auひかりのホームとホームSの違い。ほとんど気にしなくてOKです!

auひかりのホームとホームSの違い。ほとんど気にしなくてOKです!auひかり

auひかりの戸建て向け契約タイプは、『ホーム』と『ホームS』の2種類存在しています。

この2つにはどのような違いがあって、またどちらを選ぶのがお得なのでしょうか。

・・・実は、ほとんど気にする必要はありません!

ホームはKDDI回線を利用していて、ホームSはNTTの回線を利用しているという違いこそあるものの、料金や回線速度、適用できるキャンペーンは全部一緒だからです。

また、ホームSは今のところ5ギガ・10ギガの高速サービスが利用できないという点が唯一のデメリットと言えますが、そこまでの速度を必要とする方は限られるでしょう。

今回は、auひかりのホームとホームSについて、何が違って、何が違わないのかを解説いたします。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりホームとホームSは回線が違う

auひかりの『ホーム』と『ホームS』は、どちらも戸建て用の契約タイプを指します。

では、この2つは何が違うのかと言いますと、実は利用している回線が違うんです。

auひかり ホームKDDI回線
auひかり ホームSNNTのフレッツ光回線

ご覧の通り、ホームは自社のKDDI回線を使用していて、ホームSは、NTTのフレッツ光回線を借りてインターネットサービスを提供しています。

ちなみに、Sは『フレッツ光回線をシェアしている』という意味の、Shared access(シェアドアクセス)の頭文字からとられています。

ホームかホームSかはエリアによって決まる

なんとなくだけど、やっぱり借りている回線よりKDDIさんの自社回線の方が良さそうだなぁ。

よし、うちは『ホーム』にしよう!

残念ながら、auひかりを契約する際、『ホーム』か『ホームS』かは自分で選ぶことはできません。

なぜなら、どちらになるかはエリアによって決まるからです。

KDDI独自の回線を使ってauひかりを提供しているエリアで、戸建て向けタイプを契約すると『ホーム』。

NTTのフレッツ光回線を使ってauひかりを提供しているエリアで契約すると『ホームS』となります。

auひかり ホーム(S)

KDDIさんが自分達の回線で網羅しきれなかったエリアを、NTTさんのフレッツ光回線でカバーしていると考えれば当然の流れかもしれません。

ご自宅がどちらのエリアに入っているかは、エリア検索を行うことで簡単に確認できるので、気になる方はぜひお試しください。

エリア検索の仕方はこちらをご覧ください↓

ホームSでも心配ご無用!ほとんど違いはありません

ホームになるか、ホームSになるかはお住まいのエリア次第で、自分で選ぶことはできない・・・

しかし、それを不安に思う必要はありません。

この2つは『利用している回線が違う』ということ以外、ほとんど違いはないからです。

  1. 初期費用や月額料金は変わらない
  2. 基本的な速度も変わらない
  3. 適用できるキャンペーンも変わらない

1.初期費用や月額料金は変わらない

auひかりの戸建てタイプの料金は、ホーム・ホームSとも全く一緒です。

『他社回線を利用しているから割高になる』ということはありませんので、ご安心ください。

参考までにauひかりホームの登録料・開通工事費・月額料金を紹介します。

登録料

登録料3,000円
(税込 3,300円)

登録料は、だいたいどのインターネット回線でも最初に掛かる料金です。

開通工事費

戸建ての場合
工事費37,500円(税込 41,250円)
・625円(税込 687.5円)×60回払い
割引額37,500円(税込 41,250円)割引
・ネット回線 125円(税込 137.5円)割引×60回
・ひかり電話 500円(税込 550円)割引×60回
つまり・・・実質無料!

開通工事費は、光回線を導入する際に行う工事の費用です。

光回線インターネットサービスは電柱を走る光ファイバーを自宅まで引き込むため、最初に工事が必要になり、工事費が掛かるのが普通です。

ただ、auひかりの場合は『初期費用相当額割引』というキャンペーンが用意されていて、これを適用することで工事費は実質無料となります。

月額料金

標準プランギガ得プランずっとギガ得プラン
月額料金
(ネットのみ)
6,300円
(税込 6,930円)
5,200円
(税込 5,720円)
1年目:5,100円
(税込 5,610円)
2年目:5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降:4,900円
(税込 5,390円)
契約期間無し2年自動更新3年自動更新
更新月無し25カ月目と
26カ月目
37カ月目と
38カ月目
解約違約金無し9,500円
(税込 10,450円)
15,000円
(税込 16,500円)

ホームとホームSには、3種類の料金プランが用意されています。

おすすめは、一番月額料金が安いずっとギガ得プラン(3年自動更新型契約)

インターネット回線は、一度契約すると長く使うものなので、出来るだけランニングコストが安いものを選ぶのが鉄則です。

尚、戸建て向けの月額料金が税抜き価格が5,000円切るのは、他の光回線と比べても安い方に入ります。

他の光回線と比較しても、auひかりはかなり安い方です↓

2.基本的な速度も変わらない

auひかりの戸建て向けプランの最大通信速度は、ホーム・ホームSともに1Gbps(1,000Mbps)です。

使用している回線によって速度が異なるということは無いのでご安心下さい。

尚、下表はYouTubeが公式に発表している解像度ごとの推奨速度です。

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

高画質サイズのHD 1080pでは5Mbps、4K動画でも20Mbpsあれば良いということですので、1Gbps(1,000Mbps)がいかに十分な速度か分かると思います。

また、auひかりはIPv4/IPv6デュアルスタック方式という回線混雑を避けることが出来る通信方式を導入しているため、ホーム・ホームSとも快適なインターネット通信が利用可能です。

他の光回線でも似たような仕組みを導入しているところは多いですが、そのほとんどは専用機器をレンタルしたり、別途オプションの申し込みが必要なところ、auひかりは標準装備。

契約者全員がこの方式を利用できるため、auひかりの速度の評判は非常に良いのです!

auひかりの速さについて、更に詳しくはこちら↓

3.適用できるキャンペーンも変わらない

auひかり新スタートサポート

auひかりは、魅力的なキャンペーンが多数用意されているのが強みです。

初期費用相当額割引開通工事費が実質無料になる
新スタートサポート乗換時に掛かった他社違約金などが還ってくる
auスマートバリューauひかりとauスマホをセットで利用することで、
スマホの月額料金割引が受けられる
申込キャンペーン特定の窓口からauひかりを申し込むことで
キャッシュバックが貰える

もちろん、これらは全てホームでもホームSでも適用可能です。

各種キャンペーンについて、詳しくはこちら↓

ホームSは5ギガ・10ギガの高速サービスが利用できない

ほとんど気にする必要が無いホームとホームSの違いですが、唯一ホームSのデメリットと言えるのが高速サービスの申し込みができない点です。

auひかりのホームタイプでは現在、最大通信速度が5Gbps、または10Gbpsの高速サービスを提供しています。

ほとんどの光回線は最大通信速度が1Gbpsですので、その5倍と10倍・・・とんでもないスピードです!

ただし、まだ申し込めるエリアはかなり絞られています。

auひかり ホーム5Gbps・10Gbpsの対象地域

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1部エリア

また、上記の都県内であっても、ホームSの対象エリアでは現在申し込みすることが出来ないのです。

とはいえ、普通にインターネットを利用する範囲内であればそこまでの速度は必要なく、1Gbpsで十分高速ですので、ほとんどの方にとっては問題にならないでしょう。

高速サービスについて、詳しくはこちら↓

NTT回線を使っていてもauひかりは光コラボレーションでは無い

プロバイダなどの事業者が、NTTのフレッツ光回線を借りて運用しているインターネットサービスを光コラボレーションと言います。

有名どころだと、ソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光などが光コラボレーションです。

ということは、NTTの回線をシェアしているauひかりのホームSも光コラボレーションになるのかな?

いいえ、auひかりのホームSは光コラボレーションではありません。

光コラボレーションは回線だけではなく、その周りの設備や運用などもNTTが行っていますが、auひかりは回線はシェアしているものの設備や運用などはKDDIが自社で行っているためです。

ですので、auひかりは光コラボレーションなら適用できる『転用』や『事業者変更』という仕組みを利用することができません。

転用フレッツ光から光コラボレーションに
開通工事をすることなく乗り換えできる仕組み
事業者変更光コラボレーションから光コラボレーションに
開通工事をすることなく乗り換えできる仕組み

その代わり、auひかりは他社から乗り換える際に掛かった解約違約金を還元してくれる『新スタートサポート』や、開通工事費が実質無料になる『初期費用相当額割引』などの魅力的なキャンペーンを用意しているというわけです。

まとめ

auひかりのホームとホームSについて、何が違って、何が違わないのかを解説しました。

今記事の要点をまとめます。

auひかりホームとホームSの違いは、KDDIとフレッツ光どちらの回線を使っているかです。

auひかり ホームKDDI回線
auひかり ホームSNNTのフレッツ光回線

ホームになるか、ホームSになるかはエリアによって決まるので、ご自分で好きな方を選択することはできません。

ただ、回線が異なっていても料金や速度、適用できるキャンペーンに違いはないので、ほとんど気にする必要は無いでしょう。

  1. 初期費用や月額料金は変わらない
  2. 基本的な速度も変わらない
  3. 適用できるキャンペーンも変わらない

ホームSの唯一のデメリットは、5ギガ・10ギガの高速サービスが利用できない点です。

とはいえ、普通にインターネットを利用する範囲内であれば1Gbpsで十分高速ですので、ほとんどの方にとってはこれも問題になりません。

ご自宅のエリアがホームSだったとしても、安心して申し込みましょう!

尚、auひかりはキャッシュバックキャンペーンを展開している代理店からの申し込みがお得です。

おすすめのキャンペーンを紹介しますので、申し込み予定の方はぜひチェックしてみてください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!
タイトルとURLをコピーしました