auひかり電話に変えると料金が安くなるって本当?!更に6つのメリットも紹介します

auひかり電話の料金は安い!さらにお得な6つのメリットをご紹介auひかり

固定電話を使っているあなたがインターネットを乗り換える場合、ネット回線のオプションとして用意されている固定電話が今と比べて安くなるのか気になったことありませんか?

安心してください。

auひかり電話の料金は安いです。

NTT固定電話の基本料金は1,700円(税込 1,870円)/月に対して、auひかり電話基本料金は500円(税込 550円)/月。

つまり、auひかり電話はNTT固定電話と比較して1,000円以上も安くなるのです。

また、auひかり電話がお得なのは料金だけではありません。
auひかり電話に申し込むとメリットが6つもあるんです。

auひかり電話のメリット
  1. auまとめトークが使える
  2. auひかりの工事費が実質無料になる
  3. auスマートバリューが適用できる
  4. 新スタートサポートが適用できる
  5. 電話機はそのまま利用できる
  6. ナンバーディスプレイ(発信番号表示)で安心!

そこで、今回はauひかり電話の料金に加えてメリットやデメリットも一緒にご紹介します。

固定電話を使っているあなたも、使っていないあなたも、auひかり電話はメリットの大きいサービスなのでauひかりと一緒に検討してみて下さい。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかり電話の料金

auひかり電話の料金を紹介します。

auひかり電話の料金は固定の基本料金と、使ったら使った分だけかかる通話料、また必要に応じて追加するオプションの3つに分けられます。

  • auひかり電話の基本料金
  • auひかり電話の通話料
  • auひかり電話のオプションパック

順番に見ていきましょう。

auひかり電話の基本料金

1契約500円(税込 550円)
2契約目プラス450円(税込 495円)

auひかり電話は最大2契約まで申し込むことができます。

1契約での基本料金は500円(税込 550円)、2契約目はプラス450円(税込 495円)となります。

だいたいの人はauひかり電話1契約で利用することが多いです。
そのため、毎月500円(税込 550円)という安さでauひかり電話を利用できます。

冒頭でもお伝えしましたが、NTT固定電話は1,700円(税込 1,870円)/月です。

NTT固定電話より1,000円以上も安く利用できちゃいます。

auひかり電話の通話料

国内通話料金
種別ダイヤル料金
国内加入電話向け通話相手先
加入電話番号
8円(税込 8.8円)
/3分
IP電話向け通話050-8円(税込 8.8円)
/3分
(緊急通報)警察110無料
(緊急通報)消防119無料
(緊急通報)海上保安本部118無料
時報1178円(税込 8.8円)
/3分
天気予報1778円(税込 8.8円)
/3分
番号案内104200円(税込 220円)
/案内
電報115無料
※電報料は別料金・KDDI請求
災害用伝言ダイヤル1718円(税込 8.8円)
/1分
020番号向け通話02010円(税込 11円)
/40秒
※別途40円(税込 44円)
/1通話

「国内加入電話向け通話」に注目してください。
auひかり電話から国内の一般加入電話にかけると、県外・県内関係なく一律8円(税込 8.8円)/3分で利用できます。

NTT固定電話は県外・県内、時間帯、距離によって通話料が変わります。

一番高いのは平日8:00~19:00に100km~以上離れた県外に電話する場合で、なんと22.5秒で80円(税込 88円)もかかります。

これを3分に換算すると・・・640円(税込 704円)!!

高い!!

100kmってどのくらいかなぁと思ってGoogle マップで見てみたのですが、東京駅から御殿場駅まで東名高速経由で移動するとジャスト100kmでした。

このくらいの距離、全然電話しますよね・・・

(直線じゃないので厳密に言うともう少し遠いですけど)

その点、auひかり電話は国内であればどこにかけても一律8円(税込 8.8円)/3分の同一料金です。
auひかり電話にすることでグーンと通話料が安くなりますよ。

NTT固定電話は県外・県内、時間帯、距離によって通話料が変わりますので、auひかり電話のほうが確実に安くなります。

また、緊急時の番号に無料で連絡できますので何かあった場合も安心です。

ただし、auひかり電話から携帯やPHSへかけた場合は少し料金が上がります。

携帯電話/PHS宛通話料金
携帯電話/PHS通話料
auケータイ宛/1分15.5円(税込 17.05円)
ドコモ宛/1分16円(税込 17.6円)
ソフトバンク宛/1分16円(税込 17.6円)
ワイモバイル宛/1分16円(税込 17.6円)
PHS宛/1分10円(税込 11円)

携帯やPHSへかけるならauひかり電話を使わずに、スマホからかける方が良さそうです。

ただし、auまとめトークを利用するとauケータイ宛の通話料が無料となります。
auまとめトークはなるべく活用しましょう。

auひかり電話のオプションパック

auひかり電話のオプションをつける場合、ホームなら「オプションパックEX」、マンションなら「オプションパックにするとお得です。

auひかりホーム「オプションパックEX」

auひかりホーム「オプションパックEX」
auひかりホーム「オプションパックEX」

画像はauひかり公式より引用

オプション機能料金
割込通話通話中に別の相手から着信があった場合、
後からかけてきた相手と通話ができるサービス
300円
(税込 330円)
発信番号表示かけてきた相手の電話番号を
ディスプレイに表示するサービス
400円
(税込 440円)
番号通知
リクエスト
非通知でかけてきた相手に、
電話番号の通知を要求するサービス
200円
(税込 220円)
割込番号表示通話中に別の相手から着信があった時に、
後からかけてきた相手の電話番号をディスプレイに表示するサービス
100円
(税込 110円)
着信転送着信があった場合に、あらかじめ設定した転送先に
電話を接続するサービス
500円
(税込 550円)
迷惑電話発着信
ブロック
詐欺や勧誘などの迷惑電話番号の発着信を
自動でブロックするサービス
300円
(税込 330円)

これら電話オプションをつけると、通常なら合計1,800円(税込 1,980円)もかかります。

ところが、auひかり電話のオプションを2つ以上申し込んで、毎月の料金が690円(税込 759円)を超える場合は自動で「オプションパックEX」が適用されるようになっているんです。

オプションパックEXが適用されると、これら6つの電話オプションが690円(税込 759円)/月で利用できるようになります。

つまり、auひかりホームで電話オプションをつけるならオプションパックEXを適用させたほうが1,110円(税込 1,221円)もお得になるのです。

auひかりマンション「オプションパック」

auひかりマンション「オプションパック」
auひかりマンション「オプションパック」

画像はauひかり公式より引用

オプション機能料金
割込通話通話中に別の相手から着信があった場合、
後からかけてきた相手と通話ができるサービス
300円
(税込 330円)
発信番号表示かけてきた相手の電話番号を
ディスプレイに表示するサービス
400円
(税込 440円)
番号通知リクエスト非通知でかけてきた相手に、
電話番号の通知を要求するサービス
200円
(税込 220円)
割込番号表示通話中に別の相手から着信があった時に、
後からかけてきた相手の電話番号をディスプレイに表示するサービス
100円
(税込 110円)
着信転送着信があった場合に、あらかじめ設定した転送先に
電話を接続するサービス
500円
(税込 550円)

上記の電話オプションを全てつけたら1,500円(税込 1,650円)かかりますが、auひかりマンションは電話オプションを2つ以上申し込んで月額料金が500円(税込 550円)を超えた場合、自動的に「オプションパック」が適用されるようになっています。

オプションパックは上記5つのオプションをまとめて毎月500円(税込 550円)で利用できるサービスです。

auひかりマンションはオプションパック(500円(税込 550円))にすることで1,000円(税込 1,100円)もお得になる

電話オプションは基本料金とは別にお金が発生します。
ただ、固定電話を利用するにあたって便利な機能が格安で利用できるので考えてみるのもいいでしょう。

My auから電話料金明細を確認できる

auひかり電話の料金はインターネット上のマイページ『My au』にログインすることで過去3ヵ月分の通話明細を確認することができます。

通話明細の確認は、別途申し込みが必要となります。
My auへログインして申し込むことができます。

WEBでの通話明細確認は無料で利用できます。
一方、紙で通話明細を確認する場合は100円(税込 110円)かかります。

auひかり電話のデメリット

続いてauひかり電話のデメリットを紹介します。

auひかり電話のデメリットは全部で2つです。

  1. かけることのできない電話番号がある
  2. 停電や通信障害があると使えない

デメリットといってもそこまで深刻に考えなくても大丈夫です。
なぜなら、auひかり電話のデメリットは致命的なものではないからです。

順番に見ていきましょう。

かけることのできない電話番号がある

auひかり電話は一部の番号へかけることができません。

ダイヤル内容
100100番通話
102非常・緊急扱い電話
106コレクトコール(オペレータ)
108自動コレクトコール
111線路試験受付
112共同加入者受付
114話中調べ
121クレジット通話サービス
125でんわ会議
136ナンバーアナウンス
141でんわばん、
二重番号サービス
145/146キャッチホン2
147ボイスワープセレクト、
なりわけサービス
159空いたらお知らせ159
0170-伝言ダイヤル
0570-の一部ナビアクセスなど
0053-63-KDDI DODサービスの一部
0077-43-KDDI VPネット(仮想専用線サービス)、広域短縮
0052-
0053-53-
KDDI国際電話サービスの一部
国際料金通知、エコノミーホン
00XY-「0088」などの事業者識別番号による電気通信事業者を指定した発信
(0088フリーコールなどは除く)
#4桁の番号着信短縮ダイヤル、 クイックナンバーなど

auひかり電話は上記の電話番号にかけることができません。

しかし、かけられなくても特に困ることのない電話番号ばかりですよね。

110番や119番など緊急時の電話番号は問題なくかけられるので、そんなに気にすることはないでしょう。

停電や通信障害で使えない

落雷や設備の故障などで停電した場合、auひかり電話を利用することができません。
また、auひかり電話はインターネット回線を利用するため、インターネットに障害が発生すると利用することができなくなる場合があります。

しかし、それらは一時的な場合がほとんどです。

もし、停電や通信障害が発生したら、スマホから電話することで代用できます。

停電や通信障害は頻繁に起こるものではないので、気にすることはないでしょう。

auひかり電話のメリット

auひかり電話はデメリットよりメリットのほうが断然大きいです。

auひかり電話のメリットは6つです。

auひかり電話のメリット
  1. auまとめトークが使える
  2. auひかりの工事費が実質無料になる
  3. auスマートバリューが適用できる
  4. 新スタートサポートが適用できる
  5. 電話機はそのまま利用できる
  6. ナンバーディスプレイ(発信番号表示)で安心!

auまとめトークが使える

auまとめトーク

auひかり電話の料金は安いと伝えましたが「auまとめトーク」により、さらに安くなります。

auまとめトークを利用すると

  • 自宅のauひかり電話から全てのau携帯電話への国内通話無料
  • 自宅のauひかり電話から家族・友人宅のauひかり電話への国内通話無料
  • あなたのau携帯電話から自宅のauひかり電話への国内通話無料

このように無料の幅が大きく広がります。

auまとめトークは「KDDIまとめて請求」に申し込むことで利用できるようになります。

KDDIまとめて請求は無料なので、ひかり電話からスマホによく電話をかける方は申し込みを検討するといいでしょう。

auひかりの工事費が実質無料になる

auひかりホーム 初期費用相当割引

auひかりホームは工事費が37,500円(税込 41,250円)です。

実は、auひかりを申し込む時にひかり電話も同時に申し込むと工事費が実質無料になります。

具体的には工事費37,500円(税込 41,250円)を625円(税込 687.5円)×60回の分割で支払います。
工事費を分割で支払うと同時に月額料金から625円(税込 687.5円)×60回割引きます。

つまり、月額料金から工事費相当額を割り引くことで相殺するのです。

auひかり電話は工事費割引と密接な関係があります。
auひかり電話を利用する予定はなくても、工事費を実質無料にするために、auひかり電話に申し込む価値は大いにあります。

ちなみに、マンションはauひかり電話に申し込まなくても工事費が実質無料となります。

初期費用相当額割引について更に詳しくはこちら↓

auスマートバリューが適用できる

auスマートバリュー

auスマートバリューはauスマホとauひかりをセットにすることで、スマホの月額料金から最大1,000円(税込 1,100円)割り引くサービスです。

auひかりに申し込む人はauユーザーが多いです。
そのため、ほとんどの人がauスマートバリューを利用するでしょう。

そんな、auスマートバリューを適用させるための条件にひかり電話の申し込みがあります。

つまり、auひかり電話を申し込むことでauスマートバリューが利用できるのです。

工事費実質無料と同じようにauひかり電話を利用する予定はなくても、auスマートバリューが使えるメリットはかなり大きいです。

ちなみに、auスマートバリューを利用するとKDDIのWi-Fiルーター(月額500円(税込 550円))が永年無料でレンタルできます。
auひかり電話に申し込まないとauスマートバリューを利用できないし、Wi-Fiルーターも無料になりません。

メリットが素晴らしく大きいのでひかり電話を利用しないあなたもauひかり電話の申し込みをおすすめします。

auスマートバリューの割引額等、詳細はこちら↓

新スタートサポートが適用できる

auひかりスタートサポート

新スタートサポートは他社からの乗り換えで発生する違約金を最大30,000円(※1)まで負担してくれるサービスです。

新スタートサポートを利用するためにはauひかり電話の申し込みが必須です。

違約金を負担してくれるので、他社回線からの乗り換えのハードルがグッと低くなります。

おまけに、今なら「上乗せキャッシュバックキャンペーン」を実施しており、違約金負担とは別に最大25,000円(※2)のキャッシュバックがもらえます。

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込
新スタートサポートの適用条件等、詳細はこちら↓

電話機はそのまま利用できる

あなたがNTT加入電話を利用するなら電話番号と電話機をそのまま利用できます。

電話操作も全く同じなので説明書要らずでいつも通り電話をかけることができますよ。

ただし、ISDN専用機器等は利用できないので注意してください。

ナンバーディスプレイ(発信番号表示)で安心!

ナンバーディスプレイ(発信番号表示)は、電話を掛けてきた相手の電話番号を表示する機能です。

スマホでは今や当たり前の機能ですが何故か固定電話は表示されませんよね。

auひかりでは有料オプションにはなってしまいますがこの機能を簡単に追加することが出来ます!

発信番号表示というオプションで、こんなメリットがありますよ。

  • 電話をかけてきた相手が解る
  • 電話番号が履歴に残る
  • セールス電話、迷惑電話だと分かったら取らないで済む

特に電話を利用した振り込め詐欺などの増えている時代、このオプションはつけた方が安心かもしれませんね。

ナンバーディスプレイについて更に詳しくはこちら↓

auひかり電話に変えると料金が安くなるって本当?!まとめ

auひかり電話の料金やメリット・デメリットを紹介しました。

auひかり電話の料金はとても安いです。
NTT固定電話と比べて1,000円以上も安くなります。

また、auひかり電話は通話料やオプションもお得です。

そして、auひかり電話のデメリットは2つ、メリットは6つありました。

auひかりのデメリット
  1. かけることのできない電話番号がある
  2. 停電や通信障害で使えない
auひかりのメリット
  1. auまとめトークが使える
  2. auひかりの工事費が実質無料になる
  3. auスマートバリューが適用できる
  4. 新スタートサポートが適用できる
  5. 電話機はそのまま利用できる
  6. ナンバーディスプレイ(発信番号表示)で安心!

auひかり電話はデメリットよりメリットのほうが大きいです。
しかも、メリットは工事費やスタートサポートなどauひかり電話の料金以外にも良い影響があります。

auひかり電話を使わなくても、申し込めば

工事費37,500円(税込 41,250円)割引
スマートバリュー1,000円(税込 1,100円)割引
新スタートサポート違約金最大30,000円(※1)負担
上乗せキャッシュバック25,000円(※2)

なんと、90,000円相当もお得になるのです。

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込

これなら、auひかりに申し込む時にひかり電話も申し込まないと損します。

これから、auひかりへ乗り換えようと考えているならauひかり電話の申し込みも検討してみてください。

最後に、auひかりの申し込みにおすすめの代理店NNコミュニケーションズを紹介します。申し込み窓口候補の1つとして考えていただけたら幸いです。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!
タイトルとURLをコピーしました