auひかりと光コラボレーションの違い。あなたに最適な回線はどっち?

auひかりと光コラボレーションの違い。あなたに最適な回線はどっち?auひかり

日本にはたくさんの光回線サービスがあり、大きく2種類に分けることが出来ます。

NTTの回線を使っているか独自の回線を利用しているかの2種類です。

NTT回線を利用独自回線を利用
・フレッツ光
・ソフトバンク光
・ドコモ光
・楽天ひかり
・ビッグローブ光
・OCN光

…など
・auひかり
・NURO光
・eo光
・コミュファ光

…など

このNTT回線を利用している光回線リスト中で、フレッツ光を除いたサービスをまとめて『光コラボレーション・サービス』と呼びます。

今回は、光コラボレーション・サービスと独自回線を利用しているauひかりのどちらを契約しようか迷っている方に向けて、料金や速度などの違いを比較して解説いたします。

結論からお伝えしますと、対応エリア内にお住まいであれば、料金が安く速度の評判で上回るauひかりがおすすめです!

\auひかりの窓口選びに悩んだらコチラ/

光コラボレーション・サービスの定義

まずは、『光コラボレーション・サービスとは何か』ということを確認しておきましょう。

光コラボレーションは、プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスとセットにして提供しているインターネットサービスの総称です。

特徴としては、回線とプロバイダを別々に契約する必要が無く、月額料金も回線元のフレッツ光と比べてリーズナブルになるケースが多いということが挙げられます。

光コラボレーションとは

インターネットの利用には、回線とプロバイダサービスの両方が必要です。

そのため、フレッツ光ではNTTとプロバイダ事業者の2社と契約を結ぶ必要がありました。

この方式の場合、毎月2社から請求が来るため通信費が分かりにくいですし、問い合わせはNTTとプロバイダで内容に沿った方に連絡しなければならないなど、利用者からすると少し面倒です。

一方、光コラボレーションの場合は、一社と契約するだけで回線とプロバイダ、両方のサービスが受けられるようになっています。

当然、請求も問い合わせも一カ所にまとめられるので、利便性は断然上。

かくして光コラボレーションは人気を博し、たくさんのサービスが生まれてきました。

有名どころでは、ソフトバンク光、ドコモ光、楽天ひかり、ビッグローブ光、OCN光などが光コラボレーション・サービスです。

auひかりは光コラボレーションでは無い

auひかりはKDDI独自の光回線を利用しているため、光コラボレーション・サービスではありません。

そのため、対応エリアや他光回線からの乗り換え方法などに違いがあります。

ただし、回線とプロバイダを別々に契約する必要が無い『一体型サービス』となっている点は、光コラボレーションと一緒です。

auひかりはプロバイダ一体型サービス

auひかりと光コラボレーションの比較表

下表は、auひかりと代表的な光コラボレーション・サービスの2つ、ソフトバンク光ドコモ光を比較したものです。

auひかりソフトバンク光
(光コラボ)
ドコモ光
光コラボ)
回線速度≪ホーム≫
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

≪マンション≫
下り最大 100Mbps~1Gbps
≪ホーム≫
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

≪マンション≫
下り最大 100Mbps~1Gbps
≪ホーム≫
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

≪マンション≫
下り最大 100Mbps~1Gbps
IPv6の対応状況標準装備有り
※専用機器のレンタルが必要
標準装備
※プロバイダによる
ホームの
月額料金
1年目 5,100円
(税込 5,610円)
2年目 5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降 4,900円
(税込 5,390円)
5,200円
(税込 5,720円)
5,200円
(税込 5,720円)
マンションの
月額料金
3,400円
(税込 3,740円)
3,800円
(税込 4,180円)
4,000円
(税込 4,400円)
転用/事業者変更出来ない可能可能
対応エリア中部・関西・沖縄がエリア外全国全国
備考・工事費実質無料・工事費実質無料・工事費無料

それぞれの項目について、詳しく確認していきましょう。

auひかりと光コラボレーションの違い

auひかりと光コラボレーションの違いを、下記5項目で解説いたします。

  1. 回線速度
  2. IPv6の対応状況
  3. 月額料金
  4. 転用や事業者変更が出来るか
  5. 対応エリア

1.回線速度

auひかりと多くの光コラボレーション・サービスが公表している、一般的なプランの最大速度は一緒です。

auひかりソフトバンク光
(光コラボ)
ドコモ光
光コラボ)
回線速度≪ホーム≫
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

≪マンション≫
下り最大 100Mbps~1Gbps
≪ホーム≫
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

≪マンション≫
下り最大 100Mbps~1Gbps
≪ホーム≫
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

≪マンション≫
下り最大 100Mbps~1Gbps

理論上、違いはありません。

しかし、Twitterなどで速度に関する口コミをチェックしてみると、auひかりの評判の方が良いことが分かります。

なぜ最大通信速度が同じなのに、このような差が生まれてしまうのでしょうか。

その理由の一つとして、回線混雑の影響が考えられます。

実は、フレッツ光回線は、日本の光回線の中でなんと67%以上ものシェアを占めているんです。

フレッツ光のシェア

そのため、フレッツ光回線は夜間や休日などインターネットの利用者が多くなる時間帯は混雑が起き、速度が遅くなりやすいと言われるようになりました。

一方auひかりはKDDI独自の回線を利用しているため、利用者過多による回線混雑が起きにくく安定した速度を保ちやすいと言われています。

2.IPv6の対応状況

もう1つ、速度の評判に差が出てしまう理由として、IPv6の対応状況の違いが挙げられます。

auひかりソフトバンク光
(光コラボ)
ドコモ光
光コラボ)
IPv6の対応状況標準装備有り
※専用機器のレンタルが必要
標準装備
※プロバイダによる

今まで主流だったIPv4という接続方式は、ネット人口やIT家電などの接続機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇し混雑が起きやすい状況になってしまいました。

そこで開発されたのが、無限に近いIPアドレスを発行できるIPv6接続方式です。

IPv6接続を利用すると回線混雑を避け、通信が速く・安定しやすくなるという特徴があります。

IPv4接続とIPv6接続のイメージ

最近ではIPv6接続上でIPv4対応サイトも閲覧できる仕組みが各光回線で採用され始めていて、これを利用することで、高速・快適にすべてのインターネットを利用することができるようになりました。

例えば、auひかりが標準装備しているIPv4/IPv6デュアルスタック方式がこれにあたります。

もちろん、光コラボレーションの中にも似たような仕組みを採用しているところは増えてきていますが、そのほとんどはオプション扱いになっていて、別途申し込みや設定、専用機器のレンタルなどが必要です。

そうなると、別途費用が掛かるのを避けて利用しない方や、よく分からないので申し込まないという方も多いでしょう。

その点では、申し込み不要・設定不要で高速通信が出来て、だれもが最初から速さを実感しやすいauひかりに分があると言えます。

3.月額料金

同じ光コラボレーションでも、月額料金は事業者によって異なります。

そのため、代表的な光コラボレーション・サービスの2つ、ソフトバンク光とドコモ光と、auひかりの月額料金を比較しました。

ホームタイプとマンションタイプに分けて紹介いたします。

ホーム(戸建て)

auひかりソフトバンク光
(光コラボ)
ドコモ光
光コラボ)
1年目 5,100円
(税込 5,610円)
2年目 5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降 4,900円
(税込 5,390円)
5,200円
(税込 5,720円)
5,200円
(税込 5,720円)

ご覧の通り、auひかりが光コラボレーションの2社より少し安い料金設定になっています。

auひかり ホームのプランは、2年目と3年目に100円(税込 110円)ずつ料金が安くなるという、ちょっと特殊なものです。

そのため、1年目は100円(税込 110円)の差しかありませんが、3年目になると月間300円(税込 330円)もauひかりの方が安くなります。

『年間にして3,600円(税込 3,960円)』と考えると結構大きな差です。

マンション(集合住宅)

auひかりソフトバンク光
(光コラボ)
ドコモ光
光コラボ)
3,400円
(税込 3,740円)
3,800円
(税込 4,180円)
4,000円
(税込 4,400円)

マンションタイプにおいても、最安値で比較するとauひかりの方が安いです。

ただし、auひかり マンションは配線方式や建物の住居数などに応じてたくさんのプランが用意されていて、それぞれ月額料金が異なります。

つまり、契約するプランによっては、ソフトバンク光やドコモ光より高くなる場合もあり得るということです。

ちなみに、auひかり マンションの中で一番数が多い『VDSL方式(16契約以上)』は、ソフトバンク光と同額の3,800円(税込 4,180円)です。

auひかりマンションの詳しい月額料金はこちら↓
auひかりの月額料金・初期費用まとめ。少しでも安く使うならどのプランがおすすめ?
auひかりの料金って複雑で分かり辛いですよね。 そこでホーム・マンションのそれぞれのプランごとの月額料金、初期費用、工事費を出来るだけ分かりやすくまとめました。 また支払い方法やauスマホとのセット割引についても紹介しています。 ぜひ契約前に読んでいただき最適なプランを選びましょう!

尚、表面上の月額料金は各表に記載した通りですが、当然オプションなどに加入すれば、その分料金は上がっていきます。

例えば、回線の混雑を避けて、快適・高速なインターネット通信を可能にする『IPv6高速ハイブリッド』をソフトバンク光で利用する場合、別途『光BBユニット』という指定オプション(月額467円(税込 513円))に加入する必要があります。

一方、auひかりは同様のサービス『IPv4/IPv6デュアルスタック方式』を標準装備しているため、別途料金を支払う必要はありません。

ですから、『ホームではauひかりの方が確実に安く、マンションでもauひかりの方が安くなる可能性が高い』と言えます。

4.転用や事業者変更が出来るか

auひかり光コラボレーション
転用/事業者変更出来ない可能

auひかりは、転用や事業者変更は利用できません。

転用は、NTTのフレッツ光を利用している方が、光コラボレーション・サービスに乗り換える際に利用できる仕組み。

事業者変更は、光コラボレーションから光コラボレーションに乗り換える際に利用できる仕組みを指します。

転用・事業者変更共に、乗り換え元と乗り換え先が同じNTT回線を利用しているので、開通工事をすることなくスムーズな乗り換えが可能というわけです。

転用フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換え
事業者変更光コラボレーションから光コラボレーションへの乗り換え

一方auひかりはKDDIが敷いた独自の光ファイバー網を利用しているため、転用や事業者変更は利用できません。

そのため開通工事は避けて通れませんが、初期費用相当額割引により工事費は実質無料になります。

初期費用相当額割引について、詳しくはこちら↓
auひかりの工事費を徹底解説!キャンペーン利用で実質無料【初期費用相当額割引】
auひかりを開通するには、最初に光ケーブルを引き込む工事が必要になり、工事費が掛かります。 初期工事費はホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円です(税込)。 しかし、初期工事費相当額割引というキャンペーンを利用することで、工事費は実質無料になります!

5.対応エリア

auひかりと光コラボレーションは、提供可能エリアが異なります。

それぞれ確認してみましょう。

auひかり ホーム(戸建て)の対応エリア

知名度の高いauひかりですが、意外にも提供していないエリアが存在します。

auひかり 提供エリア
auひかり ホームタイプの提供エリア

北海道・・北海道
東北・・・青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
関東・・・東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
信越・・・新潟、長野
中部・・・山梨
北陸・・・石川、富山、福井
中国・・・鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国・・・香川、徳島、愛媛、高知
九州・・・福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島

auひかり ホームタイプ提供エリア外

中部・・・静岡、愛知、岐阜、三重
関西・・・大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
沖縄・・・沖縄

このように、山梨県を除く東海甲信地方、関西地方、沖縄は残念ながらauひかり(ホームタイプ)の提供エリア外です。

光コラボレーション ホーム(戸建て)の対応エリア

NTTの光回線はほぼ全国をカバーしています。

同様に、光コラボレーションも全国で利用可能です。

フレッツ光 提供エリア

つまり、auひかりがエリア外でも、光コラボレーションであれば申し込める可能性は非常に高いと言えます。

マンション(集合住宅)の場合

光回線のマンションタイプは、設備が導入されている建物でしか契約できません。

逆に言えば、auひかり ホームの提供エリア外に入ってしまっていても、お住まいの建物にauひかりのマンション用設備が導入されていれば申し込みは可能ということです。

しかし、auひかりのマンション用設備が導入されている物件は、光コラボレーションの設備が導入されている物件と比べると圧倒的に少ないのが現状です。

エリアに関しては、ホームタイプもマンションタイプも、光コラボレーションに分があると言えるでしょう。

auひかりがエリア外だった場合におすすめの光コラボレーション↓
auひかりはエリア外…それでもスマートバリューを適用する方法【ビッグローブ光を検討しよう】
auひかりにauスマホとのセット割サービス『auスマートバリュー』があるお得な光回線です。 しかしauひかりには契約できないエリアが存在し、残念ながらエリア外だった場合はお申込みいただけません。 ただし、同じKDDIグループのビッグローブ光でもauスマホとのセット割引を組むことができますよ。

まとめ

auひかりと光コラボレーションを比較してみると、速度や料金についてはauひかりに分があり、エリアに関しては光コラボレーションに分があることが分かりました。

auひかりは、対応エリアが限られる点が最大の弱点と言えるのではないでしょうか。

エリア外の場合は、どんなに望んでもauひかりを導入することはできないわけですから。

しかし逆に対応エリア内にお住まいであれば、料金が安く速度の評判で上回るauひかりを選ばない手はありません。

インターネット回線は長く使うケースが多いので、出来るだけランニングコストは安く抑えた方が良いですし、もちろん速度は速いに越したことはありませんから。

まずは、ご自分のお住まいがauひかりの対応エリアに入っているか調べてみましょう!

尚、これからauひかりを申し込むなら、キャッシュバックが受け取れる代理店経由がおすすめです。

おすすめの代理店キャンペーンを一つ紹介しますので、ぜひご活用ください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店
タイトルとURLをコピーしました