【比較表あり】auひかりとNURO光、あなたにおすすめの光回線はどっち?

【比較表あり】auひかりとNURO光、あなたにおすすめの光回線はどっち?比較
【比較表あり】auひかりとNURO光、あなたにおすすめの光回線はどっち?

auひかり」と「NURO光」は、どちらも評判が良いおすすめの光回線です。

しかしこの2つ、細かく比べていくと、契約内容やサービス、料金、速度など、様々な面で違いが確認できます。

それぞれの内容をしっかり把握した上で、自分にぴったりの回線を選びたいところ。

ということで、今回はauひかりとNURO光で迷っている方向けに、両者を比較しながら『あなたにぴったりの光回線はどちらなのか』をご案内いたします。

auひかりがおすすめな人
  • ご自分かご家族がauスマホを契約している方
  • 他社回線からの乗り換えで違約金が掛かる方
  • プロバイダを選びたい方
  • 高額キャッシュバックが欲しい方
NURO光がおすすめな人
  • ご自分かご家族がSoftBankスマホを契約している方
  • 月額料金を出来るだけ安く抑えたい方
  • 申し込みから開通まで時間が掛かっても大丈夫な方

回線選びの参考になりましたら幸いです。

auひかりとNURO光の比較表

auひかりとNURO光について、今回比較した内容を表にまとめました。

auひかりNURO光
料金
(ホーム)
1年目 5,610円(税込)
2年目 5,500円(税込)
3年目以降 5,390円(税込)
※3年自動更新プラン
5,200円(税込)
※2ギガ(3年契約)プラン
料金
(マンション)
4,180円(税込)
※VDSL方式・16契約以上
※2年自動更新プラン
2,090円(税込)
~2,750円(税込)
※2ギガ(3年契約)プラン
ホームの
提供エリア
36都道府県21都道府県
選べる
プロバイダ
提携7社So-net一択
セット割・auスマートバリュー
(auスマホの割引)
・自宅セット割
(UQモバイルスマホの割引)
おうち割 光セット
(SoftBankスマホの割引)
速度最大1Gbps最大2Gbps
キャンペーン特典・工事費実質無料
・乗換時の違約金還元
・キャッシュバック
・工事費実質無料
・キャッシュバック

それぞれの項目について、詳しく確認していきましょう。

auひかりとNURO光比較、大前提の4ポイント

月額料金は安いほうが良いから、NURO光にしよう

キャンペーンが充実してそうだから私はauひかりかな

と、安易に考えてしまうのはおすすめしません。

まず「大前提」となる4つのポイントで、どちらの回線が自分に向いているか確認していきましょう。

  1. どちらの提供エリアに入っているか
  2. auとSoftBank、どちらのスマホを持っているか
  3. プロバイダにこだわりがあるか
  4. 他社回線からの乗り換えの場合、違約金は発生するか

ここを事前にハッキリさせておかないと、後々「こっちにしておけばよかった!」と後悔してしまう可能性があるからです。

洋服を買うときに「ユニクロでいいかな」と簡単に決めて、後から「GUのほうが安くて好みの物があった」と後悔するのと同じです。(※決してユニクロを否定しているわけではありません)

それでは1つずつポイントを確認しましょう。

1.どちらの提供エリアに入っているか

1つ目は、光回線を導入したい住所が「どちらの提供エリアに入っているか」です。

auひかりはauひかりの提供エリア、NURO光はNURO光の提供エリアがそれぞれ決められています。

ということは、誰しも以下の4パターンのいずれかに必ず分類されるはずです。

  • a:どちらの回線も契約可能なエリア
  • b:auひかりは提供エリアだが、NURO光は提供エリア外
  • c:NURO光は提供エリアだが、auひかりは提供エリア外
  • d:どちらの回線も提供エリア外

aはどちらにするか選択権がありますが、bとcはそもそも提供エリアに入ってる回線しか選べません。

dの方は・・・残念ながら別の回線を検討する必要があります。

全国エリアに対応している回線を検討してみましょう↓
auひかりはエリア外…それでもスマートバリューを適用する方法【ビッグローブ光を検討しよう】
auひかりにauスマホとのセット割サービス『auスマートバリュー』があるお得な光回線です。 しかしauひかりには契約できないエリアが存在し、残念ながらエリア外だった場合はお申込みいただけません。 ただし、同じKDDIグループのビッグローブ光でもauスマホとのセット割引を組むことができますよ。

auひかり提供エリア

auひかり 提供エリア

NURO光提供エリア

NURO光 提供エリアマップ

auひかり:36都道府県
NURO光:21都道府県

ご覧の通り、サービスが提供されている都道府県の数では、auひかりの方が圧倒的に多いのが現状です。

ちなみに、この”エリア”は「戸建てタイプ」が提供可能な地域を指しています。

「マンションタイプ」は、上記エリア内・エリア外に関わらず、その建物に光回線の設備が導入されていれば利用可能です。

ただし、マンションタイプの設備が導入されている物件数においても、auひかりがNURO光を圧倒しています。

おそらくNURO光対応マンションは、auひかりの10分の1以下でしょう。

つまり、NURO光はまだ提供エリアが狭く対応マンションも極めて少ないため、利用したくてもできないというケースが多いのが難点です。

auひかりとNURO光で迷っている方は、まずはご自分のお住まいが、どちらの提供エリアに入っているか調べてみましょう。

auひかりの提供エリアの調べ方↓
auひかりは提供外のエリアがある?!対応エリアを確認する方法
auひかりは速度の評判も良く、auスマホとのお得なセット割引が適用できる今人気の光回線です。 しかし、残念ながらauひかりは対応していないエリアがあったり、集合住宅に専用の設備が導入されていないケースも多いんです。 今回はauひかりの対応エリアと、KDDI公式サイトでのエリア確認方法、エリア外だった場合の代替え光回線等を紹介いたします。

2.auとSoftBank、どちらのスマホを持っているか

auスマートバリュー

2つ目は、「auとSoftBank、どちらのスマホを持っているか」です。

光回線を選ぶポイントの一つに、利用中のスマホブランドと合わせるというのがあります。

スマホの月額料金が割引になる「セット割」が組める光回線があるためです。

では、auひかりとNURO光には、どのようなセット割引が用意されているのでしょうか。

auスマホ・UQモバイルスマホとauひかりのセット割サービス

auひかりには、auスマホの月額料金が割引になる『auスマートバリュー』と、UQモバイルスマホの月額料金が割引になる『自宅セット割』があります。

割引額はスマホ1端末ごとに最大1,100円(税込)で、更に最大10回線まで対象にできるため、家族にauスマホユーザーが多ければ多いほどお得!

尚、割引額はスマホのデータプランによって変動するため、自分の契約しているスマホだとどのくらい割り引かれるのか、事前に確認しておきましょう。

auスマートバリューの詳細な割引額等はこちら↓
家族のスマホも割引対象!auスマートバリューとは
auのスマートフォンをお使いの方におすすめの光回線と言えば、当然auひかりでしょう。 ネットとスマホのセット割引『auスマートバリュー』が適用できるからです。 ・家族のauスマホやタブレット含め合計10台まで割引が適用できる ・ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる ・超高速スタートプログラム割引が4年目以降も受けられる 今記事ではauひかりの大型割引サービス『auスマートバリュー』について詳しく紹介いたします。

SoftBankスマホとNURO光のセット割サービス

NURO光には、SoftBankスマホ、もしくはY!mobileスマホの月額料金割引が受けられる「おうち割 光セット」があります。

割引額はスマホ1端末ごとに最大1,100円(税込)で、最大10回線まで対象になるため、家族にSoftBankスマホユーザーの方が多ければ多いほどお得です。

こちらも割引額はスマホのデータプランによって変動するため、自分のスマホがどのくらい割り引かれるのか事前に確認しておきましょう。

尚、auスマートバリューやおうち割 光セットの適用には、「auひかり電話」や「NURO光でんわ」の加入が必須条件となっています。

「auひかり電話」は月額550円(税込)の固定電話サービス。

「NURO光でんわ」はエリアによって月額料金が変わり、北海道や関東は月額550円(税込)で、東海・関西・北九州は月額330円(税込)の固定電話サービスです。

どちらもNTTの基本料や通話料と比べて大幅に安くなるので、光回線と併せて導入を検討してみましょう。

3.プロバイダにこだわりがあるか

3つ目は、「プロバイダにこだわりがあるか」です。

auひかりもNURO光も、回線とプロバイダサービスがセットになった一体型光回線です。

そのため回線とプロバイダ双方と契約する必要はなく、1社と契約するだけでインターネットが利用できます。

しかしauひかりの場合、利用するプロバイダは提携7社の中からユーザーが自由に選択できるようになっているのです。

auひかりで選べるプロバイダ一覧
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • @TCOM
  • DTI
  • ASAHIネット
  • au one net

一方、NURO光のプロバイダは運営会社である「So-net」一択で、選ぶことはできません。

  • どうしてもこのプロバイダを使いたい
  • プロバイダのメールアドレスを変えたくない

このようにプロバイダにこだわりがあったり、So-net以外を利用したい方には、auひかりをおすすめします。

「プロバイダはどこでもいいや」という方は、他の条件で決めるのが良いでしょう。

4.他社回線からの乗り換えの場合、違約金は発生するか

auひかり新スタートサポート
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

4つ目は、「他社回線を使っていたか、その場合違約金が発生するか」です。

現在、インターネット回線を契約していますか?

また、その回線を解約する際に、違約金は掛かるでしょうか。

もし違約金が発生してしまう場合は、auひかりがおすすめです。

なぜなら、auひかりには他社から乗り換える際に掛かった違約金や撤去費用を最大30,000円(※1)まで負担してくれる「auひかり乗りかえスタートサポート」があるからです。

違約金のせいで乗り換えを諦めていた方にとっては、大きな助け舟となるでしょう!

乗りかえスタートサポートの還元額

ホームタイプマンションタイプ
au PAY 残高へのチャージ
または郵便為替での還元
最大 30,000円
(※1)
最大 10,000円
(※1)
月額利用料への還元最大 20,000円
(税込)
上乗せ
キャッシュバック
25,000円
(※2)
15,000円
(※2)
合計最大 55,000円
(※2)
最大 45,000円
(※1)
  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込

NURO光では、このような乗り換えの方向けのキャンペーンは行っていません。

乗りかえスタートサポートについて、詳しくはこちら↓
auひかりに乗り換える際の他社解約違約金を還元!乗りかえスタートサポート
インターネット回線の解約金は結構高額になる場合が多いので出来れば払いたくありませんよね・・・ でもauひかりへの乗り換えなら大丈夫!他社回線から乗り換える際に掛かる解約違約金相当額を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンがあるんです。 その名も乗りかえスタートサポート! 今記事ではauひかりへの乗り換えを検討しているあなたに、乗りかえスタートサポートについて詳しく解説いたします。

「大前提」で決められなかった場合の比較ポイント

4つの大前提でauひかりとNURO光を比較してきましたが、ここまでで決められなかった場合どうすればいいのか?というお話をしていきます。

その際は、更に下記4つのポイントで比較して決めましょう。

  1. 月額料金の安さ
  2. 速度の評判
  3. 開通までの期間
  4. 申し込みキャンペーンの内容

1.月額料金の安さ

1つ目は、「月額料金の安さ」です。

ズバリ、NURO光のほうが安いです!

auひかりNURO光
戸建てタイプ1年目 5,610円(税込)
2年目 5,500円(税込)
3年目以降 5,390円(税込)
ずっと5,200円(税込)
マンションタイプ4,180円(税込)
※VDSL方式・16契約以上
2,090円(税込)
2,750円(税込)
※NURO光 for マンション

特にマンションタイプの金額差が大きいですが、NURO光が対応しているマンションは極めて少ないです。

対応していないマンションでNURO光を導入したい場合は、結局戸建てタイプと同じ5,200円(税込)になります。

例えばNURO光に未対応で、且つauひかりマンションに対応している物件であれば、auひかりの方が安く使えるということになります。

2.速度の評判

2つ目は、「ネット回線の速度の評判」です。

公式に発表されている最大通信使速度においてはNURO光の方が速いです。

auひかりNURO光
最大1Gbps最大2Gbps

しかし、これはあくまでも「最高の環境を整えれば、これだけの速度が出るはずだ」という理論値で、家庭の環境で実際にここまでの速度が出ることはまずありません。

ネット回線の速度は利用者数や環境によって大きく左右されるため、実際に使ってみないとわからない部分が大きいのです。

そのため、実際に利用している方の評判や口コミも参考にしましょう。

Twitterなどで『auひかり 速度』『NURO光 速度』と検索してみると、実際に利用している方の評判や速度測定結果を見ることができます。

一部紹介いたします。

この方は両社で悩んだ結果、最終的にauひかりに決めたそう。

どちらかというとNURO光に興味があったようですが、auひかりで満足できたようです。

auひかりとNURO光両社の回線を使っているという、なかなかなレアケース。

auひかりのほうが安定して良い結果が出ているようです。

この方はauひかりから、より最大通信速度が速いNURO光へ乗り換えたそう。

しかし、auひかりを使っていた時に比べて速度が遅くなってしまったようです。

このように、公表されている最大速度というのはあくまでも理論値であり、その通りの結果にならないというケースも多々あります。

とはいえ、実測値で100Mbps以上の速度が出ていればかなり快適で、実生活において困ることはまずないでしょう。

auひかりもNURO光も、速度についてはあまり心配する必要はありません。

3.開通までの期間

3つ目は、「開通するまでどのくらいの期間がかかるか」です。

ハッキリ言いましょう。

NURO光の方が開通するまでにかかる期間が長いです。

戸建てタイプの申し込みから開通までの目安は、auひかりは約1ヶ月なのに対し、NURO光は約1~3ヶ月。

期間がかかる理由は、「NURO光は工事を2回行わなければならないから」です。

ほとんどの光回線は1回の工事のみで開通します。

auひかりももちろん1回です。

しかし、NURO光は「宅内」と「屋外」で2回に分けて開通工事を行わなければなりません。

しかも2回とも立ち会いが必要になるため、日程の調整が難しいというデメリットもあります。

なぜNURO光だけが2回も工事をしないといけないのでしょうか?

理由は、「宅内と宅外で、工事業者が別だから」です。

1回目の宅内工事は「So-net」が、2回目の屋外工事は「NTT」が行います。

宅内工事完了後、So-netが工事依頼を出しNTTからの返答を待つのですが、このやり取りに時間を要することが、NURO光の工事が遅くなってしまう原因と言われています。

したがって、すぐにネットを開通させたい方は、NURO光は向いていないということになります。

4.申し込みキャンペーンの内容

4つ目は、「キャンペーンの充実度」です。

どちらもキャンペーンはおこなっていますが、充実度で比較するとauひかりに分があります!

NURO光のキャンペーン
  • 1年間月額料金980円(税込)キャンペーン
  • 43,000円キャッシュバックキャンペーン

※2つのキャンペーンは併用不可

auひかりのキャンペーン
  • auひかり乗りかえスタートサポート
    (他社回線の違約金を最大30,000円(※1)還元+上乗せ25,000円(※2)キャッシュバック)
  • 代理店独自のキャッシュバックキャンペーン
    (最大66,000円キャッシュバック)

※2つのキャンペーンは併用可

  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込

NURO光が行っている2つのキャンペーンは併用が出来ないのに対し、auひかりは申し込みキャンペーンと違約金還元キャンペーンの併用が可能です。

また、申し込みキャンペーンのキャッシュバック額もauひかりの方が上。

つまり、シンプルにキャッシュバックをたくさん受け取りたいという方は、auひかりがおすすめです!

ただし、auひかりを申し込む際は窓口に気を付けましょう。

申し込みだけで高額キャッシュバックが受け取れる窓口があれば、何ももらえない窓口もあるからです。

どこから申し込んでもauひかりのサービスや速度は変わらないので、どうせならキャッシュバックがもらえる窓口から申し込みましょう!

ここでは、『キャッシュバックをもらい忘れる心配が無い』と評判の代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーンを紹介します。

auひかりに決めた!という方は、ぜひチェックしてみてください。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

期間限定!特別キャッシュバックキャンペーン
10,000円増額キャンペーン
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

NNコミュニケーションズは現在、キャッシュバックが増額される特別キャッシュバックキャンペーンを展開しています!
auひかりの提携プロバイダにSo-netを選択し、スマホとのセット割を組むことでキャッシュバック額が10,000円分増額されるんです。

  • 内容:キャッシュバックを10,000円分増額
  • 条件:プロバイダに「So-net」を選択、「auスマートバリュー」または「UQモバイル 自宅セット割」を組む

尚、auスマートバリューやUQモバイル 自宅セット割はauひかり電話の申し込みが条件となっています。
つまり、NNコミュニケーションズから申し込み特別キャッシュバックキャンペーンを適用すると、自然に76,000円の高額キャッシュバックが受け取れることに!
今だけの期間限定キャンペーンですので、スマホとのセット割を適用予定の方は、絶対に活用しましょう。

NNコミュニケーションズからauひかりを申し込むと、下記2つの特典からどちらか好きな方を選んで受け取ることが出来ます。

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
キャッシュバック額60,000円60,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bはを選択した方は、下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
キャッシュバック額54,000円54,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
アイ・オー・データ WN-DEAX1800GR
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

NNコミュニケーションズは特典申請がとても簡単!

NNコミュニケーションズの特典申請は、申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけのとても簡単なシステムを導入しています。

その場で口座番号が分からなくても、後から送られてくるSMSのフォームから登録してもOK。

ですので、申請忘れや貰い忘れの心配が無く確実に特典が受け取れるんです!

代理店の特典でありがちな複雑な申請や、オプション加入などの面倒な条件も無し。

また、キャッシュバックは申し込みから最短1カ月で指定口座に振り込まれるという、このスピード感もありがたいです!

『公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安』という方もいらっしゃるかもしれません。

確かに世の中に怪しい代理店がいるのは確かですが、NNコミュニケーションズに関しては毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っているので、信頼できる代理店と言って良いでしょう。

キャンペーンページには、実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトはチェックしておきましょう!

お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店

auひかりの申し込み窓口比較表【代理店・プロバイダ・公式】

auひかりののおすすめ申し込み窓口3社のキャンペーン内容を比較表にまとめました。

NNコミュニケーションズは代理店、GMOとくとくBBはプロバイダ、KDDIはauひかりの運営会社です。

\おすすめ
auひかり キャッシュバックキャンペーン
NNコミュニケーションズ


GMOとくとくBB
KDDI
公式
ホーム
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
3年間の月額料金
4,000円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
マンション
申込特典
赤二重丸
60,000円
キャッシュバック
青丸
2年間の月額料金
2,860円(税込)
緑三角
10,000円相当
還元
適用条件赤二重丸
特になし
緑三角
ひかり電話加入
緑三角
ひかり電話加入
au one net選択
進呈時期赤二重丸
最短1カ月
赤二重丸
開通の翌月から
緑三角
最短4カ月
公式特典赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
サイト

ご覧の通り、全体的にNNコミュニケーションズのキャンペーン内容が勝っていることが分かります。

特典申請も不要でキャッシュバックを受け取り忘れる心配が無いので、auひかりの申し込みならNNコミュニケーションズを選んでおけば間違いなしでしょう!

\60,000円のキャッシュバックが貰える!/

まとめ

今回は、auひかりとNURO光どちらにしようか迷っている方に、どちらの回線がおすすめなのかを解説してきました。

最後にもう一度整理しておきましょう。

auひかりがおすすめな人
  • ご自分かご家族がauスマホを契約している方
  • 他社回線からの乗り換えで違約金が掛かる方
  • プロバイダを選びたい方
  • 高額キャッシュバックが欲しい方
NURO光がおすすめな人
  • ご自分かご家族がSoftBankスマホを契約している方
  • 月額料金を出来るだけ安く抑えたい方
  • 申し込みから開通まで時間が掛かっても大丈夫な方

どちらも魅力的な光回線であることには変わりはないですが、総合的に見るとauひかりが一歩リードしているかな、という感じはします。

ご自分の環境に照らし合わせて、ピッタリな光回線をお選びください。

タイトルとURLをコピーしました