格安SIMに乗り換えるなら家の光回線も見直そう!安くて速いauひかりがおすすめです

格安SIMに乗り換えるなら家の光回線も見直そう!安くて速いauひかりがおすすめです契約
格安SIMに乗り換えるなら家の光回線も見直そう!安くて速いauひかりがおすすめです

mineo、IIJmio、UQmobileなど、数々の格安SIM(格安スマホ)ブランドが台頭してきている昨今、スマホの月額料金を安くするために乗り換えを検討している人は多いでしょう。

かく言う私もキャリアスマホからmineoに乗り換えたクチで、月額料金が1/5程度に下がり、心配だったデータ容量や通話品質も十分満足できるものだったので、本当に乗り換えてよかったと思っています。

そんな格安SIMへの乗り換えを検討している方に併せてお勧めしたいのが、おうちのインターネット回線の見直しです。

というのも、今まででしたら『スマホと同じブランドの光回線を契約することで、セット割を適用する』というのが一つの考え方でした。

しかし、格安SIMにすることでその縛りは取っ払われます。

なぜなら、ほとんどの格安SIMは光回線とのセット割に対応していないから。

それなら純粋にインターネット回線単体の料金や品質で選ぶのが1番!

ということで、格安SIMに乗り換えた際のおうちのインターネット回線として、私がおすすめするのはauひかりです。

auひかりをお勧めする理由
  1. 月額料金が安い
  2. オプションなどに加入しなくても速度が速い
  3. 乗り換え時に掛かった他社違約金を還元してくれる
  4. 開通工事費が実質無料になる
  5. 代理店から申し込むと高額キャッシュバックが受け取れる

今記事では、セット割が効かなくても格安SIMに乗り換えた方が良い理由や、格安SIMにした場合にお勧めの光回線『auひかり』について紹介いたします。

ほとんどの格安SIMは光回線とのセット割に対応していない

格安SIMのイメージ

au、ドコモ、SoftBankのキャリアスマホを利用していた場合、同じ携帯会社が運営しているインターネット回線を契約することでスマホの月額料金割引受けられます。

セット割スマホ光回線
auスマートバリューauauひかり
ビッグローブ光
・・・他
おうち割 光セットSoftBank
Y!mobile
SoftBank光
SoftBank Air
ドコモ光セット割ドコモドコモ光

スマホの契約プランによって月々550円(税込)~1,100円(税込)という大きな割引が永年続くため、このセット割を目的に光回線を選ぶ人も多いです。

一方、ほとんどの格安SIMは光回線とのセット割に対応していません。

また対応していても、割引額は110円(税込)~220円(税込)と少額で、あまりメリットがありません。

理由は明確で、そもそも格安SIMは複雑なサービスや各種割引サービスを取っ払うことで、リーズナブルな料金を実現しているためです。

元々が安いので割引は必要なく、逆に言えばセット割に縛られることなく自由に光回線を選ぶことが出来ます。

auから格安SIMに乗り換えてセット割が解除された場合のデメリット

セット割を適用していた人がキャリアスマホから格安SIMに乗り換えると、当然割引は解除となります。

その場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

auスマホとauひかりのセット割サービス『auスマートバリュー』を例に確認していきましょう。

  1. スマホの月額料金割引が無くなる
  2. .Wi-Fiが飛ばせる内蔵無線LANオプションが有料になる
  3. 超高速サービスの割引が4年目以降解除される

1.スマホの月額料金割引が無くなる

auスマートバリューは、auスマホの契約プランによって550円(税込)~1,100円(税込)の月額料金割引が永年受けられるサービスです。

解除すると、当然この割引は無くなります。

ちなみに、auスマホの契約を解除した当月から、auスマートバリューの割引も終了となります。

2.Wi-Fiが飛ばせる内蔵無線LANオプションが有料になる

auひかりの接続機器『ホームゲートウェイ』には、Wi-Fiが飛ばせる機能が組み込まれています。

ただし、この機能を利用するには、月額550円(税込)の有料オプション『内蔵無線LANオプション』に加入しなければなりません。

ところが、auスマートバリューが適用されている間は、内蔵無線LANオプションが無料になるのです!

auスマートバリューを解除すると、これが有料に戻ってしまいます。

※ちなみに、ホームゲートウェイに市販の無線LANルーターを接続することで、内蔵無線LANオプションに加入しないでもWi-Fiが利用できるようになります。

ホームゲートウェイに市販のルーターを繋ぐ auひかり

3.超高速サービスの割引が4年目以降解除される

最大通信速度5G・10Gの『超高速サービス』を利用する場合、別途高速サービス料が掛かります。

しかし、同時に『超高速スタートプログラム』という割引により、最初の3年間は550円(税込)の割引が適用されます。

ホーム5Gホーム10G
高速サービス料
(月額)
550円(税込)1,408円(税込)
割引550円(税込)
※3年間
550円(税込)
※3年間
つまり・・・0円858円(税込)

表の通り、5Gのプランなら1Gbps(通常プラン)と同じ料金で利用可能です。

更に、auスマートバリューを適用していた場合は、超高速スタートプログラムの割引が4年目以降も継続されます。

しかし、auスマートバリューを解除すると、4年目以降の割引は適用されなくなります。

セット割が無くても格安SIMの方が断然安い

ほとんどの格安SIMは光回線とのセット割が適用できません。

しかし、それでも格安SIMに乗り換えた方が、キャリアのスマホプランより安くなる場合の方が多いです。

  1. 割引を適用したキャリアのプランより安い
  2. auスマートバリューのその他の割引を考慮しても格安SIMの方が安い
  3. 通話アプリを利用することでさらに月額料金が抑えられる

詳しく確認していきましょう。

1.割引を適用したキャリアのプランより格安SIMの方が安い

格安SIMサービスの一つ、mineoの料金と、auのスマホプランに家族割(2人分)とauスマートバリューを適用させた料金を比較しました。

プラン名称
(月間データ容量)
支払額月額料金月間割引額
mineo デュアルタイプ
(20GB)
2,178円(税込)2,178円(税込)無し
データMAX 4G LTE
(データ使い放題)
6,578円(税込)8,228円(税込)・家族割(2人)
550円(税込)
・auスマートバリュー
1,100円(税込)
データMAX 5G
(データ使い放題)
7,678円(税込)9,328円(税込)・家族割(2人)
550円(税込)
・auスマートバリュー
1,100円(税込)
ピタットプラン
(4GB超~7GB)
5,478円(税込)6,578円(税込)・家族割(2人)
550円(税込)
・auスマートバリュー
550円(税込)

表の通り、auスマホのプランに各種割引を適用させても、mineoの方がずっと安い事が分かります。

2.auスマートバリューのその他の割引を考慮しても格安SIMの方が安い

auスマホとauひかりのセット割『auスマートバリュー』を適用すると、スマホの月額料金割引以外にも『内臓無線LANオプション』と『超高速スタートプログラム』の割引も受けられました。

2つの割引額の合計は月額1,100円(税込)です。

内蔵無線LANオプション550円(税込)割引
超高速スタートプログラム550円(税込)割引

計算してみると、スマホの月額料金割引やこれらの割引が無くなったとしても、格安SIMに乗り換えた方が料金的にはお得になることが分かります。

3.通話アプリを利用することでさらに月額料金が抑えられる

通話アプリ

格安SIMの月額料金は安いですが、通話料金は少しお高めになっている場合があります。

例えば、mineoの通話料金は22円(税込)/30秒です。

(専用のmineo電話というアプリから発信することで11円(税込)/30秒になります)

そのため、よく電話を利用する人は『かけ放題』などの通話オプションを申し込むのも1つの手ですが、より節約したい場合は通話アプリの利用がおすすめです。

LINEやSkype、Google ハングアウトなどのSNS系通話アプリや、050の電話番号が利用できるIP通話アプリはデータ通信を利用して通話するため、格安SIM側の通話料金は適用されません。

同じアプリを入れておくことで、無料で通話できるものもあります。

通話アプリ月額料金通話料金
050 plus330円(税込)17.6円(税込)/1分
LaLa Call110円(税込)8.8円(税込)/30秒
SMARTalk無料8.8円(税込)/30秒
LINE無料同アプリ間同士なら無料
Messenger無料同アプリ間同士なら無料
Skype無料同アプリ間同士なら無料

家族や友人との通話がメインでしたら、同じSNS系通話サービスを入れておくのがおすすめです。

ただ、IP電話には緊急電話がかけられないなどいくつか注意点もあるため、状況に応じて使い分けましょう。

格安SIMに乗り換えるなら家の光回線はauひかりがおすすめ

スマホを格安SIMに乗り換えるとセット割が適用できなくなるため、家の光回線を同じブランドで揃える意味は無くなります。

それなら、よりメリットの多い光回線へ乗り換えを検討しましょう。

では、どの光回線がおすすめなのかと言いますと、断然「auひかり」です!

auひかりのメリット
  1. 月額料金が安い
  2. オプションなどに加入しなくても速度が速い
  3. 乗り換え時に掛かった他社違約金を還元してくれる
  4. 開通工事費が実質無料になる
  5. 代理店から申し込むと高額キャッシュバックが受け取れる

詳しく確認していきましょう。

1.月額料金が安い

下表は、主要な光回線のホーム(戸建て向け)の月額料金をまとめたものです。

光回線月額料金(ホーム)
auひかり1年目:5,610円(税込)
2年目:5,500円(税込)
3年目以降:5,390円(税込)
※初月無料
ビッグローブ光5,478円(税込)
ドコモ光5,720円(税込)
SoftBank光5,720円(税込)
NURO光5,200円(税込)
OCN光5,610円(税込)
フレッツ光 東日本
(BIGLOBE)
1~24カ月目:5,830円(税込)
25~29カ月目:6,270円(税込)
30ヵ月目以降:6,600円(税込)
フレッツ光 西日本
(BIGLOBE)
1~23カ月目:5,390円(税込)
24カ月目:5,181円(税込)
25ヵ月目以降:5,621円(税込)

auひかりは継続利用することで割引が適用され、2年目に110円(税込)引き、3年目以降はそこから更に110円(税込)引きとなり、最終的に5,390円(税込)まで安くなります。

表の通り、ホームタイプで継続的に税抜き5,000円を切る光回線は少なく、auひかりの月額料金は安いという事が分かります。

auひかりの各種料金について、詳しくはこちら↓
auひかりの月額料金・初期費用まとめ。少しでも安く使うならどのプランがおすすめ?
auひかりの料金って複雑で分かり辛いですよね。 そこでホーム・マンションのそれぞれのプランごとの月額料金、初期費用、工事費を出来るだけ分かりやすくまとめました。 また支払い方法やauスマホとのセット割引についても紹介しています。 ぜひ契約前に読んでいただき最適なプランを選びましょう!

2.オプションなどに加入しなくても速度が速い

auひかりはオプションなどに加入しなくても速度が速い光回線です。

なぜなら、auひかりがIPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備しているからです。

IPv4/IPv6デュアルスタック方式とは

今まで主流だったIPv4という接続方式は、ネット人口やIT家電などの接続機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇し混雑が起きやすい状況になってしまいました。

そこで開発されたのが、無限に近いIPアドレスを発行できるIPv6接続方式です。

auひかりが採用しているIPv4/IPv6デュアルスタックは、IPv6接続上でIPv4対応サイトも閲覧できる仕組みで、高速・快適にすべてのインターネットを利用することができます。

IPv4接続とIPv6接続のイメージ

ちなみに、他社光回線でも似たような仕組みを導入しているところはありますが、そのほとんどは専用機器のレンタルや、別途オプション申し込みが必要です。

一方、auひかりはなんと標準装備!

そのため、だれが使っても速さを実感しやすいというわけなんです。

auひかりの速度について、詳しくはこちら↓
auひかりの速度の評判が抜群に良い2つの理由
auひかりは実際に利用している方の速度の評判が抜群に良く安心できる光回線です。 auひかりの速さを実感しやすい理由は2つ。 ・KDDI独自の回線を使用している ・IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備 今回はauひかりの速度の評判が抜群に良い理由について解説いたします。

3.乗り換え時に掛かった他社違約金を還元してくれる

auひかり新スタートサポート
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

「乗りかえスタートサポート」は、他社のインターネット回線からauひかりに乗り換える際にかかった違約金を還元してくれるキャンペーンです。

ほとんどのインターネット回線は2年や3年の自動更新契約となっており、契約期間の途中で解約すると解約違約金が掛かります。

その解約違約金を、KDDI側が最大30,000円(※1)まで負担してくれるんです。

ホームマンション
郵便為替 or
au PAY残高へチャージ
最大 30,000円
(※1)
最大 10,000円
(※1)
月額割引無し最大 20,000円
(税込)
(1,000円(税込)/月
×20ヶ月)
合計還元額最大 30,000円
(※1)
最大 30,000円
(※1)
対象プロバイダau one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net
au one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net、Asahi Net、
DTI

ホームタイプの場合は、郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージという形で還元されます。

マンションタイプの場合は少し複雑で、最大10,000円(※1)までは郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージ。

残りの20,000円(税込)は月額料金から毎月1,000円(税込)ずつ、最大20回の割引で還元されます。

さらに、違約金還元が少しでも適用されると、追加のキャッシュバックが受け取れます!

対象コース上乗せキャッシュバック
(郵便為替/au PAY 残高へのチャージ)
ホーム
ずっとギガ得プラン
25,000円(※2)
マンション
お得プランA・お得プラン
15,000円(※2)

ちなみに、他社のモバイルルーターの割賦金残債も還元対象です。

他社回線からの乗り換えは、ぜひこのキャンペーンを活用しましょう!

※乗りかえスタートサポートを利用するためにはauひかり電話の申し込みが必須です。

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込
乗りかえスタートサポートについて、更に詳しくはこちら↓
auひかりに乗り換える際の他社解約違約金を還元!乗りかえスタートサポート
インターネット回線の解約金は結構高額になる場合が多いので出来れば払いたくありませんよね・・・ でもauひかりへの乗り換えなら大丈夫!他社回線から乗り換える際に掛かる解約違約金相当額を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンがあるんです。 その名も乗りかえスタートサポート! 今記事ではauひかりへの乗り換えを検討しているあなたに、乗りかえスタートサポートについて詳しく解説いたします。

4.開通工事費が実質無料になる

auひかりは独自の回線を利用しているため、新規契約時や他回線から乗り換える際は必ず開通工事を行う必要があります。

そうなってくると、開通工事費の負担も考えなければなりません。

しかし、auひかりの場合は『初期費用相当額割引』というキャンペーンにより、工事費が実質無料になるのです!

ホームタイプ(戸建てタイプ)の割引額

auひかりホーム 初期費用相当割引
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

auひかり ホームタイプの回線工事費用は41,250円(税込)で、一括もしくは23回・35回・60回分割のいずれかの方法で支払います。

しかし、auひかりのインターネット回線とひかり電話をセットで契約すると、毎月の支払額から工事費相当の割引が受けられるんです。

これを『初期費用相当額割引』と言います。

戸建ての場合
工事費41,250円(税込)
割引額41,250円(税込)
・初回 1,194.6円(税込)
<ネット 644.6円(税込)+電話 550円(税込)
・1,178.1円(税込)×34カ月
<ネット 628.1円(税込)+電話 550円(税込)
つまり・・・実質無料!

ただし、auひかり電話に加入しない場合はネット回線分の22,000円(税込)割引にしかならず、工事費のうち19,250円(税込)分は自費で負担しなければならなくなる点には注意が必要です。

マンションタイプ(集合住宅タイプ)の割引額

auひかりマンション 初期費用相当割引
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

auひかり マンションタイプの工事費は33,000円(税込)で、一括もしくは23回分割で支払います。

しかし、初期費用相当額割引により23カ月に分けて工事費と同額が割り引かれるため、実質無料になるんです!

マンションの場合
工事費33,000円(税込)
割引額33,000円(税込)
・初回 1,443.2円(税込)割引
・1,434.4円(税込)×22カ月
つまり・・・実質無料!

尚、マンションタイプの場合はひかり電話に加入しなくても全額割引となります。

5.代理店から申し込むと高額キャッシュバックが受け取れる

auひかりを申し込む際、窓口を選べば高額キャッシュバック等の特典を受け取ることが出来ます。

他の光回線でも似たようなキャンペーンを展開している所もありますが、auひかりは特にキャッシュバックの金額が大きいのが特徴です!

ただし、全ての窓口がキャッシュバックキャンペーンを展開しているわけでは無いので、申し込み先はしっかり選びましょう。

私がおすすめするauひかりの申し込み窓口はネット代理店です。

公式(KDDI)に比べて知名度が低い代理店は、高額キャッシュバック等の魅力的なキャンペーンを用意して集客する必要があります。

また、インターネット上で展開している代理店は大きな店舗や営業マンを雇う必要が無いため、その分多くのお金を特典に回すことができます。

だから、ネット代理店は高額キャッシュバック等の魅力的なキャンペーンを打ち出しやすいのです!

私おすすめの代理店キャンペーンを一つ紹介いたしますので、これからauひかりの契約を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

NNコミュニケーションズからauひかりを申し込むと、下記2つの特典からどちらか好きな方を選んで受け取ることが出来ます。

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
キャッシュバック額60,000円60,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
キャッシュバック額54,000円54,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

NNコミュニケーションズは特典申請がとても簡単!

NNコミュニケーションズの特典申請は、申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけのとても簡単なシステムを導入しています。

その場で口座番号が分からなくても、後から送られてくるSMSのフォームから登録してもOK。

ですので、申請忘れや貰い忘れの心配が無く確実に特典が受け取れるんです!

代理店の特典でありがちな複雑な申請や、オプション加入などの面倒な条件も無し。

また、キャッシュバックは申し込みから最短1カ月で指定口座に振り込まれるという、このスピード感もありがたいです!

『公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安』という方もいらっしゃるかもしれません。

確かに世の中に怪しい代理店がいるのは確かですが、NNコミュニケーションズに関しては毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っているので、信頼できる代理店と言って良いでしょう。

キャンペーンページには、実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトはチェックしておきましょう!

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

auひかりの申し込み窓口比較表【代理店・プロバイダ・公式】

auひかりののおすすめ申し込み窓口3社のキャンペーン内容を比較表にまとめました。

NNコミュニケーションズは代理店、GMOとくとくBBはプロバイダ、KDDIはauひかりの運営会社です。

\おすすめ
auひかり キャッシュバックキャンペーン
NNコミュニケーションズ


GMOとくとくBB
KDDI
公式
ホーム
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
3年間の月額料金
4,000円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
マンション
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
2年間の月額料金
2,860円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
適用条件赤二重丸
特になし
緑三角
ひかり電話加入
緑三角
ひかり電話加入
au one net選択
進呈時期赤二重丸
最短1カ月
赤二重丸
開通の翌月から
緑三角
最短4カ月
公式特典赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
サイト

ご覧の通り、全体的にNNコミュニケーションズのキャンペーン内容が勝っていることが分かります。

特典申請も不要でキャッシュバックを受け取り忘れる心配が無いので、auひかりの申し込みならNNコミュニケーションズを選んでおけば間違いなしでしょう!

\60,000円のキャッシュバックが貰える!/

まとめ

セット割が効かなくても格安SIMに乗り換えた方が良い理由や、格安SIMにした場合にお勧めの光回線『auひかり』について紹介しました。

今記事のまとめです。

ほとんどの格安SIMは光回線とのセット割に対応していません。

しかし、割引を適用したキャリアプランよりも断然安くなるため、格安SIMへの乗り換えがおすすめです。

格安SIMに乗り換えるメリット
  1. 割引を適用したキャリアのプランより安い
  2. auスマートバリューのその他の割引を考慮しても格安SIMの方が安い
  3. 通話アプリを利用することでさらに月額料金が抑えられる

また、格安SIMを契約するなら、自宅のインターネット回線を同じブランドに揃える意義は全くありません。

それなら、より安く、オプション無しで高速インターネットが利用できるauひかりがおすすめです。

auひかりをお勧めする理由
  1. 月額料金が安い
  2. オプションなどに加入しなくても速度が速い
  3. 乗り換え時に掛かった他社違約金を還元してくれる
  4. 開通工事費が実質無料になる
  5. 代理店から申し込むと高額キャッシュバックが受け取れる

格安SIMの台頭により、今までの常識だった『スマホと自宅のネット回線を同じブランドで揃える時代』は終わろうとしています。

これからはそういった縛りに捕らわれず、より安く、より速い回線をシンプルに選ぶようにしていくのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました