auひかりvsモバイルルーター!自宅のインターネット回線はどっちを選ぶべき?

auひかりvsモバイルルーター!自宅のインターネット回線はどっちを選ぶべき?auひかり

自宅のインターネット回線を「auひかり」にするか「モバイルルーター」にするかで悩んでいる方は、結構多いのではないでしょうか。

最初に結論からお伝えします。

2人暮らし以上なら間違いなく「auひかり」を選ぶべきです。

自宅のインターネット回線ならauひかりを選ぶべき理由
  1. 実測値は圧倒的にauひかりの方が速い
  2. 通信が安定している
  3. どれだけ使っても通信制限が掛からない

また、1人暮らしの方でも動画やオンラインゲームをたっぷり楽しみたいなら、やはりauひかりを選んだ方が良いでしょう。

もちろんモバイルルーターにもメリットはありますが、あくまでも外出先で使うことを想定した通信機器だということを忘れてはいけません。

自宅のインターネット回線として利用するには、デメリットが多くなってしまうんです。

ということで今回は、auひかりとモバイルルーターの特徴を比較しながら、『なぜ自宅のインターネット回線はauひかりの方がおすすめなのか』について具体的に紹介いたします。

\auひかりの窓口選びに悩んだらコチラ/

モバイルルーターとauひかりの比較表

「モバイルルーター」と「auひかり」の比較表を作成しました。

まずはこちらで両者のイメージを掴みましょう。

モバイルルーター
(UQ WiMAX)
auひかり
月額料金4,000円~5,000円程度ホーム:4,900円(税込 5,390円)
マンション:3,400円(税込 3,740円)
工事不要必要
※キャンペーンにより工事費は実質無料
端末代金必要不要
下り
最大通信速度
440Mbps(一部エリアで1.2Gbps)ホーム:1Gbps(一部エリアで10Gbps)
マンション:100Mbps~1Gbps
上り
最大通信速度
75Mbpsホーム:1Gbps
マンション:100Mbps~1Gbps
データ容量制限あり無制限
契約期間2年2年 or 3年

両者の月額料金に意外と差が無いことに驚いた方も多いのではないでしょうか。

他に表から分かることは、auひかりは導入に開通工事が必要だという事、一方モバイルルーターは端末代金が必要だという事。

また、auひかりの方が速い事、モバイルルーターはデータ容量制限がある事などです。

auひかりとモバイルルーターは、どちらもインターネットに接続するためのサービスですが、そもそもネット回線としての性質が大きく異なります。

この表だけですべてを把握することはできませんので、それぞれの特徴を掘り下げて説明していきましょう。

モバイルルーターの特徴

まずはモバイルルーターの特徴から紹介します。

  • 持ち運び可能で外出先でも利用できる
  • 工事不要で即日導入できる
  • 回線が不安定になる場合がある
  • 通信容量に制限がある
  • 端末代がかかる
  • 充電も必要

持ち運び可能で外出先でも利用できる

モバイルルーター

モバイルルーターの最大の特徴は、持ち運び可能で外出先でもインターネットに接続できる点です。

携帯電話やスマホと同じ仕組みで、街中にある基地局から電波を受信しているため、電波の届く範囲であればどこでもインターネットに接続できます。

ただし、あくまでも電波の届く範囲でしか利用できないため、離島や山奥、地下などでは接続できなかったり、通信が不安定になることがあります。

工事不要で即日導入できる

モバイルルーターは、光ファイバーケーブルなどの固定回線を必要としないため、物理的な工事を行わずに導入することが出来ます。

つまり、店舗などで契約して端末を受け取ったら、その日からすぐにインターネットの利用ができるということです。

回線が不安定になる場合がある

モバイルルーターは、有線ではなく無線で電波を受信してインターネットに接続するため、様々な要因で回線が不安定になる場合があります。

電波がよく届く都心部でも、電車などで移動中にトンネルに入った時や、ビルなどの建物に遮られたときなどに繋がりにくくなる事も。

また、パソコン・スマホ・タブレット・IT家電など、同時にインターネットに接続する機器が増えるたびに回線が不安定になっていくため、複数人での同時利用には向いていません。

通信容量に制限がある

ほとんどのモバイルルーターは、スマホの契約と同じように月に利用できるデータ量の上限が決められています。

上限を超えると通信制限がかかり、低速でしか利用できなくなってしまうので注意が必要です。

普段使いの中で、特にたくさんのデータ容量を消費するのが動画視聴です。

下表は、UQコミュニケーションズが公表している『パソコンで約5分間のYouTube動画を見た場合のデータ使用量』

画質データ量10GB
超高画質約113MB約88回
(約7時間)
高画質
(HD)
約60MB約166回
(約13時間)
標準画質
(SD)
約17.5MB約570回
(約47時間)
低画質約10MB約1,000回
(約83時間)

ご覧の通り高画質(HD)でも約13時間視聴すると10GBに至ります。

毎日動画を見たいようであれば、モバイルルーターでは厳しいでしょう。

端末代がかかる

ほとんどのモバイルルーターは基本的に端末を購入して使う契約になっているため、平均して2~4万円程度の端末代金がかかります。

契約時に一括払い、もしくは分割払いで支払っていくことになります。

充電が必要

モバイルルーターはスマホと同じように充電が必要です。

バッテリーの持ち時間は電波状況や利用状況によって大きく左右されるため、3時間程度しかもたない時もあります。

『それなら、ずっとコンセントに繋いでおけば良いのでは?』と思うかもしれませんが、おすすめはしません。

コンセントに繋いだまま使い続けていると、本体が熱を持ちバッテリーの寿命が短くなってしまうのです。

auひかりの特徴

auひかり ロゴ

次にauひかりの特徴を紹介します。

  • 高速で安定した通信が利用できる
  • インターネット使い放題
  • 導入できるエリアが限られる
  • 開通工事が必要

高速で安定した通信が利用できる

auひかりは、光ファイバーを宅内に引き込み有線で接続する固定回線のため、常に高速で安定したインターネット通信が可能です。

また、IPv4/IPv6デュアルスタック方式という回線混雑の影響を受けにくい独自の通信方法を標準装備していて、他の光回線と比べても速度が出やすくなっています。

IPv6のイメージ

そのため、複数台の端末でインターネットに接続しても十分な余力があり、回線速度が低下しにくいという特徴があります。

IPv4/IPv6デュアルスタック方式について更に詳しく↓
auひかりの速度の評判が抜群に良い2つの理由
auひかりは実際に利用している方の速度の評判が抜群に良く安心できる光回線です。 auひかりの速さを実感しやすい理由は2つ。 ・KDDI独自の回線を使用している ・IPv4/IPv6デュアルスタック方式を標準装備 今回はauひかりの速度の評判が抜群に良い理由について解説いたします。

インターネット使い放題

auひかりにはモバイルルーターのようなデータ容量の縛りがありません。

言い換えると、「インターネット使い放題」ということです!

例えば、家族全員がスマホをauひかりに接続して動画を楽しんでも、残りのデータ容量を気にする必要は一切ありません。

1回線で家族全員のスマホのギガを節約することが出来ます。

導入できるエリアが限られる

auひかりは、日本全国どこでも利用できるわけではなく、導入できる地域や建物が限られています。

戸建て向きのauひかりホームの場合は、エリアによって導入できるかが決まります。

auひかり 提供エリア
auひかり ホームタイプ提供エリア
  • 北海道・・北海道
  • 東北・・・青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
  • 関東・・・東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
  • 信越・・・新潟、長野
  • 中部・・・山梨
  • 北陸・・・石川、富山、福井
  • 中国・・・鳥取、岡山、島根、広島、山口
  • 四国・・・香川、徳島、愛媛、高知
  • 九州・・・福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島
auひかり ホームタイプ提供エリア外
  • 中部・・・静岡、愛知、岐阜、三重
  • 関西・・・大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄・・・沖縄

上記エリア外にお住まいの方は残念ながらauひかりホームの契約はできません。

集合住宅向けのauひかりマンションの場合は、その建物にauひかりの設備が導入されているかによって導入できるかが決まります。

auひかりがエリア外だった場合の対応策はこちら↓
auひかりはエリア外…それでもスマートバリューを適用する方法【ビッグローブ光を検討しよう】
auひかりにauスマホとのセット割サービス『auスマートバリュー』があるお得な光回線です。 しかしauひかりには契約できないエリアが存在し、残念ながらエリア外だった場合はお申込みいただけません。 ただし、同じKDDIグループのビッグローブ光でもauスマホとのセット割引を組むことができますよ。

開通工事が必要

光回線は光ファイバーケーブルを自宅内に直接引き込むため、開通工事が必要です。

申し込みから工事まで2週間~1ヶ月程度は掛かるので、すぐにインターネットが利用できないのはデメリットと言えるでしょう。

尚、auひかりの開通工事費はキャンペーンにより実質無料になります。

2人暮らし以上ならauひかりを選んだ方が良い理由

家族でパソコン

モバイルルーターとauひかりの特徴をそれぞれ解説しましたが、自宅のインターネット回線に限定すると、やはりauひかりの方がメリットが多いように感じると思います。

特に、2人暮らし以上でしたら、間違いなくauひかりを選ぶべきでしょう。

理由は3つあります。

  1. 実測値は圧倒的にauひかりの方が速い
  2. 通信が安定している
  3. どれだけ使っても通信制限が掛からない

1.実測値は圧倒的にauひかりの方が速い

みんなのネット回線速度」は、自分が使っているインターネット回線の速度を測って結果をシェア出来るサイトです。

また、ユーザーによって投稿された通信速度レポートを様々な形で閲覧出来てとても参考になります。

試しに、モバイルルーターの中で一番計測数が多かったUQ WiMAX 2+と、auひかりの実測値を比べてみましょう。

平均ダウンロード速度平均アップロード速度
auひかり378.71Mbps270.14Mbps
モバイルルーター
(UQ WiMAX 2+)
37.84Mbps5.69Mbps

※みんなのネット回線速度サイトで、2021年6月16日から直近3ヶ月に計測された測定結果を基にした平均値です。

ご覧の通り、桁違いの差で圧倒的にauひかりのほうが速いという事が分かります。

2.モバイルルーターより通信が安定している

モバイルルーターは無線の電波を利用しているため、 利用環境によっては通信速度が大きく低下して不安定になってしまいます。

不安定になってもブラウザでホームページを閲覧する程度なら何とかなりますが、例えば下記のような利用用途には厳しいでしょう。

  • YouTubeなどで映画やドラマなどの映像コンテンツを視聴する
  • オンラインゲームで遊ぶ
  • ZOOMでミーティングをする

一方auひかりは、光ファイバーケーブルを直接宅内に引き込んでいるため、いつでも安定した通信速度でインターネットを利用できます。

また、回線速度に十分余裕があるので、複数の端末をインターネットに接続しても低速になってしまう事はありません。

家族や同居人などと一緒に利用するなら、通信が安定しているauひかりの方が向いています。

3.どれだけ使っても通信制限が掛からない(無制限)

一般的なモバイルルーターの場合、定められた月間データ容量を超えると通信制限が掛かり、そこから月末までは低速しか出なくなる仕組みになっています。

低速になるとSNSもまともに見れなくなってしまうので、かなりストレスが溜まります。

いわゆる『ギガ不足』です。

1人でも動画をよく見たりオンラインゲームで遊んだりしているとうっかり通信制限に引っかかってしまう事もあるので、家族複数人で利用していたら尚更でしょう。

一方、auひかりはそのような制限がないので、データ容量を気にすることなくインターネットを利用できます。

家族複数人でインターネットを利用するならauひかりの方がおすすめです。

実はauひかりもアップロードに関しては制限がある

実は、auひかりにも通信制限に関するルールが一つだけ設けられています。

その発動条件がこちらです。

  1. データ使用制限があるのは上り(アップロード)のみ
  2. 数日間続けて30GB/日以上のデータをアップロードすると速度制限が掛かる
  3. 速度制限が掛かるのは上り(アップロード)のみ

目安としては、3日連続して30GBを超えるアップロードを行うと制限が掛かる可能性が高いといわれています。

しかし、データのアップロードだけで1日30GB使うのは至難の業でしょう。

下り
(ダウンロード)
ウェブサイトの閲覧
動画の視聴
ファイルのダウンロード
メールの受信
上り
(アップロード)
画像や動画のアップロード
SNS投稿
メール送信
注文情報(フォーム)の送信
クラウドサービスへの保存

普通にインターネットを利用している限り、速度制限に引っかかる人はまずいないと思っていただいて大丈夫です。

尚、万が一auひかりの速度制限に掛かってしまうと、上り通信速度が最大3Mbpsに制限されてしまいます。

ただ、その場合でも下りに関しては制限は掛からず、動画視聴なども今まで通りに利用することが出来ます。

モバイルルーターはあくまでも外出先で使うことを想定した通信機器

モバイルルーターはあくまでも「外出先で使うことを想定したインターネット機器」です。

そのため、自宅用のインターネット回線として使おうとするとさまざまなデメリットが出てきます。

特に、下記2つをクリアできないのは致命的と言えるでしょう。

  • 複数人が同時に接続しても安定した速度が出る
  • データ使用量が多くても制限がかからない

1人暮らしでもオンラインゲームなどを楽しみたいならauひかりの方が無難

「2人暮らし以上ならauひかりを選んだ方が良い」とお伝えしましたが、1人暮らしだったとしてもauひかりにした方が良いケースもあります。

例えば、動画をよく視聴したり、オンラインゲームなどを楽しむ場合です。

動画やオンラインゲームなどは速度と容量のどちらも必要になるため、モバイルルーターでは荷が重いと言わざるを得ません。

料金的にはそこまで差が無いので、auひかりを選んだ方が無難でしょう。

auひかりはWEB代理店からの申し込みがおすすめ

auひかりはさまざまな窓口から申し込むことができます。

auひかりの主な申し込み窓口
  • KDDI公式窓口(公式サイト、auショップ)
  • 提携プロバイダの公式窓口(WEB受付)
  • 代理店窓口(WEB受付、量販店、訪問販売、電話営業)

この中のどこから申し込んでもauひかりの速度や品質は変わりません。

ただし、申し込み時に受け取れる特典は別。

特典が貰えないauショップや家電量販店、ましてやたまたま掛かってきた営業電話で勧められるがままに契約してしまうのは非常にもったいないです。

どうせなら、お得な特典が受け取れる窓口から申し込みましょう。

auひかりの一番お得な申し込み窓口は、ずばり「WEB代理店」です。

WEB代理店はその他の窓口に比べて知名度が低いので、魅力的なキャンペーンを用意して集客しなければなりません。

また、ホームページで受付を行うため高額な家賃や人件費は必要なく、その分を特典に上乗せする事が出来ます。

だからWEB代理店のキャンペーンが一番豪華になりやすいのです!

公式キャンペーンも併用可能

また、WEB代理店からの申し込みにはもう一つメリットがあります。

それは代理店の独自のキャンペーンとKDDIの公式キャンペーンを併用出来る事!

というのも、公式キャンペーンはどの窓口から申し込んでも適用できるんです。

このことからも、独自キャンペーンを展開しているWEB代理店からの申し込みがお得だということが分かります。

ちなみに、auひかりの公式キャンペーンは、還元や割引などもサポートする内容が中心です。

auひかりの公式キャンペーン
  • 初期費用相当額割引
  • 乗りかえスタートサポート
  • auスマートバリュー

それぞれ簡単に紹介いたします。

初期費用相当額割引

初期費用相当割引

「初期費用相当額割引」は、auひかりの開通工事費が実質無料になるキャンペーンです。

auひかりの開通工事にかかる初期工事費は、ホームタイプで37,500円(税込 41,250円)、マンションタイプで30,000円(税込 33,000円)と決して安くありません。

これを、まるっとKDDIが負担してくれます。

ホームタイプの場合は、「ネット回線」+「ひかり電話」を申し込み、auひかりを35ヶ月間継続利用することで最大37,500円(税込 41,250円)の割引、つまり工事費分が実質無料になります。

マンションタイプの場合は「ネット回線」のみの申し込みで、auひかりを23ヶ月間継続利用することで工事費が実質無料になります。

工事費が実質無料になる初期費用相当額割引について、詳しくはこちら↓
auひかりの工事費を徹底解説!キャンペーン利用で実質無料【初期費用相当額割引】
auひかりを開通するには、最初に光ケーブルを引き込む工事が必要になり、工事費が掛かります。 初期工事費はホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円です(税込)。 しかし、初期工事費相当額割引というキャンペーンを利用することで、工事費は実質無料になります!

乗りかえスタートサポート

auひかり新スタートサポート

「乗りかえスタートサポート」は、他社のインターネット回線からauひかりに乗り換える際にかかった違約金を還元してくれるキャンペーンです。

ほとんどのインターネット回線は2年や3年の自動更新契約となっており、契約期間の途中で解約すると解約違約金が掛かります。

その解約違約金を、KDDI側が最大30,000円(※1)まで負担してくれるんです。

ホームマンション
郵便為替 or
au PAY残高へチャージ
最大 30,000円
(※1)
最大 10,000円
(※1)
月額割引無し最大 20,000円
(税込)
(1,000円(税込)/月
×20ヶ月)
合計還元額最大 30,000円
(※1)
最大 30,000円
(※1)
対象プロバイダau one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net
au one net、@nifty、
@TCOM、BIGLOBE、
So-net、Asahi Net、
DTI

ホームタイプの場合は、郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージという形で還元されます。

マンションタイプの場合は少し複雑で、最大10,000円(※1)までは郵便為替、またはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージ、残りの20,000円(税込)は月額料金から毎月1,000円(税込)ずつ、最大20回の割引で還元されます。

尚、他社のモバイルルーターの割賦金残債も還元対象になります。

他社回線からの乗り換えは、ぜひこのキャンペーンを活用しましょう!

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込
乗りかえスタートサポートについて、更に詳しくはこちら↓
auひかりに乗り換える際の他社解約違約金を還元!乗りかえスタートサポート
インターネット回線の解約金は結構高額になる場合が多いので出来れば払いたくありませんよね・・・ でもauひかりへの乗り換えなら大丈夫!他社回線から乗り換える際に掛かる解約違約金相当額を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンがあるんです。 その名も乗りかえスタートサポート! 今記事ではauひかりへの乗り換えを検討しているあなたに、乗りかえスタートサポートについて詳しく解説いたします。

auスマートバリュー

auスマートバリュー

「auスマートバリュー」は、auひかり+ひかり電話とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になるサービスです。

割引額はスマホの契約プランによりますが、1台あたり500円(税込 550円)~1,000円(税込 1,100円)で、同居しているご家族のスマホやタブレットも含めて最大10台まで対象になります。

また、別住所に住んでいても50歳以上のご家族でしたら対象に含めることが出来ます。

auひかりの目玉ともいうべき、非常に大きな割引サービスです。

auスマートバリューについて、更に詳しくはこちら↓
家族のスマホも割引対象!auスマートバリューとは
auのスマートフォンをお使いの方におすすめの光回線と言えば、当然auひかりでしょう。 ネットとスマホのセット割引『auスマートバリュー』が適用できるからです。 ・家族のauスマホやタブレット含め合計10台まで割引が適用できる ・ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる ・超高速スタートプログラム割引が4年目以降も受けられる 今記事ではauひかりの大型割引サービス『auスマートバリュー』について詳しく紹介いたします。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック
auひかり 当社キャンペーン キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

まとめ

auひかりとモバイルルーターを比較し、『なぜ自宅のインターネット回線はauひかりの方がおすすめなのか』について紹介しました。

最後にもう一度ポイントをおさらいしておきましょう。

2人以上の家族で暮らしている場合や、1人でも動画視聴やオンラインゲーム遊びたい場合、自宅のインターネット回線はauひかりがおすすめです。

自宅のインターネット回線ならauひかりを選ぶべき理由
  1. 実測値は圧倒的にauひかりの方が速い
  2. 通信が安定している
  3. どれだけ使っても通信制限が掛からない

モバイルルーターは「外出先で使うことを想定したインターネット機器」ですので、自宅用として使うには不向きです。

月額料金的にもそこまで差はないので、どちらかで迷っているのであれば安定感抜群のauひかりを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました