auひかりマンションタイプは全部で8種類・・・って何が違うの?!それぞれの通信速度や月額料金を解説します

auひかりマンションタイプは全部で8種類・・・って何が違うの?!それぞれの通信速度や月額料金を解説しますauひかり

auひかりの設備が導入されている集合住宅のみで契約することが出来るauひかりマンション

一戸建て用のホームタイプより月々の通信費を安く抑えることが出来て、経済的に高速インターネットを楽しむことができます。

あなたのマンションに設備が入っていたらラッキーですね!

ところで、実はauひかりのマンションタイプは全部で8種類もあるってご存じでしたか?

タイプによって月額料金、速度などに違いがあります。

そしてマンションごとに契約できるタイプが決まっているので、ほとんど契約者自信で選ぶことは出来ないんです。

今記事ではauひかりマンションの8つのタイプについて詳しく解説します。

あなたのお住まいのマンションは何タイプ?

auひかりマンションとは

auひかりマンションは、すでにauひかりの設備が導入されている集合住宅に住んでいる方を対象としたインターネットサービスです。

一戸建てより月々の料金を安く抑えて光回線のインターネットが利用できるというメリットがありますよ。

auひかりマンションには、住宅や配線方式の違いなどよって8種類のタイプがあります。

タイプ共用部から
各戸までの配線方式
通信速度
タイプG電話線下り664Mbps
上り166Mbps
タイプV電話線下り100Mbps
上り35Mbps
都市機構デラックス電話線下り100Mbps
上り35Mbps
都市機構G電話線下り664Mbps
上り166Mbps
タイプELAN配線下り100Mbps
上り100Mbps
タイプF光回線下り100Mbps
上り100Mbps
ギガ光回線下り1G
上り1G
ミニギガ光回線下り1G
上り1G

一つずつ詳しく見ていきましょう。

マンションタイプG

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続するタイプ。

VDSL方式

auひかりマンションではタイプGとタイプVが電話線を利用していますが、速度には大きな差があります。

タイプVの最大通信速度が下り100Mbps/上り35Mbpsなのに対し、タイプGの通信速度は下り664Mbps/上り166Mbps

タイプGの方が圧倒的に速いですね!

auひかりではタイプVの設備を導入している建物も順次タイプGに切り替えていく予定のようです。

尚、タイプGでは契約できるプロバイダが下記4社に限定されています。

  • au one net
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty

マンションタイプGの月額料金

マンションタイプGの月額料金は、同建物内の契約見込み軒数が8契約以上~と16契約以上~で変わります。

当然契約軒数が多い方が安いです。

また、2年単位で自動更新となるお得プランで契約すると月額料金が安くなりますが、更新月以外に解約すると契約解除料9,500円がかかります。

長く利用する分にはお得プランを選択した方が良いですね。

プラン名16契約以上8契約以上
お得プラン3,800円4,100円
標準プラン4,900円5,200円

マンションタイプGは首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)と関西(大阪府、兵庫県)の一部マンションのみ利用できるプランです。

エリアは順次拡大していく予定ですので、あなたが住んでいるマンションでも使えるといいですね。

タイプGのGって何の略?

タイプGはauひかりマンションで利用している新しい通信規格「G.fast」のGをとったものです。

G.fastは電話回線を利用しますが、なんと今までのVDSL方式の最大通信速度(下り100Mbps)に比べ6倍以上の速度が出ます。

以下、auひかり公式サイトのリリース文を引用しました。

KDDIは、2018年11月1日より「auひかりマンション」の新たなメニューとして、「auひかりマンション タイプG」(以下 本サービス)の提供を開始します。

本サービスは、電話回線にもちいるメタルケーブルを利用した新しい通信規格「G.fast」により、最大通信速度上り下り合計830Mbpsを実現しました。

従来からあるVDSL方式の最大通信速度下り100Mbpsを超える、最大通信速度下り664Mbpsの高速インターネットサービスを提供します。

auひかりマンション「タイプG」を提供開始|au公式サイトより

マンションタイプV

建物共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続するタイプです。

VDSL方式

最大通信速度は下り100Mbps/上り35Mbpsと、光回線としてはちょっと物足りないかもしれません。

タイプVでは7社すべてのプロバイダで申し込みが可能です。

マンションタイプVの月額料金

タイプVは2年契約のお得プランにしても月額料金は変わりません。

しいて言えば、2年契約にしてプロバイダにau one netを選択した場合のみ、トイレが詰まった!などの緊急トラブルに対応するサービスおうちトラブルサポートが無料になりますがちょっと微妙ですよね。

解約金の掛からない標準プランでも良いかと思います。

プラン名16契約以上8契約以上
お得プランA/標準プラン3,800円/月4,100円

タイプVのVって何の略?

これは皆さんお分かりだと思いますが、VDSL方式の頭文字をとってタイプVですよね!

VDSLはVery high-bit-rate Digital Subscriber Lineを略したもので、電話回線を利用して高速にデータ通信できる技術の事です。

Very(非常に)を付けるくらいですからVDSL導入当初はとても速かったんですよね。

ただ高速と言っても光回線を使った通信には及びません。

マンション都市機構デラックス

UR都市機構の賃貸マンションに住んでいる方が申し込みできるタイプです。

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続します。

要はUR都市機構専用のタイプVですね!

VDSL方式

最大通信速度は下り100Mbps/上り35Mbpsになります。

プロバイダ7社すべてで申し込み可能です。

マンション都市機構デラックスの月額料金

マンション都市機構デラックスでは2年契約のお得プランにしても月額料金は変わりません。

プラン名月額料金
お得プランA/標準プラン3,800円

マンション都市機構G

UR都市機構の賃貸マンションに住んでいる方が申し込みできるタイプです。

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続します。

こちらはUR都市機構専用のタイプGにあたります。

VDSL方式

最大通信速度は下り664Mbps/上り166Mbps。十分な速さです!

都市機構Gで新規申し込みできるプロバイダは下記4社に限定されています。

  • au one net
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty

マンション都市機構Gの月額料金

プラン名16契約以上8契約以上
お得プラン3,800円4,100円
標準プラン4,900円5,200円

都市機構Gは首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)と関西(大阪府、兵庫県)の一部マンションのみ利用できるプランになります。

マンションタイプE

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸までは棟内に配線されたLANケーブルを利用してインターネットに接続します。

LAN配線方式

最大通信速度下り100Mbps/上り100Mbps。

光回線としてはちょっと物足りない速度ですよね。

プロバイダ7社すべて申し込み可能です。

マンションタイプEの月額料金

マンションタイプEでは2年契約のお得プランにしても月額料金は変わりません。

プラン名16契約以上8契約以上
お得プランA/標準プラン3,400円3,700円

タイプEのEって何の略?

LANケーブルを利用した有線の通信規格をイーサネット(Ethernet)と呼びます。

ということでEはイーサネットのEです!

マンションタイプF

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸まで棟内に配線した光ファイバーを利用してインターネットに接続します。

光配線方式

各自宅までずっと光ファイバーで配線していますが、建物共用部から各部屋までデータを送る通信機器が100Mbps対応となっているため、残念ながら最大通信速度は下り100Mbps/上り100Mbpsになります。

マンションタイプFで新規申し込みできるプロバイダは下記4社に限定されています。

  • au one net
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty

マンションタイプFの月額料金

マンションタイプFでは2年契約のお得プランにしても月額料金は変わりません。

プラン名月額料金
お得プランA/標準プラン3,900円

タイプFのFってなんの略?

光ファイバー(optical fiber)を利用して配線しているため、ファイバーの頭文字をとってFです。

マンションギガ

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸までも光ファイバーで配線する方式です。

光配線方式

最大通信速度は下り1Gbps/上り1Gbpsになります。

これぞ光回線ですね!

マンションギガで新規申し込みできるプロバイダは下記4社に限定されています。

  • au one net
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty

マンションギガの月額料金

マンションギガでは2年契約のお得プランにしても月額料金は変わりません。

プラン名月額料金
お得プランA/標準プラン3,900円

マンションミニギガ

3階建て以下でかつ総戸数8戸以上のマンションなどの集合住宅に住んでいる方を対象としたタイプです。

自宅まで直接光ファイバーを引き込みます。

光配線方式

最大通信速度は下り1Gbps/上り1Gbps

プロバイダ7社すべて申し込み可能です。

マンションミニギガの月額料金

マンションミニギガでは2年契約のお得プランにしても月額料金は変わりません。

プラン名月額料金
お得プランA/標準プラン5,000円

auひかりマンションプランは2つ

auひかりマンションでは、どのタイプでもお得プラン(タイプによってはお得プランA)か標準プランのどちらかを選択します。

お得プランと標準プランの違いは下記の図になります。

標準プランお得プランお得プランA
対応タイプ全タイプタイプG
マンション都市機構G
タイプV
都市機構デラックス
タイプE
タイプF
マンションギガ
マンションミニギガ
契約期間無し2年自動更新2年自動更新
特徴月額料金が安くなるおうちトラブルサポート無料
(プロバイダにau one net選択時)
解約金無し
9,500円7,000円

タイプG、マンション都市機構Gであれば2年の契約期間縛りと引き換えに月額料金がかなり安くなるため、長く使うならお得プランを選択した方が良いでしょう。

しかし、その他のタイプでは標準プランを選んでもお得プランAを選んでも月額料金は変わらないんですよね。

しいて言えば、プロバイダにau one netを選択した場合のみ、トイレが詰まった!などの緊急トラブルに対応するサービスおうちトラブルサポートが無料になります。

が、ちょっと微妙・・・

お得プラン、お得プランAで契約した場合、更新月以外に解約すると違約金が掛かるため標準プランの方が無難でしょう。

おうちトラブルサポートとは

おうちトラブルサポートはインターネット以外の日常生活の緊急トラブルに対応してくれるサポートです。

通常400円の月額料金が掛かるオプションですが、お得プランAで契約すると無料で利用できます。

おうちトラブルサポートの主なサポート内容はこちら。

  • 水回りトラブル
  • 水まわりでトラブルが発生した時に、応急修理を行う
  • トイレがつまって水が溢れだした
  • 排水口がつまった
  • 蛇口から水漏れしている
  • 温水洗浄便座から水が出ない、止まらない
  • 鍵の紛失などのトラブル
  • 玄関の鍵を紛失した
  • 鍵穴に異物が挟まり鍵が入らない
  • 電気設備などのトラブル
  • エアコンの作動不良
  • 照明が点灯しない
  • 換気扇の作動不良や異音
  • 扉やふすまがあかないなどのトラブル
  • 玄関扉
  • 室内建具
  • 室内ドア
  • 網戸の外れ
  • がたつき
  • 収まり不良

かなり幅広い範囲をサポートしてくれますよね。

ちなみに24時間365日、全国(一部離島除く)へ出動可能で、利用回数に制限はありません。

まったくインターネットとは関係はありませんが、割と起こりがちなトラブルも範囲に含まれているので、利用する可能性がある人はお得プランAを選択するのもアリですね!

ただし、おうちトラブルサポートはあくまでも一時的な応急対応のみということは覚えておきましょう。

本サービスはトラブル時の一次的な応急対応を行うものであり、サービス内において、トラブル・不具合の完全復旧・修復を保証するものではありません。 部品交換や特殊対応が必要な場合や、制限時間内程度の作業では対応できない場合、部品・部材が必要となる場合は特殊作業費、超過作業費、部材費について、 お客さまの実費負担となります。なお、実費が発生する場合には、作業着手前にお見積りを提示し、お客さまのご了解を得たうえで対応します。

おうちトラブルサポート|auひかり公式サイト

auひかりマンションエリア検索

auひかりマンションタイプで契約するためには、あなたが住んでいるマンションにauひかりの設備が導入されている必要があります。

設備導入済みかどうかはauひかりの提供エリア検索から調べることができますよ。

住居タイプでマンション/アパートなどを選択し、郵便番号や住所などで検索してみましょう。

目的の建物名が表示されればauひかりの設備が導入されているということになります。

建物名をクリックすることで契約できるタイプなどが確認できますよ。

目的の建物名が表示されない場合は残念ながらマンションタイプでは契約できないということになります。

エリア確認方法の詳細はこちらをご覧ください↓

auひかりマンションが対応していない場合にはホームタイプで申し込み

auひかりは住まいのマンションに設備が入っていないと利用することはできません。

しかしまだ諦めるのは早いです!

実はマンションに住んでいても、ホームタイプで契約することが出来るんです。

ホームタイプは電柱から直接光回線を部屋まで引き込むので、マンションタイプと比較して回線品質や速度はより良くなる可能性もあります。

ただし、マンションタイプよりホームタイプの方が月額料金が高いのがデメリットです。

マンションでauひかりホームタイプを契約する場合、開通工事で壁に穴をあける可能性があるため、事前に建物の管理会社やオーナーに確認が必要です。

auひかりマンションって通信速度は大丈夫?

マンションタイプは多くの住居が同じ回線を利用するため、どうしても速度が遅くなってしまうイメージがありますね。

ましてや戸建ての光回線と言えば通信速度1Gbpsが普通ですが、マンションのタイプによっては最大通信速度100Mbpsしかないなど、そもそもから不利なんです。

これで果たして快適に使えるのでしょうか?

ということで、auひかりマンションを実際に利用しているユーザーの口コミをTwitterでチェックしてみました。

zoomのオンラインミーティングが2つ重なっても問題無かったそうです。

途中でぷつぷつ切れたら会議や授業に支障をきたしてしまいますからね。快適で何よりです!

この方はタイプV契約とのことですが50Mbpsと十分な速度が出ていますね。

このくらいあれば動画もゲームもサクサク動くはずです。

この方はタイプGの契約ですね。さすがG.fast、電話回線でもこの速さ!

予想以上に通信速度が良いという口コミが多く見られました。

一安心ですね!

実はauひかりはデフォルトで通信速度が速くなる方式を採用しているんです。

そのため特に設定不要で速度が安定しやすいという特徴があります。

auひかりはデュアルスタック方式だから速い!

従来、インターネットに接続する際はIPv4という接続方式が利用されてきました。

しかし、近年の急激なネット人口やネット機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇してしまうという状況に陥っています。

そのため多くの人がインターネットを利用する時間帯になると回線の混雑が起こり、ネットが遅延したり、繋がりにくくなるという問題が頻発するようになってしまいました。

この問題を解決するために開発されたのがIPv6という新しい接続方式です。

IPv6は無限に近いIPアドレスを発行できるため回線の混雑が起きず、快適に高速インターネットを楽しむことができます。

IPv6のイメージ

auひかりはデュアルスタック方式を採用していて、特に設定などをしなくてもIPv6接続でインターネットを利用することができます。

他の光回線ではIPv6接続の申し込みが必要な場合が多いので、申し込み不要、設定不要で利用できるのはありがたいですよね。

またIPv6を利用するのに特に料金は発生しませんのでその点も安心です。

auひかりマンション公式キャンペーン

ここではauひかりマンションを申し込む際に利用できる公式キャンペーンを紹介します。

現在auひかりマンションでKDDI公式で行っているキャンペーンは「初期費用相当額割引キャンペーン」「新スタートサポート」の2つです。

それぞれのキャンペーンの内容について確認しましょう。

初期費用相当額割引キャンペーン

auひかりマンションでは30,000円の開通工事費が掛かりますが、初期費用相当額割引キャンペーンにより実質無料になります。

初期工事費は1,250円×24回に分割され月額料金と併せて支払っていきますが、このキャンペーンが適用されると同期間、同金額が割引されます。

ただし、万が一24ヵ月以内で解約をしてしまうと残っている工事費分は割引が効かなくなり、残債を一括して請求されるのでご注意ください。

新スタートサポート

他社インターネット回線からauひかりへ乗り換える方を対象に、解約時にかかる違約金を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンです。

還元方法は郵便為替またはau WALLETプリペイドカードへのチャージ(入金)になります。

新スタートサポート適用条件

auひかりマンションで新スタートサポートを適用する場合、ネット+固定電話+電話のオプションパックの加入が必要となります。

(auひかりマンションタイプGの場合にはネット+固定電話+電話オプションパックEXの加入が必要です)

新スタートサポートを申請する場合は24ヵ月以上の継続利用が必要です。

新スタートサポート還元対象外

以下事業者からの乗り換えの場合には新スタートサポート還元対象外となります。

主にauひかりの運営元、KDDIの関連会社などですね。

事前にあなたが利用している通信事業者を確認してから新スタートサポートを申し込みしましょう。

コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ、BBIQ、ひかりJ、ビッグローブ光、So-net光、エディオンネット(基本パック、IoTパック)、@nifty光、@TCOMヒカリ、ひかりゆいまーる、KDDI提携ケーブルテレビ事業者、auひかりちゅら、モバイルルーターWiMAX

適用条件の電話オプションパックとは

auひかり電話のオプションを2つ以上申し込みして500円(EXの場合は690円)を超えた場合、自動的にオプションパックに切り替わるようになっています。

豊富なオプションをお得なパック料金で利用できますよ。

パック月額料金適用条件
電話オプションパック
(オプション5つのセット)
500円ホームゲートウェイ
BL1000HWをご利用の場合
電話オプションパックEX
(オプション6つのセット)
690円ホームゲートウェイ
BL1000HW以外をご利用の場合

オプションパックでは5つのオプション、EXでは迷惑電話発着信ブロックを含めた6つのオプションが利用できます。

それぞれのオプション内容はこちら↓

割込通話 月額料金300円

通話中に別の相手から着信があった場合に、最初の電話を保留にし後から掛かっててきた相手と通話ができるサービスです。

発信番号表示 月額料金400円

利用の電話機等が番号表示対応の場合、かけてきた相手の電話番号を電話機のディスプレイに表示するサービス。

番号通知リクエスト 月額料金200円

電話番号を通知しないでかけてきた相手に「電話番号の前に186をつけておかけ直しください」という音声ガイダンスを流して、電話番号の通知を要求するサービス。

割込番号表示 月額料金100円

利用の電話機がキャッチホン・ディスプレイ対応の場合、通話中に別の相手から着信があったときに、後からかけてきた相手の電話番号を電話機等のディスプレイに表示するサービス。

着信転送 月額料金500円

ご契約回線に着信があった場合に、あらかじめ設定した番号に転送するサービス。

用途により「無条件転送」、「スケジュール転送」、「話中転送」の3つの機能が利用できます。

迷惑電話発着信ブロック 300円

最新の迷惑電話リストデータベースを参照して、迷惑電話の発着信を自動でブロックするサービス。

auスマートバリュー

auスマートバリュー

auスマートバリューはauひかりの一番の目玉ともいえる、auスマホとのセット割引です。

auスマホ1台につき500円~1,000円が毎月割引され、auひかり契約者だけでなく家族の携帯やスマホも計10台まで対象になるため大きな割引が期待できますよ!

”家族にauスマホ利用者が多いからauひかりを選択する”という方も多いようです。

auスマートバリューの割引額や適用条件などはこちらをご覧ください↓
auスマートバリュー|auひかりキャッシュバックキャンペーン
auスマートバリューとは、対象のデータ(パケット)定額サービスや料金プランなどにご加入のau携帯電話と、auひかり(ネット+電話)のご利用で、au携帯電話のご利用料金を割り引くサービスです。

auひかりマンションタイプは全部で8種類・・・って何が違うの?のまとめ

auひかりマンションタイプの配線方式や通信速度・月額料金について解説しました。

それでは今記事をまとめます。

  • auひかりマンションタイプは8種類あり、配線方式や通信速度、月額料金が異なる
  • タイプGとギガタイプが比較的速い
  • 建物ごとに選択できるタイプは決まっていて、基本的に契約者自信で選ぶことは出来ない

お住まいのマンションにauひかりの設備が導入されているか、またどのタイプで契約可能かなどは代理店で調べることも可能です。

もちろんauひかりの正規代理店、当社NNコミュニケーションズでもお調べしますのでお気軽にお問い合わせください!

ちなみに、当社では現在新規申し込みで代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックを進呈中です。

auひかりマンションの申し込みを検討中ならぜひ当社のキャンペーンサイトをチェックしてみてくださいね。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが進呈されること!

そのためかなり高額のキャッシュバックとなっています。

詳しい特典内容はこちら!

高額キャッシュバック金額

ホームタイプ
ネット回線のみ
ホームタイプ
ネット+電話
マンションタイプ
ネット回線のみ
マンションタイプ
ネット+電話
NNコミュニケーションズ20,000円27,000円20,000円27,000円
プロバイダ25,000円25,000円20,000円20,000円
合計45,000円52,000円40,000円47,000円

ハイグレードWi-Fiルーター付き特典選択時のキャッシュバック金額

ホームタイプ
ネット回線のみ
ホームタイプ
ネット+電話
マンションタイプ
ネット回線のみ
マンションタイプ
ネット+電話
NNコミュニケーションズ3,000円10,000円3,000円10,000円
プロバイダ25,000円25,000円20,000円20,000円
合計28,000円35,000円23,000円30,000円

他の代理店と比べていただいてもかなり高額であることが分かると思いますよ!

特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

他社の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、申請忘れや貰い忘れの心配も無く、確実に特典をお受け取りいただけます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、当社はKDDI様より毎年『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を頂いています。

お客様のために誠心誠意対応させていただきますのでどうぞご安心下さい。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひ当社NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみてください。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!

NNコミュニケーションズ申し込み後の流れ

NNコミュニケーションズ申し込み後から開通までの流れを紹介しますね。

  • STEP1
    NNコミュニケーションズサイトよりwebで申し込み

    急いでいる方は直接電話でも可能です。

  • STEP2
    NNコミュニケーションズより電話が入り料金内容等の説明

    料金やキャンペーン内容の説明。説明を聞いて納得ができれば申し込み

    もしも納得ができなければキャンセルは可能です。

    特にキャンセルをしたからキャンセル料金は発生しないです。

  • STEP3
    KDDIから直接登録電話番号に電話が入り、工事日を調整

    KDDIから直接電話が入るので工事日当日は必ず立会いが必須となりますので立会い日を決定します。

  • STEP4
    宅内機器に受取り

    KDDIから光回線の工事日2日前には宅内に設置する機器が送られてくるので、受取って保管しておきます。

    マンションのタイプによっては工事当日に業者が持ってくる場合もあります。

  • STEP5
    マンション工事の立会い

    工事と言っても確認のみになるので部屋の中に在宅だけしていれば大丈夫です。

    ただ工事日当日に立ち会わないと工事日を再度取り直しする必要がありますので必ず立会いをしましょう。

    工事が完了すれば後は自分で接続・設定をして完了になります。

タイトルとURLをコピーしました