auひかり ホームを検討している方が事前に知っておくべき情報まとめ

auひかり ホームを検討している方が事前に知っておくべき情報まとめホームタイプ
auひかり ホームを検討している方が事前に知っておくべき情報まとめ

auひかり ホーム(戸建て向け)の導入を検討している方向けに、事前に知っておいた方が良い情報を1ページにまとめました。

下記の内容について、詳しく解説しています。

おすすめプランずっとギガ得プラン
月額料金1年目 5,610円(税込)
2年目 5,500円(税込)
3年目以降 5,390円(税込)
初期費用新規登録料
3,300円(税込)
初期工事費割引により実質無料!
(41,250円(税込)
最大通信速度1Gbps
(一部エリアのみ、5G・10G)

また、auひかりホームのデメリットは2点。

  1. 一部利用できないエリアがある
  2. auひかりのTVサービスは地上波が映らない

auひかりホームのメリットは、下記の6点が挙げられます。

  1. 月額料金が安い
  2. オプションなどに加入しなくても速度が速い
  3. auスマホとのセット割引『auスマートバリュー』
  4. 割引サービスが豊富
  5. 電話代が安くなる
  6. 代理店から申し込むとキャッシュバックが受け取れる

戸建てにお住まいでauひかりの契約を検討している方は、ぜひ申し込み前にご確認ください。

auひかり ホームの月額料金プランは3種類

auひかりのホームタイプには、「標準プラン」「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」という3つの契約プランが用意されています。

それぞれの概要を表にまとめました。

標準プランギガ得プランずっとギガ得プラン
月額料金
(ネットのみ)
6,930円(税込)5,720円(税込)1年目:5,610円(税込)
2年目:5,500円(税込)
3年目以降:5,390円(税込)
契約期間無し2年自動更新3年自動更新
更新月無し3カ月間
(24~26カ月目)
3カ月間
(36~38カ月目)
解約違約金無し4,460円(税込)4,730円(税込)

インターネット回線は一度契約したら長く使うものですので、月額料金を基準にプランを選んでみてください。

つまり、『ずっとギガ得プラン』が一番おススメです!

ずっとギガ得プランが一番お得

ずっとギガ得プランは、3年の自動更新契約を結ぶ代わりに月額料金が安くなるプランです。

3年目まで毎年110円(税込)ずつ月額料金が安くなるという、ちょっと特殊な料金設定となっています。

利用年数月額利用料
1年目5,610円(税込)
2年目5,500円(税込)
3年目以降5,390円(税込)

尚、3年自動更新契約とは、3年単位で自動的に次の契約に更新される契約形態の事。

スマホの『2年縛り』と似ていて、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月に訪れる更新月以外に解約した場合は、違約金4,730円(税込)が掛かるシステムです。

ずっとギガ得プランの更新月

解約する際は、出来るだけ更新月にあわせるように注意する必要があります。

それでも、2~3年で解約するつもりが無ければ、月額料金が安いずっとギガ得プランを選択した方が、結果的にお得です。

ずっとギガ得プランについて、もっと詳しくはこちら↓

auひかり ホームの初期費用

auひかりの導入時に掛かる初期費用は、新規登録料工事費に分けられます。

新規登録料3,300円(税込)
初期工事費実質無料!
(41,250円(税込)

登録料の3,300円(税込)は、だいたいどの光回線でも最初に掛かる料金です。

初期工事費は、光回線を導入する際に行う工事の費用のこと。

auひかりなどの光回線を利用する場合、電柱を走る光ファイバーを自宅まで引き込む必要があるため基本的に工事必須で、当然工事費が掛かってきます。

ただ、auひかりの場合は『初期費用相当額割引』というキャンペーンがあるため、工事費が実質無料になるんです。

初期費用の工事費は実質無料になる

auひかりホーム 初期費用相当割引
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

auひかり ホームタイプの回線工事費用は41,250円(税込)で、一括もしくは23回・35回・60回分割のいずれかの方法で支払います。

しかし、auひかりのインターネット回線とひかり電話をセットで契約すると、毎月の支払額から工事費相当の割引が受けられるんです。

これを『初期費用相当額割引』と言います。

戸建ての場合
工事費41,250円(税込)
割引額41,250円(税込)
・初回 1,194.6円(税込)
<ネット 644.6円(税込)+電話 550円(税込)
・1,178.1円(税込)×34カ月
<ネット 628.1円(税込)+電話 550円(税込)
つまり・・・実質無料!

ただし、auひかり電話に加入しない場合はネット回線分の22,000円(税込)割引にしかならず、工事費のうち19,250円(税込)分は自費で負担しなければならなくなる点には注意が必要です。

auひかり ホームの速度

auひかり ホームの最大通信速度は、ほとんどの光回線と同様1Gbps(1,000Mbps)です。

下記表はYouTubeが公式に発表している解像度ごとの推奨速度。

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20 Mbps
HD 1080p   5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p1.1 Mbps
SD 360p0.7 Mbps

高画質サイズのHD 1080pでは5Mbps、4K動画でも20Mbpsあれば良いということですので、1Gbps(1,000Mbps)がいかに十分な速度か分かります。

また、auひかりが他の光回線より優れているのは、IPv4/IPv6デュアルスタック方式という速さを実感しやすい通信方式を標準装備している事。

そのため、速度の評判は非常に良いです!

5Gbps、10Gbpsの高速サービスもある

一部エリア限定ですが、auひかりには一般的な光回線の5倍と10倍のスピードを誇る高速プランが用意されています。

auひかり ホーム5Gbps・10Gbpsの対象地域

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1部エリア

エリア内にお住まいで速さにこだわりがある人は、auひかりの申し込みと併せて導入を検討してみましょう。

ちなみに、5Gbpsでしたら『超高速スタートプログラム』という割引により、3年間は1Gbpsと同じ料金で利用可能です。

ホーム5Gホーム10G
高速サービス料
(月額)
550円(税込)1,408円(税込)
割引550円(税込)
※3年間
550円(税込)
※3年間
つまり・・・0円858円(税込)

また、auひかりとauスマホのセット割『auスマートバリュー』を組んでいた場合は、超高速スタートプログラムの割引が4年目以降も継続されます。

つまり、5Gプランなら高速サービス料が永年無料で利用できるという事に!

auスマートバリュー加入時 500円割引

高速プランを申し込む方は、出来るだけauスマートバリューも適用させましょう。

auひかりの注意点(デメリット)

auひかりは優れた点が多いおすすめの光回線ですが、いくつかデメリットも存在しています。

後から気づいてどうにもならなくなってしまったら大変ですので、必ず契約前に確認しておきましょう。

  1. 一部利用できないエリアがある
  2. auひかりのTVサービスは地上波が映らない

1.一部利用できないエリアがある

auひかりは知名度抜群の光回線ですが、実は日本中どこでも加入できるわけではありません。

提供エリア外の地域が存在するんです。

auひかり 提供エリア

地図の通り、山梨県を除く東海甲信地方、関西地方、沖縄は残念ながらauひかり(ホームタイプ)の提供エリア外です。

auひかり ホームタイプ提供エリア
  • 北海道:北海道
  • 東北:青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
  • 関東:東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
  • 信越:新潟、長野
  • 中部:山梨
  • 北陸:石川、富山、福井
  • 中国:鳥取、岡山、島根、広島、山口
  • 四国:香川、徳島、愛媛、高知
  • 九州:福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島
auひかり ホームタイプ提供エリア外
  • 中部:静岡、愛知、岐阜、三重
  • 関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄:沖縄

提供外の地域はKDDIの子会社や関連会社が独自の光回線を展開しているエリアで、いわゆる大人の事情が絡んでいるようです。

エリア外だった場合は残念ですが別の光回線を検討しましょう。

ちなみにホームタイプの提供エリア外に入っていても、auひかりのマンションタイプ設備が導入されている集合住宅であれば申し込みできます。

集合住宅に導入を検討している場合は上記エリアに含まれていても諦めずにエリア検索してみましょう。

沖縄県に関しては、通常のauひかりではなくauひかりちゅらという別サービスになります。

通常のauひかりは提供エリア外でマンションタイプも申し込み出来ません。

エリア外だった場合はどうやってもauひかりは利用できませんので、残念ですが別の光回線を検討しましょう。

尚、同じKDDIグループが運営する光回線『ビッグローブ光』でしたら全国のエリアで契約可能です。

ビッグローブ光について、詳しくはこちら↓
auひかりはエリア外…それでもスマートバリューを適用する方法【ビッグローブ光を検討しよう】
auひかりにauスマホとのセット割サービス『auスマートバリュー』があるお得な光回線です。 しかしauひかりには契約できないエリアが存在し、残念ながらエリア外だった場合はお申込みいただけません。 ただし、同じKDDIグループのビッグローブ光でもauスマホとのセット割引を組むことができますよ。

2.auひかりのTVサービスは地上波が映らない

auひかりには光回線を利用したテレビ視聴サービス(有料オプション)があります。

光ファイバー網を通してテレビ電波を受信するためアンテナ設置不要で、天候が悪くても安定して放送を視聴出来るというメリットがあるのですが、一方で大きな弱点があります。

実は、地デジやBS放送が見られないのです!

『別に、地デジが見られなくても自分の好きなジャンルの番組や動画が見られれば良い』という方なら問題無いですが、テレビは地上波!という方も少なからずいらっしゃいます。

auひかりのテレビサービスを契約する前に、ご自分が見たい放送は何なのかよく検討しましょう。

地上波にこだわらなければ、多彩なジャンルのチャンネルとビデオサービス『TELASA』が楽しめたり、自宅のテレビでYouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflix、DAZN等が視聴できる便利なサービスです。

尚、もちろん既にアンテナを設置してテレビを見ている方は、今まで通り普通に地上波が見られるのでご安心ください。

auひかりのテレビサービスについて、詳しくはこちら↓
auひかりのテレビサービスならバラエティに富んだ番組やTELASA、YouTubeなどが楽しめる!
auひかりのテレビサービスは他の光回線のテレビサービスとは異なる点があります。 ・一般のテレビより多彩なジャンルのチャンネルとビデオサービス『TELASA』が楽しめる ・自宅のテレビでYouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflix、DAZN等が視聴できる その代わり、なんと地デジやBS放送が見られません。 つまりauひかりのテレビサービスは、より自分の好みに応じたチャンネルやビデオを楽しみたいと思っている人にぴったりのサービスなんです!

auひかりのメリット

auひかりは、大手企業のKDDIが運営しているだけあってサービスの品質が良く、キャンペーンや割引サービスも豊富!

メリットの多い光回線です。

  1. 月額料金が安い
  2. オプションなどに加入しなくても速度が速い
  3. auスマホとのセット割引『auスマートバリュー』
  4. 割引サービスが豊富
  5. 電話代が安くなる
  6. 代理店から申し込むとキャッシュバックが受け取れる

1.月額料金が安い

auひかりとフレッツ光、双方のホームタイプの月額料金を比較してみましょう。

フレッツ光は回線とプロバイダを別々に契約するタイプ、auひかりは一体型タイプになっています。

フレッツ光
(東日本)
フレッツ光
(西日本)
auひかり
(ずっとギガ得プラン)
光回線料金5,280円(税込)5,940円(税込)5,610円(税込)
~5,390円(税込)
プロバイダ料金1,100円(税込)1,100円(税込)無し
合計金額6,380円(税込)7,040円(税込)5,610円(税込)
~5,390円(税込)

ご覧の通り、フレッツ光と比べると、auひかりの方がかなり安い月額料金設定になっています。

またauひかりは継続利用することで割引が適用され、2年目に110円(税込)引き、3年目以降はそこから更に110円(税込)引きとなり、最終的に5,390円(税込)まで安くなります。

光回線のホームタイプで月額料金が税抜き5,000円を切るのは、安い部類に含まれます。

2.オプションなどに加入しなくても速度が速い

auひかりは速度の評判がとても良い光回線です。

それには2つの理由があります。

  1. KDDI独自の回線を使用している
  2. IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備

KDDI独自の回線を使用している

日本で展開している光回線サービスの多くは、実はNTTのフレッツ光回線を利用している事はご存じですか?

例えばソフトバンク光やビッグローブ光、OCN光などはフレッツ光回線を利用したサービスで、これらをまとめて光コラボレーションと言います。

フレッツ光と光コラボレーションを合わせると、なんと日本の光回線の中で67%以上ものシェアを占めているのです。

フレッツ光のシェア

そのため、フレッツ光回線は夜間や休日など、インターネットの利用者が多くなる時間帯は混雑が起き、速度が遅くなりやすいと言われるようになりました。

一方auひかりはKDDI独自の回線を利用しているため、利用者過多による回線混雑が起きにくく安定した速度を保ちやすいというわけなのです。

IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備

もう1つの理由は、auひかりがIPv4/IPv6デュアルスタック方式を採用していることです。

今まで主流だったIPv4という接続方式は、ネット人口やIT家電などの接続機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇し混雑が起きやすい状況になってしまいました。

そこで開発されたのが、無限に近いIPアドレスを発行できるIPv6接続方式です。

auひかりが採用しているIPv4/IPv6デュアルスタックは、IPv6接続上でIPv4対応サイトも閲覧できる仕組みで、高速・快適にすべてのインターネットを利用することができます。

IPv4接続とIPv6接続のイメージ

他光回線でも似たような仕組みを持つところはありますが、そのほとんどがオプション扱いになっていて別途申し込みや設定が必要なところ、auひかりはなんと標準装備!

そのためインターネットにあまり詳しくない方でも、速さを実感しやすいというわけなのです。

3.auスマホとのセット割引が適用できる

auスマートバリュー

「auスマートバリュー」とは、auひかりとauのスマホをセットにすることで、スマホの割引が受けられるお得なサービスです。

割引額は端末1台あたり月間550円(税込)〜1,100円(税込)で、ご家族のスマホやタブレットなども併せて、合計10回線まで割引対象になります。

例えば、5人家族で1人が1,100円(税込)割引のプラン、4人が550円(税込)割引のプランを契約していれば毎月3,300円(税込)の割引が適用されることに。

これはauひかりの通信費の半分以上に相当します!

このように、auスマートバリューはご家族のスマホ状況によってはものすごい割引額になる目玉サービスの一つです。

離れて暮らす家族のスマホも割引対象

auスマートバリューは、離れて暮らしている50歳以上のご家族も割引対象にすることが出来ます。

例えば、『夫婦が新居に住み、祖父母は実家に暮らしている』ケース。

auスマートバリュー 離れて暮らす家族も対象

新居でauひかりを契約してauスマートバリューを適用すれば、ご実家で暮らしている祖父・祖母のau携帯も割引が受けられます。

ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる

ホームゲートウェイは、auひかりを契約すると自宅に設置されるレンタル機器で、ひかり電話とWi-Fiの機能を併せ持っています。

ただ、Wi-Fi機能を使うには、月額550円(税込)の内臓無線LANオプションに加入しなければなりません。

しかし、auスマートバリューまたは自宅セット割(インターネットコース)が適用されると、このWi-Fiオプションが永年無料で使えるようになります!

auスマートバリューなど加入時 500円割引
引用:auひかり公式サイト

auスマートバリューには、こんな嬉しい追加効果もあるんです。

auスマートバリューの注意点
  • auひかり電話サービスの加入が必須
  • 手続きには、割引対象のスマホを利用している方の本人確認書類が必要
  • 手続きが完了した月の翌月ご利用分からの割引適用となる

4.auひかり乗り換え時に掛かった違約金を還元してくれる

auひかり新スタートサポート
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

乗りかえスタートサポート」は、他社のネット回線からauひかりに乗り換える際にかかった違約金を還元してくれるキャンペーンです。

ほとんどのインターネット回線は2年や3年の自動更新契約となっており、契約期間の途中で解約すると解約違約金が掛かります。

その解約違約金を、KDDI側が最大30,000円(※1)まで負担してくれます。

解約違約金の還元方法

ホームマンション
郵便為替 or
au PAY残高へチャージ
最大 30,000円
(※1)
最大 10,000円
(※1)
月額割引無し最大 20,000円
(税込)
(1,000円(税込)/月
×20ヶ月)
合計還元額最大 30,000円
(※1)
最大 30,000円
(※1)
対象プロバイダau one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net
au one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net、Asahi Net、
DTI

ホームタイプの場合は、郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージという形で還元されます。

マンションタイプの場合は少し複雑で、最大10,000円(※1)までは郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージ、残りの20,000円(税込)は月額料金から毎月1,000円(税込)ずつ、最大20回の割引で還元されます。

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込

窓口によって上乗せキャシュバックあり

「乗りかえスタートサポート」自体はKDDIの公式キャンペーンですが、窓口によっては違約金還元のほかに別途上乗せキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

対象コース上乗せキャッシュバック
(郵便為替/au PAY 残高へのチャージ)
ホーム
ずっとギガ得プラン
25,000円(※2)
マンション
お得プランA・お得プラン
15,000円(※2)

ちなみに、還元の方は違約金相当額(最大30,000円(※1))までしか受け取れませんが、こちらの上乗せキャッシュバックは満額受け取れます!

ですので、少しでも違約金が発生する方は、出来るだけ乗りかえスタートサポートを適用させるようにしましょう。

セット割に登録で更にお得に!

さらに、auひかりとauスマホのセット割サービス『auスマートバリュー』か、auひかりとUQ mobileのセット割サービス『自宅セット割 インターネットコース』を適用することで、最大10,000円(※1)(毎月1,000円(※1)×最大10ヵ月)がau PAY残高へのチャージにて上乗せ還元されます。

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込
乗りかえスタートサポートの注意点
  • au PAY プリペイドカードの申し込みと、auひかり申込日から申込月を含めて12ヵ月以内に「スタートサポート共通申請書」にて申請することが条件
  • 乗り換え元がKDDIの関連企業などが運営しているインターネット回線の場合は対象外

auひかり/auひかりちゅら/コミュファ光/eo光/メガエッグ/ピカラ光/BBIQ/ひかりJ/ビッグローブ光/So-net光/エディオンネット(基本パック、IoTパック)/@nifty光/@T COMヒカリ/ひかりゆいまーる/auスマートバリュー提携事業者/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者
NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル/ヤフー/nuroモバイルが提供するモバイルデータ通信端末以外

乗りかえスタートサポートについて、更に詳しくはこちら↓
auひかりに乗り換える際の他社解約違約金を還元!乗りかえスタートサポート
インターネット回線の解約金は結構高額になる場合が多いので出来れば払いたくありませんよね・・・ でもauひかりへの乗り換えなら大丈夫!他社回線から乗り換える際に掛かる解約違約金相当額を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンがあるんです。 その名も乗りかえスタートサポート! 今記事ではauひかりへの乗り換えを検討しているあなたに、乗りかえスタートサポートについて詳しく解説いたします。

5.電話代が安くなる

auひかりを契約すると、auひかり電話という有料オプションが利用できるようになります。

現在NTTの加入電話を利用されている場合は、基本料金と通話料が大幅に安くなるため、auひかり電話に切り替えた方が断然お得です!

まずは、基本料金を比べてみましょう。

auひかり電話NTT加入権電話
月額利用料金550円(税込)1,595円(税込)
~1,870円(税込)

ご覧の通り、auひかり電話の基本料金は、NTT加入権電話の半額以下

ほぼ固定電話を使っていないご家庭でも、auひかり電話に切り替えてしまった方がお得とうことになります。

次に、通話料金を比べてみましょう。

NTT 県内への通話料金/通話時間

平日
8:00~19:00
19:00~23:00
(土・日・祝の昼間を含む)
23:00~翌8:00
区域内9.35円(税込)
/3分
9.35円(税込)
/3分
9.35円(税込)
/4分
隣接・~20km22円(税込)
/90秒
22円(税込)
/90秒
22円(税込)
/2分
20km~60km33円(税込)
/1分
33円(税込)
/75秒
22円(税込)
/90秒
60km~44円(税込)
/45秒
33円(税込)
/1分
22円(税込)
/90秒

NTT 県外への通話料金/通話時間

平日
8:00~19:00
19:00~23:00
(土・日・祝の昼間を含む)
23:00~翌8:00
隣接・~20km22円(税込)
/90秒
22円(税込)
/90秒
22円(税込)
/2分
20km~30km33円(税込)
/1分
33円(税込)
/1分
33円(税込)
/75秒
30km~60km44円(税込)
/45秒
33円(税込)
/1分
33円(税込)
/75秒
60km~100km66円(税込)
/30秒
44円(税込)
/45秒
33円(税込)
/1分
100km~88円(税込)
/22.5秒
77円(税込)
/26秒
44円(税込)
/45秒

auひかり電話の通話料料金

電話相手先通話料
国内加入電話向け通話
IP電話向け通話
8.8円(税込)/3分
020番号向け通話11円(税込)/40秒
※別途44円(税込)/1通話
携帯電話au宛 17.05円(税込)/1分
NTTdocomo宛 17.6円(税込)/1分
ソフトバンク宛 17.6円(税込)/1分
ワイモバイル宛 17.6円(税込)/1分
PHS宛て11円(税込)/1分
※別途11円(税込)/1通話

NTTは電話する相手が県内か県外か、また電話する時間と距離によって通話料が変わります。

一番安い通話料は県内の区域内で9.35円(税込)/3分なので、これだけ見るとauひかり電話の8.8円(税込)/3分とあまり変わらない気がします。

しかし、例えば平日昼間に県外100km以上離れたところに電話した場合はどうでしょうか。

NTTは88円(税込)/22.5秒、これを3分に換算すると704円(税込)

この通り、県外に電話すると一気に高くなってしまいます。

一方、auひかり電話の場合は、全国どこにかけても一律 8.8円(税込)/3分

8.8円(税込) 対 704円(税込)、なんと80倍も差がついてしまいました!

ちなみに箱根の芦ノ湖から東京の新宿駅くらいまでが約100km。

このくらいの距離、いやこれ以上離れている人に電話することも多々あると思います。

auひかりを契約するなら、併せてauひかり電話への乗り換えも検討しましょう。

auひかり電話の様々なメリットについてはこちら↓
auひかり電話に変えると料金が安くなるって本当?!更に6つのメリットも紹介します
auひかり電話の料金とメリット・デメリットを紹介します。auひかり電話は料金が安いだけでなく、工事費が実質無料になったり、スマホの料金が安くなるなど良いことがたくさんあります。固定電話を考えているあなたも考えていないあなたもプラスになる情報満載でお届けします。

6.代理店から申し込むと高額キャッシュバックが受け取れる

auひかりを申し込む際、窓口を選べば高額キャッシュバック等の特典を受け取ることが出来ます。

他の光回線でも似たようなキャンペーンを展開している所もありますが、auひかりは特にキャッシュバックの金額が大きいです!

ただし、全ての窓口がキャッシュバックキャンペーンを展開しているわけでは無いので、申し込み先はしっかり選びましょう。

私がおすすめするauひかりの申し込み窓口はWEB代理店です。

公式(KDDI)に比べて知名度が低い代理店は、高額キャッシュバック等の魅力的なキャンペーンを用意して集客する必要があります。

また、WEB上で展開している代理店は大きな店舗や営業マンを雇う必要が無いため、その分多くのお金を特典に回すことができます。

だから、WEB代理店は高額キャッシュバック等の魅力的なキャンペーンを打ち出しやすいのです!

ただし、中には強制的にオプションに加入させたり、わざと特典が受け取りにくいような複雑な条件にしている代理店もあるので、見極めが必要です。

そういった悪質代理店に引っかからないように、下記3つのポイントに注意して窓口を選びましょう。

  • オプションの強制加入や友達紹介など変な適用条件は無いか?
  • 申請時期が遅かったり手続き方法が難しくないか
  • 特典の受け取り時期が遅くないか

記事の最後に、この3点を全てクリアしている安心・安全な代理店のキャンペーン内容を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

auひかりの申し込み手順

最後に、auひかりを申し込んでから開通するまでの手順を確認しておきましょう。

  • STEP1
    auひかりを申し込む

    キャンペーンを展開しているWEB代理店からの申し込みがおススメ!

    カスタマーレビュー★4.7のおすすめ代理店↓
  • STEP2
    電話連絡

    ネットのフォームから申し込むと、後日担当オペレーターから確認の電話があります。
    このやり取りをもって正式に申し込み完了です。

  • STEP3
    工事の日程を決める

    申し込みから数日後、KDDI開通センターから電話又はSMSで工事の日程調整の連絡が来ます。
    工事日を決めましょう。

  • STEP4
    宅内機器を受け取る

    工事日の2日前までに接続機器(ONUやホームゲートウェイ)が宅配便で届きます。

  • STEP5
    開通工事

    作業員が家に来て工事が行われます。
    ※立ち会い必須です。

  • STEP6
    宅内機器を接続して利用開始

    工事終了後、宅内機器をご自身で接続して設定が完了すれば、晴れてインターネットが利用できるようになります!

快適なインターネットライフを楽しみましょう!

まとめ

auひかり ホーム(戸建て向け)の導入を検討している方向けに、事前に知っておいた方が良い情報を解説しました。

今記事のまとめです。

おすすめプランずっとギガ得プラン
月額料金1年目 5,610円(税込)
2年目 5,500円(税込)
3年目以降 5,390円(税込)
初期費用新規登録料
3,300円(税込)
初期工事費割引により実質無料!
(41,250円(税込)
最大通信速度1Gbps
(一部エリアのみ、5G・10G)

auひかりホームのデメリットは下記の2点。

  1. 一部利用できないエリアがある
  2. auひかりのTVサービスは地上波が映らない

auひかりホームのメリットは下記の6点です。

  1. 月額料金が安い
  2. オプションなどに加入しなくても速度が速い
  3. auスマホとのセット割引『auスマートバリュー』
  4. 割引サービスが豊富
  5. 電話代が安くなる
  6. 代理店から申し込むとキャッシュバックが受け取れる

皆様の参考になりましたら幸いです。

尚、これからauひかりを契約するなら、キャッシュバックが受け取れるWEB代理店経由の申し込みがお得です。

おすすめのキャンペーン内容を紹介しますので、ぜひご活用ください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

期間限定!特別キャッシュバックキャンペーン
10,000円増額キャンペーン
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

NNコミュニケーションズは現在、キャッシュバックが増額される特別キャッシュバックキャンペーンを展開しています!
auひかりの提携プロバイダにSo-netを選択し、スマホとのセット割を組むことでキャッシュバック額が10,000円分増額されるんです。

  • 内容:キャッシュバックを10,000円分増額
  • 条件:プロバイダに「So-net」を選択、「auスマートバリュー」または「UQモバイル 自宅セット割」を組む

尚、auスマートバリューやUQモバイル 自宅セット割はauひかり電話の申し込みが条件となっています。
つまり、NNコミュニケーションズから申し込み特別キャッシュバックキャンペーンを適用すると、自然に76,000円の高額キャッシュバックが受け取れることに!
今だけの期間限定キャンペーンですので、スマホとのセット割を適用予定の方は、絶対に活用しましょう。

NNコミュニケーションズからauひかりを申し込むと、下記2つの特典からどちらか好きな方を選んで受け取ることが出来ます。

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
キャッシュバック額60,000円60,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bはを選択した方は、下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
キャッシュバック額54,000円54,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

NNコミュニケーションズは特典申請がとても簡単!

NNコミュニケーションズの特典申請は、申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけのとても簡単なシステムを導入しています。

その場で口座番号が分からなくても、後から送られてくるSMSのフォームから登録してもOK。

ですので、申請忘れや貰い忘れの心配が無く確実に特典が受け取れるんです!

代理店の特典でありがちな複雑な申請や、オプション加入などの面倒な条件も無し。

また、キャッシュバックは申し込みから最短1カ月で指定口座に振り込まれるという、このスピード感もありがたいです!

『公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安』という方もいらっしゃるかもしれません。

確かに世の中に怪しい代理店がいるのは確かですが、NNコミュニケーションズに関しては毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っているので、信頼できる代理店と言って良いでしょう。

キャンペーンページには、実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトはチェックしておきましょう!

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

auひかりの申し込み窓口比較表【代理店・プロバイダ・公式】

auひかりののおすすめ申し込み窓口3社のキャンペーン内容を比較表にまとめました。

NNコミュニケーションズは代理店、GMOとくとくBBはプロバイダ、KDDIはauひかりの運営会社です。

\おすすめ
auひかり キャッシュバックキャンペーン
NNコミュニケーションズ


GMOとくとくBB
KDDI
公式
ホーム
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
3年間の月額料金
4,000円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
マンション
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
2年間の月額料金
2,860円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
適用条件赤二重丸
特になし
緑三角
ひかり電話加入
緑三角
ひかり電話加入
au one net選択
進呈時期赤二重丸
最短1カ月
赤二重丸
開通の翌月から
緑三角
最短4カ月
公式特典赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
サイト

ご覧の通り、全体的にNNコミュニケーションズのキャンペーン内容が勝っていることが分かります。

特典申請も不要でキャッシュバックを受け取り忘れる心配が無いので、auひかりの申し込みならNNコミュニケーションズを選んでおけば間違いなしでしょう!

\60,000円のキャッシュバックが貰える!/
タイトルとURLをコピーしました