auひかりはプロバイダ契約不要!だからリーズナブルで分かりやすい

auひかりはプロバイダ契約不要!だからリーズナブルで分かりやすいauひかり

よくインターネット回線の営業トークで、

  • auひかりはプロバイダ不要で使えます!
  • プロバイダ不要なので安くできます!

と謳いながら勧めてくるケースがあります。

実はこれ、厳密にいうと間違いです

プロバイダ不要

ではなく、

プロバイダ契約不要

が正解!

この2つは、似ているようで意味合いが全く異なっているんです。

auひかりは回線とプロバイダサービスが一体型になった光回線です。
つまり「プロバイダ不要」なのではなく、「プロバイダ契約が不要」ということ!
一社と契約するだけで良いので請求がまとまり、なおかつリーズナブルな料金でインターネットを利用することが出来ます。

プロバイダはインターネット回線を使う上で必要なものなので、「プロバイダ不要」なんてことは有り得ません。

では、「プロバイダ契約不要」とは具体的にどういったことなのでしょうか。

今回はauひかりとプロバイダの関係性や、おすすめのプロバイダについて、詳しく紹介いたします。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

なぜauひかりはプロバイダ契約が不要なのか

そもそもインターネットは、回線とプロバイダ、双方のサービスが揃うことで利用できるようになります。

『回線』は、光回線における光ファイバーや、ADSLにおけるアナログ電話回線のこと。

『プロバイダ』は、回線をインターネットに繋げるサービスを提供している接続事業者のことです。

回線が高速道路だとすると、プロバイダはその道路の通行券(実際はIDやパス)を発行する料金所のようなものをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

もちろん通行券を持っていなければ、高速道路に車を走らせることはできません。

例えばフレッツ光の場合、回線元のNTTの他、プロバイダ事業者とも契約する必要があります。

そのため、請求などが複雑化してしまい、利用者にとって通信費が分かりにくくなってしまうデメリットがありました。

一方、auひかりはKDDI一社と契約するだけで、回線とプロバイダ双方のサービスを利用できます。

なぜなら、auひかりは回線とプロバイダ一体型の光回線サービスだからです。

auひかりはプロバイダ一体型サービス

auひかりを運営しているKDDIは、提携しているプロバイダのサービスを取りまとめて、回線とセットにして利用者に提供しています。

そのため、利用者はKDDIとだけ契約を結ぶだけでインターネットが利用できるようになるというわけです。

プロバイダ一体型光回線のメリット

auひかりなどの「プロバイダ一体型光回線」には、2つの大きなメリットがあります。

  1. 1社と契約するだけ良いので料金が分かりやすい
  2. リーズナブルな価格

一つずつ確認していきましょう。

1.1社と契約するだけ良いので料金が分かりやすい

1つ目のメリットは、「1社と契約するだけなので料金が分かりやすい」ことです。

auひかりには提携プロバイダが7社あり、実際にどのプロバイダを利用するかはユーザー自身で選択できるようになっています。

auひかり提携プロバイダ
  • @nifty
  • So-net
  • BIGLOBE
  • au one net
  • @TCOM
  • DTI
  • ASAHIネット

ただし、この中のどのプロバイダを選んでも、ユーザーはKDDI一社とだけ契約を結べばOKです。

また、auひかりの月額料金には、回線とプロバイダの利用料が両方含まれています。

そのため、月々の通信費がひとつにまとまって、わかりやすいというメリットがあるのです。

請求自体もKDDIに一本化されるので、回線事業者とプロバイダ事業者、それぞれに支払う必要も無くなります。

ちなみに、どのプロバイダを選んだとしても月額料金は変わりません。

2.リーズナブルな価格

2つ目のメリットは、「リーズナブルな価格」です。

auひかりは、月額料金に回線とプロバイダ双方の利用料が含まれ、請求もKDDIに一本化されています。

このように契約を一体化することで余計な経費を削り、リーズナブルな価格でユーザーにサービスを提供することが出来るんです。

(もちろんKDDIの企業努力もあると思いますが)

ではどのくらいリーズナブルな価格になっているのか、フレッツ光とauひかりのホーム(戸建て向けタイプ)の月額料金を比較してみましょう。

フレッツ光
(東日本)
フレッツ光
(西日本)
auひかり
(ずっとギガ得プラン)
光回線料金4,800円
(税込 5,280円)
5,400円
(税込 5,940円)
5,100円
(税込 5,610円)
~4,900円
(税込 5,390円)
プロバイダ料金1,000円
(税込 1,100円)
1,000円
(税込 1,100円)
無し
合計金額5,800円
(税込 6,380円)
6,400円
(税込 7,040円)
5,100円
(税込 5,610円)

~4,900円
(税込 5,390円)

ご覧の通り、プロバイダ料金が込みになっているauひかりのほうが圧倒的に安いことが分かります。

注意:プロバイダ自体が不要なわけでは無い

auひかりは「プロバイダ一体型光回線」であり、プロバイダ自体が不要なわけではありません。

KDDIがプロバイダ契約をまとめてくれているので「プロバイダ不要に見えているだけ」です。

もしも電話勧誘などで「弊社でインターネットに加入するとプロバイダが不要なので、その分今より安く使えますよ!」と言ってきたら、その営業マンは知識不足か、もしくはあなたをだまそうとしている可能性があります。

一度電話を切って、会社名や電話番号などで検索してみましょう。

もしかしたら、悪いウワサがたくさん見つかるかもしれません。

悪質代理店の特徴についてはこちらをご覧ください↓

auひかりのおすすめプロバイダ3選

auひかりはどのプロバイダを選んでも料金や速度は変わりませんが、利用できるオプションサービスや申し込み時のキャンペーン特典などに違いがあります。

初めて契約する方は迷ってしまうと思うので、参考までに、auひかりのおすすめプロバイダを3社紹介します。

  • @nifty
  • So-net
  • BIGLOBE

@nifty

@nifty
@niftyの概要

元々富士通の子会社だった@niftyは、現在は家電量販店の「ノジマの子会社」としてプロバイダ事業をおこなっています。
auひかり以外に、フレッツ光や他の光回線のプロバイダとしても事業を展開しており、格安SIM・携帯電話・モバイルルーターなども提供しています。

7社あるauひかり提携プロバイダのうち、じつは最もおすすめなのが@niftyです。

最大のメリットは、「キャッシュバックが一番早く受け取れること!」

特定のWEB代理店からauひかりを申し込むと、「代理店独自のキャッシュバック」と「プロバイダからのキャッシュバック」が両方貰えます。

「代理店からのキャッシュバック」は、どのプロバイダを選んでも受け取り時期に差はありません。

しかし、「プロバイダからのキャッシュバック」は、事業者ごとに受け取れる時期が異なっているんです!

中でも一番早いのが@niftyです。

プロバイダキャッシュバック還元時期
  • So-netは最短5ヶ月半程度
  • BIGLOBEは最短3ヵ月程度
  • @niftyはなんと最短2ヶ月程度

また、プロバイダからのキャッシュバックを貰うにあたり「違約金などの条件が無い」こともメリットのひとつです。

So-net最低利用期間および違約金は、auひかりホームコースでご利用開始開通月翌月~36ヵ月後の月末日まで15,000円(不課税)
マンションお得プランA、及びお得プランでご利用開始開通月翌月~24ヵ月後の月末日迄10,000円(不課税)です。
BIGLOBE所定期間前(ホーム:ずっとギガ得の場合は、36ヵ月、マンションの場合は、24ヵ月)にBIGLOBEの接続コース変更、退会・利用停止された場合、特典違約金を請求させていただきます。
@nifty開通月を含む2ヶ月目までに解約またはコース変更された場合、キャッシュバック特典の対象外となります。

@niftyのキャッシュバック還元時期は2ヶ月後のため、そもそもこの条件はあって無いようなものです。

プロバイダ@niftyについて、詳しくはこちら↓

So-net

So-net
So-netの概要

So-netは、ソニーグループに属するメーカー系プロバイダです。
会員数は数ある電機メーカー系のプロバイダ事業者の中で首位となっています。

So-netは、会員に向けたオプションサービスが非常に充実しており、特典の無料期間が長いのが特徴です。

特にセキュリティー対策オプションである「カスペルスキー」は、自分で購入しようとすると1万円ほどかかるところ、So-netで契約すればなんと2年間無料で利用できます!

(auひかり申し込みと同時にカスペルスキーオプションに加入した場合)

また、So-net安心サポートプラスはauひかりやSo-netに直接関係が無くても、インターネットやパソコンにまつわる不安や疑問を解消してくれる頼れるサポートサービスです。

ID流出監視とパスワード管理ができる「S-SAFE ID Keeper」もセットになっていて、セキュリティ面はばっちりです。

プロバイダSo-netについて、詳しくはこちら↓

BIGLOBE

BIGLOBE
BIGLOBEの概要

BIGLOBEは、老舗プロバイダ事業者のひとつ。
固定インターネット回線やモバイル回線の提供だけでなく、インターネットに欠かせないインフラ事業なども提供しています。
実は、auひかりを運営しているKDDIの子会社。

BIGLOBEは信頼と実績のある老舗プロバイダで、どちらかというとインターネット初心者の方にお勧めです。

なぜなら、無料設定サポートがあるから!

設定サポート自体はどのプロバイダにも付いていますが、そのほとんどは有料オプションとなっています。

一方、BIGLOBEでは初回訪問月から翌月末まで何回でも無料で利用できるんです。

これを活用して、面倒な設定は全部BIGLOBEに任せてしまいましょう。

プロバイダBIGLOBEについて、詳しくはこちら↓

プロバイダと代理店、双方からキャッシュバックが貰える窓口

キャッシュバックのイメージ

auひかりを申込むなら、窓口にはこだわりましょう。

どこから申し込んでも速さや品質が変わることはありませんが、申し込み特典で受け取れるキャッシュバック等には大きな差があるからです。

私が一番おすすめしている窓口は、ずばりWEB代理店」です。

auひかり公式サイトやプロバイダなどと比べて知名度の低い代理店は、魅力的なキャンペーンなどを用意して集客しなければなりません。

また、インターネット上で受付しているため、営業マンを雇う人件費や店舗の家賃などが掛からず、その分をキャッシュバックに回せるという事情もあります。

だから、WEB代理店のキャッシュバックが一番高額になりやすいのです!

またその中には、特定のプロバイダと提携して、代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れるお得な窓口も存在しています。

参考までに、2社からキャッシュバックを受け取れる代理店キャンペーンを1つ紹介しますので、これからauひかりを申し込み予定の方は、ぜひチェックしてみてください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

まとめ

auひかりとプロバイダの関係性や、おすすめのプロバイダについて紹介しました。

今記事のまとめです。

auひかりは回線とプロバイダサービスが一体型になった光回線です。
回線とプロバイダを分けて契約する必要が無く、料金や請求がまとまるため、リーズナブルで月々の通信費が分かりやすくなっています。

また、auひかりの提携プロバイダはどこを選んでも料金や品質は変わりませんが、オプションサービスや申し込み時の特典には大きな違いがあります。

その点を踏まえて、おすすめのプロバイダは下記3社です。

  • @nifty
  • So-net
  • BIGLOBE

尚、これからauひかりを申し込む予定でしたら、出来るだけ代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れる窓口を選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました