auひかりはping値が低く安定しているからオンラインゲームやビデオ会議に最適です!

auひかりはping値が低く安定しているからオンラインゲームやビデオ会議に最適です!速度
auひかりはping値が低く安定しているからオンラインゲームやビデオ会議に最適です!

インターネット回線において重視される「値」と言えば、アップロード・ダウンロードの回線速度を思い浮かべる人が多いと思います。

では、もう一つの重要な値である「ping値」はご存知でしょうか。

  • いや、初耳ですね
  • 聞いたことあるけど意味まではちょっと・・・

こういった方が大半かもしれません。

筆者もあまり気にしていなかったのですが、最近ビデオ会議をする機会が増えて、その重要度を再認識しました。

実はZoomミーティングをしたりオンラインゲームを遊ぶには、ping値は非常に重要な数値なのです。

ping値とは

データを送受信した際の応答にかかった時間を数値化したもの。
ping値が低いほど操作をしてからの応答速度も速くなり、逆に高くなるとラグなどが発生しやすくなる。
pingはピン、もしくはピングと読む。

近い将来、ビデオ会議をしたりオンラインゲームを遊ぶ機会がより増えてくることを考えたら、インターネット回線は出来るだけping値の低いものを選んでおくべきでしょう。

私のおすすめは光回線の「auひかり」です!

ということで今回は、インターネットを利用する上で重要になってきている「ping値」に焦点を当て、なぜauひかりが他の光回線よりもおすすめなのかを詳しく解説していきます。

今インターネット回線の契約や乗り換えを検討している方は、ぜひチェックしておいてください。

オンラインゲームやビデオ会議などではなぜping値が重要になるのか

PSのコントローラー

例えば、ping値が高いインターネット回線でオンラインゲームやビデオ会議を行うと、以下のような問題が起きやすくなります。

  • オンラインゲーム:ボタンを押してからキャラクターが動くまで数秒送れる
  • ビデオ会議:遠距離中継の様に会話にズレが生じる

これではゲームに勝てなくなってしまいますし、ビジネスにおいては会社や先方に迷惑を掛けてしまうでしょう。

逆にping値が低いネット回線であれば応答速度が速くなるため、上記のような現象は起きにくくなります。

快適なping値の目安

では、ping値は具体的にどのくらいの値が出ていれば快適と言えるのでしょうか?

ping値の目安を表にまとめました。

ping値速さ
1~30ms〇(速い)
31~50ms△(普通)
51~100ms×(遅い)

SNSやネットサーフィン、動画視聴などのごく一般的な利用であれば31~50ms程度で十分快適に利用できます。

しかし、業務上のネット会議で使用したりオンラインゲームを楽しみたいとお考えでしたら、ping値が30ms以下で安定するインターネット回線が無難です。

ping値の測定方法

さっそく今お使いのインターネット回線のping値を実際に測ってみましょう。

最も簡単にping値を計測する方法は、いつも使っているブラウザで回線速度の測定サイトにアクセスすることです。

ping値が計測できる主なサイト

かっこいいサイト、シンプルなサイトなどそれぞれ特徴がありますがお好みで選んでOKです。

どの測定サイトもワンクリックで「ダウンロード速度」「アップロード速度」「ping値」が測れます。

また、スマホでping値を測定するのであれば、専用のアプリを利用するのもおすすめです。

アプリの場合は測定履歴を残すことも可能ですので、定期的にチェックしたい場合などに便利です。

ping値は測れましたでしょうか?

測定結果のping値が31msを超えていた場合は、ビデオ会議やオンラインゲームには不向きということになります。

各回線タイプごとの平均ping値

測定サイトの中には、みんなが測定したデータを様々な表に落とし込んで公開してくれているところもあります。

(もちろん、測定者の許可を得たデータのみ使用しています)

例えばみんなのネット回線速度、略してみんそくさんがそうです。

このサイトに回線タイプごとのping値の平均値が公開されていましたので、引用して紹介いたします。

光回線は通信速度だけでなくping値も圧倒的に優れている

下表は、測定サイト「みんそく」さんで2021年7月6日から直近3ヶ月に測定されたデータを基に集計されたものです。

回線Ping下り上り
光回線27.2ms291.9Mbps214.1Mbps
ケーブルテレビ回線41.9ms127.2Mbps17.2Mbps
携帯キャリア58.4ms77.2Mbps15.4Mbps
格安SIM77.1ms46.8Mbps11.3Mbps
ソフトバンクエアー66.5ms44.4Mbps6.3Mbps
ホームルーター81.4ms40.8Mbps7.0Mbps
モバイルルーター86.0ms32.6Mbps8.4Mbps
ADSL59.6ms8.2Mbps1.9Mbps

ご覧の通り、光回線のping値はスマホやホームルーターなどのモバイル回線と比べても半分以下で、ずば抜けて低いことが分かります!

auひかりのping値は光回線の平均より優秀

みんそくさんのサイトでは、回線ごとの様々なデータも公開されています。

それによるとauひかりの平均Ping値は19.33msでした(2021年7月6日から直近3ヶ月に測定されたデータ)。

光回線全体の平均値よりも低く優秀であることが分かります。

これならビデオ会議やオンラインゲームも快適に利用できるでしょう!

auひかりは通信速度の評判も良い

ping値が低いauひかりですが、同様に通信速度も優秀でとても評判が良いんです。

これには2つの理由があると言われています。

一つずつ紹介しましょう。

1.KDDI独自の回線を利用している

日本で展開している光回線サービスの多くは、実はNTTのフレッツ光回線を利用しているってご存じでしたか?

これはプロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して運用している光コラボレーションサービスがたくさん誕生したためです。

例えばソフトバンク光やビッグローブ光、OCN光などが光コラボレーションサービスで、フレッツ光と光コラボレーションを合わせるとなんと67%以上ものシェアを占めているんです。

フレッツ光のシェア

そのためフレッツ光回線は夜間や休日などインターネットの利用者が多くなる時間帯は混雑が起き、速度が遅くなりやすいと言われています。

一方、auひかりはKDDI独自の回線を利用しています。

そのため、利用者過多による回線混雑が起きにくく、安定した速度を保ちやすいというわけなんです。

2.IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備している

もう1つの理由は、auひかりが「IPv4/IPv6デュアルスタック方式」を採用していることです。

今まで主流だったIPv4という接続方式は、ネット人口やIT家電などの接続機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇し混雑が起きやすい状況になってしまいました。

そこで開発されたのが、無限に近いIPアドレスを発行できるIPv6接続方式です。

auひかりが採用している「IPv4/IPv6デュアルスタック」は、IPv6接続上でIPv4対応サイトも閲覧できる仕組みで、高速・快適にすべてのインターネットを利用することができます。

IPv4接続とIPv6接続のイメージ

他光回線でも似たような仕組みを持つところはありますが、そのほとんどがオプション扱いになっていて別途申し込みや設定が必要なところ、auひかりはなんと標準装備!

そのためインターネットにあまり詳しくない方でも、速さを実感しやすいというわけなんです。

ちなみに、auひかりでは最大通信速度が「5Gbps」、「10Gbps」という超高速な特別プランも用意されています。

今のところ戸建て限定、エリアも東京・神奈川・埼玉・千葉の一部地域限定ですが、今後拡大していくことでしょう。

auひかり利用者の口コミ(Twitter)

細かく色々説明するより「生の声」を聞くほうが伝わると思うので、実際にauひかりを利用している方々の口コミや評判をTwitterから引用して紹介いたします。

何かのサービスにログインする際、速度が遅いとイライラしますが、auひかりは問題無しです。

シンプルに「速度がめちゃくちゃ速い」という口コミが非常に多かったです。

ping値が低いauひかりはオンラインゲームにも最適!

こちらの方のping値はなんと6.0ms

通信速度も上り下り共に爆速なので、かなり快適な環境と言えます。

今回紹介したように、auひかりの速度に関する評判は良いものが非常に多かったです。

auひかりを申し込む際は代理店キャンペーンを活用しよう

キャッシュバックのイメージ

「じゃあ早速auひかりに申し込もう!」という気持ちのあなた、ちょっと待って下さい。

auひかりをお得にスタートするためには、どこから申し込むかがとっても重要なんです。

auひかりは公式サイト、auショップの他にもWEB代理店、家電量販店、さらに訪問営業や電話営業などさまざまな申し込み窓口があり、それぞれ貰える特典には大きな差があります。

どこから申し込んでもauひかりの品質や速度は変わらないので、せっかくならお得な窓口を選んで申し込みましょう!

私がおすすめするauひかりの窓口は、ずばり「WEB代理店」です。

なぜなら、特典が豪華なうえに公式キャンペーンも併用できるから!

参考までに、キャッシュバックキャンペーンを展開しているWEB代理店を2社紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

NNコミュニケーションズ

auひかりキャンペーン特典 新規お申し込みでキャッシュバック
キャッシュバック66,000円
進呈時期最短1ヶ月
手続き方法申し込み時の電話で完結
こんな方におすすめ
  • 利用者のレビューを確認してから申し込みたい
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 実績のある窓口を利用したい

NNコミュニケーションズは、たくさんあるauひかり代理店の中でも優良窓口として有名です。

キャンペーンサイトには、KDDIから毎年受け取っている感謝状のスキャン画像や、最新の利用者レビューが常に投稿されているので信頼できる代理店と言って良いでしょう。

また、代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件はありません。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込みで、確実に特典が受け取れます。

\お客さまレビュー☆4.7 信頼と実績の代理店/

GMOとくとくBB

月額料金割引ホームの割引総額
⇒57,640円(税込)
マンションの割引総額
⇒43,010円(税込)
進呈時期サービス開始月の翌月から
手続き方法申請の必要無し
こんな方におすすめ
  • キャッシュバックより月額料金割引の方が嬉しい
  • 面倒な特典申請はしたくない
  • 代理店よりプロバイダから申し込みたい

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営するauひかりの公式プロバイダです。

月額料金割引の総額がとても高く申請手続きなしで適用できるのが嬉しいです。キャッシュバックは多かれ少なかれ手続きが必要となりますので確実にキャンペーンを適用させたいなら月額料金割引がおすすめです。

また、GMOとくとくBBは「オリコン顧客満足度ランキング」において2年連続お客さま満足度No.1を獲得しています。

GMOとくとくBBは2年連続お客様満足度No.1

上記画像はGMOとくとくBBのauひかりサイトより引用

引用元:GMOとくとくBB×auひかり

デメリットは月額料金割引が終了するのにホームは36ヵ月、マンションは24ヵ月かかることです。すぐに乗り換えを希望する方には不向きといえるでしょう。反対に、長く使う方には最適なキャンペーンといえます。

以上のことから「月額料金割引を確実に適用させたい」「満足度の高い窓口で申し込みたい」・・・そんなあなたはGMOとくとくBBがおすすめです。

\顧客満足度No.1!月額料金割引で安く利用できる/

auひかりの申し込み窓口比較表【代理店・プロバイダ・公式】

auひかりののおすすめ申し込み窓口3社のキャンペーン内容を比較表にまとめました。

NNコミュニケーションズは代理店、GMOとくとくBBはプロバイダ、KDDIはauひかりの運営会社です。

\おすすめ
auひかり キャッシュバックキャンペーン
NNコミュニケーションズ


GMOとくとくBB
KDDI
公式
ホーム
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
3年間の月額料金
4,000円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
マンション
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
2年間の月額料金
2,860円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
適用条件赤二重丸
特になし
緑三角
ひかり電話加入
緑三角
ひかり電話加入
au one net選択
進呈時期赤二重丸
最短1カ月
赤二重丸
開通の翌月から
緑三角
最短4カ月
公式特典赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
サイト

ご覧の通り、全体的にNNコミュニケーションズのキャンペーン内容が勝っていることが分かります。

特典申請も不要でキャッシュバックを受け取り忘れる心配が無いので、auひかりの申し込みならNNコミュニケーションズを選んでおけば間違いなしでしょう!

\60,000円のキャッシュバックが貰える!/

注意:ping値は回線だけで決まるわけではない

最後に一つだけ補足しておきます。

今回重点を置いて解説してきた「ping値」ですが、回線だけで数値が決まるわけではなく、利用環境にも影響を受けます。

pingを低く保つためには、下記2点にも注意しましょう。

1.Wi-Fiルーターの性能

1つ目は、「Wi-Fiルーターの性能」です。

もしもずっと昔に購入したWi-Fiルーターを使い続けていてラグなどに悩まされている場合は、ルーターの買い替えを検討した方が良いかもしれません。

Wi-Fiルーターは常に性能が進化し続けているので、当然新しい機種の方がping値の改善が期待できます。

価格はピンキリですが、一人暮らしであれば5,000円クラス、家族と住んでいて同時接続数が多くなる方は10,000円クラスのWi-Fiルーターを選んでおくと安心です。

2.LANケーブルのカテゴリ

2つ目は、「LANケーブルのカテゴリ」です。

LANケーブルには実はカテゴリという規格があり、それぞれ対応速度が異なります。

カテゴリはケーブルの側面などに記載されているので一度チェックしてみましょう。

LANケーブルのカテゴリ表
カテゴリー最大速度伝送帯域
CAT5100Mbps100MHz
CAT5E1Gbps100MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT6A10Gbps500MHz
CAT710Gbps600MHz
CAT7A10Gbps1000MHz
CAT840Gbps2000MHz

古いLANケーブルを使い続けていると、たとえ性能の良いルーターを使っていても力を発揮しきれず、ping値も高くなってしまいます。

動画などを快適に見たいなら「CAT6」以上、大容量データ通信を必要とするオンラインゲームを遊ぶなら「CAT7」以上がおすすめです。

まとめ

インターネットを利用する上で重要になってきている「ping値」に焦点を当て、なぜauひかりが他の光回線よりもおすすめなのかを解説しました。

最後にもう一度要点をまとめておきましょう。

ping値が高いインターネット回線では、以下のような問題が起きやすくなります。

  • オンラインゲーム:ボタンを押してからキャラクターが動くまで数秒送れる
  • ビデオ会議:遠距離中継の様に会話にズレが生じる

ビデオ会議をしたりオンラインゲームを遊ぶ機会が多い方は、出来るだけping値の低いインターネット回線を選びましょう。

おすすめは光回線の「auひかり」です。

インターネット回線選びの参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました