auひかりの料金は高いのか?いいえ、比べるとむしろ安い方!【光回線 主要11社比較】

auひかりの料金は高いのか?いいえ、比べるとむしろ安い方!【光回線 主要11社比較】auひかり

auひかりは速度の評判が非常に良い光回線ですが、一方で料金が高い』という声を聴くことがあります。

果たして本当にそうなのでしょうか?

真偽を確かめるため、主要な光回線10社とauひかりの料金を比較してみました。

結果は・・・

実は、噂に反してauひかりの料金は安いという事がはっきりと分かりました!

表にまとめましたので、ぜひあなた自身の目でお確かめください。

\auひかりの窓口選びに悩んだらコチラ/

主要な光回線11社の料金比較表

何はともあれ、まずは比較表を見ていただきましょう!

auひかりと主要な光回線10社の料金を表にまとめています。

尚、光回線の料金やキャンペーンは複雑で、各社で条件や割引方法が違うため、下記ルールを設けて集計しました。

比較表 作成ルール
  • ネット回線のみ申し込んだ場合の月額料金です。
  • キャッシュバックキャンペーンの金額は、Googleで『光回線名 キャッシュバック』で上位表示された、公式または代理店サイトの最大表記です(2020年12月11日現在)。
  • 5年総額目安の計算式:
    初期費用+工事費+(月額料金×5年分)-キャンペーン-(スマホ割引×5年分)

情報量が多く、どうしても横長で見づらい表になってしまいました。

ですので、特に一番左列の5年総額目安に注目して比較してみて下さい。

ホームタイプ

5年総額目安月額料金初期費用工事費キャッシュバック
キャンペーン
スマホ割引提供エリア運営会社
auひかり212,660円1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
(初月無料)
3,300円実質無料最大 52,000円auスマートバリュー
最大 1,100円/月
≪戸建て≫
東海・関西・沖縄がエリア外
KDDI
ビッグローブ光222,780円5,478円3,300円実質無料最大 30,000円auセット割
最大 1,320円/月
全国ビッグローブ
So-net光プラス210,044円1~2年目:3,828円
3年目以降:6,138円
3,300円実質無料最大 40,000円auスマートバリュー
最大 1,100円/月
全国ソニーネットワークコミュニケーションズ
@nifty光249,400円5,720円2,200円実質無料最大 30,000円auスマートバリュー
最大 1,100円/月
全国ニフティ
ドコモ光260,500円5,720円~3,300円無料最大 20,000円ドコモ光セット割
最大 1,100円/月
全国NTTドコモ
SoftBank光250,900円5,720円3,300円26,400円最大 56,000円おうち割 光セット
最大 1,100円/月
全国ソフトバンク
NURO光205,320円5,217円3,300円実質無料最大 45,000円おうち割 光セット
最大 1,100円/月
北海道
関東
東海
関西
九州
ソニーネットワークコミュニケーションズ
OCN光324,500円5,610円3,300円19,800円最大 22,000円OCN光モバイル割
220円/月
全国NTTコミュニケーションズ
フレッツ光 東日本
(BIGLOBE)
396,550円1~24カ月目:5,830円
25~29カ月目:6,270円
30ヵ月目以降:6,600円
880円19,800円個人向けは無し無し全国NTT東日本
フレッツ光 西日本
(BIGLOBE)
352,187円1~23カ月目:5,390円
24カ月目:5,181円
25ヵ月目以降:5,621円
880円19,800円個人向けは無し無し全国NTT西日本
楽天ひかり234,784円1年目:無料
2年目以降:5,280円
880円19,800円無しスマホと光回線
どちらも1年無料
(3,278円×12)
全国楽天モバイル
※初期費用、工事費、月額料金、スマホ割引は税込みです。

マンションタイプ

5年総額目安月額料金初期費用工事費キャッシュバック
キャンペーン
スマホ割引提供エリア運営会社
auひかり109,700円3,740円
〜5,500円
3,300円実質無料最大 52,000円auスマートバリュー
最大 1,100円/月
全国KDDI
ビッグローブ光156,780円4,378円3,300円実質無料最大 30,000円auセット割
最大 1,320円/月
全国ビッグローブ
So-net光プラス150,180円1~2年目:2,728円
3年目以降:4,928円
3,300円実質無料最大 30,000円auスマートバリュー
最大 1,100円/月
全国ソニーネットワークコミュニケーションズ
@nifty光171,880円4,378円2,200円実質無料最大 27,000円auスマートバリュー
最大 1,100円/月
全国ニフティ
ドコモ光181,300円4,400円~3,300円無料最大 20,000円ドコモ光セット割
最大 1,100円/月
全国NTTドコモ
SoftBank光168,500円4,180円3,300円26,400円最大 46,000円おうち割 光セット
最大 1,100円/月
全国ソフトバンク
NURO光37,700円2,090円~3,300円実質無料最大 25,000円おうち割 光セット
最大 1,100円/月
北海道
関東
東海
関西
九州
ソニーネットワークコミュニケーションズ
OCN光222,200円3,960円3,300円16,500円最大 22,000円OCN光モバイル割
220円/月
全国NTTコミュニケーションズ
フレッツ光 東日本
(BIGLOBE)
274,340円1~24カ月目:3,905円~
25~29カ月目:4,345円~
30ヵ月目以降:4,565円~
880円16,500円個人向けは無し無し全国NTT東日本
フレッツ光 西日本
(BIGLOBE)
244,101円1~23カ月目:3,630円
24カ月目:3,443円
25ヵ月目以降:3,883円
880円16,500円個人向けは無し無し全国NTT西日本
楽天ひかり178,684円1年目:無料
2年目以降:4,180円
880円16,500円無しスマホと光回線
どちらも1年無料
(3,278円×12)
全国楽天モバイル
※初期費用、工事費、月額料金、スマホ割引は税込みです。

auひかりは高くない!

表を見れば一目瞭然、auひかりの料金は高くなく、むしろ安いという事が分かります!

主要な光回線の中で料金的に優れているのは、auひかりとNURO光の2強と言っても過言ではないでしょう。

この2つは適用できるスマホのセット割が異なります。

インターネット回線の料金を抑えたいとお考えなら、お使いのスマホキャリアに合わせてどちらかを選ぶのが良いでしょう。

  • auスマホ ⇒ auひかり
  • SoftBankスマホ ⇒ NURO光

ライバルはNURO光。ただしエリアは狭いです

NURO光の5年総額目安を見ると、ホームタイプはauひかりとほぼ同じくらい、マンションタイプに至っては他社を寄せ付けない圧倒的な安さとなっています。

間違いなく、導入を検討したい光回線の一つでしょう。

しかし、NURO光の提供エリアはまだ狭く、そもそも契約できない地域が多いという問題があります。

ホームタイプは北海道、関東地方、東海地方、関西地方、中国地方、九州の主要エリア。

マンションタイプについては、事前に建物にNURO光の設備が導入されている必要があり、現状ではほとんど対応していません。

お住まいのマンションにNURO光の設備が入っていたら相当ラッキーと言えます。

入っていなければ、次に安いauひかりマンションを検討しましょう。

So-net光プラスは3年目以降から高くなる

ホームタイプの5年総額目安で、auひかりとほぼ同額なのがSo-net光プラスです。

しかし、あまりおススメは出来ません。何故でしょうか?

So-net光プラスは、1~2年目に他社よりも強力な月額料金割引を行っています。

そのおかげで5年間の総額目安もかなり押し下げられていますが、実は3年目からは逆に他の光回線よりも高くなってしまうのです。

下表はauひかりとSo-net光プラスのホームタイプの月額料金を比較したものです。

auひかり
ずっとギガ得プラン
So-net光プラス
1年目5,100円
(税込 5,610円)
3,080円
(税込 3,388円)
2年目5,000円
(税込 5,500円)
3,080円
(税込 3,388円)
3年目~4,900円
(税込 5,390円)
5,580円
(税込 6,138円)

長く使いたい方には、So-net光プラスはおすすめではありません。

auひかりが安いと言える4つの理由

auひかりの総額料金が、他光回線より安かった理由は4つあります。

  1. プロバイダ一体型だから
  2. 月額料金が安い
  3. 初期工事費が無料になる
  4. auスマホとセット割引が組める

一つずつ確認していきましょう。

1.プロバイダ一体型だから

auひかりはプロバイダ一体型サービス

インターネットを利用するためには、回線とプロバイダ、双方のサービスが必要です。

例えばフレッツ光の場合、回線はNTTと契約しますが、別途プロバイダ事業者とも契約を結ばなければインターネットは使えません。

この場合、月額料金や各種オプション料金がそれぞれ別会社から請求されるため、経費などがかさみ料金が高くなってしまいます。

実際、5年間の総額料金が一番高いのはフレッツ光でした。

一方auひかりは、KDDI一社と契約するだけでインターネットが利用できる一体型サービスです。

月額料金に回線使用料とプロバイダ使用料が含まれ、料金自体もかなりリーズナブルな設定になっています。

2.月額料金が安い

そもそも、5年総額にする以前に、月額料金のみで比較してもauひかりは安い部類に入ります。

ホームタイプを3年プラン(ずっとギガ得プラン)で契約した場合の月額料金がこちら。

月額料金
1年目5,100円
(税込 5,610円)
2年目5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降4,900円
(税込 5,390円)

少し変わったシステムを採用していて、2年目、3年目と100円(税込 110円)ずつ安くなり、3年目以降は4,900円(税込 5,390円)で利用することができます。

同じく、スマホキャリアが運営するドコモ光とSoftBank光は何年使っても5,200円(税込 5,720円)~ですので、比べるとauひかりの方がだいぶ安い事が分かります。

マンションタイプの料金はこちら。

マンションタイプ月額料金
V163,800円
(税込 4,180円)
V84,100円
(税込 4,510円)
G163,800円
(税込 4,180円)
G84,100円
(税込 4,510円)
都市機構3,800円
(税込 4,180円)
都市機構G3,800円
(税込 4,180円)
E163,400円
(税込 3,740円)
E83,700円
(税込 4,070円)
タイプF3,900円
(税込 4,290円)
タイプF(S)3,400円
(税込 3,740円)
マンションギガ4,050円
(税込 4,455円)
マンションミニギガ5,000円
(税込 5,500円)

導入されているタイプにより月額料金が細かく分かれていますが、ほとんどのタイプでホームタイプより安い月額料金となっています。

auひかりの料金について、詳しくはこちら↓
auひかりの月額料金・初期費用まとめ。少しでも安く使うならどのプランがおすすめ?
auひかりの料金って複雑で分かり辛いですよね。 そこでホーム・マンションのそれぞれのプランごとの月額料金、初期費用、工事費を出来るだけ分かりやすくまとめました。 また支払い方法やauスマホとのセット割引についても紹介しています。 ぜひ契約前に読んでいただき最適なプランを選びましょう!

3.初期工事費が無料になる

初期費用相当割引

「初期費用相当額割引」は、auひかりの開通工事費が実質無料になるキャンペーンです。

auひかりの開通工事にかかる初期工事費は、ホームタイプで37,500円(税込 41,250円)、マンションタイプで30,000円(税込 33,000円)と決して安くありません。

これを、まるっとKDDIが負担してくれます。

ホームタイプマンションタイプ
工事費37,500円
(税込 41,250円)
30,000円
(税込 33,000円)
割引額37,500円
(税込 41,250円)


≪内訳≫
・初回 1,086円
(税込 1,194.6円)
<ネット 586円(税込 644.6円)
+電話 500円(税込 550円)
・34回 1,071円
(税込 1,178.1円)
<ネット 571円(税込 628.1円)
+電話 500円(税込 550円)
30,000円
(税込 33,000円)


≪内訳≫
・初回 1,312円
(税込 1,443.2円)
・22回 1,304円
(税込 1,434.4円)
つまり・・・実質無料!実質無料!

ホームタイプの場合は、「ネット回線」+「ひかり電話」を申し込み、auひかりを35ヶ月間継続利用することで最大37,500円(税込 41,250円)の割引、つまり工事費分が実質無料になります。

マンションタイプの場合は「ネット回線」のみの申し込みで、auひかりを23ヶ月間継続利用することで工事費が実質無料になります。

工事費が実質無料になる初期費用相当額割引について、詳しくはこちら↓
auひかりの工事費を徹底解説!キャンペーン利用で実質無料【初期費用相当額割引】
auひかりを開通するには、最初に光ケーブルを引き込む工事が必要になり、工事費が掛かります。 初期工事費はホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円です(税込)。 しかし、初期工事費相当額割引というキャンペーンを利用することで、工事費は実質無料になります!

4.auスマホとセット割引が組める

auスマートバリュー

auスマートバリューは、auのスマホ・ケータイ・タブレットと、auひかり+ひかり電話をセットにすることで適用できる割引サービスです。

このサービスが適用されると、何とauスマホの月額料金が500円(税込 550円)~1,000円(税込 1,100円)永年割引になります。

永年・・・つまり両方のサービスを使い続けている限り、割引がずーっと続くということです!

また、同居しているご家族のスマホやタブレットも含めて最大10台まで対象になります。

auひかりの目玉ともいえる、非常にお得な割引サービスです!

auスマートバリューのポイントは、光回線を利用した固定電話サービス『auひかり電話』の加入が必須条件になっていること。

auひかり電話は月額500円(税込 550円)の基本料金がかかる有料オプションですので、固定電話が不要な方は契約したくないでしょう。

しかし、auスマートバリューの最小割引額も500円(税込 550円)と同額ですので、最低でも損をしてしまうことはありません。

また、1,000円(税込 1,100円)割引のプランだったり、auの端末が2台以上あれば確実に割引の方が大きくなるため、結果的にお得になるケースの方が多いです。

さらにauスマートバリューを適用することで、無線LANが永年無料で利用出来たり、高速プランの割引が永年続くという副効果も受けられます。

プランごとの割引額など、auスマートバリューの詳細はこちら↓
家族のスマホも割引対象!auスマートバリューとは
auのスマートフォンをお使いの方におすすめの光回線と言えば、当然auひかりでしょう。 ネットとスマホのセット割引『auスマートバリュー』が適用できるからです。 ・家族のauスマホやタブレット含め合計10台まで割引が適用できる ・ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる ・超高速スタートプログラム割引が4年目以降も受けられる 今記事ではauひかりの大型割引サービス『auスマートバリュー』について詳しく紹介いたします。

auスマートバリュー適用時のauひかりの5年総額目安

例えば5人家族で1人が1,000円(税込 1,100円)割引のプラン、4人が500円(税込 550円)割引のプランを契約していれば毎月3,000円(税込 3,300円)の割引が適用されることに。

これは、auひかりの月額料金の半分以上に相当します!

実は冒頭の比較表で紹介したauひかりの『5年総額』も、お持ちのauスマホの台数によっては、もっとぐっと安く出来るのです。

ホームマンション
端末1台212,660円109,700円
端末2台146,660円43,700円
端末3台80,660円-22,300円
端末4台14,660円-88,300円
端末5台-51,340円-154,300円
計算式

初期費用+工事費+(月額料金×5年分)-キャンペーン-(スマホ割引×5年分)

※初期費用、工事費、月額料金、スマホ割引は税込みです。

何と、ホームタイプなら1,000円割引が適用されるスマホ5台、マンションタイプならスマホ3台をお持ちなら、auひかりを契約した方がしない時より出費が抑えられるというまさかの結果となりました!

もし自分やご家族がauスマホをお持ちなら、インターネット回線は必ずauスマートバリューが組める光回線を選びましょう。

auひかりの料金が高くなる3つの要因

比較表ではっきりした通り、auひかりは料金の安い光回線です。

一方で、Twitterなどで検索すると『auひかりは高い』という口コミも見つかります。

なぜこのような事が起きるのでしょうか。

実は、auひかりは契約時にプランなどの選択を誤ってしまうと、月々の料金が高くなってしまう場合があるのです。

  1. 高いプランで契約してしまっている
  2. ひかり電話に加入しなかった
  3. サービスの無料期間が無いプロバイダを選択した

そうならないために、料金が高くなってしまう要因を事前にチェックし、確実に回避するようにしましょう!

1.高いプランで契約してしまっている

auひかりのホームタイプは「標準プラン」「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」という3つの契約プランから選ぶことができます。

それぞれの特徴を表にまとめました。

標準プランギガ得プランずっとギガ得プラン
月額料金
(ネットのみ)
6,300円
(税込 6,930円)
5,200円
(税込 5,720円)
1年目:5,100円
(税込 5,610円)
2年目:5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降:4,900円
(税込 5,390円)
契約期間無し2年自動更新3年自動更新
更新月無し3カ月間
(24~26カ月目)
3カ月間
(36~38カ月目)
解約違約金無し9,500円
(税込 10,450円)
15,000円
(税込 16,500円)

表の通り、標準プランを選ぶと月額料金が跳ね上がります。

正直に言いまして、標準プランのメリットは契約期間縛りが無いという1点のみ。

他2つのプランとの価格差は1,100円(税込 1,210円)以上ありますので、長く使えば使うほど損になってしまいます。

出来るだけ、一番料金の安い『ずっとギガ得プラン』での契約をお勧めいたします。

2.ひかり電話に加入しなかった

auひかり電話は、インターネット回線を利用した固定電話サービスです。

auひかりの契約時に一緒に加入するかを選択することになりますが、月額基本料金が500円(税込 550円)かかる有料オプションですし、大抵の家にはすでに固定電話が引いてあるため、要らないと考える方も多いでしょう。

しかし、auひかり電話は出来るだけ加入をおすすめします。

ほとんど固定電話を使わないとしても、形だけ契約しましょう。

なぜなら、auひかり電話を契約した方が、しない時より料金が安くなるケースが多いからです。

auひかり電話に加入するメリット
  • NTTの加入電話より月額料金や通話料金が大幅に安くなる
  • auスマホとのセット割『auスマートバリュー』の適用条件となっている
  • 違約金を還元する『乗りかえスタートサポート』の適用条件となっている
  • 回線工事費が実質無料になる『初期費用相当額割引』の適用条件となっている

特に、auひかりの目玉サービスであるauスマートバリューを適用するには、ひかり電話の加入が絶対条件です。

auスマートバリューが適用されれば最低でも500円(税込 550円)の割引が入りますので、損することはありませんし、家族内にauスマホが2台以上あれば確実にお得になります。

つまり、少なくともauスマホをお持ちなら、ひかり電話には加入した方が良いでしょう。

他にも、工事費を無料にしたり、他社からauひかりに乗り換えた際の違約金を還元する場合も、auひかり電話が適用条件となっています。

現在NTTの加入電話をお使いなら、電話番号や電話機は変えずに乗り換え可能で、基本料金や通話料が大幅に安くなるので、出来るだけauひかり電話には加入しましょう。

auひかり電話の通話料金など、詳しくはこちら↓
auひかり電話に変えると料金が安くなるって本当?!更に6つのメリットも紹介します
auひかり電話の料金とメリット・デメリットを紹介します。auひかり電話は料金が安いだけでなく、工事費が実質無料になったり、スマホの料金が安くなるなど良いことがたくさんあります。固定電話を考えているあなたも考えていないあなたもプラスになる情報満載でお届けします。

3.サービスの無料期間が無いプロバイダを選択した

auひかりは、KDDIと契約するだけで回線とプロバイダ双方のサービスが受けられる一体型光回線ですが、利用するプロバイダ自体は下記7社から選択できるようになっています。

  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • @TCOM
  • DTI
  • Asahiネット
  • au one net

どのプロバイダを選んでもauひかりの月額料金や品質は変わりません。

ただし、利用できるオプションサービスの料金や内容は違います。

特に『セキュリティ』や『サポート』については、auひかり回線側では提供していないため、利用したい場合はプロバイダ側のオプションを活用することになります。

つまり、オプションを利用したい場合はプロバイダ選択が重要になるという事です。

おすすめは、オプションサービスの無料特典期間が長い下記2社です。

  • So-net(ソネット)
  • BIGLOBE(ビッグローブ)

So-net(ソネット)

So-netは、会員に向けたオプションサービスが非常に充実しており、特典の無料期間が長い事が特徴です。

セキュリティー対策オプションである「カスペルスキー」は、自分で購入しようとすると1万円ほどかかるところ、So-netで契約すればなんと2年間無料で利用できます!

(※auひかり申し込みと同時にカスペルスキーを付けた場合の特典)

BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEは、特に「無料設定サポート」の評判が良いです。

設定サポート自体はどのプロバイダに付いていますが、そのほとんどは有料オプションです。

それがBIGLOBEでは初回訪問月から翌月末まで何回でも無料で利用できます。

これを活用して、auひかり開通後の面倒な設定は全部BIGLOBEに任せてしまいましょう。

プロバイダ選びに迷ったらこちらの記事をご覧ください↓
auひかりのおすすめプロバイダ2選!決め手はサービスと評判の良さ
auひかりには全部で7社のプロバイダがあります。その中から1つに決めないといけないわけですが、これだけあると『どこが良いのだろう?』と迷ってしまうのも当然でしょう。しかし、実はプロバイダによって「料金」や「速度」が変わるわ...

まとめ

今回は、『auひかりの料金が高い』というウワサの真偽を確かめるため、主要な光回線10社とauひかりの料金を比較してみました。

結果は・・・

噂に反して、auひかりの料金は安いという事がはっきりと分かりました!

auひかりが安い理由としては以下の4つが挙げられます。

  1. プロバイダ一体型だから
  2. 月額料金が安い
  3. 初期工事費が無料になる
  4. auスマホとセット割引が組める

ただし、契約時にプランなどの選択を誤ってしまうと、月々の料金が高くなってしまうケースもあります。

auひかりの料金が高くなってしまう要因は以下の3つです。

  1. 高いプランで契約してしまっている
  2. ひかり電話に加入しなかった
  3. サービスの無料期間が無いプロバイダを選択した

誤った選択をしてしまうと、本来払わなくて良かったコストを支払い続けることになってしまうため、確実に回避しましょう。

尚、これからauひかりの契約を検討されているなら、キャッシュバックが貰えるWEB代理店経由の申し込みがお得です。

おススメのキャンペーンを紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店
タイトルとURLをコピーしました