ホームゲートウェイの無線LAN機能を永年無料で利用する方法

ホームゲートウェイの無線LAN機能を永年無料で利用する方法auひかり

auひかりを契約すると自宅に設置される接続機器『ホームゲートウェイ』には無線LAN機能が備わっているってご存じですか?

いわゆるWi-Fiが飛ばせるようになる機能で、これを利用すれば家中どこでもコードレスでインターネットが楽しめるようになりますよ!

ただし、この内蔵無線LAN機能を利用するには月額500円(税込 550円)のオプションに加入しなければならないんです。

月額500円(税込 550円)だったら、AmazonとかでWi-Fiルーターを買っちゃった方がお得なんじゃないの?

確かにルーターは安いものなら3,000円くらいから売ってますから、長く使うなら買っちゃうのもアリ。

ホームゲートウェイに無線LANルーターを接続すればWi-Fiが使えるようになりますよ。

でもちょっとお待ちください。

あなたやご家族にauスマホユーザーはいらっしゃいませんか?

実は、auひかりとauスマホとのセット割引『auスマートバリュー』を組めば、何と無線LANオプションが永年無料で使えるようになるんです!

ということで今回は、ホームゲートウェイの無線LAN機能を永年無料で利用する方法について詳しく紹介いたします。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりにおけるホームゲートウェイの役割

auひかりを導入すると部屋に『ホームゲートウェイ(HGW)』という機器を設置することになります。

ホームゲートウェイは実は光回線のブランドによって持っている機能に差があるため一言で説明するのが難しいのですが、auひかりにおいてはひかり電話機能・無線LAN機能を兼ね備えた多機能ルーターという説明で大体合っているでしょう。

これを接続することで複数の端末を同時にインターネットに接続でき(ルーター機能)、更にひかり電話やWi-Fiも使えるようになるということですね!

auひかりのホームゲートウェイの役割
  • ルーター機能
  • ひかり電話機能
  • 無線LAN機能(有料オプション)

auひかりでは壁から伸びる光ケーブルにまずONU(光回線終端装置)というモデムに似た機器を接続し、更にONUとホームゲートウェイをLANケーブルで接続して使用します。

ホームゲートウェイの内蔵無線LAN機能を無料で利用する方法

auひかりのホームゲートウェイには無線LAN機能が組み込まれていますが、残念ながら単体では利用できません。

内蔵無線LAN機能は有料オプションで、500円(税込 550円)の月額料金を支払うことで利用できるようになるんです。

毎月500円(税込 550円)ということは年間6,000円(税込 6,600円)

ちょっと悩ましい金額ですよね・・・

別途無線LANルーターを購入してホームゲートウェイに接続してもWi-Fiが使えるので、長く使うことを考えたらそっちの方がお得になってしまいますから。

ホームゲートウェイに市販のルーターを繋ぐ auひかり

でもご安心を!実はこのオプション料金、支払わないで済む方法があるんです。

その方法はずばり、auスマホとのセット割サービス『auスマートバリュー』を適用すること!

auスマートバリューが適用されると、なんとホームゲートウェイの内蔵無線LAN機能が永年無料で利用できるようになっちゃうんです。

auスマートバリュー加入時 500円割引

スマホの月額料金も割り引かれてWi-Fiも無料で使い放題・・・つまりダブルでお得!

ご自分や家族にauスマホを持っているなら必ずauスマートバリューは申し込んだ方が良いですよ。

auスマートバリューの適用方法についてはこちらをご覧ください↓

ホームゲートウェイの種類

auひかりのホームゲートウェイは現在4種類あり、どのホームゲートウェイになるかは契約する住宅タイプ(マンションの場合は更に回線タイプ)によって変わってきます。

ホームゲートウェイ対応プラン
BL1000HWホームタイプ
マンションタイプG8
マンションタイプG16
マンション都市機構G
VDSLモデム内臓
BL902HW
マンションタイプV8
マンションタイプV16
マンション都市機構(DX)
BL900HWマンションタイプギガ
マンションタイプミニギガ
BL170HVマンションタイプE8
マンションタイプE16
マンションタイプF
マンションタイプF(S)

それぞれのホームゲートウェイのスペックを紹介しますね。

BL1000HW

最大速度概ね10Gbps、Wi-Fi最新規格axに対応している現時点で一番性能の良いホームゲートウェイ。

BL1000HWになるケースは、「ホームタイプ」「マンションタイプG8」「 マンションタイプG16」「マンション都市機構G」でauひかりを申し込んだ場合です。

ホームゲートウェイ Aterm BL1000HW
主な特徴
  • 上り下り最大速度概ね10Gbps
  • ブロードバンドルータ機能
  • 電話機能
  • 内蔵無線LAN親機機能(IEEE802.11a /b/g/n/ac/ax(Draft))
  • auHOMEゲートウェイ機能内蔵
  • USBストレージ機能

VDSLモデム内臓 BL902HW

BL902HWになるケースは、「マンションタイプV8」「マンションタイプV16」「マンション都市機構(DX)」でauひかりを申し込んだ場合です。

ホームゲートウェイ Aterm BL902HW
主な特徴
  • ブロードバンドルータ機能
  • USBストレージ機能
  • 電話機能
  • 内蔵無線LAN親機機能(IEEE802.11a/b/g/n)

BL900HW

BL900HWになるケースは、「マンションタイプギガ」「マンションタイプミニギガ」でauひかりを申し込んだ場合です。

ホームゲートウェイ Aterm BL900HW
主な特徴
  • ブロードバンドルータ機能
  • USBストレージ機能
  • 電話機能
  • 内蔵無線LAN親機機能 (IEEE802.11a/b/g/n)

BL170HV

BL170HVになるケースは「マンションタイプE8」「マンションタイプE16」「マンションタイプF」「マンションタイプF(S)」でauひかりを申し込んだ場合です。

※この機種には内蔵無線LAN機能が組み込まれていません。

ホームゲートウェイ Aterm BL170HV
主な特徴
  • ブロードバンドルータ機能
  • 電話機能

ホームゲートウェイ・モデム・ONUの違い

今回紹介したホームゲートウェイは見た目が似ているため、しばしばモデムやONUと混同されます。

しかしこれらは全くの別物です。

モデムADSLなどのインターネットサービスを利用する際、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する
ONU光回線のインターネットサービスを利用する際、光信号とデジタル信号を相互に変換する
ホームゲートウェイひかり電話やONUなど複数の機能を持たせた多機能ルーター

モデムはADSLなど、電話回線(メタルケーブル)を使ったインターネットサービスで必要になる接続機器を指します。

電話回線を通れるのはアナログ信号ですが、パソコンなどで扱っているデータはデジタル信号なのでそのままでは利用できません。

デジタル信号とアナログ信号を相互に変換する必要があり、その役割を担っているのがモデムというわけです。

一方、auひかりでは電話回線では無く光回線を利用してデータを送受信していますよね。

光回線で運べるのは光信号なので、やはりデジタル信号のままでは利用することが出来ません。

そこで必要になるのが光信号とデジタル信号を相互に変換する「光回線終端装置(ONU)」です。

ONUとモデムはこの通り全くの別物ですが、データを送受信するために信号を変換するという役割はほぼ同じなのでしばしば混同されます。

まあ、ONUをモデムと呼んでも通じちゃうのでそんなに問題無いんですけどね。

ホームゲートウェイに関しては似ているのは見た目だけで、役割からしてモデムやONUとは違うので混同しないようにしましょう。

まとめ

今回はauひかりのホームゲートウェイで無料でWi-Fiを利用する方法を紹介しました。

要点をまとめます。

  • ホームゲートウェイはひかり電話機能と内蔵無線LANを併せ持った多機能ルーター
  • 内蔵無線LANは月額500円(税込 550円)の有料オプション
  • auスマートバリューを適用させることで内蔵無線LANが永年無料!

auスマートバリューを組めばスマホの月額料金が安くなるしWi-Fiもずーっと無料で使えて万々歳ですよね!

スマホの料金割引が1台あたり500円(税込 550円)~1,000円(税込 1,100円)、Wi-Fi無線LANの割引が500円(税込550円)

つまり最低でも月1,000円(税込 1,100円)、年間にして12,000円(税込 13,200円)お得になっちゃうわけです。

自分や家族の中にauスマホユーザーがいなくてもこのメリットを受けるためにMNPするのも十分アリだと思います。

一度スマホの契約プランを見直してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました