auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号まとめ

auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号まとめauひかり

auひかりには、『auひかり電話』という固定電話のオプションサービスがあります。

一般的なNTTの固定電話と同じように利用でき、月額料金と通話料が大幅に安くなるため人気のサービスです。

これからauひかりを申し込み予定の方は、併せてauひかり電話への加入も検討しましょう!

とはいえ、こんなお悩みをお持ちの方もいら者るのではないでしょうか。

安くなるのは嬉しいけどけど電話番号が変わるのは面倒だわ・・・

ご安心下さい!

下記の発番なら、今お使いの電話番号をそのままauひかり電話に引き継ぐことが可能です!

  1. NTTで発番した電話番号
  2. NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号
  3. KDDIで発番した電話番号

多くの方がNTTで発番した電話番号を利用しているので、ほとんどの場合auひかり電話に引き継げるという事になります。

逆に引き継げないのは下記のケースです。

  1. auひかり以外の光回線で発番した電話番号
  2. 050から始まるIP電話番号
  3. ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

あなたはどちらに該当していたでしょうか。

ということで今回は、auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号について、詳しく解説いたします。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかり電話に引き継げる電話番号

電話番号の変更は何かと面倒なもの。

また、昔から使ってきた番号なら思い入れもあります。

出来ることなら、これからも変えずに使っていきたいと考えるのは当然でしょう。

auひかり電話なら、下記の何れかの電話番号をお使いの場合、そのまま引き継いで利用可能です!

  1. NTTで発番した電話番号
  2. NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号
  3. KDDIで発番した電話番号

1.NTTで発番した電話番号

NTTのロゴマーク

NTTで発番した電話番号なら、auひかり電話に直接引き継ぐことができます。

昔から家庭の固定電話として使われてきた市外局番から始まる電話番号のことで、多くの方がこのケースに該当するでしょう。

NTT発番の電話番号をお使いの場合は、一番スムーズに移行可能です。

2.NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号

NTTで発番した電話番号を他社のひかり電話に移行して利用している場合も、auひかり電話にそのまま引き継ぎ可能です。

ただし、auひかりをマンションタイプ(集合住宅向け)で契約予定の方は注意が必要です。

注意点:アナログ戻しが必要になる場合がある

NTTで発番した電話番号を現在ひかり電話で使用していて、auひかりマンションの『タイプE』または『タイプF』で契約する場合のみ、一旦『NTTアナログ戻し』が必要になります。

アナログ戻しとは、ひかり電話からNTTのアナログ電話に戻すことを指します。

この場合は少し面倒ですがまずNTTに連絡してアナログ回線に戻し、それからauひかりを申し込むようにしましょう。

3.KDDI発番の電話番号

KDDIで発番した電話番号は、auひかり電話にそのまま引き継ぎ可能です。

例えば、『ホームプラス電話』や『ケーブルプラス電話』などが該当します。

  • ホームプラス電話:KDDIの携帯電波を使って固定電話を利用するサービス
  • ケーブルプラス電話:KDDIが各ケーブルテレビ会社と提携し提供する固定電話サービス

『J:COM PHONEプラス』はKDDI発番であれば引き継ぎ可能ですが、J:COM発番の場合は引継ぎが出来ないため確認が必要です。

尚、KDDI発番の場合、『切り替え元の回線とauひかりの名義が同一かつ同一住所』であることが引継ぎの条件となります。

例えば引っ越しなどを伴うケースでは、住所が違うため直接引き継ぎが出来ません。

auひかり電話に引き継ぎができない電話番号

今お持ちの電話番号が下記何れかの場合は、残念ながらauひかり電話に引き継ぐことができません。

  1. auひかり以外の光回線で発番した電話番号
  2. 050から始まるIP電話番号
  3. ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

これらのケースに該当した方がauひかり電話を利用する場合は、新しい電話番号を発番することになります。

1.auひかり以外の光回線で発番した電話番号

例えば、NTTフレッツ光のひかり電話、NURO光でんわなど、各光回線の電話サービスで発番した電話番号はauひかり電話に引き継ぐことができません。

※元々NTTで発番した電話番号をひかり電話に移行して利用していた場合は、auひかり電話に引継ぎ可能です。

2.『050』から始まるIP電話番号

『050』から始まるIP電話番号は、auひかり電話に引き継ぐことはできません。

auひかり電話は基本的に市外局番から始まる電話番号を利用するためです。

尚、別途『050番号サービス』というオプションを申し込むことで、新しい050から始まる番号を発番し、2つ目の電話番号として利用する事は可能です。

050番号サービスの料金

初期費用無料
月額利用料金150 円

3.ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

ケーブルテレビ各社が提供している電話サービスで発番した場合、そのサービスの提供元によっては引継ぎ出来ないケースがあります。

電話サービスの提供元がKDDIならauひかり電話に引き継ぎ可能ですが、KDDI以外だった場合は引継ぎ出来ません。

auひかり電話
への引継ぎ
提供元
ケーブルプラス電話可能KDDI
ケーブルライン不可ソフトバンク

auひかり電話の3つのメリット

auひかり電話には3つのメリットがあります。

  1. 月額料金と電話料金が安い
  2. auスマートバリューが受けられる
  3. 工事費が実質無料になる

順番に確認していきましょう。

1.月額料金と電話料金が安い

auひかり電話の月額料金は500円です。

NTTのアナログ電話は最低でも毎月1,700円の基本料金がかかるため、auひかり電話に切り替えるだけで毎月1,200円も月額料金を抑えることができます。

固定電話はあまり利用しないけど、一応持っておきたいという方でも十分にメリットがあります。

さらに、auひかり電話は通話料金も安いのが特徴です。

auひかり電話の通話料金

通話先料金
国内固定電話宛て通話8円/3分
IP電話宛て通話8円/3分
au/UQ mobile宛て通話15.5円/1分
他社携帯電話宛て通話16円/1分

NTTのアナログ電話の通話料金は、距離や時間帯によって変動するシステムです。

例えば、平日8:00~19:00の間に100km~以上離れた県外に電話する場合は、22.5秒で80円の通話料金が掛かります。

これを3分に換算すると640円。意外と高いと感じませんか?

一方、auひかり電話なら全国一律で通話代は8円/3分!

なんと、640円(NTT)と8円(auひかり電話)で、80倍もの差があるのです!

つまり、固定電話をよく利用する方ほど、auひかり電話に切り替えるメリットは大きいと言えます。

auひかり電話の料金について更に詳しくはこちら↓

2.auスマートバリューが受けられる

auスマートバリュー

auスマートバリューは、auひかり+ひかり電話とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が永年割引になるサービスです。

割引額はスマホ1台当たり月500円~最大1,000円(スマホの契約プランによる)。

しかも、ご家族のスマホやタブレットを含め最大10回線まで適用できるため、家庭内のスマホ事情によってはauひかりの月額料金を超える大きな割引額になることも!

このauスマートバリューの適用条件の一つになっているのが、auひかり電話なのです。

auひかり電話は有料オプションなので、『割引のために加入するのはいかがなものか?』とためらう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、auひかり電話の月額料金500円に対して、auスマートバリューが1台でも適用されれば500円の割引が入ります。

つまり最低でも相殺。損はしません。

そして、2台目以上からは確実にお得になります!

また、auスマートバリューには、ホームゲートウェイから無線LANが飛ばせるようになるオプションが無料になったり、5G・10G高速サービスの割引が永年継続になるという”追加効果”もあります。

例え固定電話を使う予定が無くても、ご自分かご家族がauスマホユーザーなら、auひかり電話に加入しauスマートバリューを適用した方がお得でしょう!

auスマートバリューの割引額等、詳細はこちら↓

3.工事費が実質無料になる

auひかりの工事費はホームタイプなら60ヵ月、マンションタイプは24ヵ月に分割され月額料金と合算して請求されますが、分割された工事費と同額の割引が受けられます。

これを『初期費用相当額割引』と言います。

ホームの場合マンションの場合
工事費37,500円
625円×60回払い
30,000円
1,250円×24回払い
割引額37,500円割引
ネット回線 125円割引×60回
ひかり電話 500円割引×60回
(60ヵ月間の継続利用)
30,000円割引
ネット回線 1,250円割引×24回
(24ヵ月間の継続利用)
つまり・・・実質無料!実質無料!

表のとおり、マンションの場合はネット回線の契約のみで全額割引が受けられます。

一方ホームの場合、「ネット回線」+「ひかり電話」を申し込み、auひかりを60ヶ月間継続利用することで、工事費分が実質無料になります。

ひかり電話を申し込まなかった場合は125円×60回で7,500円の割引しか受けられず、30,000円は自費で負担しなければなりません。

初期費用相当額割引について詳しくはこちら↓

まとめ

auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号について解説しました。

要点をまとめます。

auひかり電話に引き継げる番号
  1. NTTで発番した電話番号
  2. NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号
  3. KDDIで発番した電話番号
auひかり電話に引き継げない番号
  1. auひかり以外の光回線で発番した電話番号
  2. 050から始まるIP電話番号
  3. ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

昔から同じ電話番号をずっと使っているならNTT発番の可能性が高いため、ほとんどの場合auひかり電話に引き継ぎ可能です。

電話番号が変わってしまうのが心配で切り替えをためらっていた方は、この機会に是非再検討してみて下さい。

尚、これからauひかりにお申し込み予定の方は、キャッシュバックが受け取れる代理店キャンペーンを活用しましょう!

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

こちらはauひかりの正規代理店、NNコミュニケーションズのキャンペーン内容を解説している動画です。

アニメとナレーションで分かりやすく紹介していますので、お時間がありましたらぜひご覧ください(2分19秒)。

※音声が流れますので音量にご注意ください。

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方をお選びいただけます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ハイグレードルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ハイグレードルーター

ホームマンション
NNコミュニケーションズ3,000円8,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額28,000円28,000円

※auひかり電話を同時申し込みいただいた場合は上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典Bをお選びの方には更に下記のハイグレードルーターをプレゼント!

BUFFALO WSR-5400AX6

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!
タイトルとURLをコピーしました