ドコモ光からauひかりに事務手数料の3,300円のみで乗り換える方法

ドコモ光からauひかりに事務手数料の3,000円のみで乗り換える方法auひかり

ドコモ光とauひかりは、どちらも携帯キャリア会社が運営する人気の光回線ですが、様々な理由で乗り換えたくなることもあると思います。

今記事では、ドコモ光からauひかりに切り換えたいと考えている方向けに、『事務手数料の3,000円(税込 3,300円)のみで乗り換える方法』をご紹介いたします!

乗り換え時に掛かる解約違約金や工事費などの費用を抑えるポイントは、auひかりの2つのキャンペーンを活用することです。

乗りかえスタートサポート他社インターネット回線の解約時に掛かった費用を還元する
初期費用相当額割引auひかりの開通工事費を実質無料にする

さらに、auひかりの窓口をしっかり選んで申し込むことで、高額キャッシュバック特典も受け取ることができます。

様々なキャンペーンを活用して、賢くauひかりに乗り換えましょう!

\auひかりの窓口選びに悩んだらコチラ/

auひかりの2つのキャンペーンを活用しよう

auひかりには、他社インターネット回線からの乗り換えを後押しする、強力なキャンペーンが2つ用意されています。

  1. 乗りかえスタートサポート
  2. 初期費用相当額割引

このキャンペーンを利用する事により、乗り換え時に掛かる費用を3,000円(税込 3,300円)のみに抑えることが可能です!

ドコモ光の解約金乗りかえスタートサポートにより還元!
事務手数料3,000円(税込 3,300円)
開通工事費初期費用相当額割引により実質無料!
合計3,000円(税込 3,300円)のみ

もちろん、これらのキャンペーンはドコモ光から乗り換える際も適用できます。

それぞれの内容を詳しく確認していきましょう。

1.乗りかえスタートサポート

auひかり新スタートサポート

『乗りかえスタートサポート』は、他社のインターネット回線からauひかりに乗り換える際に掛かった解約金などを、最大30,000円(※1)まで還元してくれるキャンペーンです。

違約金以外の費用も対象で、解約時に掛かるほぼ全ての負担をカバーできるようになっています。

乗りかえスタートサポートの還元対象
  • 解約違約金
  • 工事費の残債
  • 回線撤去費用
  • 番号ポータビリティ手数料
  • NTT加入権電話のアナログ戻し費用

当然フレッツ光からの乗り換え時も適用できるので、転用が使えなくても解約金負担を心配する必要はありません。

また、光コラボレーション同士の事業者変更では解約違約金は免除されないので、この点においてはauひかりの方がずっとお得と言えるでしょう!

乗りかえスタートサポートの還元金額は下表の通りで、auひかりを申し込む住宅タイプによって還元方法が異なります。

ホームマンション
郵便為替または
au PAY 残高へのチャージ
最大 30,000円(※1)最大 10,000円(※1)
月額料金割引最大 20,000円(税込)
上乗せキャッシュバック25,000円(※2)15,000円(※2)
合計最大 55,000円(※2)最大 45,000円(※1)

ホームタイプの場合、他社回線の解約時に掛かった費用の最大30,000円(※1)までが郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージという形で還元されます。

更に、還元が適用された場合は、25,000円(※2)の上乗せキャッシュバック付き!

マンションタイプの場合は少し複雑で、他社回線の解約時に掛かった費用の最大10,000円(※1)までは郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージ。

10,001円(税込)以上~最大30,000円(税込)分までは、月額料金から毎月1,000円(税込)ずつ、最大20回割引という形で還元されます。

尚、マンションタイプも還元が適用されれば、15,000円(※2)の上乗せキャッシュバックが受け取れます。

例)auひかり マンションタイプへの申し込みで、他社回線の解約違約金が15,000円(不課税)だった場合。

郵便為替または
au PAY 残高へのチャージ
10,000円(※1)
月額料金割引1,000円(税込)×5ヶ月間割引
上乗せキャッシュバック15,000円(※2)
合計30,000円(※1)

還元されるのは実際に掛かった費用と同額までですが、この還元が少しでも適用されれば上乗せキャッシュバックはホームなら25,000円(※2)、マンションなら15,000円(※2)が満額受け取れます。

つまり解約費用が少額で済んだ場合でも、乗りかえスタートサポートを適用させた方がお得ということです。

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込

乗りかえスタートサポート対象外の回線がある

乗り換え時の解約金等を還元してくれる乗りかえスタートサポートは、他社回線からの乗り換えが条件となっています。

そのため、KDDIの関連企業などが運営しているインターネット回線は対象外となってしまうんです。

ご自分の利用している回線が対象外になっていないか事前に確認しておきましょう。

乗りかえスタートサポート対象外回線

auひかり/auひかりちゅら/コミュファ光/eo光/メガエッグ/ピカラ光/BBIQ/ひかりJ/ビッグローブ光/So-net光/エディオンネット(基本パック、IoTパック)/@nifty光/@T COMヒカリ/ひかりゆいまーる/auスマートバリュー提携事業者/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者

NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル/ヤフー/nuroモバイルが提供するモバイルデータ通信端末以外

乗りかえスタートサポートについて、さらに詳しく知りたい方はこちら↓
auひかりに乗り換える際の他社解約違約金を還元!乗りかえスタートサポート
インターネット回線の解約金は結構高額になる場合が多いので出来れば払いたくありませんよね・・・ でもauひかりへの乗り換えなら大丈夫!他社回線から乗り換える際に掛かる解約違約金相当額を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンがあるんです。 その名も乗りかえスタートサポート! 今記事ではauひかりへの乗り換えを検討しているあなたに、乗りかえスタートサポートについて詳しく解説いたします。

2.初期費用相当額割引

auひかりは独自の回線を利用しているため、新規契約時や他回線から乗り換える際は必ず開通工事を行う必要があります。

そうなってくると、開通工事費の負担も考えなければなりません。

しかし、auひかりの場合は『初期費用相当額割引』というキャンペーンにより、工事費が実質無料になるのです!

ホームタイプ(戸建てタイプ)の割引額

auひかりホーム 初期費用相当割引

auひかり ホームタイプの回線工事費用は37,500円(税込 41,250円)で、一括もしくは23回・35回・60回分割のいずれかの方法で支払います。

しかし、auひかりのインターネット回線とひかり電話をセットで契約すると、毎月の支払額から工事費相当の割引が受けられるんです。

これを『初期費用相当額割引』と言います。

戸建ての場合
工事費37,500円(税込 41,250円)
割引額37,500円(税込 41,250円)
・初回 1,086円(税込 1,194.6円)
<ネット 586円(税込 644.6円)+電話 500円(税込 550円)
・1,071円(税込 1,178.1円)×34カ月
<ネット 571円(税込 628.1円)+電話 500円(税込 550円)
つまり・・・実質無料!

ただし、auひかり電話に加入しない場合はネット回線分の20,000円(税込 22,000円)割引にしかならず、工事費のうち17,500円(税込 19,250円)分は自費で負担しなければならなくなる点には注意が必要です。

マンションタイプ(集合住宅タイプ)の割引額

auひかりマンション 初期費用相当割引

auひかり マンションタイプの工事費は30,000円(税込 33,000円)で、一括もしくは23回分割で支払います。

しかし、初期費用相当額割引により23カ月に分けて工事費と同額が割り引かれるため、実質無料になるんです!

マンションの場合
工事費30,000円(税込 33,000円)
割引額30,000円(税込 33,000円)
・初回 1,312円(税込 1,443.2円)割引
・1,304円(税込 1,434.4円)×22カ月
つまり・・・実質無料!

尚、マンションタイプの場合はひかり電話に加入しなくても全額割引となります。

初期費用相当額割引について、更に詳しくはこちら↓
auひかりの工事費を徹底解説!キャンペーン利用で実質無料【初期費用相当額割引】
auひかりを開通するには、最初に光ケーブルを引き込む工事が必要になり、工事費が掛かります。 初期工事費はホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円です(税込)。 しかし、初期工事費相当額割引というキャンペーンを利用することで、工事費は実質無料になります!

ドコモ光からauひかりに乗換える手順

それでは、実際にドコモ光からauひかりに乗り換える手順を確認していきましょう。

ポイントは、先にauひかりを申し込み、開通日が決まってからドコモ光を解約することです。

  1. auひかりの申し込み
  2. ドコモ光の解約

auひかりの申し込み手順

  • STEP1
    auひかりを申し込む

    キャンペーンを展開しているWEB代理店からの申し込みがおススメ!

    カスタマーレビュー★4.7のおすすめ代理店↓
  • STEP2
    電話連絡

    ネットのフォームから申し込むと、後日担当オペレーターから確認の電話があります。
    このやり取りをもって正式に申し込み完了です。

  • STEP3
    工事の日程を決める

    申し込みから数日後、KDDI開通センターから電話又はSMSで工事の日程調整の連絡が来ます。
    工事日を決めましょう。

  • STEP4
    宅内機器を受け取る

    工事日の2日前までに接続機器(ONUやホームゲートウェイ)が宅配便で届きます。

  • STEP5
    開通工事

    作業員が家に来て工事が行われます。
    ※立ち会い必須です。

  • STEP6
    宅内機器を接続して利用開始

    工事終了後、宅内機器をご自身で接続して設定が完了すれば、晴れてインターネットが利用できるようになります!

ドコモ光の解約方法

  • STEP1
    ドコモショップか、インフォメーションセンターへの電話で解約手続きをする

    ドコモ光の解約は、ドコモショップ、またはドコモ インフォメーションセンターへの電話で手続きします。
    電話の場合、本人確認のために『契約者電話番号』と『ネットワーク暗証番号(4桁)』が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

    ドコモ インフォメーションセンター

    0120-800-000
    ドコモの携帯電話から:(局番無し)151
    9:00~20:00、年中無休

  • STEP2
    プロバイダの解約(自動解約されないプロバイダのみ)

    ほとんどのプロバイダはドコモ光の解約と同時に自動解約となりますが、一部別途解約手続きが必要になる場合があります。
    解約を忘れると月額料金が発生し続けてしまう場合もあるので、注意しましょう。

    別途解約手続きが必要になるプロバイダ例
    • BIGLOBE
    • @T com
    • AsahiNet
    • hi-ho
  • ラベル
    レンタル機器の返却

    ドコモ光からレンタルしているONUやホームゲートウェイなどの機器をNTTに返却をします。
    解約手続きが完了すると、後日自宅に『解約キット』が届くので、その中入っている手順書に従って発送しましょう。
    尚、送料は着払いですので、契約者が送料を負担する心配はありません。

    ※Wi-Fiルーターなどをプロバイダからレンタルしている場合はプロバイダに返送する必要があり、送料がかかる場合があります。

    レンタル機器の返却をもって解約手続き完了です。

撤去工事が必要になる場合がある

ドコモ光の撤去工事は任意ですので、ほとんどの方が実施しません。

ただし賃貸物件や集合住宅の場合等、原状復帰が必要になるケースもあります。

撤去工事を行う場合は、解約手続きの際にオペレーターさんに申告しましょう。

尚、ドコモ光の撤去工事費は無料です。

ドコモ光からauひかりに乗り換える際の注意点

ドコモ光の解約を進める前に、注意点を確認しておきましょう。

  1. auひかりには転用や事業者変更できない
  2. 解約する前にauひかりに申し込む
  3. ドコモ光の解約時に掛かる費用を調べておく
  4. ドコモ光セット割は解除される
  5. メールアドレスを継続したい場合は同じプロバイダを選ぶ
  6. 電話番号が引き継げないケースがある

1.auひかりには転用や事業者変更できない

光回線の乗り換えについて調べていると、開通工事不要で乗り換えが出来る『転用』や『事業者変更』という言葉が良く出てきます。

転用は、NTTのフレッツ光を利用している方が光コラボレーションというタイプの光回線に乗り換える際に利用できる仕組み。

事業者変更は、光コラボレーションから光コラボレーションに乗り換える際に利用できる仕組みで、どちらも開通工事をすることなくスムーズな乗り換えが可能です。

転用フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換え
事業者変更光コラボレーションから光コラボレーションへの乗り換え

光コラボレーションは、NTTの敷いた光ファイバー網を借りて運用している光回線サービスを指すため、元々同じフレッツ光回線を利用しています。

乗り換え元と乗り換え先が同じ回線を利用しているので、工事不要で乗り換えが出来るというわけです。

ちなみに有名どころだと、ソフトバンク光やビッグローブ光が光コラボレーションサービスに当たります。

じゃあ、ドコモ光からauひかりにも工事不要で乗り換えできるってこと?

いえ、auひかりはKDDIが敷いた独自の光ファイバー網を利用しているため、転用や事業者変更は利用できません。

そのため開通工事は避けて通れませんが、初期費用相当額割引により工事費は実質無料になります!

auひかりの開通工事について、詳しくはこちら↓
auひかりの工事に関する不安を解消!工事内容・費用・期間・キャンペーン等について解説します
auひかりを含む光回線サービスは導入時に工事を行います。 この記事では工事内容や費用、かかる期間、工事費が割引になるキャンペーン等について解説いたします。 ・面倒な工事では無く、ホームタイプなら1時間~2時間程度、マンションタイプなら20分~1時間程度で済むケースが多い ・ただし立ち合い必須 ・auひかりは原則的に穴あけ工事は行わない ・申し込みから開通までの期間はホームタイプなら1ヵ月~2ヶ月、マンションタイプなら2週間が目安 ・工事費用は『初期費用相当額割引』を適用することで実質無料!

2.解約する前にauひかりに申し込む

ドコモ光からauひかりに乗り換える場合、必ず先にauひかりを申し込み、開通日(工事日)が決まってから、ドコモ光の解約手続きに進むようにしてください。

理由は2つあります。

  • インターネットの不通期間を無くすため
  • 乗りかえスタートサポートを確実に適用するため

一つ目は単純に、インターネットが使えなくなる期間を無くすためです。

auひかりを申し込んでから開通するまでの期間の目安は下表の通り。

ホームタイプ
(戸建て向け)
1ヶ月~2ヶ月
マンションタイプ
(集合住宅向け)
2週間

先にドコモ光を解約してしまうと、最大2ヵ月程度、インターネット空白期間が出来てしまう恐れがあるのです。

私だったら、これはかなり困ってしまいます。

二つ目は、乗りかえスタートサポートを確実に適用するためです。

auひかり公式サイトの『乗りかえスタートサポート』のページを読み込むと、小さい文字で下記のような文言が記載されていました。

auひかりご加入より1カ月以上前に他社サービスを解約済みの場合は対象外です。

つまり、先にドコモ光を解約してからauひかりを申し込むと、万が一加入まで手間取ってしまった場合、乗りかえスタートサポートが適用できなくなってしまう可能性があるということです。

必ず先にauひかりを申し込むようにしましょう。

3.ドコモ光の解約時に掛かる費用を調べておく

ドコモ光の解約時に掛かる費用は、乗りかえスタートサポートにより還元されますが、最大30,000円(※1)までという上限があります。

これを超えることが無いか、事前に把握しておきましょう。

また、乗りかえスタートサポートは申請してから実際に還元されるまで1~2ヵ月掛かるため、その間は建て替えておかなければなりません。

そういった意味でも、出来るだけ低く抑えたいところです。

ドコモ光の解約時に掛かる主な費用

項目金額
解約金
(2年自動更新契約時)
ホーム:13,000円(税込 14,300円)
マンション:8,000円(税込 8,800円)
工事費残債
(支払いが終わっていない方のみ)
分割した工事費×残回数
ひかりTV for docomo 解約金
(2年割で契約時)
3,500円(税込 3,850円)

尚、ここに挙げたすべての費用が掛かるわけではありません。

例えば、更新月にあわせて解約すれば解約金は掛かりません。

ドコモ光の更新月は、契約満了月の当月・翌月・翌々月の3ヶ月間です。

4.ドコモ光セット割は解除される

ドコモ光を解約すると、セット割引サービス『ドコモ光セット割』も自動的に解除となります。

ドコモ光セット割とは

ドコモ光と対象のドコモスマホをセットで利用する事で、スマホの月額料金割引が受けられるサービス。
3親等までの家族のスマホも対象にできます。

契約者本人だけでなく、ご家族のスマホも割引対象に含んでいる可能性があるため、何台適用しているか解約前にしっかり確認しておきましょう。

尚、auひかりにもauスマホとのセット割引サービス『auスマートバリュー』が用意されています。

家族内のスマホのキャリアが、ソフトバンクよりauの方が多ければ、auひかりに乗り換えた方がお得です。

5.メールアドレスを継続したい場合は同じプロバイダを選ぶ

ドコモ光の提携プロバイダが発行したメールアドレスを利用していて、auひかりに引き継ぎたい場合は、同じプロバイダを選ぶようにしましょう。

下表は、ドコモ光とauひかりで選択できるプロバイダに丸印を付けたものです。

プロバイダauひかりドコモ光
BIGLOBE
@nifty
DTI
@TCOM
Asahiネット
GMOとくとくBB
So-net
au one net
ドコモnet
ぷらら
タイガースネット
BBエキサイト
andline
IC-net
エディオンネット
シナプス
TIKITIKI
楽天ブロードバンド
hi-ho
コアラ
@ネスク
SIS
OCN
TNC
WAKWAK
@ちゃんぷるネット

auひかりとドコモ光、どちらも〇印が付いているプロバイダを利用している場合は、乗り換え後も同じプロバイダを選ぶことでメールアドレスを引き継ぐことができます。

ただし、ドコモ光には24社の提携プロバイダがあり、auひかりの提携プロバイダは8社ですので、移行できないプロバイダを利用しているケースも十分考えられます。

もし、引継ぎが出来ないままプロバイダを解約すると、メールアドレスも利用できなくなってしまうため注意が必要です。

もし、そういったケースでもプロバイダ発行のメールアドレスを引き続き利用したい場合は、プロバイダと個別契約を結ぶ方法があります。

月220~330円(税込)程度で、メールアドレスだけの契約プランを用意しているプロバイダもありますので、現在利用中のプロバイダにご確認ください。

auひかりのおすすめプロバイダ↓
auひかりのおすすめプロバイダ2選!決め手はサービスと評判の良さ
auひかりには全部で7社のプロバイダがあります。その中から1つに決めないといけないわけですが、これだけあると『どこが良いのだろう?』と迷ってしまうのも当然でしょう。しかし、実はプロバイダによって「料金」や「速度」が変わるわ...

6.電話番号が引き継げないケースがある

ドコモ光電話を利用している方は、おそらくauひかりに乗り換える際に『電話も一緒に移行したい』と考える方がほとんどでしょう。

電話番号の引き継ぎは、発行元が『NTT加入電話』であれば可能です。

一方、ドコモ光電話で発番した番号は、auひかり電話に引き継ぐことはできません。

引き継ぎ可能

  • NTT加入電話発行 ⇒ auひかり電話
  • NTT加入電話発行 ⇒ ドコモ光電話 ⇒ auひかり電話

引継ぎ不可

  • ドコモ光電話 ⇒ auひかり電話

要は、元々NTTの加入電話で発行した電話番号のみ、引継ぎ可能というわけです。

引き継ぎ方法は、auひかりの申し込み時に電話番号を引き継ぎたい旨を伝えればOK。面倒な手続きはありません。

ドコモ光からauひかりに乗り換えるメリット

最後に、ドコモ光からauひかりに乗り換えるメリットを確認しておきましょう。

  1. auスマホの月額料金が安くなる
  2. 5Gbpsの高速プランが通常料金で利用できる
  3. 窓口によってキャッシュバックが受け取れる

auスマホの月額料金が安くなる

auスマートバリュー

「auスマートバリュー」とは、auひかりとauのスマホをセットにすることで、スマホの割引が受けられるお得なサービスです。

割引額は端末1台あたり月間500円(税込 550円)〜1,000円(税込 1,100円)で、ご家族のスマホやタブレットなども併せて、合計10回線まで割引対象になります。

例えば、5人家族で1人が1,000円(税込 1,100円)割引のプラン、4人が500円(税込 550円)割引のプランを契約していれば毎月3,000円(税込 3,300円)の割引が適用されることに。

これはauひかりの通信費の半分以上に相当します!

このように、auスマートバリューはご家族のスマホ状況によってはものすごい割引額になる目玉サービスの一つです。

離れて暮らす家族のスマホも割引対象

auスマートバリューは、離れて暮らしている50歳以上のご家族も割引対象にすることが出来ます。

例えば、『夫婦が新居に住み、祖父母は実家に暮らしている』ケース。

auスマートバリュー 離れて暮らす家族も対象

新居でauひかりを契約してauスマートバリューを適用すれば、ご実家で暮らしている祖父・祖母のau携帯も割引が受けられます。

ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる

ホームゲートウェイは、auひかりを契約すると自宅に設置されるレンタル機器で、ひかり電話とWi-Fiの機能を併せ持っています。

ただ、Wi-Fi機能を使うには、月額500円(税込 550円)の内臓無線LANオプションに加入しなければなりません。

しかし、auスマートバリューが適用されると、このWi-Fiオプションが永年無料で使えるようになります!

auスマートバリュー加入時 500円割引

auスマートバリューには、こんな嬉しい追加効果もあるんです。

auスマートバリューの注意点
  • auひかり電話サービスの加入が必須
  • 手続きには、割引対象のスマホを利用している方の本人確認書類が必要
  • 手続きが完了した月の翌月ご利用分からの割引適用となる
auスマートバリューについて、さらに詳しくはこちら↓
家族のスマホも割引対象!auスマートバリューとは
auのスマートフォンをお使いの方におすすめの光回線と言えば、当然auひかりでしょう。 ネットとスマホのセット割引『auスマートバリュー』が適用できるからです。 ・家族のauスマホやタブレット含め合計10台まで割引が適用できる ・ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる ・超高速スタートプログラム割引が4年目以降も受けられる 今記事ではauひかりの大型割引サービス『auスマートバリュー』について詳しく紹介いたします。

5Gbpsの高速プランが通常料金で利用できる

auひかりには最大通信速度5Gbps、10Gbpsの次世代高速インターネットプランがあります。

加入できるエリアはまだかなり限定的ですが、評判はとても良いので、速さにこだわる人はぜひ検討してみて下さい。

高速プランの利用には、通常の月額料金にプラスして高速サービス料が掛かりますが、同時に『超高速スタートプログラム』という専用の割引キャンペーンも適用されます。

ホーム5Gホーム10G
高速サービス料
(月額)
500円(税込 550円)1,280円(税込 1,408円)
割引500円(税込 550円)
※3年間
500円(税込 550円)
※3年間
つまり・・・0円780円(税込 858円)

結果、auひかりホーム10Gbpsの場合、3年間は780円(税込 858円)/月5Gbpsの場合は通常プラン(1ギガ)と全く同じ料金で高速インターネットが利用できるのです!

さらに、auひかりとauスマホのセット割『auスマートバリュー』を組んでいた場合は、超高速スタートプログラムの割引が4年目以降も継続されます。

つまり5Gbpsプランなら、高速サービス料が永年無料で利用できるという事です!

高速サービスの利用をお考えなら、出来るだけauスマホとセットにして、auスマートバリューを適用させましょう。

高速サービスについて詳しくはこちら↓
auひかりの10G・5G(超高速プラン)の実測値はどのくらい?速度にこだわる方にはおすすめです!
auひかり ホーム10G・5Gを契約するべきかどうか、私個人の意見としては対応エリアに入っているなら契約する価値アリです! 料金も思ったほど高くなく、『超高速スタートプログラム』という割引を適用すれば550円割引が3年間受けられるのでホーム5Gなら実は通常料金と変わりません。 しかも、auスマートバリューを適用させることで37ヵ月以降もずっと割引が受けられます。 それにここだけの話、ギガを超える実測値を余裕で叩き出せるのでみんなに自慢できますよ(笑)

窓口によってキャッシュバックが受け取れる

auひかりは『どの窓口から申し込むか』もとても重要です。

なぜなら、どの窓口から申し込んでもauひかりの速度や品質自体は変わりませんが、受け取れる特典に大きな違いがあるからです。

auひかりの主な申し込み窓口
  • KDDI公式窓口(公式サイト、auショップ)
  • 提携プロバイダの公式窓口(WEB受付)
  • 代理店窓口(WEB受付、量販店、訪問販売、電話営業)

auショップや家電量販店、ましてやたまたま掛かってきた営業電話で勧められるがままに契約してしまうのは絶対に避けましょう。

私がおすすめしているauひかりの申し込み窓口は、WEB代理店です。

代理店は、KDDI公式や提携プロバイダに比べて知名度が無いため、魅力的なキャンペーンを用意して集客する必要があります。

また、WEB上で展開している代理店は、家賃や人件費があまり掛からないため、その分を特典に回すことができます。

そのため、WEB代理店のキャンペーン経由で申し込むのが一番お得なのです!

私がおすすめするWEB代理店のキャッシュバックキャンペーンを1つ紹介いたしますので、auひかりをお申し込みの際は、ぜひご活用ください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

まとめ

ドコモ光からauひかりに切り換えたいと考えている方向けに、『事務手数料の3,000円(税込 3,300円)のみで乗り換える方法』をご紹介しました。

今記事のまとめです。

乗り換え時に掛かる費用は、auひかりの2つのキャンペーンを活用することで事務手数料のみにすることが出来ます。

ドコモ光の解約金乗りかえスタートサポートにより還元!
事務手数料3,000円(税込 3,300円)
開通工事費初期費用相当額割引により実質無料!
合計3,000円(税込 3,300円)のみ

また、窓口をしっかり選ぶことで、申し込み特典の高額キャッシュバックも受け取ることができます。

auひかりの各種キャンペーンをフル活用して、お得にインターネット回線を乗り換えましょう!

タイトルとURLをコピーしました