auひかりの月額料金・初期費用まとめ。少しでも安く使うならどのプランがおすすめ?

auひかりの月額料金・初期費用まとめ。少しでも安く使うならどのプランがおすすめ?auひかり

auひかりの料金ってちょっと難しいですよね。

戸建て向けのホームタイプは標準プラン・ギガ得プラン・ずっとギガ得プランの3パターンが用意されていますが、名前だけではどんなプランなのかピンと来ません。

また集合住宅向けのマンションタイプは8つのタイプに細分化されていて、さらにプランや条件によって料金が変わるのでかなり複雑。

しかもauひかりの公式サイトを見てもいまいち分かり辛いんです。

一体どのプランを選ぶのが正解なの?!

よく分からない!!

そんなあなたのために、auひかりの料金を出来るだけ分かりやすくまとめてみました。

ぜひ契約前に読んでいただき最適なプランを選びましょう!

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりの料金表

auひかりには「ホームタイプ」と「マンションタイプ」の2種類があり、それぞれ料金や初期費用が違います。

表にまとめました。

ホームタイプ

ホームタイプは「標準プラン」「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」という3種類のプランから選択します。

どのプランを選んでも初期費用(登録料と初期工事費)は一律ですが、月額料金には大きな差があるんですよ。

登録料初期工事費
3,000円実質無料!
(37,500円)
月額料金
(ネットのみ)
契約期間解約違約金
標準プラン6,300円無し無し
ギガ得プラン5,200円2年9,500円
ずっとギガ得プラン1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
3年15,000円

この中で私がおススメするのは、なんといっても月額料金が一番安いずっとギガ得プランです!

標準プランと比較すると1年目から1,200円も差がありますよ。

年間で考えたら1,200円×12ヶ月=14,400円・・・なんと14,400円も安いんです!!

光回線は一度導入したら長く利用するものなので、ホームタイプならずっとギガ得プランが間違いないです。

プランが固まった方に読んで欲しいページ↓

マンションタイプ

マンションタイプはホームタイプよりずっと複雑で、まずお住まいの建物がどのタイプに対応しているかが重要です。

これは自分では決められないので契約時に確認するしかありません。

タイプが決まったら、次は契約期間の無い標準プランにするか、月額料金が安いお得プラン(もしくは特定のオプションが無料になるお得プランA)にするかを選択します。

尚、マンションタイプも初期費用は一律です。

登録料初期工事費
3,000円実質無料!
(30,000円)
タイプ月額料金契約期間解約違約金
タイプG
お得プラン
16契約以上
3,800円
8契約以上
4,100円
2年9,500円
タイプG
標準プラン
16契約以上
4,900円
8契約以上
5,200円
無し無し
タイプV
お得プランA
16契約以上
3,800円
8契約以上
4,100円
2年7,000円
タイプV
標準プラン
16契約以上
3,800円
8契約以上
4,100円
無し無し
都市機構デラックス
お得プランA
3,800円2年7,000円
都市機構デラックス
標準プラン
3,800円無し無し
都市機構G
お得プラン
3,800円2年9,500円
都市機構G
標準プラン
4,900円無し無し
タイプE
お得プランA
16契約以上
3,400円
8契約以上
3,700円
2年7,000円
タイプE
標準プラン
16契約以上
3,400円
8契約以上
3,700円
無し無し
タイプF
お得プランA
3,900円2年7,000円
タイプF
標準プラン
3,900円無し無し
ギガ
お得プランA
3,900円2年7,000円
ギガ
標準プラン
3,900円無し無し
ミニギガ
お得プランA
5,000円2年7,000円
ミニギガ
標準プラン
5,000円無し無し

上記表をご覧の通り、マンションタイプは種類が多いです。

正直複雑すぎてわけが分からないと思うので、マンションタイプを検討している方は代理店に電話して確認しちゃうのが一番楽だと思います。

(弊社NNコミュニケーションズでもサイト上部に電話番号を掲載していますのでお気軽にお問合せください)

キャッシュバック金額の大きさなら↓

ただ、基本的にホームタイプより月額料金が安いので、マンションタイプで契約できる方は『ラッキー』と思っていただいて良いですよ。

タイプが決まったら標準プランかお得プラン(お得プランA)かを選択します。

私はお得プランがおススメです!

まず、タイプGや都市機構Gの場合はお得プランの方が月額料金が1,100円も安いんですよ。

光回線は一度導入したら長く使うものなのでランニングコストは安い方が良いですからね!

また、auひかりのキャンペーンの中には標準プランだと対象外になってしまうものがあるんです。

例えば・・・

標準プランだと対象外になってしまうキャンペーン
  • 新スタートサポート
  • プロバイダ側のキャッシュバックキャンペーン

少しでも安く使いたいとお考えなら、お得プランAやお得プランを選びましょう。

プランが固まった方に読んで欲しいページ↓

auひかりの基礎知識

細かい料金の説明に入る前に、少しだけauひかりの基礎知識について触れておきましょう。

この前提を知っていた方が料金について理解しやすくなるんです。

auひかりの料金は戸建てとマンションに分かれています

これは他のほとんどの光回線にも言えることですが、auひかりの初期費用や月額料金は住宅タイプによって大きく2つに分かれています。

ホームとマンションです。

  • ホーム・・・一戸建て向け
  • マンション・・・設備導入済みのアパートやマンション向け

一般的にマンションタイプの方が料金が安くなる場合が多く、auひかりもそうです。

ただし、マンションに住んでいる方がauひかりと契約すれば全てマンションタイプになる訳ではありません。

お住まいのマンションにauひかりマンションタイプ向けの設備が事前に導入されている必要があるんです。

設備が導入されていなければ、マンションにお住まいでもホームタイプで契約する事になります。

auひかりはプロバイダ料込み

インターネットに接続するためには回線とプロバイダ双方のサービスが必要です。

例えばNTTが運営するフレッツ光では回線はNTTと契約しますが別途プロバイダ事業者とも契約する必要があり、料金の請求も別々に来ます。

ではauひかりはどうなっているかと申しますと、提携プロバイダ7社から好きなところを選ぶことが出来ます。

auひかり 提携プロバイダ
  • au one net
  • @nifty
  • @Tcom
  • Asahi Net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

ただし、契約や請求はKDDIがとりまとめ一社と契約するだけで回線とプロバイダ両方のサービスが受けられるようになっています。

この方が分かりやすくて良いですよね!

auひかりの初期費用

それでは、auひかりの導入時に掛かる料金から確認していきましょう。

auひかりの初期費用は新規登録料初期工事費になります。

初期費用初期工事費
ホーム3,000円実質無料!
(37,500円)
マンション3,000円実質無料!
(30,000円)

auひかりの初期工事費は無料になる!

光回線の工事費は高額になる場合が多く、auひかりも30,000円を超える工事費が設定されています。

高いわねぇ・・・

しかしご安心ください!

auひかりには初期費用相当額割引があります。

初期費用相当割引

その名の通り初期費用(工事費)と同額分の割引が適用され、工事費が実質無料になるんです!

初期費用相当額割引のシステムはこんなイメージです。

  1. auひかりの工事費はホームは60回、マンションは24回に分割され月額料金と併せて請求される
  2. 分割された工事費と同額分が毎月割り引かれる
  3. ホームは60ヶ月、マンションは24ヶ月で支払い完了

わぁー、プラマイゼロだ!!

ただし初期費用相当額割引には2点ほど注意点があります。

ホームは月625円(37,500円÷60回)の工事費請求に対し、割引額の内訳はネットから125円、ひかり電話から500円となっています。

つまりひかり電話に加入しないと工事費は7,500円割引にしかならないんです。

30,000円は自腹・・・結構きついですよね。。

一方マンションはネットのみで満額割引になります。

もう1つの注意点は工事費の支払いが終わる前に解約するとその時点で割引は終了してしまう事です。

残った工事費は一括で支払わなければなりません。

例えばホームを契約していて2年(24ヵ月)で解約した場合は、後36カ月分の工事費を一括で支払わなければなりません。

万が一auひかりの解約を検討する際は工事費の残債に注意しましょう。

auひかりの月額料金

次はauひかりの月額料金を確認していきましょう。

少し複雑なので、ホームとマンションに分けてご紹介いたします。

ホームは料金は契約プランによって異なる

auひかりのホームタイプは3つの契約プランが用意されています。

  • ずっとギガ得プラン・・・契約期間3年、月額料金が一番安くなる
  • ギガ得プラン・・・契約期間2年、月額料金が少し安くなる
  • 標準プラン・・・契約期間無し、料金は高め

この通り、契約期間が長いほど月額料金が安くなるように設定されています

またずっとギガ得プランは2年目と3年目で少しずつ月額料金が安くなります(ただし解約金は一番高額)。

auひかりホームの月額料金表

標準プランギガ得プランずっとギガ得プラン
月額料金
(ネットのみ)
6,300円5,200円1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
契約期間無し2年自動更新3年自動更新
解約違約金無し9,500円15,000円

ということで、すぐに解約する予定が無ければずっとギガ得プランがおすすめです。

ランニングコストなので長く使えば使うほど差が出てきますからね。

マンションは8つタイプに分かれている

auひかりのマンションタイプは、住宅や採用されている配線方式によって8種類のタイプに分かれています。

また一部のタイプはプランによって価格に差があり、さらに同建物内の契約見込み軒数が8軒以上か16軒以上かでも変わってきます。

ホームよりずっと複雑ですね。。。

ちなみに配線方式はマンションごとにあらかじめ決められているものなので、ご自分で選ぶことは出来ません。

速くて安いタイプが導入されていればラッキーってことですね!

マンションの配線方式について詳しくはこちらをご覧ください↓

auひかりマンションの月額料金表

タイプ月額料金通信速度
タイプG
お得プラン
16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
下り664Mbps
上り166Mbps
(電話線)
タイプG
標準プラン
16契約以上 4,900円
8契約以上 5,200円
下り664Mbps
上り166Mbps
(電話線)
タイプV
お得プランA/標準プラン
16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
下り100Mbps
上り35Mbps
(電話線)
都市機構デラックス
お得プランA/標準プラン
3,800円下り100Mbps
上り35Mbps
(電話線)
都市機構G
お得プラン
3,800円下り664Mbps
上り166Mbps
(電話線)
都市機構G
標準プラン
4,900円下り664Mbps
上り166Mbps
(電話線)
タイプE
お得プランA/標準プラン
16契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
下り100Mbps
上り100Mbps
(LAN配線)
タイプF
お得プランA/標準プラン
3,900円下り100Mbps
上り100Mbps
(光回線)
ギガ
お得プランA/標準プラン
3,900円下り1G
上り1G
(光回線)
ミニギガ
お得プランA/標準プラン
5,000円下り1G
上り1G
(光回線)

料金シミュレーションで確認してみる

自分が申し込みしたいプランの料金はいかほどになるのか、簡単にわかる方法があります。

『auひかり 料金・シミュレーション』を活用すれば良いんです!

auひかりの提携プロバイダSo-netさんの公式ページには選択項目を数回クリックするだけで料金が表示されるシミュレーションシステムが組み込まれています。

ぜひ試してみてください。

So-netさんの料金シミュレーションページ↓
auひかり 料金・シミュレーション | So-net
auひかりのホームタイプまたはマンションタイプの初期費用や月額料金をご案内。住居タイプとプランを選ぶと、支払い金額イメージをシミュレーションできます。auひかりは、KDDIの光ファイバーを利用した最大10ギガの高速インターネットです

とても便利な料金シミュレーションですがそのままSo-netさんのページからauひかりを申し込むのはお待ちください。

もっと条件のよいキャッシュバックキャンペーンがあるので、ちょっともったいないですよ!

このページの最後でもお勧めの申し込み窓口を紹介していますのでよく見比べてから決めましょう。

auひかり料金の支払い方法

auひかりの支払いは口座振替またはクレジットカード支払いから選べるようになっています。

ちなみにどちらかを登録するまではKDDIから送付されてくる振込用紙での支払いとなりますが、毎回コンビニなどで現金で支払うのはかなり面倒ですし、支払いを忘れてしまうリスクもあります。

支払いを忘れてインターネットを止められたら大変ですし、早めの登録が吉ですよ。

尚、auひかりの支払い明細はMy au(マイページ)、またはアプリで確認することができます。

口座振替での支払い

登録した金融機関の口座から自動的に引き落とされます。

口座振替日前日(金融機関営業日)までに口座に料金を用意しておきましょう。

クレジットカードでの支払い

登録したクレジットカードで支払います。

私はほとんどの支払いを楽○カードにまとめてポイ活しているので当然カード払い一択です(笑)

利用できるクレジットカード

au payカード / VISA / マスター / JCB / ダイナースクラブ / アメリカン・エキスプレス / MUFG / DC / UFJ / NICOS / イオン / UCS / ゆめカード / エヌシー / 日専連 / エスコート / オークス / TOKYU / トヨタティーエスキュービック / アプラス / ジャックス / ポケットカード

料金の確認方法

auひかりの料金明細は「WEB de 請求書」を利用することで簡単に確認することができます。

WEB de 請求書はパソコンやスマホから毎月のauひかり料金を確認できるサービスです。

しかもauひかり料金が確定したら指定のメールアドレスに確定した旨が届く為、毎月忘れずにauひかりの料金をチェックできます。

「紙の請求書をどこにしまったか忘れた」「間違えて捨ててしまった」なんてことが無く、パソコンやスマホさえあれば毎月のauひかり料金が確認できるのでとても便利!

ぜひ活用しましょう。

WEB de 請求書で確認できること

WEB de 請求書で確認できることについてご紹介します。以下の表をご覧ください。

請求料金の確認auひかり請求料金の内訳を確認できます。
過去6ヵ月分の請求料金の確認過去6ヵ月分のauひかり請求料金を一覧で確認できます。
請求書の保存・印刷過去6ヵ月分の請求書をPDFファイルでダウンロードできます。
領収書の保存・印刷※1過去18ヵ月分の領収書をPDFファイルでダウンロードできます。
通話明細の確認※2過去3ヵ月分の通話料金を確認できます。
※1 領収書の確認は料金のお支払いを口座振替で登録している場合です。
 クレジットカード払いで登録している場合は、領収書の代わりに支払証明書を発行します。
 KDDIお客さまセンターへ連絡することで発行できます。
※2 auスマホをご利用の場合、申し込みが必要です。

WEB de 請求書の確認方法

WEB de 請求書で実際にauひかりの料金を確認する方法をご紹介します。

WEB de 請求書へアクセスする

まず、ブラウザで「My au」を開きます。

My auには「au ID・パスワード」、または「サポートID・サポートパスワード」を入力してログインします。

※「au ID・パスワード」、または「サポートID・サポートパスワード」を持っていない方は新規登録が必要です。

auひかりの料金を確認する

「料金・ポイントの確認」タブに以下の項目が表示されます。

  • 今月の請求書を詳しく確認する
  • 過去6ヵ月の請求額の一覧
  • 通話明細の確認・お申し込み

確認したい項目を選択すればauひかりの料金を確認することができます。

以上、「WEB de 請求書」をご紹介しました。

WEB de 請求書ならいつでもどこでもauひかり料金の確認ができてとても便利です。

「今月いくら使ったんだろう」とか「先月と今月どのくらい料金が違うんだろう」等、すぐに調べることができます。WEB de 請求書はあなたの心強い助けとなるでしょう。

auひかりならauスマホの月額料金が安くなる?!

auひかりにすれば私と夫のauスマホ料金が安くなるって聞いたんだけど!

お、よくご存じで。

auひかりにはネット+ひかり電話とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になるサービスが用意されています。

話題のauスマートバリューです!

auスマートバリュー

割引額は料金プランによりますがスマホ1台あたり500~1,000円

さらに同居しているご家族のスマホやタブレットも含めて何と最大10台まで対象になります。

なかなかすごい割引サービスだと思いませんか?!

仮に4人家族で全員がauのスマホを使っていたとして、1人が1,000円割引のプラン、3人が500円割引のプランを契約していれば毎月2,500円もの割引が適用されます。

これ、光回線の通信費が半分くらい浮いちゃうって事ですよ。

auひかりと契約するタイミングでスマホもauに乗り換えちゃうのもアリですね!

auスマートバリューについて詳しくはこちら↓

auひかりの料金まとめ

auひかりの初期費用と月額料金、支払方法などについて解説しました。

今記事のポイントを4つにまとめます。

  • auひかりの工事費は実質無料!
  • auひかりのホームタイプはずっとギガ得プラン(3年契約)が一番お得
  • auひかりのマンションタイプはホームタイプより安く利用できる
    (ただし契約できるプランは建物ごとに事前に決まっていて選べない)
  • auスマートバリューの適用でauスマホの月額料金が安くなる!

自分にぴったりのプランは見つかりましたか?

この記事が参考になりましたら幸いです。

あ、そうそう、最後にもう一つお得情報を伝えさせてください。

auひかりは公式サイトよりネット代理店から申し込んだ方がお得!

なぜならキャッシュバック等の高額特典が貰えるからです。

auひかりは知名度が高いので公式サイトは特に集客キャンペーン等をしなくても契約が取れますよね。

しかし代理店は別

なにか手を打たなければお客様は獲得できません。

その集客手段の一つが”高額キャッシュバック等のお得な特典”というわけです。

どこから申し込んでもauひかりの品質やサービスは変わりませんが、受け取れる特典には大きな差があります。

それならキャッシュバックが貰えるところから申し込んだ方が良いですよね。

ということでぜひauひかりの正規代理店、当社NNコミュニケーションズのキャンペーン内容だけでもチェックしていってください。

貰い忘れが発生せず、お客様に必ず特典をお受け取りいただけるキャンペーン内容になっています。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

こちらはauひかりの正規代理店、NNコミュニケーションズのキャンペーン内容を解説している動画です。

アニメとナレーションで分かりやすく紹介していますので、お時間がありましたらぜひご覧ください(2分19秒)。

※音声が流れますので音量にご注意ください。

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方をお選びいただけます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ハイグレードルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ハイグレードルーター

ホームマンション
NNコミュニケーションズ3,000円8,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額28,000円28,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典Bをお選びの方には更に下記のハイグレードルーターをプレゼント!

BUFFALO WSR-5400AX6

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!
タイトルとURLをコピーしました