auひかりは引越し手続きより解約して新規申し込みがお得!?

auひかりは引越し手続きより解約して新規申し込みがお得!?auひかり
  • auひかりを使っていて急遽引越しをすることになった。
  • 今契約しているauひかりを引越し手続きした方がいいのかなー?
  • auひかりの引越し手続きはどうやってするのかなー?

引越し手続きはどうしたらいいか、引越し手続きの費用はどのくらいかかるのかとかいろいろ不安がありますよね。

引越しが決まったら、今使っているauひかりを引越し手続きにするか、解約手続きにするかどちらかを必ずしないといけません。

auひかりは引越し手続きもあるのですが、実は今使っているauひかりを一度解約して、新居で新しくauひかりの新規申し込みをしたほうがお得な場合もあります!

auひかりを引越し手続きではなく、解約して新規申し込みにするとお得かどうかはケースバイケースで、今あなたが契約しているauひかりの契約プランや利用年数等で変わってきます。

まずは今使っているauひかりを解約する時にかかる費用を必ず確認しましょう。

今回はauひかりの引越し手続きについてや、auひかりを1度解約して新規で申し込んだほうがお得かどうかなどわかりやすく紹介していきますね。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

引越し先がauひかりの対応エリアか確認

auひかり 提供エリア
引越し先がauひかりの対応エリアか確認

まずあなたの引越し先が決まったら、最初にしなければいけないのは引越し先の新居でauひかりが使えるかの確認です。

実はauひかりが引越し先で使えるかどうかの確認は最重要事項です。

なぜなら、引越し先がauひかりに対応していなかったら、引越し手続きも新規申し込みも当然できないからです。

引越し先が一戸建てなら、auひかりホームタイプでエリア確認をして、引越し先のエリアがauひかりを申し込めるか確認しましょう。

引越し先がマンションやアパートなど集合住宅なら、引越し先の物件にauひかりの設備が導入されているか確認しましょう。

引越し先でauひかりがエリア外だった時の対処法

もし、auひかりが引越し先でエリア外だったり、物件に設備が入っていなかったりした場合は、今使っているauひかりは引越し手続きもできないので解約をしなければいけません。

auひかりを解約するのは仕方ないとしても、引越し先の新居でインターネット環境がないと困ってしまいますよね?

そんな時は別のインターネットサービス契約を考えなければいけません。

そこで私がおすすめするのは

ビッグローブ光です!

ビッグローブ光は、NTTフレッツ光回線を使ったいわゆる光コラボですね。

フレッツ光回線はauひかりと比べより広いエリアで提供されていて、マンションやアパート等の集合住宅にも設備が導入されている可能性が高いんです。

引越し先でauひかりがエリア外ならビッグローブ光がおすすめ

まずビッグローブ光はプロバイダであるBIGLOBE自体が、KDDIの子会社です。

そのため、ビッグローブ光もauひかりと同じで、auスマホとセットで利用することで割引が受けられるauスマートバリューやauセット割が利用できます。

auスマホを持っているからauひかりを利用したかったと考えているなら、ビッグローブ光もauスマートバリューが使えるからおすすめです。

ちなみに、auひかりホームは解約時に違約金とは別に撤去費用28,800円がどうしてもかかってしまいます。
実は、auひかりホームの撤去費用を0円にする方法があるんです!

auひかりホームの撤去費用を0円にする方法は、以下の手順でおこないます。

  1. auひかりのプロバイダをBIGLOBEにしてNNコミュニケーションズで申し込む
  2. auひかりを解約する
  3. NNコミュニケーションズからビッグローブ光に申し込む

この方法でNNコミュニケーションズから撤去費用分のキャッシュバックが振込まれます。

これからauひかりを申し込もうと考えていて、将来引越す可能性のあるあなたは撤去費用救済方法も視野にいれてみてはいかがでしょう。
その際は、NNコミュニケーションズが便利ということを頭の片隅にでもしまっておいてください。

auひかりの引越し手続き

エリア確認して、引越し先の新居でauひかりが申し込めるのを確認したら次は引越しの手続きです。

引越し先が決まったら、あなたが契約しているプロバイダに連絡をして、引越し手続きをしたい旨を伝えます。

引越し手続き方法は電話もしくはWEB上で出来ますが、WEBは結局電話の予約をするような感じなので、最初から電話で連絡したほうがいろいろ確認もできるし手っ取り早いですね。

auショップとかで手続きはできないので注意しましょう。

auひかりプロバイダの引越し連絡先
プロバイダ連絡先受付時間
au one net0077-70789:00~20:00
So-net0120-080-7909:00~18:00
BIGLOBE0120-92-17409:00~20:00
@nifty0570-03-221010:00~19:00
@TCOM0120-987-06510:00~20:00(平日)
10:00~18:00(土日祝日)
DTI0570-00-474010:00~17:00(平日)
ASAHIネット0120-577-10810:00~17:00(平日)

auひかりの引越し手続きは、今使っているプロバイダを引越し先でも継続して利用しなければいけないのでプロバイダ変更とかはできません。

auひかり引越し手続きの流れ
  1. 各プロバイダに引越し手続きの連絡
  2. 各プロバイダで受付完了
  3. 工事日の連絡と電話番号の連絡
  4. 【利用開始の案内】と【宅内機器】が届く
  5. 光回線工事(立ち会い)
  6. 宅内機器の接続
  7. auひかり利用開始

せっかく引越して手続きをしても、工事が出来ない可能性も当然0ではないので覚えておいてくださいね。

auひかりの引越し手続きでかかる費用

auひかりの引越し手続きをする際には費用がかかってきます。

引越し手続きをすると、まず今使っているauひかりの工事費用が残っていた場合、残っている工事費用の残債は一括で支払わなければいけません。

auひかりの工事費用
ホームタイプ625円×60回払い=37,500円
マンションタイプ1,250円×24回払い=30,000円

上記の通り、auひかりの回線工事費用は毎月の料金に上乗せで請求されます。
工事費用を支払い終える前にauひかりの引越し手続きをすると、残っている工事費用の残債分が一括請求されるわけです。

例えば、

  • ホームタイプで36回分工事費用を支払っていた場合:625円×(60回−36回)=15,000円
  • マンションタイプで12回分工事費用を支払っていた場合:1,250円×(24回−12回)=15,000円

こんな感じで残りの工事費用の残債分を一括で支払わないといけません。
auひかりを使い始めてすぐに引越しとかになると、かなり高額なのできついです。

しかし、auひかりの引越し手続きをすれば、工事費用の残債を一括で支払っても支払った工事費用の残債分は毎月の料金から割引、または現金振り込みなどで還元されます。※1部プロバイダは対象外になるのでプロバイダに確認しておきましょう。

あとは引越し先側の費用がかかります。
新規登録料3,000円+ホームタイプなら37,500円の工事費用、マンションタイプなら30,000円の工事費用がまた分割で請求されます。

ホームタイプに関しては引越し先の工事日を土日祝日にすると、さらに3,000円の追加費用がかかるので、できれば平日の工事がおすすめですね。

auひかりの引越し手続きをするメリット

auひかりの引越し手続きにもメリットがあります。

  • 引越し前の住所のauひかりの工事費用は還元してもらえる(プロバイダによる)
  • 初期費用相当額割引で引越し先の工事費用も実質無料
  • 解約違約金や撤去費用が免除される

auひかりの引越し手続きを考えている場合、こういったメリットもあるので引越し先が決まったら、まずは契約しているプロバイダに条件を確認したり相談をしてみたりしましょう。

解約する際の費用があまりかからない場合は、メリットが少し物足りないような感じですよね。

auひかりを引越し手続きで電話番号は変わる?

auひかりでひかり電話を使っているなら電話番号の引継ぎは重要なポイントですよね?

auひかりですでにひかり電話使っている場合、そのまま引越し手続きをしても番号を引き継ぐことはできません。
また、auひかりを申し込んだ際に発番された電話番号に関しては、残念ですが電話番号の引継ぎはできませんし、他社に電話番号を引き継ぐこともできません。

auひかり電話から引越し先のauひかり電話はそのまま電話番号を持っていくことができないんです。

なぜかというと、auひかりの引越し手続きは一旦今使っているauひかりを解約して、新たに引越し先でauひかりを引くような仕組みになっているからです。

引越しを伴う電話番号引継ぎには例外があって、元々がNTTの加入権の電話番号をauひかり電話として使っている場合なら、アナログに一度戻すことで電話番号を引き継ぐことができます。

ただ、今の住まいと引越し先の局舎が一緒じゃないといけないので、都道府県が変わったり市外局番が変わったりする場合は当然電話番号はかわってしまいます。

電話番号を引越し先でも引き継いで使いたい場合は、まずは元々が加入権の電話番号だったかを確認しましょう。

もしauひかりでひかり電話を使っていたなら、【お引っ越しお知らせアナウンス】というサービスがあります。

お引っ越しお知らせアナウンスは、引っ越し前のauひかり電話へ電話をかけた時に、「引越ししたことをお知らせするアナウンス」が流せて、ケータイ電話番号を流すことも可能です。(新しいauひかり電話番号は不可)

アナウンスサービスは引越し手続きならではのサービスで、電話を使っている場合は便利ですよね。

auひかりの引越し手続きは早めにしよう

まあ突然の転勤とかで、準備をしている時間がないケースもあるので難しいとは思いますが、引越し先が決まったならなるべく早めに引越し手続きをしましょう。

引越し手続きをしてからの新しいauひかりの開通目安
  • ホームタイプなら1ヵ月程度
  • マンションタイプなら10日~2週間程度

これはあくまでも開通目安なので、混雑状況によっては工事日程がさらにかなり遅くなってしまうケースもあります。

例えば、2月から5月にかけて例年引越しシーズンになっていて、就職や卒業や進学などでauひかりの回線工事もかなりの混雑が予想されます。

この時期とかに引越し手続きをしても混み合ってしまっているので、地域にもよりますが工事日は開通目安通りになんてほぼなりません!

auひかりの引越し手続きをしても、開通工事がホームタイプなら2ヵ月かかったり、マンションタイプは1ヵ月ぐらいかかってしまうケースも出てきます。

なので、引越し先でもインターネットをすぐに使いたい場合は、引越し先が決まり次第すぐにインターネットの準備をすることをおすすめします。

auひかりの解約手続き

auひかりの引越し手続きをしない場合は解約の手続きをする必要があります。

auひかりを解約する際は解約の申し出をする必要があり、今まで使っていたONUやホームゲートウェイなどの接続機器も返却しなければいけません。

解約の手続きが完了したあとは当然インターネットも使えなくなるので、引越し先や新居へ入居日が決まったら、解約手続きと引越し先の新しいインターネットの申し込み手続きを早めに行いましょう。

auひかりの解約手続き方法

auひかりの解約手続き方法は、あなたが契約しているプロバイダへ直接解約の申し出をする必要があります。

解約手続きは1部プロバイダはWEBからも出来ますが、基本的には解約費用の確認や手続き内容の確認、解約について相談が出来るので電話連絡がおすすめです。

auひかりプロバイダの引越し連絡先
プロバイダ連絡先受付時間
au one net0077-70689:00~20:00
So-net0120-80-7761
0503-383-1414
9:00~18:00
BIGLOBE0120-86-0962
03-6385-0962
9:00~18:00
@nifty0570-03-2210
03-6625-3232
10:00~19:00
@TCOM0120-80563310:00~20:00(平日)
10:00~18:00(土日祝日)
DTI0120-577-108
03-6631-0856
10:00~17:00(平日)
ASAHIネット0570-00474010:00~17:00(平日)

プロバイダによって受付時間や営業日が違うので、引越しが決まったらなるべく早めに解約手続きをしましょう。

プロバイダに連絡して解約の日程が決まったら、機器返却やホームタイプなら撤去工事をして解約手続きは完了します。

auひかり解約時にかかる費用

auひかりを解約するとなると、あなたの契約状況によって費用がかかります。

auひかりを解約する際にかかる費用
  • 工事費用の残債
  • 契約解除料
  • 撤去工事費用(ホームタイプのみ)
  • プロバイダ違約金

工事費用の残債に関しては引越し時の一括請求される時と一緒です。
ただ、引越し手続きではないのであとから還元は受けられません。

契約解除料は更新月以外で解約すると発生する違約金ですね。

ホームタイプの違約金
  • ずっとギガ得プラン(3年自動更新)契約解除料15,000円
  • ギガ得プラン(2年自動更新)契約解除料9,500円
  • 標準プラン(更新なし)契約解除料なし
マンションタイプの違約金
  • お得プランA(2年自動更新)契約解除料7,000円
  • お得プラン(2年自動更新)契約解除料9,500円
  • 標準プラン(更新なし)契約解除料なし

あなたの契約しているプランによって契約解除料は違うので、プランや更新タイミングを確認しておきましょう。

撤去工事費は回線を撤去する際にかかる費用です。
2018年3月以降にホームタイプを申し込んだ場合と、次世代高速サービス5ギガ10ギガに変更した場合は必ず28,800円かかります。
また、『引越し先でauひかりがエリア外だった時の対処法』のところでも紹介しましたが、撤去工事費を免除する方法があるので、参考にしてみてください。

プロバイダ違約金はプロバイダにより最低利用期間をもうけている場合があり、最低利用期間内に解約するとかかる費用です。
これは申し込み窓口によって同じプロバイダでも違うので確認が必要です。

解約をする際にかかる費用は以上ですが、まず合計金額が重要なので各プロバイダに連絡して解約時にかかる費用の合計金額を確認しましょう。

引越す際はauひかりを1度解約して新規申し込みしよう

引越し手続きをしないで今使っているauひかりを1度解約して、引越し先で新しくauひかりを申し込みすることもできます。

結局auひかりの引越し手続きも解約して新規のような仕組みになっているので、解約時に費用がそこまでかからなければあまり変わりません。

解約して新規で申し込みんだほうがお得なケースも結構多いので紹介していきます。

auひかりの新規申し込みにかかる費用

まずauひかりを新規申し込みする費用は、引越し手続きと一緒で新規登録料3,000円+ホームタイプなら37,500円の工事費用、マンションタイプなら30,000円の工事費用がまた分割で請求されます。

ホームタイプだと工事日を土日祝日に選ぶと追加費用の3,000円もかかるので一緒です。

auひかりの新規申し込みも初期費用相当額割引が受けられるので、工事費用も実質無料です。

auひかりの新規申し込みも引越し手続きも、引越し先でかかってくる費用は特にかわらないわけです。

引越し手続きじゃなく解約して新規申し込みがお得なケース

auひかりを1度解約して引越し先で新規申し込みしたほうがお得なケースは、今使っているauひかりの解約時にかかる費用の合計金額がそこまで高くない時です。

auひかりは速度の評判も良くて、新規で申し込みをすると高額キャッシュバックがもらえてお得なので有名です。

auひかり正規代理店NNコミュニケーションズを例にだして紹介します。

auひかり代理店NNコミュニケーションズのキャッシュバックは

  • ホームタイプならネットとひかり電話セットで52,000円
  • マンションタイプならネットとひかり電話セットで47,000円

です。

NNコミュニケーションズのように高額キャッシュバックがあれば解約時の費用がそこまで高くなければ、引越し手続きをするよりお得になるわけです。

例えば、auひかりマンションタイプのお得プランAで工事費用を12回支払って解約するとして、引越し先でホームタイプで新規申し込みをするとします。

工事費用残債(1,250円×12回)+契約解除料7,000円=22,000円

引越し先がホームタイプなら52,000円のキャッシュバックがもらえるので、

キャッシュバック52,000円ー解約金22,000円=30,000円

引越し手続きをするより、解約して新規申し込みの方が30,000円もお得になるわけです。

さらに、NNコミュニケーションズは東京商工リサーチ調べで、auひかりのキャッシュバック実施ユーザー数と開通ユーザー数がNo.1のため安心できる代理店です。

なので引越し先が決まったら、NNコミュニケーションズで相談してみるのもいいでしょう。

結論|auひかりは状況次第で引越し手続きより新規申し込みがお得

まず、今のauひかりの解約時にかかる費用を確認します。

次に、解約時の費用次第で、解約してauひかりを新規で申し込んだほうがお得です。

最後に、あなたがお得だと思うauひかり代理店で申し込みをしましょう。

引越しは他にもいろいろとやらないといけないので大変だと思いますが、引越し先が決まったらあなたに合った方法で、引越しという名の大海原を乗り越えていきましょう。
その時に、この記事が灯台のような役割を果たせれば本望です。

タイトルとURLをコピーしました