auひかりの料金が高い理由3つ!請求額がおかしい!?プランや内訳を戸建てとマンション別に解説!

  • URLをコピーしました!

光回線のauひかりの料金って他社と比べて高いの?高い理由は?」

auひかりの請求額がおかしいのはなぜ!?理由を知りたい!」

「auひかりの料金プランを戸建てとマンション別に知りたい!」

光回線のおすすめとして必ず名前が挙がるのがauひかりですが、auひかりの評判を見て料金が高いと感じている方もいると思います。

auひかりのプロバイダは種類が多く好きなものを選べるし、auひかりのキャンペーンも充実しているので、人気の光回線であるものの、使って見たらやっぱり料金が高かった…という人もいると思います。

そこでこの記事では、auひかりの料金について料金が高い理由や請求額がおかしい理由、料金プランや料金の内訳を戸建て・マンション別に解説していきます。

結論をまとめると、以下のようになります。

auひかりの料金は高い?料金に関する評判

全体的に「高い」と感じる方が多い

悪い評判
・キャッシュバックでお得感があるが月額料金が高い
・家族が多いと安いが一人だと高い

良い評判
・家族が多いとスマホの料金が安くなる
・スマホセット割にすると高くない
・キャッシュバックを含めると安い

⇒auひかりの月額料金について詳しい解説を読むならコチラ!

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかりの請求額がおかしい場合の主な原因3つ

  1. 余計なオプションに加入していた(割引期間の終了)
  2. 通話料金が思ったより高かった
  3. 提携プロバイダの料金が高くなった

⇒auひかりの請求額について詳しい解説を読むならコチラ!

・auひかりの料金プランと内訳(戸建て・マンション別)

≪auひかりの戸建ての料金プラン≫

  • auひかりの戸建てには「ずっとギガ得プラン」・「ギガ得プラン」・「標準プラン」がある
  • auひかりは戸建ての場合、長期契約になるのでずっとギガ得プランがおすすめ

・ずっとギガ得プランの料金一覧

利用年数月額基本料の内訳月額基本料の合計
1年目5,610円+550円(電話利用料)6,160円
2年目5,500円+550円(電話利用料)6,050円
3年目以降5,390円+550円(電話利用料)5,940円
※プロパイダ・機器レンタル料込(無線LAN月額レンタル料は除く
  • ずっとギガ得プランとギガ得プランは契約解除料が発生する(更新月の当月・翌月・翌々月を除く)

契約解除料

  • ずっとギガ得プラン⇒16,500
  • ギガ得プラン⇒10,450

≪auひかりの戸建ては5ギガと10ギガに新規契約・速度変更できる≫

  • ただし、提供エリアは限られる
  • 5ギガは料金が変わらず速度5倍(プロパイダau one net利用の場合)
  • 10ギガは超高速スタートプログラム適用で+858円で利用できる(プロパイダau one net利用の場合)

≪auひかりマンション≫

  • auひかりマンションは配線方式により8つのタイプがあり、契約戸数によって料金が異なる
  • auひかりマンションのタイプG料金 〈お得プラン:4,730円  標準プラン5,940円〉
  • auひかりマンションのタイプV料金  〈お得プランA:4,730円  標準プラン:4,730円〉
  • auひかりが導入されていないアパートやマンションは、auひかりホームを契約することができる

⇒auひかりの料金プランについて詳しい解説を読むならコチラ!

この記事を読んでわかること

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

目次

auひかりの料金は高い!?請求額がおかしい!?評判や原因と対処法を解説!

auひかりの料金は高い?料金に関する評判

全体的に「高い」と感じる方が多い

悪い評判
・キャッシュバックでお得感があるが月額料金が高い
・家族が多いと安いが一人だと高い

良い評判
・家族が多いとスマホの料金が安くなる
・スマホセット割にすると高くない
・キャッシュバックを含めると安い

auひかりの料金に関する評判はどちらかというと「高い」と感じている方が多いようです。

理由としては、スマホとのセット割の関係で一人だと「高い」、家族が多いほど「安い」と感じている方が多かったですね。

また、キャッシュバックやポイント還元があって始めはお得感が感じられるが、月額料金は「高い」と感じるようです。

auひかりの請求額がおかしい場合の主な原因3つ

  1. 余計なオプションに加入していた(割引期間の終了)
  2. 通話料金が思ったより高かった
  3. 提携プロバイダの料金が高くなった

auひかりの請求額がおかしい場合の対処法

まずはauひかりの請求明細を確認しましょう。

  • My auにログイン
  • 「料金内訳を確認する」をクリック
  • 暗証番号入力後、「次へ」をタップしてWEB請求書を確認

余計なオプションを解約し、通話時間を減らすことが請求額を安くするのに有効です。

※電話での問い合わせ先 ➡ 0077-777 or 0120-22-0077

「auひかりを利用しているが、最近料金が高い・・・」

「auひかりの請求額がおかしいから、その原因と対処法が知りたい・・・」

「auひかりの料金に対する世間の評判が知りたい・・・」

そんな方に是非読んでいただきたい内容です!

auひかりの料金は高いのか、料金に関する世間の評判をまとめています。

また、auひかりの請求額がおかしいと感じている方に向けて原因や対処法も詳しく解説しています。

auひかりの料金は高い?料金に関する評判を徹底調査!他の光回線とも料金を比較!

ここでは、auひかりの料金は高い?という疑問を解消していきます。

料金に関する評判を徹底調査していますので、auひかりの料金に対する評判を知ることができます。

また、auひかり以外の他の光回線とも料金を比較してまとめていますので、参考にしてください。

まず簡単にauひかりの料金に対する評判、他の光回線との料金比較をまとめます。

auひかりの料金は高い?料金に関する評判

悪い評判
・最初はキャッシュバックがあってお得感があるが、月額料金が高い。
・家族が多いと安いが、一人だと高いと感じる。
・高く感じる。年々高くなっている。

良い評判
・安い。家族が多いほどスマホの料金が安くなるのがいい。
・スマホとセット割にするとそう高くない。
・キャッシュバックを含んで考えると安い。

他の光回線との料金比較

auひかりとその他の光回線8社のプロバイダ料金を含めた基本料金を比較しました。

光回線名基本月額料金(税込)
戸建てマンション
auひかり6,160円~4,730円~
ドコモ光5,720円~4,400円~
ソフトバンク光5,170円~4,180円~
NURO光5,200円~2,090円~
ビックローブ光4,980円~3,980円~
楽天ひかり5,280円~4,180円~
eo光5,448円~3,876円~
コミュファ光4,741円~4,620円~
ソネット光5,580円~4,480円~

一概にはいえませんが、基本的にauひかりは他の光回線と比較して「料金が高い」といえます。

はじめにauひかりの料金に関する評判について詳しく解説します。

ネットに書かれている知恵袋などの口コミに加えてアンケートも行い、徹底的に調査しました。

auひかりの料金に関する評判はどちらかというと「高い」と感じている方が多いようでした。

しかし、auひかりの料金に関する評判は家族の人数等によって評判が大きく異なりました。

auひかりの料金に関する評判の傾向をまとめると、以下のような声が多くありました。

auひかりの料金に関する評判の傾向

  • スマホとのセット割の関係で一人だと「高い」、家族が多いほど「安い」と感じている方が多い。
  • キャッシュバックやポイント還元があって始めはお得感が感じられるが、月額料金は「高い」

それでは、auひかりの料金に関する悪い評判、良い評判を具体的にみてみましょう。

auひかりの料金に関する悪い評判

キャッシュバックもあったりでとてもお得だと思ったが、その期間がなくなると月1万円近く払っているので高いのではないかと最近思っている。

ただ最初に大きな金額がキャッシュバックで返ってきたのでお得感はとてもよかった。しかし月額を考えたら、キャンペーン期間が終わっても使い続けるのはもったいない気がしてならない。

30代以上女性/大分県大分市/戸建て2人暮らし/ホーム1ギガ/プロバイダSo-net

auひかりでは申込時に高額のキャッシュバックがあるので、はじめはお得感を感じられるようです。ただ、キャンペーンの期間を過ぎると月額料金が高く感じることがわかります。

利用料金満足度 ★1

料金高し速度は今ひとつ。
高額キャッシュバックもあるためか、強気の料金設定です。

(プロバイダ BIGLOBE/熊本県)

引用元:価格.com

速度やサービスを踏まえたうえで、それにしては高いという声も散見しました。最初が安いからこそ月額料金が高くなってしまうのも痛手ですね。

最初の2ヶ月無料だったり、家族が多い時には安いと思いましたが、一人だと高いと感じます。プロバイダーの料金が高いです。

50代以上女性/長野県諏訪市/戸建て1人暮らし/ホーム1ギガ/プロバイダSo-net

家族が多いと割引があり安いと感じる反面、一人だと高いと感じるようです。また、auひかりの料金にはプロバイダの料金も関係していることが分かります。

料金は高く感じる。通話しなくても携帯代合わせた料金が1万7千円なのは少々痛手に感じてしまう。年々高くなっている。

30代以上男性/東京都葛飾区/アパート1人暮らし/ホーム5ギガ/プロバイダ@nifty

携帯代と合わせて2万円弱は高いですね。長年のauひかりユーザーからは年々高くなっている!という声も多くありました。

以上4人の方の評判をみてみましたが、始めのキャッシュバックはいいけどその分月額料金が高い家族が一人だと高い年々高くなっている傾向にある、と言えそうです。

auひかりの料金に関する良い評判

安いとおもいます。家族の人数が多いほどスマホの月額の料金も安くなるので契約して良かったとおもいます。

20代以上女性/広島県広島市/マンション4人暮らし/マンションタイプ/プロバイダBIGLOBE

auひかりの料金は家族の人数が多い方ほど、評判がいいことがわかりました。スマホとのセット割が利用できる方で家族が多い方はauひかりをお得に使えそうですね。

ネットで調べると、auひかりは高いという情報を見かけたが、スマホのセット割りにするとそう高くはないと感じる。

30代以上女性/沖縄県南城市/戸建て5人以上/ホーム10ギガ/プロバイダ@nifty

auひかりの料金が高いという声もやはり多いようですが、スマホとのセット割を利用すれば他社と比べてそう高くはないということが分かります。

安くもなく高くもない。他社と大体同じくらいだと感じた。ただポイント還元が多いのはありがたいとおもう。

20代以上女性/神奈川県川崎市/戸建て2人暮らし/ホーム5ギガ/プロバイダBIGLOBE

auひかりの料金は決して安いというわけではなさそうですが、ポイント還元でお得に利用できるのはいいところですね。

利用料金満足度 ★5

速くて安定、そして安い。これぞ最高。
キャッシュバックなど含んで考えると、地域での光回線では一番か二番に安いほうでした。

(プロバイダ BIGLOBE/東京)

引用元:価格.com

回線速度等のサービスに満足している分安いと感じるという声もあるようです。また、キャッシュバックなどをトータルで考えると高くないという意見もありました。

以上4人の方の評判をみてみましたが、家族の人数が多いほど安いスマホとのセット割でお得になる、と言えそうです。

ここまでauひかりの料金に関する悪い評判も良い評判も見てきましたが、自身の家族の人数やスマホのキャリア等を含めて他社の光回線と検討することをおすすめします。

続いて、他の光回線との料金の比較を詳しく解説します。

上記の表で示した通り、auひかりの料金は他の光回線と比べて基本月額料金が高いといえます。

ただし、上記の表はサービスの内容やキャンペーン特典を加味していません。

実際は、サービスの内容(回線速度等)や実施しているキャンペーンも料金を比較する上で重要となります。

ですので、auひかりの料金が高いと一概には言えませんが、基本的には高い傾向があるといっていいでしょう。

⇒「公式サイト」でauひかりの料金プランについていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかりの請求額がおかしい事例を知恵袋などで徹底調査!7000円って何?原因と対処法を解説!提携プロバイダの料金が高くなったのが原因?

ここでは、知恵袋などで徹底調査したauひかりの請求額がおかしい事例を紹介します。

7000円とはなにか?気になっている方も是非ご覧ください!

請求額がおかしい原因や対処法、提携プロバイダとの関係までわかりやすく解説します。

まずは簡単にauひかりの請求額がおかしい事例及び原因と対処法をまとめます。

auひかりの請求額がおかしい事例と原因

  • 余計なオプションに加入していた
  • 通話料金が思ったより高かった
  • auひかりを契約したばかり
  • 割引期間が終了した
  • 提携プロバイダ料金が高くなった

auひかりの請求額がおかしい場合の対処法

auひかりの請求明細を確認しましょう。(確認方法は以下)

  • My auにログイン
  • 「料金内訳を確認する」をクリック
  • 暗証番号入力後、「次へ」をタップしてWEB請求書を確認

余計なオプションを解約し、通話時間を減らすことが請求額を安くするのに有効です。

※電話での問い合わせ先 ➡ 0077-777 or 0120-22-0077(9時~18時)

auひかりでは月額料金が7,000円を超えていると平均より高く、オプションや通話を見直すことで料金を抑えることができる可能性が高いと言えます!

はじめにauひかりの請求額がおかしい事例について詳しく解説します。

auひかりの請求額がおかしい、思ってた金額と違う、急に上がったという声について口コミやアンケートで徹底調査しました。

その結果、上記のような事例及び原因が多いことが分かったので、わかりやすく解説します。

それでは、auひかりの請求額がおかしい、思ってた金額と違う、急に上がったという声に関して具体的に見ていきましょう。

今auひかりでネット代約7000円位支払ってて高いです。
→問い合わせしたら今までで今使用期間2年ちょいで基本料金が5400円のみたいでWi-Fi500円がオプションで付いてました

引用元:ヤフー知恵袋

知恵袋では月額料金が高いからと確認してみた結果、基本料金に加えてオプションがついていた!との事例がありました。

初回のキャンペーン等で余計なオプションがついたままになっている可能性もあるので、請求額が高いと感じる方は一度請求内訳を確認してみることをお勧めします!

ひかり電話契約しているせいなのか、毎月7000掛かる。
使わないオプション外して欲しいとカスタマーに問い合わせしたが対応してもらえず。
長年利用して、最近6000代まで下がった

40代以上男性/北海道北見市/マンション3人暮らし/マンションタイプ/プロバイダBIGLOBE

余計なオプションを外すことで、実際に価格を抑えることができたという声もありました。

使ってないのに請求されている金額があるのは、もったいないですね。

この方は問い合わせした際にすぐに対応してもらえなかったようですが、オプション解約に関してはネット上でMy auから簡単に手続きをすることができます。

このように、オプション料金で請求額が高いいうパターンがほとんどでしたが、他の事例も紹介します。

通話サービスを利用している場合は、通話料金が思ったより高く、通話時間を減らすことで価格を抑えられたという声もありました。

また、auひかりを契約したばかりの方は初回工事費や手数料の関係で請求額がおかしい!違う!と感じてしまう場合もあるようです。

新規での契約でかかる費用は事前に確認しておくようにしましょう。

さらに、auひかりではキャンペーン等も多く行われており、最初のうちは適用されていることが多いです。

請求額が急に上がった!という方の原因はこの内容のことが多いです。

キャンペーン期間が過ぎて割引がなくなって月額料金が急に上がることがあるので、キャンペーン期間も把握しておくことをお勧めします。

月額料金が急に上がった原因として、提携プロバイダ料金が高くなったという事例もあるようです。

月額料金の中には必ずプロバイダ料金も含まれるので、お得なプロバイダを選択できているのかも見直してみるのも手です。

このように、主に5つの請求額がおかしい事例及び原因を説明しました。

その内容に関連して、auひかりの料金について検索をすると「7000円」というワードがよく出てきます。

実際、auひかりの料金に関するアンケート調査でも上記のように7000円というワードが挙がっていました。

7,000円という金額はauひかりの平均的な月額料金に対して、少し高い金額となります。

現在auひかりの月額料金が7,000円~8,000円以上かかってている方は、オプションや通話を見直すことで料金を抑えることができる可能性が高いので、自身の請求内容内訳を確認してみましょう。

続いて、請求額がおかしい場合の対処法を解説します。

請求額がおかしい!思っていたのと違う!高くなった!と感じた場合は、自身の請求額内訳を見てどの項目が原因なのか、確認する必要があります。

ここで、auひかりの請求明細を確認する方法を解説します。

請求明細の確認方法

1. My auにログイン

2. 「料金内訳を確認する」をクリック

イメージ

出典:auひかり公式HP

3. 暗証番号入力後、「次へ」をタップしてWEB請求書を確認

イメージ

出典:auひかり公式HP

上記のような方法でネット上で簡単に請求明細を確認することができます。

自身の明細を「余計なオプションがついていないか」や「通話料金はいくらかかっているか」をポイントに確認しましょう。

今一度、基本料金や手数料の項目を確認することも重要です。

余計なオプションがある場合は解約したり、通話料金が高い場合は通話時間を見直したり、原因に合わせて対処しましょう。

オプションの解約に関しては、My auから手続きが可能です。

ただ、請求内訳を見ても請求額が急に上がった原因や思っていたのと違う原因が分からない場合や内容の理解できない請求がある場合もあるかと思います。

そんなときは電話でお問合せすることもできますので、ご安心ください。

電話でのお問合せ先

■auひかりサポートセンター ➡ 0077-777

■上記の番号が使用できない場合 ➡  0120-22-0077

※9時~18時、年中無休、通話料無料

ここまで、auひかりの請求額がおかしい事例及び原因と対処法について詳しく解説しました。

⇒「公式サイト」でauひかりの請求額についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかりの料金プランを戸建てとマンション別に解説!プロバイダ料金との内訳についても解説!

・auひかりの料金プランとプロパイダについて

≪auひかりの戸建ての料金プラン≫

  • auひかりの戸建てには「ずっとギガ得プラン」・「ギガ得プラン」・「標準プラン」がある
  • auひかりは戸建ての場合、長期契約になるのでずっとギガ得プランがおすすめ

・ずっとギガ得プランの料金一覧

利用年数月額基本料の内訳月額基本料の合計
1年目5,610円+550円(電話利用料)6,160円
2年目5,500円+550円(電話利用料)6,050円
3年目以降5,390円+550円(電話利用料)5,940円
※プロパイダ・機器レンタル料込(無線LAN月額レンタル料は除く
  • ずっとギガ得プランとギガ得プランは契約解除料が発生する(更新月の当月・翌月・翌々月を除く)

契約解除料

  • ずっとギガ得プラン⇒16,500
  • ギガ得プラン⇒10,450

≪auひかりの戸建ては5ギガと10ギガに新規契約・速度変更できる≫

  • ただし、提供エリアは限られる
  • 5ギガは料金が変わらず速度5倍(プロパイダau one net利用の場合)
  • 10ギガは超高速スタートプログラム適用で+858円で利用できる(プロパイダau one net利用の場合)

≪auひかりマンション≫

  • auひかりマンションは配線方式により8つのタイプがあり、契約戸数によって料金が異なる
  • auひかりマンションのタイプG料金 〈お得プラン:4,730円  標準プラン5,940円〉
  • auひかりマンションのタイプV料金  〈お得プランA:4,730円  標準プラン:4,730円〉
  • auひかりが導入されていないアパートやマンションは、auひかりホームを契約することができる

※管理会社への確認は必須

≪auひかりのプロパイダについて≫

  • auひかりの主要なプロパイダは8社ある
  • auひかりはプロパイダ込みの料金のため、プロパイダによって月額基本料金の変動はない
  • プロパイダの特典により、キャッシュバックや月額料金の割引は変わる

≪auひかりのおすすめプロパイダ2選≫

  1. so net:キャッシュバック:最大72,000円
    ⇒NNコミュニケーションズから申し込むと最短1ヶ月から受け取り!
  2. GMOとくとくBB:キャッシュバック:最大92,000円+違約金負担最大30,000円+高性能Wi-Fiルータープレゼント)
    ⇒最短で11ヶ月後から受け取りのため受け取り忘れのリスクはあるが、キャッシュバック額は大きい

「auひかりはプロパイダもたくさんあるし、料金プランもいろいろあって選ぶのが難しそう」「10ギガや5ギガだと月額料金は高くなるの?」「総合的に見ておすすめのプロパイダは?」など、auひかりを契約するにあたり悩む方も多いと思います。

「よく分からないから、なんとなくこれで良いかな」とならないよう、ご自分のネット利用状況に合わせた料金プランやプロパイダを選択できるよう、auひかりのプラン別の料金や戸建て・マンション別の月額料金などについて解説していきます。

auひかりの料金プランを戸建てとマンション別に解説!5ギガなど速度別の料金一覧も紹介!

auひかりの料金は、戸建て(auひかりホーム)とマンション(auひかりマンション)によって異なります。

また、戸建て(auひかりホーム)とマンション(auひかりマンション)の中にもさまざまなプランがあり、それぞれ利用料金や契約期間などが違います。

そこで、auひかりの料金プランを戸建てとマンション別に、それぞれ詳しく解説していきます。

auひかりの戸建ての料金プランは?5ギガや10ギガの速度別料金は?

≪auひかりの戸建ての料金プラン≫

auひかりの戸建ての料金プランは3つあります。

・auひかりの戸建ての料金プラン

  • ずっとギガ得プラン(3年契約)
  • ギガ得プラン(2年契約)
  • 標準プラン(契約期間の縛りなし)

基本サービスは、「インターネット」「電話」「テレビ」のことで、「インターネット+電話」を申し込むことでauスマホをお得に利用できるauスマートバリューの利用が可能となります。

画像出典先:au公式サイト

auひかりのプランの料金一覧は以下になります。

・auひかりのずっとギガ得プラン(1ギガ)の月額料金(ネット+電話)一覧

※プロパイダ・機器レンタル料込(無線LAN月額レンタル料は除く

利用年数月額基本料の内訳月額基本料の合計
1年目5,610円+550円(電話利用料)6,160円
2年目5,500円+550円(電話利用料)6,050円
3年目以降5,390円+550円(電話利用料)5,940円

・auひかりのギガ得プラン(1ギガ)の月額料金(ネット+電話)

月額基本料金の内訳合計
5,720円+550円(電話利用料)6,270円

・auひかりの標準プラン(1ギガ)の月額料金(ネット+電話)

月額基本料金の内訳合計
6,930円+550円(電話利用料)7,480円

このように、3つのプランで月額基本料は異なります。

戸建ての契約となると、基本的には長期的な契約になると思うので、長く利用するほど月額料金が割引される「ずっとギガ得プラン」がおすすめです。

また、「ずっとギガ得プラン」は契約しているプロパイダによりますが、開通月は無料となっています。

≪初期費用・登録費用≫

auひかりは3,300円(税込)の新規登録料(事務手数料)が、初月のみ請求されます。

初期費用には工事費も含まれており、分割回数がプランによって異なります。

・auひかりの戸建てのプラン別初期費用一覧(au one netの場合)

プラン初期費用分割回数・料金
ずっとギガ得プラン41,250円1,178円/35回
ギガ得プラン・標準プラン41,250円1,793円/23回

契約解除料

解約する際は、解約時期により契約解除料が発生し、プランによって解除料は変わります。

・auひかりプラン別契約解除料一覧

プラン契約解除料
ずっとギガ得プラン2022年6月末までに新規申し込みの場合⇒16,500円
2022年7月頭以降に新規申し込みの場合⇒4,730円
ギガ得プラン2022年6月末までに新規申し込みの場合⇒10,450円
2022年7月頭以降に新規申し込みの場合⇒4,460円
標準プランなし

契約満了月の当月・翌月・翌々月の3ヵ月に解約した場合は契約解除料は発生しません。

≪auひかりホーム10ギガ・5ギガ≫

auひかりは次世代高速インターネットとして、「auひかりホームV(5ギガ)」「auひかりホームX(10ギガ)」に新規契約・速度変更できるサービスがあります。

こちらは提供エリアが限られており、<東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県>の一部エリア限定のサービスです。

⇒auひかりホーム10ギガ・5ギガの提供エリアを調べるならこちら!

⇒すでにauひかりホームをご利用中で、速度変更をご希望の方はこちら!

・auひかりホーム5ギガ・10ギガのサービス内容

  • auひかりホーム5ギガは料金そのままで速さ5倍!
  • auひかりホーム10ギガは+1,408円で速さ10倍!
  • プロパイダをau one netに契約することで高速スタートプログラムが適用できる
  • 高速スタートプログラムを適用するとauひかりホーム10ギガの料金が1,408円⇒858円に割り引かれる(3年間)
  • さらに対象期間中に「ホーム10ギガ(au one net)」に申し込むことで「auひかり10ギガスタート割引」が適用!
  • 最大10,296円割り引かれる(858円/月×12ヵ月)
  • 1年間はauひかりホーム1ギガと月額利用料が同額でお得に利用できる

auひかりホーム5ギガはプロパイダを「au one net」と契約し「ずっとギガ得プラン」適用の場合、高速スタートプログラムが適用され、3年間は高速通信料の550円が割引されるので、通常の料金と変わりなく6,160円(税抜)/月(ネット+電話)で利用できます。

4年目以降はauスマートバリューに加入することで、引き続き高速通信料の550円の割引は継続できます。

・auひかりホーム5ギガの月額利用料金(ずっとギガ得プラン)の内訳一覧

契約年数 月額利用料
1年目6,160円
(内訳)
5,610円+550円(電話利用料)+550(高速サービス利用料)-550円(超高速スタートプログラム適用)
2年目6,050円
(内訳)
5,500円+550円(電話利用料)+550円(高速サービス利用料)-550円(超高速スタートプログラム適用)
3年目5,940円
(内訳)

5,390円+550円(電話利用料)+550円(高速サービス利用料)-550円(超高速スタートプログラム適用)
4年目5,940円
(内訳)
5,390円+550円(電話利用料)+550(高速サービス利用料)-550円(auスマートバリュー加入限定割引)

auひかりホーム10ギガは、上記の5ギガと同じ条件で契約となると、高速サービス利用料が1,408円/月かかるので月々の月額利用料は以下となります。

・auひかりホーム10ギガ月額利用料(ずっとギガ得プラン)内訳一覧

契約年数 月額利用料
1年目6,160円
(内訳)
5,610円+550円(電話利用料)+1,408円(高速サービス利用料)-550円(超高速スタートプログラム適用)-858円(10ギガスタート割引)
※1年間
2年目6,908円
(内訳)
5,500円+550円(電話利用料)+1,408円(高速サービス利用料)-550円(超高速スタートプログラム適用)
3年目6,798円
(内訳)

5,390円+550円(電話利用料)+1,408円(高速サービス利用料)-550円(超高速スタートプログラム適用)
4年目6,798円
(内訳)
5,390円+550円(電話利用料)+1,408円(高速サービス利用料)-550円(auスマートバリュー加入限定割引)

「auひかりの10Gは月額料金が高くなるのか…」と思うかもしれませんが、在宅勤務の方や自宅でゲームなどをする方は、やはり速度と安定性を重視すると10ギガの方が快適に利用できます。

2023年4月

auひかり10ギガにしましたが、WiFiでも 安定してこのスピードが出ています!昼間は有線で1.2Gbpsまで出てました! これだけ早いと在宅勤務もノーストレスですね!

むしろ、会社の方が回線遅くてイライラするので、在宅勤務メインにするつもりです。 ちなみに、家のLAN回線はCat6aで引いています。

引用元:X

auひかりホームはネットの利用状況によって1ギガから10ギガまで選べるので自身の状況に合ったギガ数で契約することができます。

auひかりマンションのタイプ別とは?月額基本料の違いはある?

auひかりのマンションプランは、すでにauひかりの設備を導入済の集合住宅に住んでいる方を対象としたプランで、「インターネット」「電話」「テレビ」の3つのサービスを利用することができます。

そのため、auひかりが導入されていないマンションやアパートの場合はauひかりマンションは利用することができません。

auひかりマンションは、配線方式の違いなどによって8つのタイプがあり、契約戸数によって利用料金が異なります。

・マンションタイプGとマンションタイプVの料金プランの比較

タイプGタイプV
配線方式マンションの建物共用部まで光ファイバーが引き込まれているマンション向けのタイプ。

建物共用部から各戸までは既設の電話線を活用してマンション棟内の複数の契約者で共同利用する。


タイプGは通信の最大速度によりG契約とV契約がある。


G契約:下り664Mbps/上がり166Mbps
V契約:下り100Mbps/上がり100Mbps
V契約からG契約への変更はこちら
マンションの建物共用部まで光ファイバーが引き込まれているマンション向けのタイプ。

建物共用部から各戸までは既設の電話線を活用してマンション棟内の複数の契約者で共同利用する。


マンション棟内設備導入が完了すると、自動的にマンションタイプG(V契約)に切り替わる。


その場合マンションタイプG(G契約)への申し込みが可能。
タイプG(V契約)についてはこちら
月額利用料
【16契約以上】ネット+電話利用の場合

お得プラン:4,730円
標準プラン:5,940円

お得プランA:4,730円
標準プラン:4,730円
契約解除料2年単位の自動更新
2022年6月末日までの新規申し込みした場合:10,450円
2022年7月初日以降に新規申し込みした場合:2,730円
(更新月の当月・翌月・翌々月以外に解約した場合)
「お得プランA」は2年単位の自動更新
2022年6月末日までの新規申し込みした場合:7,700円
2022年7月初日以降に新規申し込みした場合:2,290円
(更新月の当月・翌月・翌々月以外に解約した場合

auひかりマンションはタイプ別に契約戸数や配線方式により、上記のような違いがあります。

「お得プランA」とは「機器レンタル料金」「インターネット回線サービス利用料」「プロパイダサービス利用料「おうちトラブルサポート」が月額利用料に含まれています。

「おうちトラブルサポート」は440円/月かかりますが、2年単位の契約をすることで月々の利用料金が標準プランよりお得になる料金プランです。

auひかりマンションには8つのタイプがあると上記で記載しましたが、各タイプ別に月額料金を一覧にまとめました。

・auひかりマンションの8つのタイプ別月額料金一覧

タイプ契約状況プラン+月額料金
マンションタイプG16契約以上
ネット+電話利用の場合
お得プラン:4,730円
標準プラン:5,940円
マンションタイプV16契約以上
ネット+電話利用の場合
お得プランA:4,730円
標準プラン:4,730円
マンション 都市機構G都市機構G DX-Gでネット+電話利用の場合お得プラン:4,730円
標準プラン:5,940円
マンションギガネットサービスのみの場合お得プランA:4,455円
標準プラン:4,455円
マンションタイプE16契約以上
ネットサービスのみの場合
お得プランA:3,740円
標準プラン:3,740円
マンション ミニギガネットサービスのみの場合お得プランA:5,500円
標準プラン:5,500円
マンション 都市機構都市機構 東日本/西日本DXでネットサービス
利用の場合
お得プランA:4,180円
標準プラン:4,180円
マンションタイプFネットサービスのみの場合お得プランA:4,290円
標準プラン:4,290円

auひかりマンションの初期費用(工事費含む)は33,000円かかりますが、プロパイダを「au one net」に契約した場合、初回1,443円割引・翌月以降1,434円が22ヵ月間割引されます。(合計33,000円)

各プロパイダにより内容や割引サービスは異なるので、詳細については各プロパイダを確認してください。

また、auひかりマンションは導入されていないアパートやマンションは利用できませんが、その場合auひかりホームで契約を結べる場合があります。

アパートでauひかりホームを契約した場合は、料金は上記に記載したauひかりの戸建てのプランと同一のものとなります。

アパートでauひかりホームを契約する際は3階以下の建物が条件となります。

また、契約する前に必ず管理会社にauひかりの回線工事を行って良いかの確認をしましょう。

賃貸の場合、原状回復義務というものがあり、退去する時に借りる前の状態に戻さなくてはなりません。

開通工事の際に壁に穴があけたり装置をつけたりする可能性があり、勝手に穴をあけると管理会社から高額な修理費を請求される可能性があります。

⇒「公式サイト」でauひかりの料金プランと内訳についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかりのネットのみの料金の内訳!プロバイダ料金についても解説!

auひかりのネットのみの料金の内訳についても調べてみました。

auひかりを契約中の方は、my auにログインすると月額料金の内訳が確認できます。

auひかりのネットのみの料金の内訳の場合は以下になります。

・auひかりのネットのみの料金の内訳

項目内訳内容
基本料金・auひかりインターネット回線利用料
・プロパイダ利用料
・機器レンタル料
割引・初期費用相当額割引
・高速通信割引
・各種プロパイダ割引
オプションホーム5ギガ・10ギガなど

上記はネットのみの内訳となりますが、auひかり電話などを契約した場合はオプションの項目に記載されます。

≪auひかりの提携プロパイダ≫

auひかりの主要なプロパイダは8社あります。

auひかりの月額基本料金はプロパイダ込みの料金なので、プロパイダによって月額基本料金が変わることはありませんが、各プロパイダの特典やキャンペーンにより、月々の利用料金が割引され、お得にauひかりを利用することができます。

ただし、auひかりはプロパイダを契約途中で変更できないため、プロパイダは慎重に選ぶ必要があります。

また、auひかりはプロバイダ選びに加えて、どの窓口から申し込むかも大事になるので、プロバイダ選びと窓口選びが重要になります。

≪So-net≫

auひかりのプロパイダのひとつにSo-netがあります。

・auひかり×So-netのおすすめ特典

  1. 72,000円のキャッシュバック
    +初期費用相当額を最大41,250円還元
    ※最短1ヶ月後から受け取り
    (NNコミュニケーションズ経由)
  2. so-netだと初年度の基本料金が980円/月で利用できる
    工事費 最大17,222円還元
    (So-net公式経由)

So-netを選ぶ場合、おすすめの特典として、上記の①(NNコミュニケーションズから申し込んでプロバイダにSo-netを選択する場合)と②(プロバイダのSo-netから申し込む場合)を選択することができます。

So-netで「初年度の基本料金が980円/月」の特典を選択した場合の月額料金の内訳は、以下になります。

・auひかり×so netの月額料金の内訳(戸建て・ずっとギガ得プランの場合)

ネット基本料金割引特典月額料金
5,610円-4630円(1~11ヵ月)980円
5,500円-4520円(12ヵ月目のみ)
-628円(13~23ヵ月)
980円
4,872円
5,390円-628円(24~35ヵ月)4762円

※割引額の合計は70,522円

内訳をご覧の通り、割引額は年々減額していきますが、auひかりのネット利用料金が初年度が980円/月で利用できるのはお得に感じますが、わずかにキャッシュバックでもらった方がお得です。

≪GMOとくとくbb≫

GMOとくとくbbもauひかり公式プロパイダのひとつです。

・auひかり×GMOとくとくBBの特典

  1. 最大92,000円のキャッシュバック(auひかり電話申し込みの場合)
  2. 10ギガ申し込みでさらに10,000円のキャッシュバック
  3. auひかり電話の基本料金(550円)が最大35ヵ月無料
  4. 他社回線からの乗り換えで最大30,000円還元
  5. auひかり電話同時申し込みで新規工事料相当額割引
  6. 高性能Wi-Fiルータープレゼント

GMOとくとくbbの場合は、ひかり電話を同時申し込みすることでauひかりの初期費用(工事費含む)が無料になる特典があります。

申し込みの際にずっとギガ得プランの場合は35回、ギガ得・標準プランの場合は23回払いを選択することで、初期費用(工事費含む)の分割払い相当額と同額の割引が適用され、実質工事費無料となります。(初期費用は41,250円となっています)

・auひかり×GMOとくとくBBの割料料金の内訳(戸建ての場合)

プラン初月割引金額(不課税)2~35ヵ月目の割引金額(不課税)
ずっとギガ得プランネット+電話】1194.6円
【ネット】644円
【ネット+電話】1178.1円
【ネット】628円
ギガ得プラン
標準プラン
ネット+電話】1,804円
【ネット】1,254円
【ネット+電話】1,793円
【ネット】1,243円

auひかりのプロバイダのおすすめについて解説!

auひかりのプロパイダは全部で8社あり、それぞれに特徴があります。

8つのプロパイダの特徴をふまえた上で、おすすめプロパイダの紹介をします。

また、上記でも記した通り、プロパイダの途中変更はできないためそれぞれの特徴をしっかり理解した上で契約をしましょう。

・auひかりの主要な提携プロパイダ8社

「8社もあったら選べない!」と迷う方もいると思います。

auひかりは工事費が最大41,250円と高額なため、プロパイダの特典に工事費無料があるか、自分に合った快適なネットライフが送れるか、キャンペーンは充実しているかなどを考慮してプロパイダを選びましょう。

・auひかり提携プロパイダ別の特典や割引料金の内訳を比較

プロパイダ特典/割引料金
So-net①キャッシュバック:72,000円
+初期費用相当額を最大41,250円還元
※最短1ヶ月後から受け取り
(NNコミュニケーションズ経由)
②1年間月額基本料980円
+工事費最大17,222円還元

(So-net公式経由)
※①②どちらかひとつ
GMOとくとくBBキャッシュバック:92,000円
+工事費相当額の割引
+auひかり電話基本料金

最大35ヵ月無料
+高性能Wi-Fiルータープレゼント

※最短で11ヶ月後から受け取り
BIGLOBE①キャッシュバック:66,000円
+初期費用相当額を最大41,250円還元
※最短1ヶ月後から受け取り
(NNコミュニケーションズ経由)
②キャッシュバック:最大86,000円
+ネット月額基本料が開通月無料

+工事費相当額の割引
(BIGLOBE公式経由)
※最短で11ヶ月後から受け取り
au one netauPAY 残高最大10,000円相当還元
+auひかりホーム5ギガ・10ギガ契約で
+高速サービス利用料から3年間で19,800円割引
+ネット+電話の申し込みで工事費相当額の割引
@niftyキャッシュバック:最大30,000円
+他社乗り換えで最大30,000円還元
+工事費相当額の割引

AsahiNet開通月無料
+2ヵ月目:586円・3~36ヵ月目571割引
@T COMキャッシュバック:40,000円
+他社乗り換えで最大30,000円還元
+工事費相当額の割引
DTIキャッシュバック:最大38,000円
+工事費相当額の割引

8つのプロパイダの中でのおすすめは、「So-net」と「GMOとくとくBB」です。

So-netは速度と接続が安定しており、正規優良代理店のNNコミュニケーションズから申し込んでプロバイダにSo-netを選択すると、最短1ヶ月後から72,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

また、現在は72,000円のキャッシュバックか、初年度のネット通信料が980円/月に割引される特典かを選ぶことができ、代理店のNNコミュニケーションズではなく、プロバイダのSo-net公式から申し込むと、1年間毎月ネット通信料が980円になる特典を選ぶことができます。

ちなみに、キャッシュバックと割引で比較すると、キャッシュバックのわずかにお得なので、どちらか迷う方にはNNコミュニケーションズから申し込んでキャッシュバックでもらう方をおすすめします。

例)戸建ての場合のキャッシュバックの最大は72,000円
  1年毎月980円になる割引を適用した場合の割引額の合計70,522円
⇒大きく変わらないが、キャッシュバックの方がわずかにお得!

GMOとくとくBBは、回線速度が速くping値も低いので、ゲームなどで回線速度を重視される方にはおすすめのプロパイダです。

GMOとくとくbbは工事費相当額の割引特典がついています。

auひかりのプロパイダをおすすめ順にまとめました。

・auひかりのおすすめプロバイダ2選

プロパイダ速度特典
おすすめNo1≫
So-net
平均ダウンロード速度:515.13Mbps
平均アップロード速度:518.93Mbps
平均Ping値:14.93ms
※接続は基本的には安定(安定しない場合も有り)

①キャッシュバック:72,000円
最短1ヶ月後から受け取り
(NNコミュニケーションズ経由)
②1年間月額基本料980円
+工事費最大17,222円還元

(So-net公式経由)
※①②どちらかひとつ
おすすめNo2≫
GMOとくとくBB
平均ダウンロード速度:666.24Mbps
平均アップロード速度:673.44Mbps
平均Ping値:12.68ms
※接続は不安定な場合あり
キャッシュバック:92,000円
+工事費相当額の割引
+auひかり電話基本料金

最大35ヵ月無料
+高性能Wi-Fiルータープレゼント

最短で11ヶ月後から受け取り

速度情報の参照先:みんそく

速度とは、インターネット通信でどれだけのデータ送受信ができるかの指標であり、速度が速いとそれだけ多くのデータを短い時間で転送できます。

Ping値は、デバイスとサーバーをデータが往復する時間のことで、数値が低いほど快適にインターネットを利用できます。

速度はわずかにGMOとくとくBBの方が速いですが、So-netも十分速いです。ドコモ光やソフトバンク光の平均ダウンロード速度が250~300Mbpsなので、So-netでも倍以上速いことがわかると思います。

なので、速度ではあまり差が付かないので、キャッシュバック額を少しでも多くもらい場合はGMOとくとくBBをおすすめしますが、受け取りまで時間がかかるので、もらい忘れのリスクに気を付けてください。

一方で、少しキャッシュバック額が少し減りますが、早く確実にキャッシュバックをもらいたい場合はNNコミュニケーションズから申し込んでSo-netを選択することをおすすめします。

このように、プロパイダによってこのようにさまざまな特徴があります。

さらに、auひかりは申し込み窓口によっても特典が異なるので、auひかりに契約をお考えの方は、ぜひ窓口のキャンペーンもチェックしてよりお得な特典をゲットし、快適なネットライフを送ってください。

⇒auひかりのプロバイダのおすすめについて詳しく知りたい方はコチラ!

⇒「公式サイト」でauひかりのプロバイダについていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかりの料金確認の方法!確認できない時の対処法についても解説!

・auひかりの料金確認の方法

1.My au(PC・スマホ)で確認する方法

  • ブラウザよりMy auにログイン※au IDとパスワードを用意
  • 料金内訳を確認する」をタップ
  • 暗証番号入力※契約時に設定した4桁の暗証番号
  • WEBde請求書にログイン後、「内訳を開く」をタップで確認できる

⇒詳しくはこちらから

2.My auアプリで確認する方法

  • My auアプリにログイン
  • 「ご請求額合計」
  • 「より詳細な内訳を確認する」
  • 暗証番号入力※契約時に設定した4桁の暗証番号
  • 「内訳を開く」をタップで確認できる

※暗証番号を同日内に3回間違えると翌日まで利用できなくなる

⇒詳しくはこちらから

3.電話で問い合わせる方法

問い合わせ窓口

0077-7061(無料)

0120-220077(上記電話番号で発信できない場合)

受付時間 9:00〜18:00(年中無休)

電話の混雑状況を確認⇒混雑予想カレンダー

・auひかりの料金が確認できない時の対処法

auひかりの料金が確認できない時はメッセージサポートに問い合わせてください。

メッセージサポートに問い合わせる3つの方法

  1. Webメッセージ(アプリ登録不要)から問い合わせる方法
  2. My auアプリから問い合わせる方法
  3. LINEから問い合わせる方法

AI回答⇒受付時間 24時間(年中無休)

アドバイザー回答⇒受付時間 10:00〜22:00(年中無休)

auひかりの料金確認の方法と確認できない時の対処法についても解説していきます。

auひかりの料金明細をアプリなどで確認する方法には、ブラウザから確認できるMy auの「Web de 請求書」とMy auアプリで確認できる2つの方法があります。

料金確認するには、問い合わせ窓口に電話する方法もありますが、混雑が予想されるのでブラウザやアプリなどの方が気軽に確認できますよ。

そして、auひかりの料金が確認できない時には、メッセージサポートに問い合わせると確認することができます。

メッセージサポートに料金を問い合わせる方法には、「Webメッセージ」「My auアプリ」「LINE」の3つの方法で確認できますね。

問い合わせた履歴なども残るので、後で確認することができて便利ですよ。

以下で詳しく解説していきます。

auひかりの料金明細をアプリなどで確認する方法!電話で問い合わせる方法も解説!

auひかりの料金明細をアプリなどで確認する方法と、電話で問い合わせる方法について解説していきます。

そして、auひかりの料金明細を確認する方法には、My au(PC・スマホ)「Web de 請求書」で確認する方法とMy auアプリで確認する方法の2つの方法があります。

まず、auひかりの料金明細をMy au(PC・スマホ)「Web de 請求書」で確認できることは以下の5つです。

My au(PC・スマホ)「Web de 請求書」で確認できること5つ

  1. 請求金額の内訳
  2. 過去6カ月分の請求額の一覧
  3. 過去6カ月分の請求書をPDFファイルでダウンロード
  4. 過去18カ月分の領収書をPDFファイルでダウンロード
  5. 過去3カ月分の通話明細の確認

そして、My auアプリでは「Web de 請求書」で確認できることに加えて、5つ便利機能が付いています。

auひかりのMy auアプリの便利機能5つ

  1. データ残量・データ利用量の確認
  2. 利用機種情報・契約情報の確認
  3. 契約プラン・オプションサービス・Pontaポイント・auPAYなどの確認や変更の手続き
  4. auショプの来店予約やオンラインショップでの購入や機種変更
  5. メッセージサポートへの問い合わせ

⇒My auアプリのダウンロードがまだな方はこちらから

My auアプリは「Web de 請求書」より簡単に、auひかりの料金明細を確認できます。

その他にも、確認できることや変更の手続きや、もしもわからないことなどあれば気軽に確認できる「メッセージサポート」も簡単にログインできますよ。

では、auひかりの料金明細をアプリなどで確認する方法や電話で問い合わせる方法を詳しく解説していきます。

1.My au(パソコン・スマホ)で確認する方法

パソコンのブラウザからMy auにログインしてください。

ログインするときには、au Idとパスワードを入力するところがあるので用意をしましょう。

パソコンの場合の画面

MyauWEB請求書のアクセス方法

画像出典:au公式サイト

スマホの場合の画面

MyauWEB請求書のアクセス方法

画像出典:au公式サイト

「料金内訳を確認する」をタップ後、暗証番号入力画面になるので契約の時に設定した4桁の暗証番号を入力してください。

ちなみに、暗証番号を同じ日に3回間違えると翌日まで利用できなくなるので気をつけてくださいね。

MyauWEB請求書のアクセス方法

画像出典:au公式サイト

次へで、WEBde請求書にログイン、その後「料金内訳を確認する」をタップしましょう。

auひかりの料金明細を確認することができます。

画像出典:au公式サイト

次は、My auアプリで確認する方法を解説します。

2.My auアプリで確認する方法

My auアプリにログインにログインしてください。

「ご請求額合計」をタップして、「より詳細な内訳を確認する」をタップします。

画像出典:au公式サイト

暗証番号入力画面になるので契約の時に設定した4桁の暗証番号を入力してください。

ちなみに、暗証番号を同じ日に3回間違えると翌日まで利用できなくなるので気をつけましょう。

画像出典:au公式サイト

次へをタップし、「内訳を開く」をタップで、auひかりの料金明細を確認することができます。

My auアプリをダウンロードがまだの人はこちらから

3.電話で問い合わせる方法

auひかりの料金明細の確認を電話で問い合わせる方法は、問い合わせ窓口(0077-7061)へ電話をするとオペレーターにつながります。

もし、発信できない場合はフリーダイヤル(0120-220077)に問い合わせてみてください。

音声ガイダンスにしたがって番号を押していくとつながります。(ガイダンスの途中でも大丈夫!)

電話での問い合わせは混雑が予想されるので、混雑予想カレンダーを活用してみるのもいいですね。

⇒「公式サイト」でauひかりの料金明細の確認方法についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりの料金が確認できない時の対処法について解説!

auひかりの料金が確認できない時の対処法

auひかりの料金が確認できない時はメッセージサポートに問い合わせてください。

メッセージサポートに問い合わせる3つの方法

①Webメッセージ(アプリ登録不要)から問い合わせる方法

  1. Webメッセージを開くとauサポートのチャット画面が開く
  2. 「au IDでログインして問い合わせ」をタップ
  3. au IDログインの画面※au IDとパスワードを用意
  4. 「メッセージに質問」をタップ
  5. 下にある「▼メニューを開く」でよくある質問のメニューが開く
  6. 無い場合は、問い合わせたいキーワードを入力

②My auアプリから問い合わせる方法

  1. My auアプリにログイン
  2. 右上のアイコンからメッセージサポートにログイン
  3. 下にある「▼メニューを開く」でよくある質問のメニューが開く
  4. 無い場合は、問い合わせたいキーワードを入力

⇒My auアプリの操作方法

③LINEから問い合わせる方法

  1. auサポートのLINE公式アカウントと友達になる
  2. 「au ID連携はこちらから」をタップ
  3. 許可するをタップ
  4. au IDログインでau IDとパスワードを入力
  5. 「ID連携する」をタップ
  6. 右上の「×」で画面を閉じる
  7. 「キーボードマーク」をタップ
  8. 問い合わせ内容を入力

AI回答⇒受付時間 24時間(年中無休)

アドバイザー回答⇒受付時間 10:00〜22:00(年中無休)

auひかりの料金が確認できない時の対処法について解説していきます。

auひかりの料金の内訳が確認できなかったり、自分の利用ではなかった場合や不安な時などに素早く回答してほしいですよね。

そんな時は、メッセージサポートに問い合わせてください。

メッセージサポートに問い合わせするには、「Webメッセージ」「My auアプリ」「LINE」の3つ方法がありました。

それぞれログインしたら、AIがチャットで回答してくれます。

メニューを開くと、よくある問い合わせが出てくるので選んで答えを探してくださいね。

よくある質問の中に無かったら、困り事を短い文章で入力すると、回答が出てくるので選択しながら解決していきましょう。

もし解決できないようでしたら、詳しいことはアドバイザーがサポートしてくれます。

内容は履歴として残るので、後で見返すこともできるので安心ですよ。

⇒My auアプリで過去の問い合わせの確認はこちら

⇒「公式サイト」でauひかりの料金の確認方法についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかりの料金の見直しのコツ!プラン変更の方法や安くなる詐欺についても解説!

・auひかりの料金の見直しのコツ

  1. 紙の請求書ではなく「WEB de 請求書」を利用する
  2. auひかりで実施しているauスマートバリューを使う(au携帯電話を契約)
  3. 料金プランと実際に使っている通信料の確認をする
  4. 支払い方法をクレジットカードにする
  5. 使用してないオプションについて確認する

・auひかりのプラン変更の方法

  1. パソコンでの手続き「My auにログイン
  2. 電話での手続き 0077-777(通話無料 受付時間:9:00~18:00/年中無休

・auひかりが安くなるという悪質な勧誘電話への対処法

auひかりの悪質な代理店から「モデムを交換すれば安くなる」といった勧誘電話が来る場合があります。

実際にはオプションをつけたり、不必要なモデムを購入させられたりなどして結果的に料金が高くなった事例もあります。

料金が安くなるといったことには確証もないことなので、そういった悪質な電話は断るようにしましょう。それでもしつこい場合は、代理店名を控えておき、下記の「auひかりサポートセンター」に連絡しましょう。

・auひかりサポートセンターの連絡先

0077-777(通話無料)

受付時間:9:00~20:00/年中無休

上記番号が利用になれない場合,0120-22-0077

auひかりの料金の見直しのコツ!シュミレーションの使い方も解説!

auひかりの料金を見直して安くしたいという方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、auひかりの料金の見直しのコツとauひかりの料金シミュレーションの使い方を解説していきます。

auひかりの料金の見直しのコツ

auひかりの料金の見直しの方法5つ

  1. 紙の請求書ではなく「WEB de 請求書」を利用する
  2. 料金プランと、実際に使っている通信料の確認をする
  3. auひかりで実施しているauスマートバリューを利用する(au携帯電話を契約)
  4. 支払い方法をクレジットカードにする
  5. 使用してないオプションサービスについての確認

と、このようにさまざまな見直し方法があります。

一つずつ解説していきますね。

支払い方法をクレジットカードにすることによって、口座振替やコンビニ払いの手数料を負担しなくて済みます。

そのため、少しでも安くしたい方にお勧めの方法です。

紙での請求書を発行している方は、紙の請求書を使って確認します。

ただ、紙での請求書を選んでいる方は、1請求につき220円もかかってしまうので、少しでも節約したい方には、無料で利用ができる「WEB de 請求書」を当サイトでは、推奨しています。

ちなみに、紙の請求書だと下のような請求書になっているはずです。

auの紙面での請求書

引用元:au

・au料金の請求書の見方

1.ご請求年月:請求書を発行する年月を記載しています

2.ご利用年月:請求対象の利用期間です。

3.口座振替日:口座から引き落としされる日です。

  • クレジットカード払いの場合、ご利用クレジット会社の規約に基づく振替日となります。

4.口座振替額:合計の請求額です。この金額で口座から引き落としされます。

5.金融機関名・支店名・口座番号:引き落としの口座情報です。

  • クレジットカード払いの場合は、カード番号の一部が表示されます。

6.ご請求コード:請求のくくりごとに割り当てられるコードです。
一部、申込の際に必要となる場合があります。

7.サービス別ご利用料金:契約サービスごとの利用料金の内訳(小計)です。

8.料金領収証:口座振替の場合、前回ご請求分の領収書を付随しています。

  • 窓口支払の場合は、払込用紙を付随しています。

auの料金の請求書の「利用料金のご案内」から確認が取れる料金は、サービス別の利用料金です。

この他に、詳しい内訳をみる場合は下記の「料金内訳書」から確認をします。

au料金内訳

引用元:au

・au料金の請求書の内訳の見方

1.au電話料金

auのスマートフォン、携帯電話、タブレット、データ通信端末などの利用料金の合計金額です。

  • プラン利用料
    通話やデータ通信の基本料とその割引額をまとめて記載しています。
  • 通話料
    通話、SMS(Cメール)を利用した金額です。
  • ユニバーサルサービス料
    ユニバーサルサービス(公衆電話、緊急通報)の確保・維持に必要な費用として負担する金額です。
  • 電話リレーサービス料
    聴覚や発話に障がいのある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介する電話リレーサービスを維持していくための費用として負担する金額です。電話リレーサービス制度について

2.auひかり料金

固定電話・TVサービス・インターネットサービスの利用料金です。
au one net以外のネットサービス利用料金は「3. auひかり(提携プロバイダ)料金」に記載されます。

3.auひかり(提携プロバイダ)料金

au one net以外のプロバイダをご利用の場合、プロバイダサービスの利用料金が記載されます。

料金の内訳は各プロバイダへ確認してください。

4.auでんき料金

でんき料金の詳細は でんきアプリ もしくは でんきWEBページ で確認してください。燃料費調整額 とは、地域の電力会社が算定した燃料費変動による調整額です。再エネ発電賦課金 とは再生可能エネルギー普及促進のために国が定めた負担金です。

5.auかんたん決済利用料

auのスマートフォンやPCなどで購入したデジタルコンテンツ・ショッピングなどの代金を月々のau通信料金と合算してお支払いできる決済サービスです。スマートパスなどパス系サービスもこちらに含まれます。

利用詳細は WEB で確認が取れます。

6.紙請求書発行手数料/その他料金

紙の請求書の発行手数料で220円(税込)/通となります。
なお、請求書はWEBでもご確認いただけます。紙請求書の廃止は My au で手続きできます。

7.総合計

その月のすべての請求の総合計です。

確認するべきところは、「2. auひかり料金」の部分です。

2. auひかり料金」では、契約サービスのプランや、オプションの請求額を確認することができます。

請求書を毎月、保管している場合は、月々の利用料金についてあらためて見直してみると良いかと思います。

ただ、次でお話しする「WEB de 請求書」を利用されている方は、過去6か月分の支払い料金をグラフで確認ができたり、PontaのポイントやauPayの残高も確認が取れます。

スマホ一つで請求書の確認がとれることや、無料で利用できる点などいろいろメリットがありますので、もしauひかりの料金の請求書を紙で発行しているのであれば、「WEB de 請求書」で発行することをおすすめします。

それでは次から、「WEB de 請求書」で請求書を確認している方向けに解説します。

まず、「WEB de 請求書」を利用している方は、「My auにログイン」にログインします。」

・PCからauひかりの料金の請求のアクセスの場合

料金内訳を確認するをクリック

引用元:au

ご請求金額」から「料金内訳を確認する」をクリックして確認します。

・携帯からauひかりの料金の請求のアクセスの場合

「My auアプリ」を持っていない場合、下記からインストールします。

・「My auアプリ」からインストールする方法

App Storeからダウンロード

App Store QRコード

Google Playで手に入れよう

Google Play QRコード

対応機種:5G/4G LTEスマートフォン(Android)、iPhone(iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5c除く)、4G LTEタブレット、iPad(iPad 第4世代除く)

対応OS:iOS 14.0以上、Android™ 7.0以上

(音声読み上げ機能の対応は、iOS 14.0以上、Android™ 8.0以上となります)

My auアプリ」をインストール出来たら、ログインし、「ご請求額合計」をタップし「より詳細な内訳を確認する」をタップします。

「My auアプリ」にログインし、「ご請求額合計」をタップし、「より詳細な内訳を確認する」をタップする。

引用元:au

確認する際は、請求の内訳から、「auひかり」の料金と、何に費用がかかっているかどうかを見直します。

また、「My auアプリ」からは、過去6か月間の料金の内訳も確認できるので、急に料金が高くなった場合の内訳も、過去と比較して、見直しすることもできます。

auひかりの料金シミュレーションの使い方の解説

・auひかりの料金シミュレーションの使い方

STEP
「住居タイプ」を選ぶ

auひかりホームについてはこちら

auひかりマンションについてはこちら

STEP
電話サービスを利用するかを選択する(月額550円)
STEP
auスマートフォンを持っているかを選択
STEP
「トータル・ネットセキュリティ 638円/月(税込)」を入れるかどうかを選択

ウイルス対策やパスワード管理ができるサービスの一つです。

STEP
オプションで「インターネット端末保証サービス(月額550円)」を利用するかを選択

ネットワーク機器が故障した時に修理・交換に対応するサービスです。

STEP
「暮らしのあんしん相談 748円/月(税込)」を利用するかを選択

お金や法律に関する相談や健康・出産・育児・介護など電話相談できるサービスです。

STEP
「エンジョイプラス 539円/月(税込)」を利用するかを選択

優待サービスやギフトチケットがもらえたり、携行品の保障をしてくれるサービスです。

STEP

「BIGLOBEお助けサポート 522円/月(税込)」を利用するかを選択

パソコンやスマホの困りごとを電話相談できるサービスです。(通話は無料)

STEP
「BIGLOBEあんしんバックアップ 550円/月(税込)」を利用するかを選択

様々なデータをバックアップするサービスです。

STEP
「ホームゲートウェイ内蔵無線LANサービス」を利用するかを選択

ホームゲートウェイに内蔵されている無線LAN親機(Wi-Fi)を利用できるサービスです。

たった1分で料金のシミュレーションを確認できるサービスなのでおすすめです。

⇒「公式サイト」でauひかりの料金プランの見直しについていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりのプラン変更の方法!プラン変更に使えるキャンペーンはある?

ここでは、auひかりのプラン変更の方法と、プラン変更に使えるキャンペーンについて解説していきます。

auひかりのプラン変更は電話でもできるのか?

auひかりの料金の見直しなどでプラン変更などは、下記の「KDDIブロードバンドキャンペーンセンター」で問い合わせできます。

・KDDIブロードバンドキャンペーンセンター

0077-777(通話無料)

受付時間:9:00~18:00/年中無休

auひかりのプラン変更の方法

・auひかりのプラン変更方法

  1. パソコンでの手続き「My auにログイン
  2. 電話での手続き 0077-777(通話無料 受付時間:9:00~18:00/年中無休

と、このようにパソコンを使う時は、My auにログインしてプラン変更することができ、電話でも繋がります。

ただし、「My au」を使用できず電話からお問い合わせしなくてはならない所もあるので注意が必要です。

以下は、変更後の希望のコースと、手続き方法についてをまとめた図です。

変更後のご希望のコースお手続き方法
光ファイバーauひかり
auスマートフォンなどとセットで割引を受けられます。
auひかりホーム(電話サービス、テレビサービスの追加、料金プラン変更)パソコンでの手続き
auひかりマンション電話での手続き
「フレッツ光」コース:幅広いエリアで利用可能。
プロバイダ料金2,167円(税込)/月。
電話での手続き
「コミュファ光」コース東海エリアに住居の方に。
プロバイダ料金は一戸建て向け1,870円(税込)/月、マンション向け1,320円(税込)/月。
電話での手続き
メール専用コースメール専用コース
au one net のメールサービスと、オプションサービスが利用できるシンプルなコースです。
550円(税込)/月
電話での手続き

光ファイバーから、auひかりホームに変更する場合はパソコンでの手続きが可能です。

それ以外の変更を希望される方は、電話での手続きが必要となるので注意が必要です。

auひかりのプラン変更に使えるキャンペーン

・auひかりのプラン変更に使えるキャンペーン

auひかり 10ギガスタート割引」とは、auひかり「ホーム10ギガ(au one net)」の高速サービス利用料が最大1年間合計10,296円割引されるキャンペーンの事です。

対象期間は、2022年7月から始まっており、終了予定も未定で現在もキャンペーン実施中です。(2024年1月現在)

初期費用相当額割引:auひかり ホーム」とは、auひかりで「ネット」と「電話」を合わせて申し込みすると月額利用料金から初期費用(41,250円)相当を割引できるサービスです。

こちらは、対象期間が決まっていないため、いつでも利用できるキャンペーンです。

⇒「公式サイト」でauひかりの料金プランの変更についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりの料金が安くなると誘う電話勧誘に要注意!事例を解説!

auひかりの代理店から勧誘電話として掛かってくる内容として「モデムを交換するだけで安くなる」というものがります。

しかし、これは悪質な代理店が行うお決まりの文句の一つです。

こういった、「auひかりの料金が安くなる」などの勧誘電話は、今現在、利用者が払っている料金を知らずにかけてくるため、実際に安くなるかどうか関係ないのです。

そのため、料金が安くなる確証もない上に、不必要なオプションやモデルの機器などを買わされてしまうことになり、結果的に料金が高くなるケースも存在しています。

auひかりの安くなるどころか、高い請求が来てしまうなんて恐ろしいですよね。

他にも「NTTから委託されたので、このマンションのインターネットはKDDIが管理することになりました」などと言ってくる場合もあります。

こうした悪質な電話や、auひかりが安くなるなどといった勧誘に騙されないようにしましょう。

あまりにしつこい勧誘をされる場合、auひかりサポートセンターに連絡して、苦情を申し立てることで勧誘を停止させることができます。

ただしその場合、あらかじめ、代理店名が必要になるので、事前に控えておきましょう。

・auひかりサポートセンター

0077-777(通話無料)

受付時間:9:00~20:00/年中無休

上記番号が利用になれない場合,0120-22-0077

今あるインターネットの料金が安くなるという魅力は大きいですが、くれぐれも言葉を真に受けずに冷静になって、一呼吸を置いて落ち着いて考えてみてください。

ただし、代理店によっては、キャンペーンや、実際に安く契約できる代理店サイトや店舗などもありますので、よく比較した上で、料金が安くなるかどうかを考えてみるのも良いでしょう。

⇒auひかりのおすすめの代理店について詳しく知りたい方はコチラ!

  1. 料金プラン2つ

    オールジャンルパック(2,728円(税込))
    or
    ②選べるジャンルパック

    (1ジャンル1,628円(税込))
    (2ジャンル1,848円(税込))
    (3ジャンルセット2,068円)から選ぶ(利用できるチャンネルは、「チャンネル一覧」から見れます。)
  2. 接続機器レンタル用セットトップボックス(月額550円(税込))
  3. その他オプション (TELASA配信配信サービス 618円(税込))

1と2は必須項目ですが、3のオプションについては加入が自由です。

・auひかりのWi-Fi(無線LAN)と料金

  1. ホームゲートウェイ(HGW)に内蔵されている無線LAN親機を使う
  2. auひかりの外付け無線LAN機器レンタル

それぞれ月額550円(税込)で利用できますが、auスマートバリューや自宅割に加入していると無料で利用することができます。市販の無線LANルーターでも代用可能です。

・auひかりのFAXオプションの料金

auひかりでFAXを利用する場合の料金は、ひかり電話の料金だけで十分です。

月額550円(税込)が基本料金

・auひかりの中継器のレンタル料金

auひかり電話の中継器のレンタル料金は550円(税込)

auひかりでは以上4つのオプションがあるので、それぞれ詳しく解説していきます。

⇒「公式サイト」でauひかりの勧誘の注意点についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりのテレビサービスの料金について解説!

auひかりのテレビサービスには2つの料金プランがあり、接続機器のレンタル料(月額550円税込)と追加したオプションによって、合計の料金が変わってきます。

以下は、料金プランの比較についてです。

.auひかりのテレビサービスの料金プランの比較

料金項目月額料金(税込)
<料金プラン2つ>
①オールジャンルパック
or②選べるジャンルパック(個別にジャンルを選択するパック)
オールジャンルパック(2,728円)
or
選べるジャンルパック

(1ジャンル1,628円)
(2ジャンル1,848円)
(3ジャンルセット2,068円)
接続機器レンタル用
セットトップボックス
550円
オプション(加入は自由)
TELASA(動画配信サービス)
618円

選んだ料金プランの料金と、接続機器レンタル用のセットトップボックスの料金が必須でかかりますが、TELASAへの加入は任意です。

多くのチャンネルを自由に見たい方にはオールジャンルパックをおすすめします。

オールジャンルパック、選べるジャンルパックで利用できるチャンネルは、「チャンネル一覧」から見れます。

※ 接続機器レンタル用セットトップボックスは、専門チャンネルと動画配信を見るための接続機器のことで、地上デジタル放送/BS/CS放送としてテレビを視聴することはできないので注意が必要です。

⇒「公式サイト」でauひかりのテレビサービスについていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりのWi-Fi(無線LAN)の料金について解説!

auひかりのWi-Fi(無線LAN)サービスの料金について解説していきます。

auひかりのWi-Fiを利用するためには、インターネットに接続するためのルーターが必要になってきます。

auひかりでWi-Fiを利用できる無線LANルーターには3つの種類があります。

・auひかりで利用できるWi-Fiルーター

  1. ホームゲートウェイ(HGW)に内蔵されている無線LAN親機を使う
  2. auひかりの外付け無線LAN機器をレンタルする
  3. 市販の無線LANルーターを使う

これらについて詳しく解説していきます。

ホームゲートウェイ(HGW)に内蔵されている無線LAN親機を使う方法

auひかりとの契約後に届くホームゲートウェイ(HGW)に内蔵されている無線LAN親機(Wi-Fi)を使うと、Wi-Fi(無線LAN)を利用できます。

月額利用料金は、550円(税込)になります。

しかし、以下のコースが適用中の場合、auひかりのWi-Fiルーターの利用料が永年無休となります。

・auひかりのホームゲートウェイ(HGW)に内蔵されている無線LAN親機(Wi-Fi)の料金が無料になるコース

  1. auスマートバリュー
  2. 自宅セット割インターネットコース

auスマートバリューとは、auひかりとauスマホをセットで使うと、家族みんなの利用料金が永年割引になるサービスです。

自宅セット割インターネットコースとは、スマホと対象のインターネットのサービスに加入して割引されるサービスになります。

インターネットコースは、UQモバイルと、インターネットサービス(auひかり、J:COM、auのWi-Fiルーターサービス(無線LAN)、UQ WiMAXのどれか)に加入していることが条件となります。

・ホームゲートウェイとは

ホームゲートウェイ(HGW)とは、auひかり電話の機能が付いたルーターのことです。

auひかりは、ひかり電話を利用するしないに関わらず、インターネットを利用する際には、ホームゲートウェイ(HGW)を設置する必要があります。

auひかりの外付け無線LAN機器レンタルを利用する方法

auひかりの外付け無線LAN機器レンタルとは、ホームゲートウェイ(HGW)に外付けして利用するWi-FIルーターをレンタルするサービスで、通常は月額550円(税込)でレンタルすることができます。

しかし、auスマートバリューを適用すれば、月額料金が無料になり、auひかりの外付けWi-Fiルーターのレンタル料金を支払わなくても済むことができ、安く済ませることができます。

市販のWi-FIルーターを利用する方法

もし、auスマートバリューが利用できない場合は、市販のWi-Fiルーターを購入することをお勧めします。

市販で購入した方が毎月料金を支払うより、トータル的に見た時に安く済ませることができるからです。

⇒「公式サイト」でauひかりのWi-Fi(無線LAN)についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりのFAXオプションの料金について解説!

auひかりでFAXを利用する場合の料金は、ひかり電話の料金だけで十分です。

つまり月額550円(税込)が基本料金です。

FAXとして利用できる機器はG3規格のFAX機で、auひかり電話でも利用可能です。

auひかりでも利用できないFAX機について以下で紹介しています。

・利用できないFAX機の規格について

  1. G4FAX(ISDN回線用のFAX)
  2. スーパーG3FAX(アナログ対応の高速FAX)

このように利用できないFAX機器もあるので注意が必要です。

⇒「公式サイト」でauひかりのFAXオプションについていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりの中継器のレンタル料金について解説!

auひかり電話の中継器のレンタル料金は550円(税込)です。

自分の好きなルーターを購入し、中継器として使うことも可能です。

安く済ませたい場合は、市販のWi-Fiルーターを購入して中継器として使うのもありだと思います。

⇒「公式サイト」でauひかりの中継器のレンタルについていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかり ちゅらの料金について解説!

・auひかり ちゅらの料金

auひかりちゅらの料金項目料金
auひかり ちゅら ホーム(一戸建て)
auひかり ちゅら マンションV
auひかり ちゅら マンションギガ
「しま割」+「auセット料金」
ホーム:6,160円(税込)
マンションV:4,180円(税込)
マンションギガ:4,840円(税込)
最大通信速度最大1Gbps
契約期間3年(マンションは2年)
事務手数料3,300円
工事費用(実質無料)41,589円(新規登録料880円) – 41,580円(割引)
自宅のWi-Fi機器レンタル料(auスマートバリュー加入で)永年無料
auひかりちゅら申し込み(auスマートバリュー+しま割+セットボックスレンタル+「au pay プリベイドカードの申し込み」)に手キャッシュバック40,000円(au Payチャージ)

auひかり ちゅらは新規申し込みの場合、インターネット料金を最大6か月間、ホームタイプですと、月額1,888円から割引料金で利用できます。マンションタイプですと月額1,430円で利用できます。

auひかり ちゅらとは?

auひかりちゅらとは、沖縄県限定の光回線ですが、沖縄県全域で利用可能ではありません。

申し込みをする前に事前に「auひかりちゅら提供エリア検索」で自分の住所が対象になっているかを確認してみましょう。

また注意点としては、auひかり ちゅらのマンションプランでは、auひかりの回線設備の導入工事が終わっている「auひかり導入済みマンション」でしか利用できないことが挙げられます。

⇒「公式サイト」でauひかりちゅらについていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかり ちゅらの料金

・auひかり ちゅらの料金表

auひかりちゅらの料金項目料金
auひかり ちゅら ホーム(一戸建て)
auひかり ちゅら マンションV
auひかり ちゅら マンションギガ
<「しま割」+「auセット割」の場合>
ホーム:6,160円(税込)
マンションV:4,180円(税込)
マンションギガ:4,840円(税込)
最大通信速度最大1Gbps
契約期間3年(マンションは2年)
事務手数料3,300円(税込)
工事費用(実質無料)
+新規登録料
工事費41,580円(税込)
– 41,580円(割引)
+新規登録料880円
自宅のWi-Fi機器レンタル料永年無料
(auスマートバリュー加入で)
auひかりちゅらの申し込み(適用条件:auスマートバリュー+しま割+セットボックスレンタル+「au pay プリベイドカードの申し込み」)でキャッシュバック40,000円(au Payチャージの形で)

auひかり ちゅらの料金について、しま割とauセット割がついている場合の料金プランをご説明します。

・auひかり ちゅらの料金(しま割とauセット割適用)について

一戸建てだと、契約期間は3年になり、月額料金は、6,160円(税込)になります。一方、マンションだと、契約期間は月額2年になり、マンションVだと、4,180円(税込)、マンションギガだと4,840円(税込)になります。

その他、事務手数料として3,300円(税込)、工事費が41,580円(税込)かかりますが、工事費は月額料金から割引されるので、実質無料です。

auスマートバリュー加入で自宅のWi-Fi機器レンタル料が永年無料で利用できます。

さらに、auひかり ちゅらを申し込む時に、

auスマートバリュー+しま割+セットボックスレンタル+「au pay プリベイドカードの申し込み」

の条件を満たしていると、キャッシュバックが40,000円(au payチャージの形で)もらえます。

このことから、初月料金には事務手数料として3,300円かかりますが、工事費は分割で払うことも可能で、月額料金から割引されているので、無料で利用することが可能となっています。

キャッシュバックも条件次第ですが、次にお話しする「しま割」が適用ができるのであれば、キャッシュバックももらえるのでお得な特典といえます。

・auひかりちゅらの新規申し込み割引額

適用条件ホームタイプ(しま割3年)
割引後の月額料金
マンションタイプ(しま割2年
割引後の月額料金
「しま割」に加入6か月間1,188円6か月間1,430円

特に沖縄にお住まいの方で、とにかく安く契約したいという時におすすめなのが、このauひかり ちゅらです。

「しま割」とは、ホームタイプは3年単位、マンションタイプは2年単位で契約することが条件の割引サービスです。

また、「au スマートバリュー」や「自宅セット割」なども適用できます。

「しま割」に加入していると、一戸建てですと、月額料金5,610円から割り引かれて、6か月間1,188円で利用することができます。

また、マンションタイプ(ギガ/V/G)ですと、月額料金(3,610円~4,290円)から割り引かれて、6か月間1,430円で利用することができます。

・auスマートバリューとUQ mobileの自宅セット割

キャンペーン名内容
au スマートバリューauのスマホ・ケータイの月額料金が最大10回線まで1,100円割引される
(同居・別居の家族も適用可能)
UQ mobile の自宅セット割UQモバイルスマホ・ケータイの月額料金が最大10回線まで1,100円割引適用される
(同居・別居の家族も適用可能)

auスマートバリューとは、auひかりとauの携帯をセットで利用すると、auの携帯の月額料金が最大10回線まで1,100円割引されるサービスです。

UQ mobileの自宅セット割とは、auひかりとUQモバイルの携帯をセットで利用すると、UQモバイルの携帯の月額料金が最大10回線まで1,100円割引されるサービスです。

これにより、家族がauもしくはUQモバイルで利用していると、自分だけではなく家族も毎月の携帯の料金から割引されるため、通信費の削減にもつながります。

⇒「公式サイト」でauひかりちゅらの料金についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB

auひかりの料金に関するよくある質問!

auひかりの2回線目の料金はいくらですか?

auひかりの2回線目の料金

<登録料>

1.ネットサービス・電話サービス(2回線目含む)・テレビサービスを同時の場合

登録料3,300円(税込)※サービス数に関わらず

2.新規申込後の2回線目を追加申込の場合

追加登録料880(税込)

<初期費用>

auひかりホームの場合⇒41,250円(税込)

auひかりマンションの場合⇒33,000円(税込)

※土日工事希望の場合追加工事費3,300円(税込)

新規契約の時に2回線目を契約する場合は、ネットサービス・電話サービス(2回線目含む)・テレビサービスを同時に登録すれば、サービス数に関わらず登録料3,300円(税込)となります。

もし、最初から2回線目を考えているのでしたら同時に契約した方がいいですね。

後で2回線目を契約すると、追加登録料として880円(税込)がかかります。

ちなみに、auひかりは2回線目や複数回線を契約の場合、割引はありません。

なので、初期費用としてauひかりホームの場合は41,250円(税込)かかります。

そして、auひかりマンションの場合は33,000円(税込)となっています。

2回線目も新規契約と同様に割引があるので、お得な代理店を探しましょう。

⇒auひかりをお得に申し込める代理店を探すならコチラ!

⇒「公式サイト」でauひかりの料金についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりの引越しにかかる料金はいくらですか?

同一プロバイダの「auひかりホーム ギガ得プラン(2年)/ずっとギガ得プラン(3年)」「auひかりマンションお得プラン/お得プランA」を利用中で、そのまま継続する場合

引越し元契約解除料請求なし
初期費用残債初期費用(分割回数)−支払完了月数=残債分
回線撤去工事費2018年2月末以前契約⇒11,000円(税込)
※撤去希望の場合
2018年3月以降契約⇒31,680円(税込)

※撤去できない場合、維持費相当が発生する
2022年7月以降契約 31,680円(税込)
※撤去希望の場合
引越し先特別キャンペーン上記の残債分を引越し先の利用額から減額、または残債分を還元する

※詳細は契約中のプロバイダに問い合わせる⇒こちらから

auひかりの引越しにかかる料金は、auひかりを継続する人とプラン変更や乗り換えする人では異なります。

同一プロバイダの「auひかりホーム ギガ得プラン(2年)/ずっとギガ得プラン(3年)」「auひかりマンションお得プラン/お得プランA」を利用中で、そのまま継続する場合では、契約解除料の請求はありません。

初期費用残債を利用額から減額もしく還元してくれます。

そして、回線撤去工事費は、新規契約日によって変わってきます。

2018年3月以降契約の場合は、撤去しないと維持費相当が発生しますよ。

auひかりのau one net利用者限定のお引越しサポート特典を利用の場合

特典1⇒10,000円相当還元のauPAY残高チャージ

  • auひかりホームずっとギガ得プラン(3年契約プラン)
  • auひかりマンションお得プランA(2年契約プラン)
  • auひかりマンションお得プラン(2年契約プラン)

※引越し先のプランは上記のプランに限る

特典2⇒引越し元の費用「契約解除料 無料」「初期費用残債 全額割引」「回線撤去工事費 無料」

引越し元プラン引越し先プラン
auひかりホームずっとギガ得プラン
(3年契約プラン)
auひかりホームずっとギガ得プラン(3年契約プラン)
auひかりマンションお得プランA(2年契約プラン)
auひかりマンションお得プラン(2年契約プラン)
auひかりホームギガ得プラン
(2年契約プラン)
auひかりホームずっとギガ得プラン(3年契約プラン)
auひかりホームギガ得プラン(2年契約プラン)
auひかりマンションお得プランA(2年契約プラン)
auひかりマンションお得プラン(2年契約プラン)
auひかりマンションお得プランA
(2年契約プラン)
auひかりマンションお得プラン
(2年契約プラン)
auひかりホームずっとギガ得プラン(3年契約プラン)
auひかりホームギガ得プラン(2年契約プラン)
auひかりマンションお得プランA(2年契約プラン)
auひかりマンションお得プラン(2年契約プラン)

※引越し先のプランは上記のプランに限る

特典3⇒アート引越しセンターを利用の場合、引越基本料金30%OFF

※3月中旬〜4月上旬の引越しは、10%OFFとなる

auひかりのau one net利用者限定のお引越しサポート特典⇒詳しくはこちらから

auひかりのau one net利用者限定のお引越しサポート特典を利用する場合では、特典が3つあります。

まず、10,000円相当のauPAY残高チャージされます。

引越し元でかかる各種費用も無料や全額割引となりますよ。

さらに、アート引越しセンターを利用すると、引越基本料金が30%OFFになっています。

ただし、プランをコース変更をすると特典は受けられないので、注意してください。

引越し先でプラン変更や乗り換えをする場合

契約解除料

プラン契約解除料
auひかりホームずっとギガ得プラン
(3年契約プラン)
2022年6月末以前契約 16,500円(税込)
2022年7月以降契約 4,730円(税込)
auひかりホームギガ得プラン
(2年契約プラン)
2022年6月末以前契約 10,450円(税込)
2022年7月以降契約  4,460円(税込)
auひかりマンションお得プランA
(2年契約プラン)
2022年6月末以前契約 7,700円(税込)
2022年7月以降契約   2,290円(税込)
auひかりマンションお得プラン
(2年契約プラン)
2022年6月末以前契約 10,450円(税込)
2022年7月以降契約  2,730円(税込)

※更新期間では、契約解除料はかからない

※標準プラン利用の場合は、契約解除料はかからない

回線撤去工事費

2018年2月末以前契約 11,000円(税込)

※撤去希望の場合

2018年3月以降契約 31,680円(税込)

※撤去できない場合、維持費相当が発生する

2022年7月以降契約 31,680円(税込)

※撤去希望の場合

初期費用残債

初期費用(分割回数)−支払完了月数=残債分

引越し先でプラン変更や乗り換えをする場合は、プランや契約日によって異なりますが、契約解除料や回線撤去工事費、初期費用残債がかかってきます。

更新期間では、契約解除料がかからないので引越しのタイミングとあえばいいですね。

⇒「公式サイト」でauひかりの引っ越しの料金についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりの料金支払いの方法について教えてください

auひかりの料金支払いの方法

  1. 口座振替⇒対応金融機関
  2. クレジットカード
  3. コンビニエンスストアまたはauショップの窓口※支払いは現金のみ

auひかりの料金支払いの方法には、3つの方法があります。

口座振替では、全国のゆうちょ銀行・信用金庫・労働金庫・農協・地方銀行・第二地方銀行・ネット銀行など幅広く対応しています。

契約者本人のクレジットカードで料金を払う方法で、クレジットカード会社ごとに毎月の引き落とし日が異なります。

auひかりの契約開始時は振込用紙が届くので、コンビニエンスストアかauショップの窓口へ行って、現金で支払いましょう。

⇒支払い方法の変更を詳しく知りたい方はこちらから

そして、振込用紙で発行された今月の請求や未払い料金などは、請求書(振込用紙)がなくてもMy auから支払いができますよ。

その他には、銀行ATM(Pay-easy)やauショップで支払うこともできます。

請求書(振込用紙)がなくてもMy au(スマホ・PC)から支払いができます。

対応する支払い方法4つ

1.クレジットカード

※料金支払いを設定しているクレジットカードでなくても可

※本人認証サービス(3Dセキュア)に対応カードのみ

⇒クレジットカードの手続き方法はこちらから

2.インターネットバンキング(Pay-easy)

※手続き方法の手順で支払い金額が表示されれば可

⇒インターネットバンキング(Pay-easy)の手続き方法はこちらから

3.コンビニエンスストア

決済番号・確認番号でのお支払い方法

※セブンイレブンでは不可

バーコードでのお支払い方法

⇒コンビニエンスストアの手続き方法はこちらから

4.支払い秘書(電子マネー)残高

※手数料がかかる

⇒支払い秘書(電子マネー)残高の手続き方法はこちらから

請求書(振込用紙)がなくてもMy auから支払いができます。

1つ目のクレジットカードでは、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しているカードしかできません。

でも、料金の支払いに設定しているクレジットカードでなくてもいいですよ。

2つ目のインターネットバンキング(Pay-easy)でも手続き方法の手順で支払い金額が表示されれば手続きできます。

3つ目のコンビニエンスストアの決済番号・確認番号で支払う場合、セブンイレブンではできません。

他のコンビニを選択してください。

バーコードでのお支払いでは、マイペイメントで取得したバーコードを店頭で提示しましょう。

4つ目の支払い秘書(電子マネー)残高で支払う場合は、支払い秘書のアプリが必要になります。

登録は無料ですが、利用する時に手数料がかかります。

⇒「公式サイト」でauひかりの料金の支払い方法についていったん確認するならコチラ!

⬆目次へ戻る

auひかりおすすめ申込み窓口①
NNコミュニケーションズ
auひかりおすすめ申込み窓口②
GMOとくとくBB

現金キャッシュバック
最大72,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割+電話オプション申込で
さらに最大20,000円CB

初期費用
最大41,250円割引
auひかり×NNコミュニケーションズ


キャッシュバック
最大82,000円
乗り換え時の解約金
最大30,000円負担
スマホ割申込で
さらに最大10,000円CB

初期費用
最大41,250円割引

auひかり×GMOとくとくBB
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次