auひかりの料金プラン紹介。工事費は実質無料だし、月額料金も安いんです!

auひかりの料金プラン紹介。工事費は実質無料だし、月額料金も安いんです!auひかり

auひかりの月額料金や初期費用、ひかり電話・ひかりTVの各種料金について、それぞれ一覧表にまとめて紹介いたします。

これからauひかりを申し込み予定の方は、ぜひ参考にご覧ください。

今記事のポイント
  • auひかりは月額料金にプロバイダ料金や機器レンタル料金が含まれているので、安くて分かりやすい!
  • auひかりの初期工事費は、キャンペーンで実質無料!
auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりの料金プラン一覧

auひかりの料金プランは、一戸建て向けの『ホーム』と、集合住宅向けの『マンション』で大きく2通りに分かれます。

ご自分のお住まいに合った方をご確認ください。

ホーム(戸建て)

ホームの料金プランは、『標準プラン』『ギガ得プラン』『ずっとギガ得プラン』の3種類用意されています。

それぞれの違いを一覧表にまとめました。

標準プランギガ得プランずっとギガ得プラン
月額料金
(ネットのみ)
6,300円
(税込 6,930円)
5,200円
(税込 5,720円)
1年目:5,100円
(税込 5,610円)
2年目:5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降:4,900円
(税込 5,390円)
契約期間無し2年自動更新3年自動更新
更新月無し3カ月間
(24~26カ月目)
3カ月間
(36~38カ月目)
解約違約金無し9,500円
(税込 10,450円)
15,000円
(税込 16,500円)

ご覧の通り、3つのプランは月額料金・契約期間・解約違約金に違いがあります。

つまり、『契約期間に縛りがあっても月額料金が安いプラン』を選ぶか、それとも『ちょっと月額料金が高くても解約時に違約金が掛からないプラン』を選ぶか、ということになってきますが・・・

インターネット回線は一度契約したら長く使うケースが多いため、月額料金が安いプランを選んだ方が結果的にお得!

ですので、おすすめはずっとギガ得プランです。

尚、ホームタイプの月額料金が税抜き5,000円を切るのは、光回線の中でも安い方です。

auひかり ホームについてもっと詳しく↓
auひかり ホームを検討している方が事前に知っておくべき情報まとめ
auひかり ホーム(戸建て向け)の導入を検討している方向けに、事前に知っておいた方が良い情報を1ページにまとめました。 おすすめの料金プラン、初期費用、速度、各種割引キャンペーンなどについて、詳しく解説しています。 また、auひかりのメリットとデメリットも紹介いたします。

マンション(集合住宅)

auひかり マンションは、建物の共有スペースにauひかりの設備が導入されている集合住宅のみ契約することが出来ます。

そのため、マンションにお住まいでも建物にauひかりの設備が導入されていなければ、ホームでしか契約できませんので注意しましょう。

また、auひかり マンションは建物内の配線方式によって、契約できるタイプがほぼ決まっています。

そのタイプの中で、『標準プラン』と『お得プラン(タイプによってはお得プランA)』の2種類のプランに分かれ、さらに同建物内の契約見込み軒数によって料金が決まります。

つまり、auひかり マンションの料金プランは下表のようにかなり細かく分かれていますが、タイプと契約見込み件数は建物ごとにほぼ決まっているので、自分で選べるのはプランのみということです。

マンションにお住まいでauひかりの契約を検討している方は、まず建物がauひかりに対応しているか、またどのタイプで契約可能なのかを管理会社に確認してみましょう。

タイプ月額料金契約期間と
解約違約金
タイプG
お得プラン
16契約以上
3,800円
(税込 4,180円)
8契約以上
4,100円
(税込 4,510円)
契約期間:2年
違約金:9,500円
(税込 10,450円)
タイプG
標準プラン
16契約以上
4,900円
(税込 5,390円)
8契約以上
5,200円
(税込 5,720円)
無し
タイプV
お得プランA
16契約以上
3,800円
(税込 4,180円)
8契約以上
4,100円
(税込 4,510円)
契約期間:2年
違約金:7,000円
(税込 7,700円)
タイプV
標準プラン
16契約以上
3,800円
(税込 4,180円)
8契約以上
4,100円
(税込 4,510円)
無し
都市機構デラックス
お得プランA
3,800円
(税込 4,180円)
契約期間:2年
違約金:7,000円
(税込 7,700円)
都市機構デラックス
標準プラン
3,800円
(税込 4,180円)
無し
都市機構G
お得プラン
3,800円
(税込 4,180円)
契約期間:2年
違約金:9,500円
(税込 10,450円)
都市機構G
標準プラン
4,900円
(税込 5,390円)
無し
タイプE
お得プランA
16契約以上
3,400円
(税込 3,740円)
8契約以上
3,700円
(税込 4,070円)
契約期間:2年
違約金:7,000円
(税込 7,700円)
タイプE
標準プラン
16契約以上
3,400円
(税込 3,740円)
8契約以上
3,700円
(税込 4,070円)
無し
タイプF
お得プランA
3,900円
(税込 4,290円)
契約期間:2年
違約金:7,000円
(税込 7,700円)
タイプF
標準プラン
3,900円
(税込 4,290円)
無し
ギガ
お得プランA
4,050円
(税込 4,455円)
契約期間:2年
違約金:7,000円
(税込 7,700円)
ギガ
標準プラン
4,050円
(税込 4,455円)
無し
ミニギガ
お得プランA
5,000円
(税込 5,500円)
契約期間:2年
違約金:7,000円
(税込 7,700円)
ミニギガ
標準プラン
5,000円
(税込 5,500円)
無し

ご覧のように、全般的にホームタイプより安い料金で利用できるのがマンションタイプの特徴です。

auひかり マンションについてもっと詳しく↓
auひかりマンションタイプは全部で8種類・・・って何が違うの?!それぞれの通信速度や月額料金を解説します
auひかりの設備が導入されている集合住宅のみで契約することが出来るauひかりマンション。 一戸建て用のホームタイプより月々の通信費を安く抑えることが出来て、経済的に高速インターネットを楽しむことができます。 ところで、実はauひかりのマンションタイプは全部で8種類もあるってご存じでしたか? 今記事ではauひかりマンションの8つのタイプについて詳しく解説します。

auひかりはプロバイダ料金や機器代金込みだから分かりやすい

インターネットは、回線とプロバイダの2つサービスが揃うことで初めて利用できるようになります。

そのため、光回線の中には回線事業者とは別にプロバイダ事業者とも契約を結ばなければならないところもあります。

どちらも欠かせないサービスのため仕方がありませんが、2社から請求が来ると月々の通信費が把握しにくくなりますし、思った以上に面倒です。

一方auひかりは、回線サービスを提供するKDDIが各プロバイダ事業者と提携し、両方のサービスをまとめて利用者に提供している一体型サービスになっています。

auひかりはプロバイダ一体型サービス

そのため、回線料金とプロバイダ料金がコミコミなので、とっても分かりやすいんです!

また、ONUやホームゲートウェイなど、インターネット接続に必要な機器のレンタル料金も月額料金に含まれています。

auひかりの初期費用

auひかりの契約時に掛かる初期費用は、登録料開通工事費の2種類に分けられます。

ホームマンション
登録料3,000円
(税込 3,300円)
3,000円
(税込 3,300円)
開通工事費実質無料!実質無料!

登録料は、大体どのインターネット回線でも最初に掛かる料金で、サービスによっては契約事務手数料などの名目になっている場合もあります。

開通工事費は、電柱を走る光ファイバーを宅内まで引き込む工事に掛かる費用です。

決して安くない料金が掛かる光回線の開通工事費ですが、auひかりの場合は『初期費用相当額割引』というキャンペーンにより、なんと実質無料になります!

ホームの開通工事費

auひかりホーム 初期費用相当割引

auひかり ホームとひかり電話を申し込むことで、月額料金から工事費相当の割引が受けられます。

内訳はネット回線分が125円(税込 137.5円)、ひかり電話分が500円(税込 550円)、それぞれ60回ずつ割り引かれ合計37,500円(税込 41,250円)です。

戸建ての場合
工事費37,500円(税込 41,250円)
・625円(税込 687.5円)×60回払い
割引額37,500円(税込 41,250円)割引
・ネット回線 125円(税込 137.5円)割引×60回
・ひかり電話 500円(税込 550円)割引×60回
つまり・・・実質無料!

ただし、auひかり電話を申し込まない場合は、工事費が全額割引にならない点には注意しましょう。

もちろんネット回線単体の契約も可能ですが、その場合はネット回線分の125円(税込 137.5円)×60回の割引のみしか適用されないため、30,000円(税込 33,000円)は自費負担となってしまいます。

どういうわけか、ひかり電話の割引額の方がずっと大きいのです。

マンションの開通工事費

auひかりマンション 初期費用相当割引

auひかり マンションを申し込むことで、月額料金から工事費相当の割引が受けられます。

毎月1,250円(税込 1,375円)ずつの割引で、24ヶ月以上の利用で実質無料となります。

マンションの場合
工事費30,000円(税込 33,000円)
1,250円(税込 1,375円)
×24回払い
割引額30,000円(税込 33,000円)
・ネット回線 1,250円(税込 1,375円)割引
×24回払い
つまり・・・実質無料!

マンションの場合は、auひかり電話を申し込まなくてもOK!

インターネットの契約のみで、全額割り引かれます。

auひかり電話の料金

auひかり電話は、auひかりの光ファイバーを利用した固定電話サービスです。

NTTの加入電話に比べて月額料金や通話料が大幅に安いのが特徴で、今まで使っていた電話番号や電話機もそのまま継続して利用できます。

そのため、auひかりの契約と併せて加入する方が多い人気サービスとなっています。

auひかり電話の月額料金

参考までに、NTTの加入電話と比較しました。

auひかり電話NTT加入権電話
月額利用料金500円(税込 550円)1,450円(税込 1,595円)
~1,700円(税込 1,870円)

auひかり電話はNTTの半額以下の月額料金で利用できます。

auひかり電話の通話料金

基本料金だけでなく、通話料金も大幅に安くなっています。

auひかり電話と、NTT加入権電話の通話料金を確認していきましょう。

auひかり電話の通話料金

電話相手先通話料
国内加入電話向け通話
IP電話向け通話
8円(税込 8.8円)/3分
020番号向け通話10円(税込 11円)/40秒
※別途40円(税込 44円)/1通話
携帯電話au宛 15.5円(税込 17.05円)/1分
NTTdocomo宛 16円(税込 17.6円)/1分
ソフトバンク宛 16円(税込 17.6円)/1分
ワイモバイル宛 16円(税込 17.6円)/1分
PHS宛て10円(税込 11円)/1分
※別途10円(税込 11円)/1通話

NTT 県内への通話料金

平日
8:00~19:00
19:00~23:00
(土・日・祝の昼間を含む)
23:00~翌8:00
区域内8.5円
(税込 9.35円)
/3分
8.5円
(税込 9.35円)
/3分
8.5円
(税込 9.35円)
/4分
隣接・~20km20円
(税込 22円)
/90秒
20円
(税込 22円)
/90秒
20円
(税込 22円)
/2分
20km~60km30円
(税込 33円)
/1分
30円
(税込 33円)
/75秒
20円
(税込 22円)
/90秒
60km~40円
(税込 44円)
/45秒
30円
(税込 33円)
/1分
20円
(税込 22円)
/90秒

NTT 県外への通話料金

平日
8:00~19:00
19:00~23:00
(土・日・祝の昼間を含む)
23:00~翌8:00
隣接・~20km20円
(税込 22円)
/90秒
20円
(税込 22円)
/90秒
20円
(税込 22円)
/2分
20km~30km30円
(税込 33円)
/1分
30円
(税込 33円)
/1分
30円
(税込 33円)
/75秒
30km~60km40円
(税込 44円)
/45秒
30円
(税込 33円)
/1分
30円
(税込 33円)
/75秒
60km~100km60円
(税込 66円)
/30秒
40円
(税込 44円)
/45秒
30円
(税込 33円)
/1分
100km~80円
(税込 88円)
/22.5秒
70円
(税込 77円)
/26秒
40円
(税込 44円)
/45秒

まず、auひかり電話から一般的な固定電話に電話をかける場合の料金に注目してみましょう。

auひかり電話から国内の一般加入電話にかけると、距離や時間に関係なく、一律8円(税込 8.8円)/3分で通話できます。

一方NTTの通話料は、県外・県内、時間帯、距離によって変動するシステムになっています。

一番高くなるのは、平日8:00~19:00に100km~以上離れた県外に電話する場合で、22.5秒で80円(税込 88円)

これを3分に換算すると・・・なんと640円(税込 704円)もかかります!!

そう、意外と高いのです。

同じ国内向けで3分の通話なのに、auひかり電話は8円(税込 8.8円)で、NTTは640円(税込 704円)と、80倍も差が開いてしまいました。

ちなみに、100kmは東京駅から栃木県の宇都宮駅を直線で結んだくらいの距離。

もっと離れた相手に電話するケースもよくあるのではないでしょうか。

このように、固定電話を使ってよく電話をかける人ほど、auひかり電話に切り替えるメリットは大きくなります。

auひかり電話について、更に詳しくはこちら↓
auひかり電話に変えると料金が安くなるって本当?!更に6つのメリットも紹介します
auひかり電話の料金とメリット・デメリットを紹介します。auひかり電話は料金が安いだけでなく、工事費が実質無料になったり、スマホの料金が安くなるなど良いことがたくさんあります。固定電話を考えているあなたも考えていないあなたもプラスになる情報満載でお届けします。

auひかりテレビの料金

auひかりテレビは、アンテナ不要でテレビ番組やビデオサービスが楽しめるオプションサービスです。

地上波やBS放送こそ視聴できませんが、それらを凌ぐ豊富な専門チャンネルや、ビデオサービス『TELASA』、またテレビの大画面でYouTubeなどの動画を視聴することが出来ます。

auひかりテレビの料金は、セットトップボックスのレンタル料金+テレビサービスのパック料金が基本で、そこにビデオサービス『TELASA』を追加するかどうかというイメージです。

セットトップボックスの月額利用料金

auひかりテレビは初期工事などは必要ありませんが、テレビと光回線のホームゲートウェイの間にセットトップボックスという機器の設置が必要です。

セットトップボックスはレンタル専用機器で、月額料金が掛かります。

セットトップボックス
月額利用料金
500円(税込 550円)

尚、このセットトップボックスにはAndroid TVとGooglePlayが搭載されているため、YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflix、DAZNなど各種動画配信サービスも利用可能です。

※ご利用にあたっては各配信動画サービスへの登録が必要です。

チャンネルサービスの月額料金

auひかりのテレビサービスは6つのジャンルに分かれていて、選択するパックに応じて見られるチャンネルが変わります。

ジャンルパック:1つのジャンルだけ見られるパック
オールジャンルパック:全てのジャンル(全46チャンネル)が見られるセットパック

月額料金
ジャンルパック
(1ジャンルのみ)
1,480円
(税込 1,628円)
オールジャンルパック
(6ジャンル全て)
2,480円
(税込 2,728円)

また、上記6ジャンル(46チャンネル)とは別に、個別の月額料金を支払うことで視聴できるようになる5つのプレミアムチャンネルが用意されています。

月額料金
プレミアムチャンネル1,000円
(税込 1,100円)

プレミアムチャンネルは単独で申し込むこともできますし、ジャンルパック/オールジャンルパックと併用することも可能です。

※上記の月額料金の他、加入月のみ初回登録料800円(税込 880円)が掛かります。

ビデオサービス『TELASA(テラサ)』の月額料金

TELASAは、テレビ朝日とKDDIがタッグを組んで生まれた映像配信サービスで、そのサービス内容は見放題作品とレンタル作品の2通りに分かれています。

見放題作品は、月額料金を支払うだけでその名の通り何本でも見放題!

月額料金
ビデオサービス
『TELASA』
562円
(税込 618円)

有名タイトルや人気タイトルがずらっと揃っています。

一方レンタル作品は、作品ごとに個別の料金を支払うことで決められた期間映像が見られるようになります。

主に、新作の映画やアニメ、ドラマやグラビア作品などがレンタルに指定されているようです。

ちなみにTELASAを契約すると毎月550コインが貰えるので、このコインでレンタル作品を1本視聴することが出来ます。

auひかりテレビやTELASAについて、更に詳しくはこちら↓
auひかりのテレビサービスならバラエティに富んだ番組やTELASA、YouTubeなどが楽しめる!
auひかりのテレビサービスは他の光回線のテレビサービスとは異なる点があります。 ・一般のテレビより多彩なジャンルのチャンネルとビデオサービス『TELASA』が楽しめる ・自宅のテレビでYouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflix、DAZN等が視聴できる その代わり、なんと地デジやBS放送が見られません。 つまりauひかりのテレビサービスは、より自分の好みに応じたチャンネルやビデオを楽しみたいと思っている人にぴったりのサービスなんです!

まとめ

auひかりの月額料金や初期費用、ひかり電話・ひかりTVの各種料金について紹介しました。

今記事の主なポイントは下記2つです。

  • auひかりは月額料金にプロバイダ料金や機器レンタル料金が含まれているので、安くて分かりやすい!
  • auひかりの初期工事費は、キャンペーンで実質無料!

よって、料金面からみてauひかりは、かなりおすすめの光回線と言えます。

※速度やエリア、口コミなどについては下記記事をご覧ください。

尚、これからauひかりを契約予定でしたら、キャッシュバックキャンペーンを展開している代理店経由の申し込みがお得です。

おすすめのキャンペーンを紹介しますので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店
タイトルとURLをコピーしました