auひかりは使い放題で経済的!自宅の回線をスマホのテザリングで乗り切ろうとしてはいけない理由

auひかりは使い放題で経済的!自宅の回線をスマホのテザリングで乗り切ろうとしてはいけない理由auひかり

スマホの一般的なプランは、月間に使用できるデータ容量が決まっています。

そのため、自宅のインターネット回線をスマホのテザリングだけで乗り切ろうとすると、こんな問題が起こります。

スマホのテザリングでZOOMミーティングをしていたら、データ制限に引っかかってしまった・・・

手が空かないときは、スマホをテレビにミラーリングして子供にYouTubeを見せているんだけど、すぐにギガ不足になっちゃう

このように、スマホのデータ容量を超えてしまうと速度制限が掛かってしまい、ビデオ会議や動画の視聴が難しくなってしまうのです。

しかし、自宅にauひかりを導入すれば、これらの悩みを解決することができます!

インターネットが使い放題のauひかりなら、自宅でどんなに動画を見ても、オンラインゲームを遊んでも、ZOOMミーティングをしても、ギガ不足に悩む必要はありません。

また、1回線入れれば家族全員で利用できるので、スマホの大容量プランを契約するより経済的です。

ということで今回は、自宅の回線をスマホのテザリングで乗り切ろうとしてはいけない理由と、スマホのギガ不足に悩むあなたの救世主となる『auひかり』の導入メリットを紹介いたします。

auひかりを導入するメリット
  1. 制限無しで高速インターネットが使い放題!
  2. 実はスマホの大容量プランを契約するより経済的
\auひかりの窓口選びに悩んだらコチラ/

自宅のインターネット回線をスマホのテザリングで乗り切ろうとしてはいけない理由

テザリング

いつでもどこでも気軽にインターネットに繋がるところが魅力のスマートフォン。

最近では無料でテザリングが出来るプランも増え、ノートパソコンやIT家電を少しの間インターネットに繋ぐ程度なら、スマホ1台で事足りるようになってきました。

便利な時代です。

しかし、自宅のインターネット回線をスマホのテザリングだけで乗り切ろうとするのはさすがに無理があります。

その理由を6つにまとめました。

スマホのテザリングが自宅のインターネット回線に向かない理由
  1. 速度が遅く動画が安定して視聴できない
  2. ネットゲームで不利になりやすい
  3. たくさんの機器を接続するには向いていない
  4. データ容量に制限がある
  5. アップロードが遅いため、バックアップなどに時間がかかる
  6. 同一のネットワークとして認識されない

1.速度が遅く動画が安定して視聴できない

スマホはモバイル回線を利用しているため、どうしても速度が遅くなります。

また、壁や天井などの物理的障壁や天候などにも影響を受けてしまい、電波が安定しにくいというデメリットがあります。

有線を引っ張ってくる光回線と比較すると、その差は歴然です。

試しに自宅で速度を測定してみたところ、光回線は500Mbpsを超えていたのに対し、スマホ回線は1.98Mbpsでした。

光回線とスマホの速度測定結果

これでも、小型のスマホだけで利用する分には十分使えますが、テザリングなどで他の機器も動かすには力不足です。

例えば、スマホのテザリングでFire TV StickやChromecastなどをインターネットに繋ぎ、テレビの大画面で動画を視聴していると、急に画質が悪くなったり、動画が途切れてしまうことがあります。

これは、視聴する側のインターネット速度に合わせて、YouTubeが画質を自動的に調整しているためです。

下表はYouTubeが公式に発表している解像度ごとの推奨速度。

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

先ほどのスマホ回線の速度では、高画質での視聴は難しいということが分かります。

2.オンラインゲームで不利になりやすい

最近では、家庭用ゲーム機がネットに繋がるようになり、小学生でもオンラインで友達と対戦したり冒険したりすることが当たり前になってきました。

こういったオンラインゲームにおいて、スマホのテザリングでインターネットに接続していると、不利になってしまう場合があります。

ping値が高いためです。

ping値とは、端末のボタンを押してから操作が反映されるまでの時間の長さ、いわゆるラグを数値で表したもので、数字が小さいほどラグは短くなります。

この数値が、ゲームの強さに直接影響してしまうことがあるのです。

例えば、対戦ゲームの場合。

相手と同時に攻撃ボタンを押したとしても、ネット上ではping値が低い方の攻撃が先に発動します。

つまりオンラインゲームに強いのは、ping値の数値が低いインターネット回線なのです。

では、スマホのping値はどのくらいなのでしょうか。

下表は、みんなのネット回線速度さんが公開している各回線タイプの平均値です。

回線Ping
光回線27ms
ケーブルテレビ回線42ms
携帯キャリア58ms
ホームルーター81ms
ソフトバンクエアー66ms
格安SIM77ms
モバイルルーター86ms
ADSL60ms
※2021年3月18日から直近3ヶ月

ご覧の通り、格安SIMは光回線の約3倍、携帯キャリアでも光回線の2倍以上のping値となっていて、オンラインゲームには向かないことが分かります。

3.たくさんの機器を接続するには向いていない

IT家電

スマホのテザリングは、端末の性能にもよりますが、大体5台程度の機器を同時にインターネットに接続することが出来ます。

しかし、接続する機器が増えると、その分だけ回線速度も遅くなっていきます。

元々スマホのモバイル回線はそこまで速くないことを考えると、同時接続は2台くらいまでにした方が良いでしょう。

一方で、スピーカーやテレビ、照明など、家庭内でインターネット接続を必要とする機器はどんどん増えてきています。

スマホのテザリングだけでは、すぐに足りなくなってしまいます。

4.データ容量に制限がある

スマホの契約プランのほとんどは、月間に利用できるデータ容量が決まっています。

それを超えると翌月まで速度制限が掛かってしまうので、毎月ギリギリまで使う人は残りのデータ容量を気にしながらスマホを利用しなければなりません。

特に、テザリングは思った以上にデータ容量を使っている場合があるので、注意が必要です。

例えば、テレビの大画面でYouTubeの高画質動画を1時間見た場合、約1GBのデータを消費すると言われています。

つまり月間5GBのスマホプランでは、2時間の映画を月に2本半しか見られないということになります。

当然動画以外でもデータは消費するので、実際は2本も見られるか怪しいところです。

5.アップロードが遅いため、バックアップなどに時間がかかる

インターネット通信には、下り(ダウンロード)と上り(アップロード)があります。

下り
(ダウンロード)
ウェブサイトの閲覧
動画の視聴
ファイルのダウンロード
メールの受信
上り
(アップロード)
画像や動画のアップロード
SNS投稿
メール送信
注文情報(フォーム)の送信
クラウドサービスへの保存

表のように、ネット上のデータを手元の端末から閲覧したり、ファイルを落とす際の通信が下り。

逆にメールを送信したり、SNSに投稿したりと、手元の端末側からネット上にデータをアップロードする際の通信が上りです。

多くの場合、重視されるのは利用頻度の高いダウンロードの方です。

しかし、動画を頻繁にアップするYouTuberさんや、GoogleフォトやiCloud、Amazonフォトなどに高画質の写真をたくさんバックアップするような人は、アップロード速度にも気を配らなければなりません。

アップロードが弱い回線だと、バックアップにものすごく時間が掛かったり、エラーが起きてしまうためです。

では、スマホ回線のアップロード速度はどのくらいなのでしょうか。

『みんなのネット回線速度』さんが公開している各回線タイプの平均値を確認してみました。

回線下り上り
光回線259Mbps202Mbps
ケーブルテレビ回線117Mbps14Mbps
携帯キャリア59Mbps15Mbps
ホームルーター42Mbps8Mbps
ソフトバンクエアー38Mbps6Mbps
格安SIM37Mbps11Mbps
モバイルルーター31Mbps8Mbps
ADSL8Mbps3Mbps
※2021年3月18日から直近3ヶ月

ご覧の通り、携帯キャリアと格安SIMのアップロード速度は、ダウンロード速度に比べて1/3以下しか出ていないことが分かります。

試しに自宅でスマホ回線の速度を測定してみたところ、アップロードは1.98Mbpsだったのに対して、ダウンロードは0.43Mbpsしか出ていませんでした。

mineoの速度測定結果

これは、予想以上に遅かったです・・・

6.同一のネットワークとして認識されない

通常、同じWi-Fi機器に接続した端末同士は、同じネットワーク上にあるものと認識されてファイルの共有が可能になります。

これによって、例えばパソコンで作成した文書を、Wi-Fiに接続したプリンターから印刷できるようになるわけです。

しかし、スマホのテザリングに接続した機器は、それぞれが個別にインターネットに繋がっているだけで、同一のネットワークとして認識されません。

したがって、テザリング経由ではファイル共有が出来ず、Wi-Fi経由でプリンターから印刷することもできないのです。

auひかりを導入するメリット

自宅のインターネット回線は、スマホのテザリングだけで乗り切るのは無理があることが分かりました。

では、どんなインターネット回線を選べば良いのでしょうか。

私がおすすめするのは、光回線のauひかりです!

その導入メリットを2つ紹介いたします。

auひかりを導入するメリット
  1. 制限無しで高速インターネットが使い放題!
  2. 実はスマホの大容量プランを契約するより経済的

1.制限無しで高速インターネットが使い放題!

auひかりにはスマホのようなデータ容量の縛りがありません。

そのため、インターネットが使い放題なんです!

例えば、家族全員がスマホをauひかりに接続して動画を楽しんでも、残りのデータ容量を気にする必要は一切ありません。

1回線で、家族全員のスマホのギガを節約することが可能です。

また、自宅まで光ケーブルを引き込んでいる分、通信の安定感と速度は抜群です。

auひかりの最大通信速度はこちら。

タイプ下り最大通信速度
ホーム1Gbps
(一部エリア限定で10Gbps)
マンション100Mbps~1Gbps

加えて、auひかりは回線混雑の影響を回避できる『IPv4/IPv6デュアルスタック』という通信方式を標準装備しています。

その分、他の光回線と比べて通信が安定しやすいという特徴があります。

auひかりの速度について、更に詳しくはこちら↓
auひかりの速度の評判が抜群に良い2つの理由
auひかりは実際に利用している方の速度の評判が抜群に良く安心できる光回線です。 auひかりの速さを実感しやすい理由は2つ。 ・KDDI独自の回線を使用している ・IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備 今回はauひかりの速度の評判が抜群に良い理由について解説いたします。

2.実はスマホの大容量プランを契約するより経済的

速くて使い放題なのは良いけど、auひかりって高いんでしょう?

いえ、決してそんなことはありません。

むしろ家族数人のスマホを大容量のデータプランで契約するより、auひかりを導入した方がよほど経済的と言えます。

例えば、キャリア(SoftBank、ドコモ、au)などのスマホで使い放題のプランを契約すると、割引を適用しても1回線当たり6,000円以上の月額料金が掛かります。

3台なら毎月18,000円以上・・・結構高いです。

一方、戸建てにauひかりを導入した場合は、下記の料金で3台と言わず家族全員が、容量無制限でインターネットを楽しむことが出来るんです。

利用年数月額利用料
1年目5,100円
(税込 5,610円)
2年目5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降4,900円
(税込 5,390円)

マンションタイプの場合はさらに安くなります。

auひかりの料金について、詳しくはこちら↓
auひかりの月額料金・初期費用まとめ。少しでも安く使うならどのプランがおすすめ?
auひかりの料金って複雑で分かり辛いですよね。 そこでホーム・マンションのそれぞれのプランごとの月額料金、初期費用、工事費を出来るだけ分かりやすくまとめました。 また支払い方法やauスマホとのセット割引についても紹介しています。 ぜひ契約前に読んでいただき最適なプランを選びましょう!

auひかりはキャッシュバックが受け取れる窓口から申し込もう

インターネットが使い放題で経済的って良いじゃない!

うちもauひかりにしましょう!

とお考えのあなた、ちょっとお待ちください。

auひかりをお得にスタートするためには、どこから申し込むかもとても重要です。

auひかりは公式サイトやauショップの他にも、ネット代理店、家電量販店、訪問営業や電話営業などさまざまな申し込み窓口があり、貰える特典には大きな差があります。

どこから申し込んでもauひかりの品質や速度は変わらないので、せっかくならお得な窓口を選びたいところ。

では、どの窓口が一番お得なのかと言いますと・・・ネット代理店です!

KDDI公式に比べて知名度が低い代理店は、魅力的なキャッシュバックキャンペーンなどを展開して集客する必要があります。

また、ネット上で展開している代理店は、営業の人件費や店舗の家賃が要らないため、その分をキャッシュバックに回せるという裏事情もあります。

だから、ネット代理店が一番お得なキャンペーンになりやすいんです!

参考までに、私がおすすめする代理店キャンペーンを一つ紹介いたします。

これからauひかりの申し込みを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

まとめ

自宅の回線をスマホのテザリングで乗り切ろうとしてはいけない理由と、auひかりの導入メリットを紹介しました。

今記事のまとめです。

スマホのテザリングが自宅のインターネット回線に向かない理由は以下の6つ。

  1. 速度が遅く動画が安定して視聴できない
  2. ネットゲームで不利になりやすい
  3. たくさんの機器を接続するには向いていない
  4. データ容量に制限がある
  5. アップロードが遅いため、バックアップなどに時間がかかる
  6. 同一のネットワークとして認識されない

自宅にauひかりを導入するメリットは以下の2つです。

  1. 制限無しで高速インターネットが使い放題!
  2. 実はスマホの大容量プランを契約するより経済的

もちろんauひかりに接続できるのは家の中だけです。

しかし、ビデオ会議をしたり動画を長時間視聴するなど、データ容量を多く使うケースは家にいる時の方が多くないでしょうか?

それを踏まえて考えると、家の中では使い放題のauひかりを利用し、外では格安SIMや、ahamo、povo、LINEMOなどの適度なデータ容量プランを利用する。

これが、現在の賢いインターネット契約術ではないかと思うのです。

タイトルとURLをコピーしました