auひかりとドコモ光を比較!1番のポイントは『どちらのスマホを持っているか』

auひかりとドコモ光を比較!1番のポイントは『どちらのスマホを持っているか』auひかり

今回は大手携帯キャリアが提供している2つの光回線、『auひかり』『ドコモ光』を比較していきます。

どちらの回線にしようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

この両者を比較する際、まずは決め手となる大きなポイント(大前提が2つあります。

  • どちらのスマホを持っているか
  • 提供エリアに入っているか

インターネット回線は、基本的にご自分かご家族が使っているスマホのキャリアに合わせて選ぶのが一番!

つまりこういう事です。

  • ドコモのスマホを契約しているならドコモ光
  • auのスマホを契約しているならauひかり

これは、ネット回線とスマホのセット割のメリットが非常に大きいためです。

また、auひかりは契約できるエリアが限られているため、そういう意味では『提供エリアに入っているか』も大前提となります。

ドコモとau、どちらのスマホも持っていない場合は、下記3つのポイント(小前提)を比較して決めましょう。

  1. 月額料金の安さ
  2. 通信速度や実際の評判
  3. キャンペーン特典の内容

結論を言いますと、この3点を比べてみたらauひかりの方が断然オススメでした!

それでは比較した内容を詳しく解説いたします。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりとドコモ光の比較表

まず最初に、auひかりとドコモ光について簡単に概要を確認しておきましょう。

auひかり
  • KDDIが提供しているインターネット回線
  • プロバイダ一体型光回線
  • 月額料金が安くキャンペーンが充実している
  • 通信速度の評判が良い
  • auスマホユーザーならセット割が受けられる
ドコモ光
  • NTTドコモがフレッツ光の回線を借りて提供しているインターネット回線
  • プロバイダ一体型光回線
  • 利用できるエリアが広い
  • ドコモスマホユーザーならセット割が受けられる

続いて、auひかりとドコモ光の比較表です。

auひかりドコモ光
エリア戸建ては中部・関西・沖縄がエリア外ほぼ全国
スマホとのセット割auスマートバリュー
最大 1,000円
(税込 1,100円)
/月 割引
ドコモ光セット割
最大 1,000円
(税込 1,100円)
/月 割引
月額料金ホーム
1年目 5,100円
(税込 5,610円)
2年目 5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降 4,900円
(税込 5,390円)

マンション
3,400円
(税込 3,740円)
ホーム
5,200円
(税込 5,720円)

マンション
4,000円
(税込 4,400円)
初期費用登録料 3,000円
(税込 3,300円)
初期工事費 実質無料
登録料 3,000円
(税込 3,300円)
初期工事費 無料
(期間限定キャンペーン)
最大通信速度ホーム
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

マンション
下り最大 100Mbps~1Gbps
ホーム
下り最大 1Gbps
(一部エリアで10Gbps)

マンション
下り最大 100Mbps~1Gbps
キャンペーン初期費用相当額割引
乗り換えキャンペーン
キャッシュバック
新規工事料無料特典
dポイント還元
キャッシュバック

ご覧の通り、auひかりとドコモ光の『スマホとのセット割引額』、『初期費用』、『最大通信速度』は変わりません。

一方『エリア』、『月額料金』、『キャンペーン』においては違いがあります。

より詳しく比較していきましょう。

auひかりとドコモ光比較、大前提の2ポイント

auひかりとドコモ光、決め手となる大きなポイントは下記の2点です。

  • どちらのスマホを持っているか
  • 提供エリアに入っているか

auとドコモ、どちらのスマホを持っているか

auスマートバリュー

auひかりとドコモ光には、自社のスマホとセットで利用する事で、スマホの月額料金割引が受けられるサービスが用意されています。

  • auひかりとauスマホのセット・・・auスマートバリュー
  • ドコモ光とドコモスマホのセット・・・ドコモ光セット割

それぞれ名称や条件は多少異なるものの、本質的には似たような割引サービスです。

割引額はどちらもスマホ1台につき最大1,000円(税込 1,100円)

またご自分だけでなく、ご家族のスマホやタブレットも割引対象になります。

そのため、5人家族で全員がセット割対象のスマホを利用していた場合、最大毎月5,000円(税込 5,500円)というほぼ光回線の月額料金並みの割引が受けられてしまうというわけです!

この割引額の大きさは、”回線選びの最大の決め手”といっても過言ではないでしょう。

インターネット回線は、ご自分かご家族が使っているスマホのキャリアに合わせて選ぶのが一番おすすめです。

auスマートバリューの割引額など詳細はこちら↓

auひかりの提供エリアに入っているか

これは”決め手”というより致し方ない部分ですが、そもそも提供エリアに入っていなければ契約できません。

ドコモ光はNTTのフレッツ光回線を借りて提供している光コラボレーションモデルです。

あの誰もが知っている電話会社 NTTが回線の大元というだけあって、ほぼ全国で契約可能となっています。

一方、auひかりは契約できないエリアが存在します。

auひかり(ホーム)エリア外地域
  • 中部:静岡、愛知、岐阜、三重、長野
  • 関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄:沖縄

上記の県は、残念ながらauひかりのホームタイプは契約できません。

別の光回線を検討しましょう。

auスマホユーザーなのにエリア外だった場合は下記記事をご確認ください↓

どちらのスマホも持っていない場合の比較ポイント3つ

auとドコモ、どちらのスマホも持っていない場合は、下記3つのポイントを比較して決めていきましょう。

  1. 月額料金の安さ
  2. 通信速度や実際の評判
  3. キャンペーン特典の多さ

1.月額料金の安さ

auひかりとドコモ光の月額料金がこちらです。

auひかりドコモ光
ホーム1年目 5,100円
(税込 5,610円)
2年目 5,000円
(税込 5,500円)
3年目以降 4,900円
(税込 5,390円)
5,200円
(税込 5,720円)
マンション3,400円
(税込 3,740円)
4,000円
(税込 4,400円)

ご覧の通り、月額料金はauひかりの方が安いことが分かります!

月間数百円の違いですが、年間で考えれば何千円、数年単位で考えれば何万円と差は開いていきます。

ネット回線は長く使うものなので、ランニングコストは出来るだけ低く抑えたいところです。

auひかりの月額料金について詳しくはこちら↓

2.通信速度や実際の評判

auひかりとドコモ光の最大通信速度はどちらも一緒です。

ホーム1Gbps
(一部エリアは10Gps対応)
マンション100MBps~1Gbps

しかし、これで『ハイ引き分け』というわけにはいきません。

上記の”最大通信速度”はあくまで『最高の環境を整えればこれだけの速度が出るハズだ』という計算値で、実際に家庭で使用したときの速度(実測値)とは異なります。

大事なのは”実際の使用感”ではないでしょうか。

どういうわけか、auひかりとドコモ光を実際に使用している方の口コミには、大きな違いがあるのです。

ドコモ光を使用している方の口コミ

Twitterに投稿されていた、ドコモ光を実際に利用している方の口コミを紹介します。

確かに最大通信速度1Gbps(1,000Mbps)の光回線にしてはダウンロードの数値が低いです。

また、ゲームなどにおいて重要になってくるPING値も心なしか高めに出てしまっています。

PING値とは

データの送受信にかかる時間を表す数値で、低いほど反応が良い。

一瞬866Mbps(メガ)に空目したため『爆速!』と思ったら、866Kbps(キロ)でした・・・

1Mbpsにも届かないなんて、これは確かに騙されたと感じてしまっても仕方ありません。

この方も光回線にしては遅いと言わざるを得ません。

もちろん、全ての方が遅いと言っているわけではありませんが、速度に不満を抱いている方の口コミのほうが明らかに多いのが気になりました。

ドコモ光はNTTフレッツ光回線をシェアして利用しているため、ユーザーが多く回線が混みやすいのが原因の一つになっているかもしれません。

auひかりを使用している方の口コミ

Twitterに投稿されていた、auひかりを実際に利用している方の口コミを紹介します。

Twitterにはこういった速度測定結果がたくさん投稿されていますが、auひかりを利用している方は総じて速いです。

この人は高速サービスの5Gbpsプランを契約しているようです。

満足されているようで何より!

やはり、auひかりは速いという口コミが非常に多かったです。

auひかりの速さの理由は2つあると言われています。

  1. KDDI独自の回線を使用している
  2. IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備

快適にインターネットを利用したい場合はauひかりがおススメです。

auひかりの速さについて詳しくはこちらをご覧ください↓

3.キャンペーン特典の内容

auひかりとドコモ光のキャンペーン比較表です。

auひかりドコモ光
工事費割引有り
実質無料
有り
無料(期間限定)
違約金還元有り
最大 55,000円(※)
無し
キャッシュバック有り
52,000円
有り
20,000円
(またはdポイント)
  • ※ au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込

それぞれ詳しく確認していきましょう。

工事費無料キャンペーン

auひかりドコモ光
ホーム工事費
37,500円(税込 41,250円)

割引額
37,500円(税込 41,250円)
・ネット回線 125円
(税込 137.5円)割引×60回
・ひかり電話 500円
(税込 550円)割引×60回
実質無料!
工事費
18,000円
(税込 19,800円)


割引額
18,000円
(税込 19,800円)

無料!
マンション工事費
30,000円(税込 33,000円)

割引額
30,000円(税込 33,000円)
・ネット回線 1,250円
(税込 1,375円)割引×24回
実質無料!
工事費
15,000円
(税込 16,500円)


割引額
15,000円
(税込 16,500円)

無料!

ご覧の通り、auひかりの工事費はドコモ光の倍以上となっています。

しかし、どちらも工事費無料キャンペーンを行っており、最終的には無料となりますのでご心配なく!

ただし、割引システムには少し違いがありますので、ここで確認しておきましょう。

auひかりの工事費はホーム60回、マンションは24回に分割され月額料金と一緒に請求されます。

初期費用相当額割引が適用されると、その分割工事費と同額分が毎月割り引かれ、最終的に無料になります。

ただし、auひかりの割引システムには2点注意事項があります。

1つ目は、工事費の支払いが終わる前にauひかりを解約してしまった場合は割引がそこで終了し、残った工事費を一括で支払わなければならなくなる事。

2つ目は、auひかりマンションはネット回線の契約のみで全額割引となりますが、ホームの場合はネット回線とひかり電話を両方申し込まないと全額割引にならない事です。

一方ドコモ光の工事費はそういった条件なしで完全に無料になります。

こういったシステムの違いがあるからドコモ光は”無料”表記で、auひかりは”実質無料”と表記するわけです。

ただしドコモ光の初期工事費 無料キャンペーンは期間限定のため、いつでも行っているわけではありません。

申し込み予定の方は公式サイト等で事前にチェックしておきましょう。

違約金還元

auひかりには、他社回線から乗り換える際に発生した違約金を還元してくれる『新スタートサポート』があります。

インターネット回線を乗り換えたいけど、更新月がまだまだ先なんだよなぁ

といった悩みをお持ちの方にはうってつけのキャンペーンです!

新スタートサポートの概要
  1. 他社でかかった違約金を最大30,000円(※1)までKDDIが還元
  2. 違約金還元が適用された場合、ホームタイプなら25,000円(※2)、マンションタイプは15,000円(※2)の上乗せキャッシュバック
  3. auスマートバリューを2回線以上組んだ場合、1回線につき最大10,000ポイント還元
  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込

一方、ドコモ光には違約金を還元するようなキャンペーンはありません。

キャッシュバック

2020年12月3日現在、ドコモ光を取り扱っている各社のキャッシュバックキャンペーンを調べてみたところ、最高額は20,000円(もしくは20,000dポイント)でした。

悪くはないでしょう!

しかし、auひかりのキャンペーン特典はもっとすごいです。

auひかりをネット代理店(参考:NNコミュニケーションズ)経由で申し込んだ際のキャッシュバック金額はこちら。

ネットのみの契約45,000円
ネット+電話の契約52,000円

ドコモ光の20,000円に対し、auひかりは最低でも倍以上となる45,000円のキャッシュバックが受け取れます!

キャッシュバックキャンペーンに関しては、圧倒的にauひかりの方がおススメです。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!

まとめ

今回はauひかりとドコモ光について比較してきました。

今回のまとめです。

まず大前提として、ネット回線とスマホのセット割のメリットが非常に大きいためどちらのスマホを持っているかをポイントに決めましょう!

  • ドコモのスマホを契約しているならドコモ光
  • auのスマホを契約しているならauひかり

※auスマホを持っていてもauひかりがエリア外だった場合は、auスマートバリューが組めるビッグローブ光をおすすめします。

auとドコモ、どちらのスマホも持っていない場合は、『月額料金』、『速度』、『キャンペーン』の3つのポイントを比較して決めましょう。

結果は下記表のとおり。

月額料金の安さauひかりの方が安い
通信速度や実際の評判最大通信速度は同じ
ただし速さの評判はauひかりの方が良い
キャンペーン特典の内容auひかりの方がお得!

ということで、auひかりの方が断然オススメでした!

どちらの回線にしようか悩んでいた方の参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました